弦楽四重奏曲第14番 (シューベルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

弦楽四重奏曲第14番ニ短調死と乙女D810は、フランツ・シューベルトが作曲した弦楽四重奏曲。作曲者が健康の衰えを自覚した直後の、1824年に作曲された。すべての楽章短調で書かれ、当時のシューベルトの絶望的な心境が垣間見える。他に全ての楽章が短調で書かれた作品にはショスタコーヴィチ作曲の『弦楽四重奏曲第15番』がある。

この弦楽四重奏曲第14番は以下の4つの楽章からなる。

  1. Allegro 4分の4拍子
  2. Andante con moto 2分の2拍子
  3. Scherzo: Allegro molto 4分の3拍子
  4. Presto 8分の6拍子

第1楽章はソナタ形式からなり、ブルックナーを予告する3主題制が見受けられる(それぞれニ短調ヘ短調イ短調)。第13番第15番および弦楽五重奏曲の開始楽章とともに、シューベルトの室内楽ではもっとも規模が大きく、なおかつ最も重要な作例の一つである。

第2楽章はト短調による変奏曲。自作の歌曲死と乙女』D531のピアノ伴奏部分を主題とし、それに5つの変奏とコーダが続く。

再びニ短調による第3楽章は、スケルツォというより、シューベルトの一連のピアノ曲のレントラーに近い。中間部はニ長調

第4楽章の切迫したタランテラ風のフィナーレ(第15番も同様である)は、ロンド・ソナタ形式による。コーダで短調から長調の凱歌に転じて、消え去っていき最後は再び短調の和音で締め括られる。

後にマーラーによって弦楽合奏用に編曲された。アメリカ合衆国の作曲家アンディー・シュタインによる管弦楽版もあり、ジョアン・ファレッタ指揮・バッファロー・フィルハーモニー管弦楽団の演奏がNAXOSから発売されている。

自筆譜はニューヨークモルガン・ライブラリーに所蔵されている。

外部リンク[編集]