おとなのけんか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
おとなのけんか
Carnage
監督 ロマン・ポランスキー
脚本 ヤスミナ・レザ
ロマン・ポランスキー
マイケル・ケイティムズ (翻訳)
原作 ヤスミナ・レザ
『大人は、かく戦えり』
製作 サイード・ベン・サイード
出演者 ジョディ・フォスター
ケイト・ウィンスレット
クリストフ・ヴァルツ
ジョン・C・ライリー
音楽 アレクサンドル・デスプラ
撮影 パヴェル・エデルマン
編集 エルヴェ・ド・ルーズ
製作会社 SBSプロダクションズ
コンスタンティン・フィルム
SPIフィルム・スタジオ
ヴェルサティル・シネマ
ザナガル・フィルム
フランス2シネマ
配給 アメリカ合衆国の旗 ソニー・ピクチャーズ・クラシックス
日本の旗 ソニー・ピクチャーズ
公開 イタリアの旗 2011年9月1日VIFF
日本の旗 2012年2月18日
上映時間 80分
製作国 フランスの旗 フランス
ドイツの旗 ドイツ
ポーランドの旗 ポーランド
スペインの旗 スペイン
言語 英語
製作費 $25,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $2,547,047[2]
世界の旗 $27,603,069[2]
テンプレートを表示

おとなのけんか』(原題: Carnage)は、2011年フランスドイツポーランドスペイン合作のコメディ映画ヤスミナ・レザ英語版による戯曲『大人は、かく戦えり』(原題:Le Dieu du carnage、英題:God of Carnage)に基づき、レザ自身とロマン・ポランスキーが脚本を書き、ポランスキーが監督を務めた。ちなみに原題の"Carnage"とは虐殺の意。

ストーリー[編集]

11歳のザカリー・カウワンはブルックリンの公園で同級生のイーサン・ロングストリートを棒で殴り、前歯を折る怪我を負わせる。この喧嘩の後始末をするために、「被害者」の親であるロングストリート夫妻は、「加害者」の親であるカウワン夫妻を自宅マンションに招く。

リベラルな作家であるペネロピ(ジョディ・フォスター)、金物商を営むマイケル( ジョン・C・ライリー )のロングストリート夫妻、そして投資ブローカーの仕事をするナンシー(ケイト・ウィンスレット)と、製薬会社をクライアントにするやり手の弁護士アラン(クリストフ・ヴァルツ)のカウワン夫妻は当初、友好的に「子どものけんか」を解決しようとするのだが、会話を重ねるにしたがい険悪な雰囲気になっていくばかりか、それぞれの夫婦の間でも感情的な対立が生まれていく。

キャスト[編集]

製作[編集]

2010年1月、ポランスキーが『大人は、かく戦えり』の映画化を検討していると報じられた[3]。2010年9月、フォスター、ウィンスレット、ヴァルツの出演が判明し[4]、10月にはライリーの参加も明らかになった[5]

2011年2月から3月にかけて、パリで撮影が行われた[6][7]。ブルックリンが舞台であるにもかかわらずパリで撮影が行われたのは、ポランスキーのアメリカへの入国が法的に困難だったためである[8]

公開[編集]

2011年4月、ソニー・ピクチャーズ・クラシックスが映画の北米配給権を購入した[9]

2011年9月1日、第68回ヴェネツィア国際映画祭で初上映され、金若獅子賞を受賞した[10]。アメリカでは2010年9月30日にニューヨーク映画祭英語版のオープニング作品として上映された後[11]、2011年12月16日に公開される[8]

評価[編集]

本作は批評家から概ね高い評価を得た。映画のレビューを集積するウェブサイトRotten Tomatoesは、32件のレビューに基づいて本作の支持率を81%、評価の平均を7.3/10としている[12]。有力媒体の批評から100点満点の加重平均値を導くMetacriticは9件の批評を基に66という「広く好意的な評価」の値を示している[13]

参考文献[編集]

  1. ^ Carnage (2011) - Box office / business” (英語). IMDb. 2012年7月2日閲覧。
  2. ^ a b Carnage” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年7月2日閲覧。
  3. ^ Ng, David (2010年1月22日). “Next up for Roman Polanski: 'God of Carnage' adaptation?”. ロサンゼルス・タイムズ. http://latimesblogs.latimes.com/culturemonster/2010/01/roman-polanski-working-on-god-of-carnage-adaptation-says-wife.html 2011年12月14日閲覧。 
  4. ^ Adler, Tim (2010年9月23日). “Jodie Foster and Kate Winslet To Star In Roman Polanski’s ‘God Of Carnage’”. Deadline London (PMC). http://www.deadline.com/2010/09/jodie-foster-and-kate-winslet-to-star-in-roman-polanski%E2%80%99s-%E2%80%98god-of-carnage%E2%80%99/ 2011年12月14日閲覧。 
  5. ^ Fleming, Mike (2010年10月18日). “John C. Reilly Rounds Out Foursome In Roman Polanski’s ‘God Of Carnage’”. Deadline New York (PMC). http://www.deadline.com/2010/10/john-c-reilly-rounds-out-foursome-in-roman-polanskis-god-of-carnage/ 2011年12月14日閲覧。 
  6. ^ Kemp, Stuart (2011年2月2日). “Kate Winslet, Jodie Foster Shooting Roman Polanski's 'God of Carnage' in Paris”. The Hollywood Reporter (Prometheus Global Media). http://www.hollywoodreporter.com/news/kate-winslet-jodie-foster-shooting-95694 2011年12月14日閲覧。 
  7. ^ Roxborough, Scott (2011年3月3日). “Roman Polanski Picks up German Funding for 'Carnage'”. The Hollywood Reporter (Prometheus Global Media). http://www.hollywoodreporter.com/news/roman-polanski-picks-up-german-163826 2011年12月14日閲覧。 
  8. ^ a b Chang, Justin (2011年9月1日). “Carnage”. Variety (Reed Business Information). http://www.variety.com/review/VE1117945929/ 2011年12月14日閲覧。 
  9. ^ “Sony Pictures Classics to Release Roman Polanski's Carnage in North America”. ソニー・ピクチャーズ・クラシックス. http://www.sonyclassics.com/downloads/Carnage-Release.pdf 2011年12月14日閲覧。 
  10. ^ Lyman, Eric J. (2011年9月9日). “Venice 2011: Al Pacino's 'Wilde Salome,' Roman Polanski's 'Carnage' Win Awards”. The Hollywood Reporter (Prometheus Global Media). http://www.hollywoodreporter.com/news/venice-2011-al-pacinos-wilde-233531 2011年12月14日閲覧。 
  11. ^ Ward, Kate (2011年7月29日). “Roman Polanski's 'Carnage' to open New York Film Festival”. Inside Movies (エンターテインメント・ウィークリー). http://insidemovies.ew.com/2011/07/29/carnage-opens-new-york-film-festival/ 2011年12月14日閲覧。 
  12. ^ Carnage (2011)”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2011年12月14日閲覧。
  13. ^ Carnage”. Metacritic. CBS Interactive. 2011年12月14日閲覧。

外部リンク[編集]