わんわん忠臣蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
わんわん忠臣蔵
監督 白川大作
脚本 飯島敬、白川大作
製作 大川博
出演者 木下秀雄
佐藤英夫
西村晃
音楽 渡辺浦人
主題歌 デューク・エイセス
「わんわん行進曲(マーチ)」
撮影 杉山健児、吉村次郎
編集 稲葉郁三
配給 東映
公開 日本の旗 1963年12月21日
上映時間 81分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 わんぱく王子の大蛇退治
次作 ガリバーの宇宙旅行
テンプレートを表示

わんわん忠臣蔵』(わんわんちゅうしんぐら)は、東映動画制作の長編アニメーション映画。同時上映は『狼少年ケン』(東京地区のみ)・『柳生武芸帳 片目の忍者』。

概要[編集]

作品のモチーフはタイトルどおり忠臣蔵仮名手本忠臣蔵)。原案・構成は手塚治虫。しかし、手塚の原案であった『森の忠臣蔵』とはかけ離れた内容となっているという。

また、明治時代に書かれた巌谷小波児童文学『こがね丸』にストーリーが酷似しているといわれている。

なお東映動画は、この年より初のテレビアニメ『狼少年ケン』を製作、その影響で劇場用アニメ映画の次作『ガリバーの宇宙旅行』はかなり遅れて、翌翌年の1965年3月に公開、その間は過去上映された劇場用アニメの再映や、『ケン』を始めとするテレビアニメのブローアップ版の上映で間に合わせたが、これが「東映まんがまつり」へとつながっていく。

ストーリー[編集]

森の動物たちを守る母犬シロは虎のキラーに恨みを買ってしまう。キラーの手下のキツネのアカミミにおびき出されたシロは、虎のキラーに崖から突き落とされ、命を落としてしまう。シロの子ロックは復讐を誓い、キラーとアカミミを倒しに行くが、子犬のロックではとてもかなわなかった。森の動物たちに救われたロックは町に出て野良犬たちと出会う。町の野良犬たちの中で、虎に単身闘いを挑んだロックは人望を集めるが、アカミミの策略で倉庫荒らしに仕立て上げられ、樽の中に入れられ海に捨てられてしまう。やがて時がたち、森の動物たちは人間につかまって動物園に連れていかれてしまう。森の動物たちがいなくなり獲物がなくなったキラーはアカミミの進言により自ら動物園に入り、そこでも森の動物たちを虐げる。かたや海に捨てられたロックは流れ着いた島の少女に命を救われ、成犬に成長していた。ツバメから森の動物たちの状況を聞いたロックは島を抜け出し町に戻り、かつての仲間、野良犬たちと再会する。宿敵キラーを倒す為、ロックは雪の寒い日、町中の野良犬たちを引き連れて動物園に向かう。ローラーコースターの上でロックとキラーの最後の戦いが繰り広げられる。

スタッフ[編集]

  • 原案・構成:手塚治虫
  • 監督・演出:白川大作
  • 作画監督:大工原章
  • 製作:大川博
  • 脚本:飯島敬、白川大作
  • 演出助手:池田宏、山本寛巳
  • 企画:吉田信、渾大坊五郎、飯島敬
  • 監修:山本早苗藪下泰司
  • 原画:熊川正雄、森康二楠部大吉郎奥山玲子、喜多眞佐武、勝井千賀雄、彦根範夫、小田部羊一
  • 動画:生野徹太、堰合昇、勝田稔男、吉田茂承、福島信行、小林和子、斉藤智、香西隆男、森英樹、金山通弘
  • タイトルデザイン:児玉喬夫
  • 美術:鳥居塚誠一、沼井肇
  • 色彩設計:浦田又治
  • 背景:千葉秀雄、片倉和子、山崎誠、伊藤英治
  • 仕上検査:小椋正豊
  • 特殊仕上:藤井武
  • 撮影:杉山健児、吉村次郎
  • 制作進行:上野寿夫
  • 音楽:渡辺浦人
  • 録音:森武、吉村次郎
  • 編集:稲葉郁三
  • 主題歌:「わんわん行進曲(マーチ)」
作詞:佐伯孝夫、作曲:中村八大、歌:デューク・エイセス

キャスト[編集]

再映[編集]

本作はその後、1965年12月25日公開の『まんが大行進』内の1本として再映された。同時上映は『狼少年ケン 地底の女王・わんぱく作戦』と『オバケのQ太郎 台風が来るぞの巻・忍術修業の巻』の2本。

映像ソフト[編集]

VHSやLD化はされたが既に絶版、現在はDVDが発売&レンタルされている(いずれも東映ビデオより)。

外部リンク[編集]