ソーントン・ワイルダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Thornton Wilder (1948).jpg

ソーントン・ワイルダーThornton Niven Wilder, 1897年4月17日 - 1975年12月7日)は、アメリカ合衆国劇作家小説家。アメリカ演劇史における代表的劇作家の1人とみなされている。

ウィスコンシン州マディソンに生まれる。父親は新聞の編集者で、領事として香港上海に赴任したため、1911年から12年まで、中国でイギリス系とドイツ系のミッションスクールに通った。のちアメリカのイェール大学に進学し、さらに考古学の勉強のためローマのアメリカン・アカデミーに留学した。学業を終えてからは、ニュージャージー州のローレンスヒルでフランス語の教師になっている。

小説『サン・ルイ・レイの橋』(The Bridge of San Luis Rey, 1928年)でピューリッツァー賞を受賞した。同年、1幕劇集の『平静を乱した天使』(The Angel That Troubled the Waters and Other Plays)を出版する。

戯曲『わが町』(1938年)で2度目の、『危機一髪』(1943年)で3度のピューリッツァー賞を受賞する。1957年にはドイツ出版協会平和賞を受賞した。

1955年、ハーバード大学教授となる。

その他の主要な作品[編集]

  • 長い長いクリスマスディナー(The Long Christmas Dinner, 1931年)
  • ヨンカーズの商人(The Merchant of Yonkers, 1938年)
  • 危機一髪(The Skin of Our Teeth, 1942年)
  • 結婚仲介人(The Matchmaker, 1954年)
  • テオフィリス・ノース(Theophilus North, 1973年) - 日本語訳は『ミスター・ノース』の題名で文藝春秋から刊行されている。 

戯曲は日本語訳では『ソーントン・ワイルダー戯曲集』(1)(2)(新樹社、1995年)に主要なものが収められている。『わが町』はハヤカワ演劇文庫版も刊行されている。