エレファント・マン (戯曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エレファント・マン』 (The Elephant Man) は、19世紀イギリスに実在した人物、ジョゼフ・キャリー・メリックを題材とした演劇である。1977年初演。バーナード・ポメランス作。

1977年、イギリスのハムステッド劇場にて初演された。その後ブロードウェイに上陸。リッチモンド・クリンクレイとネル・ヌジェントによるプロデュース、ジャック・ホフシスによる演出で、ブース劇場にて1979年4月12日にプレビュー公演。1979年4月19日から1981年6月28日まで916回上演された。1979年度トニー賞最優秀演劇作品賞受賞作。

1980年、テレビ映画としてABC放映1時間30分。出演:フィリップ・アングリム、ケヴィン・コンウェイ、ペニー・フラー。作品自体高い評価を受けてプライムタイム・エミー賞 作品賞 (テレビ映画部門)にノミネートされた。

同じ年デヴィッド・リンチ監督により劇場映画化もされた。 詳しくはエレファント・マン (映画)参照

 主な登場人物[編集]

日本公演[編集]

劇団四季
1981年上演。浅利慶太演出。第35回文化庁芸術祭演劇部門を受賞。
エレファント・マン:市村正親、トリーブズ:麦草平、ケンドール夫人:三田和代
文学座アトリエの会
2000年上演。北則昭演出。
エレファント・マン:大場泰正、トリーブズ:田中明生:ケンドール夫人:古坂るみ子
ホリプロ
2002年上演。宮田慶子演出。
エレファント・マン:藤原竜也、トリーブズ:今井朋彦、ケンドール夫人:小島聖

外部リンク[編集]