ジョン・パトリック・シャンリィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・パトリック・シャンリィ
誕生 1950年
ニューヨーク
職業 劇作家、脚本家、映画監督
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
代表作 ダウト - 疑いをめぐる寓話
主な受賞歴 ピューリッツァー賞
トニー賞
アカデミー賞、他
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ジョン・パトリック・シャンリィ(またはシャンリーシャンレーJohn Patrick Shanley, 1950年 - )は、アメリカ合衆国劇作家脚本家映画監督ニューヨークブロンクス区出身。ニューヨーク大学卒業。自分が書いた脚本は一語として変えてはいけない契約を結ぶことで知られているが、本人はこのを否定している[1]

1987年、『月の輝く夜に』の脚本でアカデミー脚本賞全米脚本家組合賞最優秀脚本賞を受賞。

1990年には、『ジョー、満月の島へ行く』で監督デビュー。

劇作家としては、2005年に『ダウト - 疑いをめぐる寓話』でピューリッツァー賞 戯曲部門、ドラマ・デスク賞(Drama Desk Award)、トニー賞 演劇作品賞を受賞した。この戯曲はシャンリィ本人の脚色・監督で2008年に映画化され(『ダウト〜あるカトリック学校で〜』)、第81回アカデミー賞で4部門にノミネートされた。

作品[編集]

戯曲[編集]

  • お月さまへようこそ(Welcome to the Moon, 1982年) - 日本語訳:鈴木小百合白水社
  • ダニーと紺碧の海(Danny and the Deep Blue Sea, 1983年) - 主演:ジョン・タトゥーロ/日本語訳:鈴木小百合(白水社)
  • Savage In Limbo(1984年)
  • The Dreamer Examines His Pillow(1985年)
  • Italian American Reconciliation(1986年)
  • マンハッタンの女たち(Women of Manhattan, 1986年) - 日本語訳:鈴木小百合(白水社)
  • All For Charity(1987年)
  • The Big Funk(1990年)
  • Beggars in the House of Plenty(1991年)
  • What Is This Everything?(1992年)
  • Four Dogs and a Bone(1993年)
  • Kissing Christine(1995年)
  • Missing Marisa(1995年)
  • The Wild Goose(1995年)
  • Psychopathia Sexualis(1998年)
  • Where's My Money?(2001年)
  • Cellini(2001年)
  • Dirty Story (2003年)
  • ダウト - 疑いをめぐる寓話(Doubt, 2004年) - 日本語訳:鈴木小百合、井澤眞知子(白水社)
  • Sailor's Song(2004年)
  • Defiance(2005年)
  • Romantic Poetry(2007年) - ミュージカル。ヘンリー・クリーガー(Henry Krieger)と共作。

映画脚本[編集]

参照[編集]

外部リンク[編集]