ぼくのそんごくう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ぼくのそんごくう』は、手塚治虫の少年漫画作品。中国・明代の小説『西遊記』を翻案して漫画化した作品である。1952年から1959年にかけて、秋田書店の少年漫画誌『漫画王』に連載された。初出時のタイトルはすべてひらがなであるが、後の単行本化の際には『ぼくの孫悟空』と改められている。

概要[編集]

東勝神州は傲来国の花果山山頂の石から生まれた孫悟空が、須菩提祖師の下で修行を積み、天界に入って大暴れの後に幽閉され、仏門に入って三蔵法師のお供となり取経の旅行を続ける…という『西遊記』のストーリーに沿いながら、以下のように当時の世相を取り入れたりした漫画らしい脚色を加えている。

  • 天界で暴れた孫悟空を退治に現れた二郎真君ターザンのような姿。また、連載開始当時は朝鮮戦争国連軍が派遣されていたことから天界側の軍勢には国連軍の旗をかざした人物がいる。
  • 三蔵が孫悟空を戒める緊箍呪は童謡「お猿のかごや」。
  • 車遅国の国王の姿や口癖(「あ、そう」)は昭和天皇がモチーフ。
  • 牛魔王の子供である紅孩児は、大人も手を焼く「ティーンエイジャー」。
  • 妖怪に捕らえられた三蔵を、妖怪の子供が「ユール・ブリンナー人形」といってオモチャにする。
  • 正月の初夢という設定で、手塚が三蔵と入れ替わって旅行をする話が存在する。

また、いわゆる「八十一難」についてはエピソードの入れ替えや省略もあり、原作では火焔山のエピソードよりも前に登場する紅孩児は、本作では後から出てくることになっている。

原作の性格もあり、当時の雑誌連載漫画としては異例ともいえる7年にもわたる長期連載作品となった。手塚は、手塚治虫漫画全集講談社)の本作の「あとがき」で自由奔放に執筆したことを記している。

その一方で孫悟空はこの当時、日本ではニホンザルに似せて尾が短く描かれることが珍しくなかったが尾が長い姿をしており、実在のモデルとされるアカゲザルの特徴を反映している。また、沙悟浄河童ではなく、「登場時には首からされこうべを通した紐をぶら下げている」という点が除かれた以外は、明代の「李卓吾先生批評西遊記」の挿絵に見られるような中国で刊行された刊本に見られる姿に近い。 さらに、『西遊記』の翻案作品においてはしばしば人格をなくされたり、人間形のキャラクターにされる玉龍の化した白馬も手塚のお遊びで馬になっても龍のひげが長く伸びた姿をしており、性別は女性に設定されているがきちんと「人格を持った馬」として描かれているなど原作の設定を押さえて描かれている一面がある。

これは、手塚が本作の執筆に際して、以前に見た中国のアニメーション映画『西遊記 鉄扇公主の巻』(1941年。原題は『鉄扇公主』)から影響を受けていることも関係していると見られる。この点について手塚は「特に火焔山のエピソードについては、『鉄扇公主』と似たものになってしまった」と上記の「あとがき」で記している。

また、孫悟空は仏門に帰依してからは正義を愛するキャラクターとなり、三蔵法師に対しても「お師匠(さま)」と敬意を持って接している。この点は後に虫プロダクションが制作したテレビアニメの『悟空の大冒険』とは大きく異なる点である。

当初の連載時は毎回巻頭のカラー4色刷で掲載され、手塚自身が色鉛筆で色指定を行った。後の単行本では白黒となったが、2006年ジェネオンエンタテインメントから初発表時を再現したフルカラー版の単行本が限定3000部で刊行されている。

アニメ化[編集]

原作に知名度があることから、何度かアニメ化の題材となってきた。

最初のアニメ化は、連載終了からまもない1960年に東映動画が制作した劇場アニメ『西遊記』である。キャラクターデザインやストーリーは大幅に改変され、オリジナルに近い作品に仕上がっている。

この作品には手塚もスタッフとして加わり、自らストーリーボードを描くなどしている。ただし、途中からは多忙で顔出しできなくなり、自分の代わりに石ノ森章太郎とアシスタントだった月岡貞夫を助手として現場に派遣した。手塚にとっては原作者という側面と、アニメ制作の勉強という目的もあっての参加であったが、制作の進め方を巡って東映動画側のスタッフと齟齬が生じた面もあった。この経験が自ら虫プロダクションを創設するきっかけにもなった。

一方、東映動画の側からは、感動を得ようとドラマ上の必然性がなくヒロインを死なそうとした手塚の手法に疑問を呈する発言があったと、スタッフからの伝聞として宮崎駿が述べている[1]。当時のスタッフで、このアニメ化企画を立案した白川大作は、宮崎が述べている点についてもっとも手塚に反対したのが自分であったと、後年のインタビューで証言した[2]大塚康生は、アイデアを並列に配置しラストもあっさりした手塚の構成が、起承転結をがっちりと組み立てた劇映画で観客を満足させる東映の作風と合致せず、東映動画側は手塚の絵コンテを改変して使用せざるを得なかったと説明している[3]

また、この公開に連動して、この映画で孫悟空の恋人として登場するリンリンを主人公とした漫画『リンリンちゃん』を秋田書店の『ひとみ』に連載した。

虫プロダクションの設立後、1967年杉井ギサブローを監督として本作をベースとしたテレビアニメ『悟空の大冒険』が虫プロダクションが制作、フジテレビ系で放映された。この作品は杉井が手塚から大胆な改変の了解を得たことから、思い切ったスラップスティック作品となり、キャラクターデザインも含め「ぼくのそんごくう」から離れたものとなった。

1989年8月27日には、24時間テレビ 「愛は地球を救う」で毎年恒例になっていた手塚治虫のテレビスペシャルアニメの1作として『手塚治虫物語 ぼくは孫悟空』を手塚プロが制作し、日本テレビ系で放映された。これは本作の孫悟空の宇宙版で、病床の前年の秋に手塚治虫がシノプシスを提供したが、完成を見ずに放送年の2月に手塚は死去した。『西遊記』の部分は波多正美が監督し、手塚が死去したことで手塚の自伝風漫画をアニメ化したパートをりんたろう監督が追加製作し、「かつて西遊記のアニメを見て感銘を受けた手塚少年が、やがて大人になって自分なりの『ぼくのそんごくう』を企画し、それを語る」という形で、1本の作品として放送された[4]

手塚没後の2003年に本作をベースとした劇場アニメ『ぼくの孫悟空』を手塚プロが制作し、松竹系で公開された。過去のアニメ化作品の中ではもっとも原作に近いものになっている。

初出[編集]

『漫画王』1952年2月号~1959年3月号

単行本[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 宮崎駿『出発点 1979~1996』徳間書店、1996年、p.234。当時宮崎は東映動画入社以前であり,これは入社後の伝聞に基づく発言である。
  2. ^ 東映長編研究 第10回 白川大作インタビュー(2)手塚治虫と『西遊記』] - WEBアニメスタイル2004年11月15日
  3. ^ 大塚康生『作画汗まみれ 増補改訂版』徳間書店、2001年、pp.108-109
  4. ^ 「ビデオラボ 愛は地球を救う手塚アニメ 武井英彦PDにインタビュー」『アニメージュ』1990年2月号、徳間書店、pp.198-199。

外部リンク[編集]