死と処女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
死と処女
Death and the Maiden
監督 ロマン・ポランスキー
脚本 ラファエル・イグレシアス
アリエル・ドーフマン
製作 トム・マウント
ジョシュ・クレイマー
出演者 シガーニー・ウィーヴァー
ベン・キングズリー
スチュアート・ウィルソン
音楽 ヴォイチェフ・キラール
撮影 トニーノ・デッリ・コッリ
編集 エルヴェ・ド・リューズ
配給 日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1994年12月23日
日本の旗 1995年6月3日
上映時間 104分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フランスの旗 フランス
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $12,000,000[1]
興行収入 $3,103,716[1]
テンプレートを表示

死と処女』(しとおとめ、原題: Death and the Maiden)は、1994年アメリカイギリスフランス映画アリエル・ドーフマンの戯曲《死と乙女》をロマン・ポランスキーが映画化したスリラー。

ストーリー[編集]

ある嵐の晩、車がパンクして困っていた夫を偶然送ってくれたという人物が実は、昔自分を誘拐した犯人だということに妻のポリーナは気づく。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
VHS版
ポーリナ・エスコバル シガーニー・ウィーヴァー 吉田理保子
ロバート・ミランダ医師 ベン・キングズリー 有川博
ジェラルド・エスコバル スチュアート・ウィルソン 池田勝

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Death and the Maiden (1994)”. Box Office Mojo. 2009年9月30日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]