パヴェル・エデルマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パヴェル・エデルマン
Paweł Edelman
生年月日 1958年6月26日(56歳)
出生地 ウッチ
国籍 ポーランドの旗 ポーランド
公式サイト  http://www.paweledelman.pl

パヴェル・エデルマン(Paweł Edelman, 1958年6月26日 - )はポーランドウッチ出身の撮影監督。Pawelとも綴られるため、パヴェルと誤って紹介されたが、正しくはパヴェウ・エデルマン。

1984年から短篇の監督を始め、86年より撮影助手として活動。91年の「Kroll」で長篇の撮影監督となり、以後ワイダ、ポランスキーらの作品を手がけて知られるようになり、ポーランドだけでなくアメリカでも活躍している。 2002年の『戦場のピアニスト』ではアカデミー賞撮影賞候補となり、セザール賞の撮影賞を受賞。

主な作品[編集]

外部リンク[編集]