スマイルプリキュア!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プリキュアシリーズ > スマイルプリキュア!
スマイルプリキュア!
ジャンル 変身ヒロイン
戦闘美少女女児向けアニメ
アニメ
原作 東堂いづみ
シリーズディレクター 大塚隆史
シリーズ構成 米村正二
キャラクターデザイン 川村敏江
音楽 高梨康治
アニメーション制作 東映アニメーション
放送局 ABCテレビ朝日系列
放送期間 2012年2月5日 - 2013年1月27日
話数 全48話
漫画
原作・原案など 東堂いづみ
作画 上北ふたご
出版社 講談社
掲載誌 なかよし
発表期間 2012年3月号 - 2013年2月号
話数 全13話
ゲーム:スマイルプリキュア! レッツゴー! メルヘンワールド!
ゲームジャンル 絵本体験型ミニゲーム集
対応機種 ニンテンドー3DS
開発・発売元 バンダイナムコゲームス
キャラクターデザイン 川村敏江
メディア 3DSカード
プレイ人数 1人
発売日 2012年8月2日
売上本数 8,786本[1]
レイティング CERO:A(全年齢対象)
コンテンツアイコン
キャラクターボイス あり
その他 AR対応
テンプレート - ノート

スマイルプリキュア!』(SMILE PRECURE!)は、2012年(平成24年)2月5日から、2013年(平成25年)1月27日まで朝日放送(ABC)・テレビ朝日系列フルネット局のみ)で放送された、東映アニメーション制作の日本テレビアニメである。全48話。『プリキュアシリーズ』の通算9作目にして、7代目のプリキュアに当たる。

概要[編集]

前作の『スイートプリキュア♪』から、設定や登場人物を一新した新シリーズ。初期メンバーは『Yes!プリキュア5』以来から約5年振りに5人構成[2][3]となっている。

各プロデューサー達が、本作品のテーマを「いつもスマイルでいれば、ハッピーな未来が待っている![3]、「笑顔[4]として発表している。題名の由来は「去年は東日本大震災など辛く悲しい出来事がありましたが、そこから未来に進むためには決して笑顔を忘れずに絶対にあきらめない気持ちが必要だから」[3]、「番組を見た人達が毎日笑顔でいられるように願って」[4]と制作サイドから説明されている。

前作に引き続き、梅澤淳稔がプロデューサーを務める[3][5]。シリーズディレクターには、過去の「プリキュアシリーズ」での演出や映画『プリキュアオールスターズDX』シリーズの監督を務めた大塚隆史[2]を起用。大塚は『ONE PIECE』の演出を手がけ始めた頃に企画書を渡され、シリーズディレクターになることが決まったという[6]。また、キャラクターデザインはコンペティションの結果、『Yes!プリキュア5』シリーズで同役職を務めた川村敏江[2]が担当する。大塚は未就学児の女児が見たいと思えるデザインを川村に依頼、川村がアイデアが豊富であり具体的な注文をするよりも全体像を話したほうが良いと判断し、基本的な性格や作品概要を話した程度だったが、実際に川村からデザインがあがってくると感嘆したという[6]

なお、梅澤プロデューサー期の特徴である追加戦士や新たな敵キャラクターの登場はなく、初期メンバーのままで物語が進行し、『フレッシュプリキュア!』以外の過去作品と同じく他人にプリキュアである事と妖精の存在は知られないままで物語が終わった作品となった。更に本作品のもう一つの特筆するべき内容として、"差別"や"偏見"に対する"抵抗"と云う側面がある[注 1]

2012年1月6日に公式サイトでメインキャラクターの担当声優が発表され、またそれはニュースサイトでも取り上げられた[7]

前2作から引き続きデータ放送との連動で番組放送中にプリキュアポイントを貯めるミニゲームが行われている。またミニゲームで遊んだ後にエンドカード(「またみてね」の画面)にどのキャラクターが登場するか当てるプレゼントクイズが出題され、放送時間中に電話する(テレドーム)ことで回答する形となっているが、第20話では間違った電話番号を表示してしまったため、翌週(第21話)の放送内でお詫びのテロップが送出された[8]

第17話からは最終回を除き、番組開始前のジャンクション映像が変身バンクの一部の動画から各話のハイライトシーンを用いた動画に変更された。

本作品の第11話「プリキュアがチイサクナ~ル!?」(2012年4月15日放送)でプリキュアシリーズ通算400回の放送を迎えた。

ストーリー[編集]

絵本が大好きな中学2年生の星空みゆきは、七色ヶ丘中学校へ転校初日、不思議な絵本から飛び出した妖精・キャンディと出会う。キャンディは絵本の国メルヘンランドからの使いで、世界をバッドエンドに変えようと企むバッドエンド王国からメルヘンランドを救うため、伝説の戦士プリキュアを探していたのだった。

そんな中、バッドエンド王国の幹部でもあるウルフルンは悪の皇帝ピエーロを蘇らせるため、人々の心を絶望に落とし込みバッドエナジーを集め、さらに怪物アカンベェを召喚し暴れさせる。みゆきは人々の笑顔を守るべくプリキュアの力に覚醒し、キュアハッピーに変身しアカンベェと戦う。アカンベェを倒したことで幸せの力の源であるキュアデコルを取り戻し、これを集めることでメルヘンランドを救うことができるという。みゆきは日野あかね / キュアサニー黄瀬やよい / キュアピース緑川なお / キュアマーチ青木れいか / キュアビューティの4人の仲間と共に、ウルフルンや同じく幹部であるアカオーニマジョリーナらバッドエンド王国へ立ち向かう。

デコルを全て集め終え、メルヘンランドの女王ロイヤルクイーンを目覚めさせようとするプリキュアの前に敵幹部のリーダー・ジョーカーが現れ、キャンディを連れ去りデコルも1つを残し奪っていった。プリキュア達はキャンディの兄・ポップと共にバッドエンド王国へ向かい、敵幹部との死闘の末にキャンディとデコルを取り戻す。そして新たに宿った「プリキュア・プリンセスフォーム」の力により、復活したピエーロを撃退する。

デコルを集めてもロイヤルクイーンは目覚めなかったが、それはプリンセスフォームをプリキュアに与えるのが精一杯であったためだという。新たなデコルを集めるため、そして消滅を免れたピエーロを完全復活させるべく再びバッドエナジーを集めようとするジョーカー達の野望を阻むため、プリキュア達の戦いは続いた。

やがてピエーロの核が地球に飛来し、キャンディがミラクルジュエルに変化したことをきっかけに、バッドエンド王国との最終決戦が始まった。幹部達との戦いが決着し、そして女王やキャンディの真実も明かされ、ついにプリキュア達は強大なピエーロと対決する。ミラクルジュエルの最後の力でピエーロを倒し、更地となった地球は元の平和な世界に戻り、メルヘンランドも救われた。だが、ミラクルジュエルの力を使い果たした事でキャンディとポップとの別れを迎えるのだった。

季節は過ぎて春、2度と会えないと思っていたキャンディがみゆき達の前に再び姿を現す。キャンディとの再会を果たしたみゆき達は、最高にウルトラハッピーで喜ぶのだった。そして、プリキュアの伝説はいつまでも永遠に…。

登場人物[編集]

プリキュア[編集]

5人とも「七色ヶ丘中学校」2年2組のクラスメイトである。

制服はネクタイの色が自身の髪色と同じであること以外は他の生徒と同じであり、各自の好みに合わせて着こなしている。私服はプリキュアのイメージカラーとほぼ同色の服を着用している。

星空 みゆき(ほしぞら みゆき) / キュアハッピー
- 福圓美里
本作品の主人公で、「七色ヶ丘中学校」に転校してきた14歳[9]マゼンタ色の髪が特徴で、髪の両サイドを小さく纏め、リボンで留めている。
一人称は「わたし」。4人を「ちゃん」付けで呼んでいる[注 2]
かなり不器用で勉強をはじめ苦手なことが多いが、前向きで元気な性格で、みんなをハッピーにするために全力を尽くしている。プリキュアメンバー内で唯一、プリキュアへの覚醒前の段階でバッドエンド空間を発動された際、無気力に陥っていない。
繊細で傷つきやすい一面もあるが、どんな苦境にあっても我慢をしている。物事に夢中になると時間を忘れることがある[注 3]
幼いころは内気な性格が原因で友人がいなかったが、「森の少女」との出会いをきっかけに人と関わる勇気と笑顔の大切さを学んでいる。
絵本やおとぎ話が好き。初恋の相手はピーターパンで、愛読書は『シンデレラ』。
バッドエンド王国との戦いを終えたあと、キャンディたちとの思い出を胸に、自作の絵本を描き始めている。
口癖は「ウルトラハッピー」で、不機嫌になると「ハップップー」と言いながらむくれる。
日野 あかね(ひの あかね) / キュアサニー
声 - 田野アサミ
大阪出身[注 4]の少女。前髪にヘアピンを付け、後ろ髪は一本に束ねている。学制服は、腰にオレンジのカーディガン(冬服のみ)を巻きつけている[10]
一人称は「ウチ」で、関西弁で話す。4人を呼び捨てで呼んでいる[注 5]
人一倍熱いこころの持ち主で、友人をバカにする者は許さない。みゆきの理解者であり、みゆきが落ちこんだときは励ましている。
常識人としての感性をもっており、周囲の的はずれな言動にツッコミを入れることも多いが、周りに流され自身が暴走することもある。
お笑いが好きで、自身も人を笑わせるのが好きだが、調子に乗って話にオチを求めることがある。
身体を動かすことを好み、部活はバレー部に所属し、エースアタッカーを目指して日夜練習に励む。苦手な教科は英語
実家はお好み焼き屋「あかね」を経営しており、自身もその腕前を生かして父・大悟の手伝いをしている。
黄瀬 やよい(きせ やよい) / キュアピース
声 - 金元寿子
小柄な14歳の少女。エアリーヘアが特徴で、カチューシャを付けている。学制服の上に黄色のカーディガン(夏服ではベスト)を着こむ[10]
一人称は「わたし」。4人を「ちゃん」付けで呼んでいる。
少々引っ込み思案だが、楽しいことや嬉しいことがあると人を巻き込んではしゃぐといった明るく無邪気な性格。泣き虫だが強い好奇心を秘めており、一度交わした約束は守る芯の強さをもつ。
スーパーヒーローやヒロインに憧れている。絵や漫画を描くことが好きで実力もあるが、自分から他人に見せることは少ない。
料理が得意で、苦手な教科は数学。スポーツも苦手だが、大玉転がしだけは得意。
父・勇一はやよいが5歳の頃に他界しており、現在は母子家庭として母・千春と2人でマンション暮らしをしている。
緑川 なお(みどりかわ なお) / キュアマーチ
声 - 井上麻里奈
背が高い少女。緑色の髪が特徴で、後髪をリボンでまとめている。学制服の上に緑色のベストを着用する(冬服のみ)[10]
一人称は「あたし」。みゆきとやよいを「ちゃん」付け、あかねとれいかを呼び捨て[注 6]で呼んでいる。
姉御肌でめんどう見がよく、爽やかなために女子からも人気がある。かわいい物が好きだったり、食欲旺盛な一面ももつ。
正義感が強く、曲がったことは許さない性格。理不尽な物言いに対しては強く反論するなど度胸もあり、強い意志と行動力をもつ。
スポーツが得意で、女子サッカー部に所属しており、1年生のころからレギュラーを務めている実力者。陸上部顔負けの俊足でもある。
苦手なものへの恐怖心が強く、お化けや虫を見ると激しく狼狽する[注 7]。苦手な教科は社会(歴史)。
6人姉弟(第42話から7人姉弟[注 8])の長女で第1子。兄弟の世話をしていることもあって、家事全般は得意。一方で、機械の操作は苦手。
れいかとは幼なじみの関係で、れいかが悩んだり落ちこんだりした際には、真っ先に理解しては励ましている。
他人を注意するときは「筋が通ってないよ!」と口にする。
青木 れいか(あおき れいか) / キュアビューティ
声 - 西村ちなみ
凛々しい少女。紺色のストレートヘアが特徴で、髪をヘアピンで留めている。学校では、制服の上に水色のトップスを着用している[10]
一人称は「わたし」もしくは「わたくし」で、敬語で話す。みゆき、あかね、やよいの3人を「さん」付けで呼び、なおを呼び捨てで呼んでいる。
容姿端麗かつ頭脳明晰で、責任感が強く律儀なため生徒たちの憧れとなっている。上品に立ち居振る舞っているが、何か一言を言いながらも世話を焼いて見守ってくれる、心優しく頼れるお姉さん的存在でもあり、一度怒らせたら怖い[注 9]
プリキュアにならなくても怯まず、敵に対して毅然とした態度をとる。また、卑怯なやり方を嫌う。
適応力と洞察力に長けており、物事を冷静に観察して適応する。その一方、古風な家庭環境育ちから浮世離れしており、天然ボケな一面もある。また真面目ゆえに迷いが生じると思いつめてしまうこともある。
なおとは幼なじみの関係で、普段なおが見せない部分などをよく知っている。
学校では学級委員であり、生徒会の副会長(第37話より会長[注 10])を務めている。弓道部にも所属している。学業では学年トップの成績を維持している。
青木家の座右の銘である「正しき道を行く」という言葉にアイデンティティーをもっており、しばしば「」という単語を文字や言葉に表している。
名前は漢字で「麗華」と書く。

メルヘンランド[編集]

おとぎ話のキャラクターたちが暮らしている国。既存の絵本のキャラクターを住人の妖精が各自で演じている世界で、役割はそれぞれの童話を反映している。

住民のほとんどが小柄な動物型の妖精であり、基本的に人間を見ただけでも怯えている。

ロイヤルクイーン
声 - 島本須美
メルヘンランドの女王。全身が金色に輝いている。体格は大きい。
ピエーロによって力の源である「キュアデコル」を奪われるが、直前にピエーロを封印し、キャンディにプリキュアの捜索とキュアデコルの回収を託した。
第22話でデコルが16個が集まったものの、プリキュアたちに新しい力を与えるのが限界であったため、復活は果たせなかった。しかし、テレパシーを通じての会話が可能となり、残るデコルの回収という使命をプリキュアに託した。
実はすでにこの世には存在せず、最後の力を「ロイヤルクロック」に封じていた。次世代のクイーンとなるキャンディを守ったあと、すべての力を使い果たしたことで姿を消した。

妖精[編集]

キャンディ
声 - 大谷育江
メルヘンランドを救うために地球にやって来た妖精。黄色い渦巻き型の耳と尻尾をもつ[注 11]
一人称は「キャンディ」で、語尾に「クル」とつけ、「キミ」が「ちみ」、「それ」が「そり」になるなど舌足らずな口調で話す。
プリキュアを探して「キュアデコル」を集め、メルヘンランドの平和を取り戻す使命をもつ。しかし、プリキュアの能力やバッドエンド王国のことは知らされていなかった。
日頃はプリキュアのガイド役として強がってはいるものの、寂しがり屋かつ泣き虫で、兄のポップの前では甘えん坊になる。しかし、次第に勇気を身につけていき、キュアデコルを活用したりする。みゆきと同じ勉強が苦手で[注 12]、彼女と共にドジを踏む事が多い。
「プリキュアの秘密は隠さなくてはいけない」とみゆきたちに念を押しているも、自身の正体を隠すことを忘れることがしばしば[注 13]。また、動物扱いやぬいぐるみ扱いされることも否定している[注 14]
基本的にみゆきのバックに隠れていたり、ぬいぐるみのふりをしているなどの一般人の前では身を隠している。
物語終盤にて、正体はメルヘンランドの次期クイーンにして、ロイヤルクイーンの娘である事実が判明する[注 15]
ピエーロとの戦いが終わったあと、自身の力を使い果たしたことでポップと同じく人間界にいられなくなり、涙ながらメルヘンランドに帰郷する。そのあと、「星にたくさんお願いした」ことで人間界に来られるようになり、再会したみゆきたちとふたたび暮らすようになる[注 16]
ロイヤルキャンディ
最後の「キュアデコル」の力で急成長をとげ、「ミラクルジュエル」の状態から目覚めた姿。胸には姿を変えたミラクルジュエルが付いている。
人間に酷似した容姿となっているが、口調は変わっていない[注 17]
空中浮遊ができるほか、ピエーロの攻撃を一時的に防ぐことができるバリアを張ることが可能。
絶望に飲みこまれたプリキュアを助けることに成功したほか、プリキュアたちとともにピエーロに最後の一撃を加える際も同行している。
ポップ
声 - 阪口大助
キャンディの兄。キツネのような尻尾とライオンのような鬣をもち、右目が前髪で隠れている。一人称は「拙者」で、語尾は「でござる」。
「かわいい」と言われると激昂する反面、「かっこいい」と言われると恥ずかしがる。
メルヘンランドで任務を与えられているために人間界には常駐できないが[注 18]、電話デコルを「デコルデコール」にセットして通信している。
妹のキャンディが心配で、「いつも笑顔でいてほしい」と願っている。「お別れするときは笑顔」という約束をキャンディと交えている。
キャンディとは違い、プリキュアの出自に繋がる情報などに精通している。
「変化の術」でさまざまな姿に変身することが可能[注 19]。また、自分の毛を使用して、他人を変身させることもできる。
人間界を訪れる際は絵本に変化しており、よくみゆきの顔面でキャッチされている。また、キャンディと同様一般人の前では身を隠している[注 20]
最終決戦時にもみゆきたちの前にあらわれて、みゆきたちのサポートをした。すべてが終わるとキャンディと同様、強制的にメルヘンランドへと帰ることになった。
アニメ本編ではサブキャラクターだが[注 21]、オールスターズ映画で登場した際はメインキャラクターとして登場している[注 22]

バッドエンド王国[編集]

皇帝ピエーロを筆頭に、さまざまな「おとぎ話」の悪役たちが集まっている国。世界を最悪の結末「バッドエンド」に導くことを目的に暗躍する。

その昔にメルヘンランドを襲撃したが、痛みわけで終わり、今度は地球に狙いを定めている。

メンバーは「闇の絵本」を持参し、本の白紙のページに「闇の黒い絵の具」で塗り潰すことで「バッドエンド空間」を発動させ、人々の負のエネルギー「バッドエナジー」を集めて、封印されたピエーロの復活を目指す。また、「アカンベェ」を使役してプリキュアの打倒も兼務する。

第24話以降はピエーロの完全復活を目指し、ジョーカーが依頼した「ミラクルジュエル」の捜索にも乗りだす。

上層部[編集]

ピエーロ
声 - 玄田哲章
バッドエンド王国の皇帝。正体は人々が抱く憎しみ、怒り、悲しみ、孤独といった負の感情から生まれた怨念であり、「絶望の物語」を自称している。
「バッドエナジー」が源であり、すべてをバッドエンド(怠惰な世界)に導くことが目的。
かつて、メルヘンランドを襲撃してロイヤルクイーンを封印し、ロイヤルクイーンの力の源である「キュアデコル」を奪い、アカンベェの元となるアイテムに変える。しかし、ロイヤルクイーンの抵抗で封印されたことで、配下に自身の復活を託した。
第23話にて不完全ながら復活をはたすが、プリンセスフォームとなったプリキュアたちの必殺技「プリキュア・レインボーバースト」をうけて、核を残し消滅する。続く第24話ではジョーカーに核を回収され、あらためて完全復活を待つことになる。
第45話ではバットエナジーを吸収し続けたことで核が巨大化し、地球に飛来する。そして、地球から搾り取った最後のバッドエナジーを取り込み、最後にジョーカーを吸収して完全復活する。
第47話ではプリキュアたちの前に姿をあらわして「絶望の巨人」を生み出し、全世界を絶望に染めようとする。そして、プリキュアたちをも絶望させるが、キャンディの力に阻まれたことで猛反撃をうける。だが、絶望の巨人のバッドエナジーを吸収して地球すらも覆う巨大なブラックホールのような姿に変化し、地球を半壊させたうえにプリキュアたちの変身を解くほどの圧倒的な力をみせ、真の絶望を知らしめる。
最終的には、ミラクルジュエルの力で復活したプリキュアたちとロイヤルキャンディの必殺技「プリキュア・ミラクルレインボーバースト」にバッドエナジー砲で対抗するが敗北、巨大化したウルトラハッピーに抱かれる形で完全に消滅した。
不完全体[注 23]
第23話で「バッドエナジーメモリー」が「22」になったことで復活した姿。
巨大で太めのピエロのような姿をしており、頭部には紫色の炎が燃えている。
口から星を破壊するほどの威力をもつバッドエナジーの光線「バットエナジー砲」を放って攻撃し、「プリキュア・レインボーヒーリング」すら通用しないほどの強さを持つ。
完全体
第47話で「バッドエナジーメモリー」が「99」まで達し、地球すべての「バッドエナジー」とジョーカーを取り込んで復活した姿。
不完全体に比べて等身大で細身になり、赤い鼻はなくなっており、黒い翼の生えた悪魔のような姿に変化している。
世界を絶望で包み込むほどに強化され、手から破壊光線を出す。また、空中に浮かんだり、高速移動も可能になる。
最終形態
第48話で宇宙すべての「バッドエナジー」を吸収した姿。
地球を覆うほどの巨大なブラックホールのような姿で、中心に禍々しい赤く光る眼と口がある。また、中心から巨大な掌を出現させることも可能。
「プリキュア・ウルトラロイヤルレインボーバースト」を弾き返すほどの最強を持つ。
ジョーカー
声 - 三ツ矢雄二
ピエーロの直属の配下で、三幹部を束ねるリーダー[11]道化師のような服装と仮面をつけている。
バッドエンド空間を発動すると、暗黒の闇に包まれた背景になる。
普段は飄々とした性格で、常に丁寧語で話し、おどけた態度を取る。だが本性は狡猾で、怒ると目が赤くなって、稀に言動も荒くなる。
ピエーロに強い忠誠心をもち、ピエーロ復活のためなら手段を選ばない。三幹部には慇懃無礼に接しているが、助言を与えたり、次々と強力なアカンベェの素を与えたりするなど、うまくサポートしている。
夢、希望、奇跡をこの世から完全に抹消させるため、どんな願いもかなえると言われる「ミラクルジュエル」を探して破壊することを目論む。
出撃回数は少ないが、プリキュア全員を圧倒する実力をもち、精神攻撃を得意とする。戦闘ではカードを攻防に利用し、プリキュアの技を吸収して反撃するほか、を駆使する。また、3色の髪の先端の球体からアカンベェを生み出すことが可能。
第21話ではキャンディを誘拐し、さらに続く第22話でプリキュア達と交戦し、心身ともに打ちのめして絶望を与えることでバッドエナジーを収集し、ピエーロに献上する。
第23話で自身に一矢報いたキュアビューティに興味をもち、キュアビューティをプリキュアの頭脳と判断している。
第45話では三幹部に最終勧告をしたあと、世界の人々のバッドエナジーを搾り取り、プリキュア打倒のため「バッドエンドプリキュア」を誕生させる。そして、地球すべてのバットエナジーをピエーロに献上して、地球を更地の世界にする。
結果としてバッドエンドプリキュアが倒されたことで追いつめられるが、最期にはピエーロの一部となり、そのことに歓喜しピエーロに吸収されて消えていった。

三幹部[編集]

ピエーロに忠誠を誓うウルフルン、アカオーニ、マジョリーナからなる3人の幹部[注 24]。互いにライバル視し合う関係だが、共同戦線や遊びなどに興じたりもする。また、マジョリーナ以外は人間の姿からかけ離れているため、人間の施設に出入りできない描写もある[12]

元々はメルヘンランドの妖精であったが、絵本の世界で悪者として虐げられており、そこをジョーカーに誘われて「バッドエンド王国」の一員となった経緯をもつ。

第45話ではジョーカーからの最後通告をうけ、命を捨てる覚悟でプリキュアに戦いを挑む。しかし、自分たちの経緯を知ったプリキュアたちの優しい心に触れたことで浄化される。そして、本来の妖精の姿に戻ってメルヘンランドへと帰還した。

ウルフルン
声 - 志村知幸
銀髪を生やした狼男タイプの獸人[注 25]。青色のパンクロッカーのような衣装を身にまとっている。「ウルッフッフ」という独特な笑い方をする。
バッドエンド空間を発動すると、満月のかかった紺碧の夜空になる。
人々の笑顔が大嫌いで、夢や希望を馬鹿にするなど、乱暴かつ粗暴な性格で、気に入らない相手を「食ってやる」と脅す。一方で、食欲が旺盛なために腹を空かして人間界を放浪することもある。
戦闘時は、鋭い爪と素早い脚を駆使しながら猛スピードで攻撃し、本気をだすと目が赤く光りだして狂暴化する。また、「黒っ鼻」の最強の力をえると髪の毛が青色に変化して、体が一回り大きくなり、スピードや攻撃力が上がる。
第23話でキュアサニーに敗れたことを根にもち、キュアサニーに対しては打倒心が強い。しかし、初めて戦ったプリキュアであるキュアハッピーに対してはそれ以上の敵意と憎悪を抱いており、失敗続きでアジトにも戻れなくなった際には「人生を狂わせた原因」としている。
ウルルン
声 - 志村知幸
ウルフルンの本来の姿と名。水色の体色の子犬のような姿をしている。
アカオーニ
声 - 岩崎ひろし
赤鬼の姿をした巨漢[注 26]トラ模様の衣服を身にまとっている。語尾に「オニ」とつけて話す。
バッドエンド空間を発動すると、赤みがかった色合いの夕焼け空になる。
人間の「きずな」を否定する冷徹さをもつなど、凶暴かつ非情な性格で、「弱虫」や「泣き虫」な性格をした相手を見下す。一方で、勉強や頭を使うのは苦手であり、難しい話を聞かされて混乱したり、自分の都合の良いように物事を解釈する一面がある。
テレビをよく視聴しており、それが原因で人間界の文化に興味をもつことが多い。
怪力が自慢で、自作の金棒を振るうことで突風を起こすこともでき、本気をだすと、上半身の服を破り飛ばすほどに巨大化する。また、「黒っ鼻」の最強の力をえると角や体が肥大化し、怪力が強化される。
気弱な性格をしたキュアピースを「泣き虫」と蔑視しており、ことあるごとにキュアピースを精神的に追い詰めている。
オニニン
声 - 岩崎ひろし
アカオーニの本来の姿と名。虎柄のパンツを着用し、尻尾の生えた子鬼のようになっている。
マジョリーナ
声 - 冨永みーな
魔女の服装をした小柄な老婆[注 27]。語尾に「だわさ」とつけて話す。
バッドエンド空間を発動すると、クモの巣に張り巡らされた緑色の背景になる。
努力や善意を嫌悪して罵倒する陰湿な性格。三幹部の中では頭脳派だが、間の抜けた面も少なからずある。「納豆餃子飴」が好物[注 28][注 29]
「空飛ぶホウキ」や「水晶玉」などの魔法道具を所持し、アジトにあるでさまざまな発明をしているが、同僚のミスが原因で、発明品を紛失してプリキュアたちに渡ることが多い。また、発明品のネーミングのセンスに疎い。
マジョリーナタイム」と称する若返りの能力があり、その際はグラマラスな美女になって口調や声色も変化し、身体能力も向上して分身能力や破壊弾での攻撃が可能になるが、短時間しか変身を維持できない。さらに「黒っ鼻」の最強の力をえると肌が薄緑色に変化し、無数の分身や破壊光線を出したり、キャンディの幻を生みだすなど、魔力が上がる。
自身とは正反対の直球的なキュアマーチが苦手で、キュアマーチの努力や家族愛などを目障りと感じている。
マジョリン
声 - 冨永みーな
マジョリーナの本来の姿と名。フードをまとった小動物のような姿をしている。

バッドエンドプリキュア[編集]

第45話、第46話に登場。ジョーカーが最後の「デコル」と三幹部から抜け出た「醜い心」を混ぜ合わせて誕生した悪のプリキュア。

自分だけの幸せを望み、他人の不幸を望む性格。なにもかもプリキュアとは正反対で、ジョーカーからは「戦闘マシーン」と呼ばれている。また、必殺技は暗い色に統一されている。

『スマイルプリキュア!コンプリートファンブック』において、担当声優が明かされている。

バッドエンドハッピー
声 - 福圓美里
キュアハッピーのコピー戦士。大量の岩石が空中を舞う空間が戦闘フィールド。
自身だけが幸せであれば良いという思考をもち、他人の不幸を喜び、世界中を不幸で満たしたいと言い放つ。
必殺技は、キュアハッピーと同じようなエネルギーを放つ「バッドエンドシャワー」。指をハート型にして放つ破壊ビームを連射したりもする。
キュアハッピーを不幸と絶望に陥れて始末しようとするが、未来を信じて前に進むキュアハッピーの「ハッピーシャワー・シャイニング」のパワーに圧されて消滅した。
バッドエンドサニー
声 - 田野アサミ
キュアサニーのコピー戦士。が地平線に揺らめく空間が戦闘フィールド。
「すべてを焼き尽くす太陽」と自称し、太陽は1つでいいという思考のもとにキュアサニーを襲う。また、友だちを必要ないものと考えている。
関西弁で話すが、当初の台本では関西弁ではなく標準語だった[13]
必殺技は炎で突撃する「バッドエンドファイヤー」。また、足先から炎を噴射させて高速移動する能力ももつ。
「太陽はみんなを照らすもの」と語るキュアサニーの反撃をうけ、「サニーファイヤー・バーニング」で消滅する。
バッドエンドピース
声 - 金元寿子
キュアピースのコピー戦士。ラフレシアを中心に無数の不気味な花が咲く空間が戦闘フィールド。
ウソ泣きやだまし討ちを平然と行う卑劣な性格で、キュアピースの優しさを「キレイごと」と蔑む。
必殺技はエネルギーを相手に落とす「バッドエンドサンダー」。また、雷撃の連射も得意とする。
キュアピースを馬鹿にして追いつめるが、「平和」を願うキュアピースの「ピースサンダー・ハリケーン」に敗れて消滅した。
バッドエンドマーチ
声 - 井上麻里奈
キュアマーチのコピー戦士。雲の上に巨大な植物が弧を描く空間が戦闘フィールド。
邪魔者は踏みにじり、強い者が弱い者を痛めつけることを「直球勝負」だと豪語する凶悪な性格。また、戦いの最中によそ見すら許さない戦闘狂。
必殺技は、巨大な球体エネルギーを相手にぶつける「バッドエンドシュート」。また、キュアマーチを上まわるスピードと脚技を得意とする。
キュアマーチに負けを認めるよう強要するも、絶対に諦めない覚悟を決めたキュアマーチに自身の「バッドエンドシュート」を「マーチシュート・インパクト」で蹴り返されて消滅した。
バッドエンドビューティ
声 - 西村ちなみ
キュアビューティのコピー戦士。鋭いの柱が並びたつ月下の空間が戦闘フィールド。
「美しさ」を正義とし、醜い者や見苦しい者は存在する価値すらないと語る冷酷な性格。キュアビューティに対して「ビューティ」を名乗る資格はないと言い放ち、攻撃してくる。
必殺技は、結晶を空中に複数出現させ攻撃する「バッドエンドブリザード」。また、氷の剣を武器にして戦う。
本当の「美しき心」をもつキュアビューティには敵わず、「ビューティーブリザード・アロー」で射抜かれて消滅した。

怪物[編集]

アカンベェ
声 - 佐々木啓夫
出でよ!アカンベェ!」という呼びかけとともに、幹部が「赤っ鼻」などの球体を掲げ、それが対象物を取り込む形で召喚される怪物。
媒体となる物体にピエロのような顔と手足がついており、素体となる球体は召喚された個体の鼻となる。基本的に言葉は「アカンベェ」と話す。個体によっては言葉を話すことも可能である[14]
一度に複数召還することも可能で、第17話では「赤っ鼻」と「青っ鼻」の2体が同時召喚され、第35話では「黒っ鼻」の個体が2体同時に登場した。
基本的には巨大な体だが、虫程度の小さなものが生まれることもある[15]。戦闘能力は召喚者のコンディションにも左右されることもある[注 30]
赤っ鼻(あかっぱな)
ピエーロが封印される直前に、三幹部に渡した赤い球体。
ピエーロがロイヤルクイーンから奪ったキュアデコルを「呪いの赤い絵の具」で変化させたもの。浄化されるとキュアデコルが呪いの赤い絵の具を弾いて出現する。
青っ鼻(あおっぱな)
第12話より登場。
ジョーカーが三幹部に渡した青い球体。キュアデコルから作った物ではない。
発する言葉は「アッカンベ」で、イントネーションも赤っ鼻とは異なる。
これで生み出したアカンベェは、「赤っ鼻」で生み出した個体に比べ力が弱くなるが、「プリキュア・レインボーヒーリング」以外のプリキュアの浄化の力が通用しない。
黄色っ鼻(きいろっぱな)
第23話より登場。
ジョーカーが15個のデコルが納められたデコルデコールを変化させ、自動的に召喚したもの。ジョーカーの髪についている黄色い玉で召喚するタイプもある。
プリキュアを圧倒する戦闘力をもつが、プリキュアの単独技でも浄化できる。
緑色の鼻(みどりいろのはな)
第29話より登場。
マジョリーナが作った「ゲームニスイコマレール」の世界で複数体登場した。正式な名前は不明。
スーパーアカンベェ
声 - 佐々木啓夫
デカっ鼻(でかっぱな)
第24話より登場。
2つの「赤っ鼻」を合わせて作った球体。これを使用すると、「スーパーアカンベェ」が生まれ、発する言葉も「スーパーあかんべぇ!」[注 31]「スーパー!」に変わる。デカッ鼻を2個用いた個体も存在する。
プリキュアの単体の技が通用しないほどに強化する反面、幹部の命令に従わなくなり、場合によっては幹部自身も攻撃に巻き込まれる。
元が2つの赤っ鼻なので、浄化されるとデコルが2つ出てくる。
ハイパーアカンベェ
声 - 佐々木啓夫
黒っ鼻(くろっぱな)
第31話より登場。
アカンベェを召喚するアイテムに「闇の黒い絵の具」を塗った黒い球体[注 32]。これを使用すると、「ハイパーアカンベェ」が生まれ、発する言葉も「ハイパーあかんべぇ!」[注 31]「ハイパー!」に変わる。ジョーカーによれば、黒っ鼻を超えるものは存在しないとされる。
プリキュアの必殺技「プリキュア・ロイヤルレインボーバースト」しか通用しない[注 33]が、反動で召喚者の身体に負荷がかかるデメリットがあり、その強大な力と代償に召喚者の命を削る。
基本的に召喚者がハイパーアカンベェに食べられるような形で融合し、召喚者の動きに合わせて動く。アカンベェの発する言葉とは別に幹部が話すことも可能。また、ジョーカーは三幹部と異なり、融合する際に自分が食べるようにし、自身がパワーアップする形でハイパーアカンベェを自らの体に武装することも可能。
三幹部が召喚するタイプは赤っ鼻を塗りつぶしたものであるため、浄化するとデコルが1個出てくる。
ウルフルンと合体するとオオカミの耳が生え、アカオーニと合体すると鬼の角が生え、マジョリーナと合体すると鼻がとがる。ジョーカーの召還した個体は、目がジョーカーに似る。
アカンベェの召喚以外にも、幹部をパワーアップさせることも可能。姿を大きく変え、プリキュアを圧倒するほどの力を発揮できるが、最終的には自我を失った怪物と化す危険性も含まれている。
絶望の巨人
声 - 佐々木啓夫
第46話、第47話に登場。
ピエーロの復活と同時に出現した、「バッドエナジー」で構成されている巨大な黒い怪物たち。
世界をバッドエンドにする力をもち、過去にメルヘンランドをバッドエンドに染めた存在。
最後はピエーロに吸収された。
ピエーロモンスター、ピエーロ軍団[16]
第47話に登場。
ピエーロが「バッドエナジー」から生み出した魔獣たち。
人型、動物型、虫型の姿を模したものが多数出現し、倒しても無尽蔵に復活をする。
最後はピエーロに吸収された。

七色ヶ丘市の人々[編集]

他の一般人やゲストキャラクターを含み[注 34]、「バッドエンド空間」で無気力に陥っており、戦闘中の目撃はほとんどしていない。同時にみゆき達がプリキュアである事とキャンディやポップの存在も最後まで知っていない[注 35]

星空家[編集]

星空 博司(ほしぞら ひろし)
声 - 関俊彦[注 36]
みゆきの父親。
星空 育代(ほしぞら いくよ)
声 - 國府田マリ子[注 37]
みゆきの母親。娘のキモチをくみ取り、温かく見守る大らかな性格のもち主。
星空 タエ(ほしぞら たえ)
声 - 松尾佳子
みゆきの祖母。自然を大切に思っており、普段は田舎で農業を営んでいる。
第27話ではウルフルンにバットエンド空間を発動されるが、無気力にならなかった。また、キャンディがみゆきの言う通りのぬいぐるみではないことを看破している節がある。第48話(最終回)にて、七色ヶ丘市のみゆきの家を訪れている。

日野家[編集]

あかね同様、全員関西弁でしゃべる。

日野 大悟(ひの だいご)
声 - てらそままさき
あかねの父親で、お好み焼き店を経営している。
第10話と第25話ではぎっくり腰を患ってしまい、あかねが代理店長を務めた。
日野 正子(ひの まさこ)
声 - 雪野五月
あかねの母親。
日野 げんき(ひの げんき)
声 - 白石涼子
あかねの1つ下の弟で、中学1年生。バスケットボール部に所属している。
生意気な性格で、あかねをよくからかっている。

黄瀬家[編集]

黄瀬 勇一(きせ ゆういち)
声 - 阪口周平
やよいの父親であり、やよいの名付け親。やよいが5歳の時に病気で亡くなっている。
黄瀬 千春(きせ ちはる)
声 - 氷上恭子
やよいの母親。夫が亡くなってから、娘と2人で暮らしている。
職業は子供服のファッションデザイナー。

緑川家[編集]

緑川 源次(みどりかわ げんじ)
声 - 神奈延年
なおの父親。職業は大工。
緑川 とも子(みどりかわ ともこ)
声 - 高橋里枝
なおの母親。
緑川 けいた(みどりかわ けいた)
声 - 寺崎裕香
緑川家の長男で第2子。第42話で彼が生まれた時の回想があった。なおのことを「なお姉」と呼ぶ。
第42話ではゆい以外の妹弟達と共になおやみゆき達4人がプリキュアである事を知ってしまうが、「よく覚えて無いけど、なお姉が戦ってた」と夢を見ているだけだった。
『プリキュアまんがえほん』では『ハピネスチャージプリキュア!』のナマケルダにサイアークにされてしまうが、キュアハッピー(みゆき)とキュアマーチ(なお)、『ハピネスチャージプリキュア!』のキュアラブリー(愛乃めぐみ)とキュアプリンセス(白雪ひめ)の活躍で元に戻る。
緑川 はる(みどりかわ はる)
声 - 赤﨑千夏
緑川家の次女で第3子。
緑川 ひな(みどりかわ ひな)
声 - 藤井ゆきよ
緑川家の三女で第4子。髪型はツインテール。第42話ではゆうたと共にマジョリーナに捕らわれてしまう。
緑川 ゆうた(みどりかわ ゆうた)
声 - 中上育実
緑川家の次男で第5子。上述通り、第42話ではマジョリーナに捕らわれる。
緑川 こうた(みどりかわ こうた)
声 - 疋田涼子
緑川家の三男で第6子。
緑川 ゆい(みどりかわ ゆい)
緑川家の末っ子(四女)で第7子。第42話の最後で誕生し、以降のエピソードや『映画 プリキュアオールスターズNewStage3 永遠のともだち』にもモブとして登場する。

青木家[編集]

青木 曾太郎(あおき そうたろう)
声 - 西村知道
れいかの祖父であり、れいかのよき相談相手。書道を嗜んでいる。
父(本名不明)
れいかの父。第26話と第45話にて1カットシーンのみ登場している。職業は日本画家[注 38]
青木 静子(あおき しずこ)
声 - 篠原恵美
れいかの母親。家では常に着物を着ている。
青木 淳之介(あおき じゅんのすけ)
声 - 吉開清人
れいかの兄。毎朝れいかとともにランニングをしている。

七色ヶ丘中学校[編集]

教師[編集]
佐々木 なみえ(ささき なみえ)[注 39]
声 - 小野涼子
七色ヶ丘中学校2年2組担任。担当教科は英語。
アニメ本編では幹部達にバッドエンド空間で無気力に陥ってしまう描写はなかったが、『プリキュアまんがえほん』ではアカオーニにバッドエンド空間を発動させられて無気力に陥ってしまう描写が見られた。
堀毛(ほりけ)
声 - 神田みか[注 40]
七色ヶ丘中学校の女性教師。担当教科は社会科。
2年2組[編集]
豊島 ひでかず(とよしま ひでかず)
声 - 皆川純子
ギターが大好きな少年。第34話では大切なギターをハイパーアカンベェにされたが、みゆき達の活躍で元に戻る。
野川 けんじ(のがわ けんじ)
声 - 飯田利信
長身痩躯の少年。豊島のバンド仲間で、ベースを担当。
宗本 しんや(むねもと しんや)
声 - 長門三照
肥満体の少年。豊島のバンド仲間で、ドラムを担当。
木村 さとし(きむら さとし)
声 - 白川周作
眼鏡をかけた小柄な少年。豊島のバンド仲間で、キーボードを担当。
井上 せいじ(いのうえ せいじ)
声 - 樋口智透
軽い感じの少年。
北原 ともふみ(きたはら ともふみ)
声 - 吉開清人
眼鏡をかけた少年。れいかと同じく学級委員。
岡田 まゆ(おかだ まゆ)
声 - 赤﨑千夏
ヘアバンドをつけたウェーブヘアの少女。きよみやひろこと仲良し。
尾ノ後 きよみ(おのうしろ きよみ)
声 - 津田美波
小柄なツインテールの少女。あかねと同じくバレーボール部に所属。
柏本 まゆか(かしもと まゆか)
声 - 藤井ゆきよ
お下げ髪の少女。
金本 ひろこ(かねもと ひろこ)
声 - 合田絵利
額を露出したショートヘアの少女。
木角 まゆみ(きかど まゆみ)
声 - 赤﨑千夏
ベリーショートヘアの少女。あみと仲良し。
藤川 あみ(ふじかわ あみ)
声 - 中上育実
眼鏡をかけた肥満気味の少女。
本田 あや(ほんだ あや)
声 - 中上育実
セミロングヘアをお下げにした少女。
その他の生徒[編集]
蘇我 竜也(そが たつや)[注 41]
声 - 高口公介
第3話に登場。七色ヶ丘中学校の美術部長。
コンクールで入選した経験をもつ。だが、自分の後輩たちがやよいの作品を貶しているのをたしなめないなど性格に難がある。
入江(いりえ)
声 - 樋口智透
七色ヶ丘中学校の生徒会の会長。女生徒からの人気が高い。第4話から序盤のエピソードに登場する。
寺田 るな(てらだ るな)
声 - 赤﨑千夏
七色ヶ丘中学校の生徒会の会計係。ウェーブセミロングヘアの少女。第5話から登場し、れいかの生徒会絡みのシーンで姿を見せる。

ゲストキャラクター[編集]

松原(まつばら)巡査[注 42]
声 - 白川周作
七色ヶ丘市の交番に勤務していて、マジョリーナが発明品を紛失する度に相談される。
当初はマジョリーナの事を「お婆ちゃん」と呼んでいたが、マジョリーナの事が気になったためか、のちに「マジョさん」と呼ぶようになる。しかし、マジョリーナの正体が人間でない事には気づいていない。
FUJIWARA
声 - FUJIWARA藤本敏史原西孝幸
第17話に登場。あかねが大ファンのお笑いコンビで、お笑いコンテストの特別ゲストとして登場。
お笑いネタを披露しようとした際にマジョリーナの妨害を受け、そのまま観客達共々バッドエンド空間で無気力状態になってしまうが[注 43]、持ち前の芸人魂で無気力状態を自力で打ち破る。その際にキャンディからプリキュアではないかと疑われ、原西は「キュアゴリラ」の変身を披露し、以降持ちネタとしている様子[注 44]
深澤(ふかざわ)監督[注 45]
声 - 高木渉
第33話に登場。京都の東映太秦映画村で『妖怪オールスターズDX』という映画の撮影をしていた。みゆき達は映画撮影に参加するが、調子に乗ったポップにおいしいところを持っていかれてしまう[注 46]
タケル
声 - 田村睦心
第35話に登場。やよいが大ファンのアニメ『鉄人戦士ロボッター』[注 47]の主人公。
ロボッター
声 - 星野貴紀
第35話に登場。やよいが大ファンのアニメ『鉄人戦士ロボッター』[注 47]の主役ロボット。
デザインは第35話で原画に参加した大張正己によるもの。大張のラフでは劇中未使用の武器なども描かれている。
ブライアン・テイラー
声 - 柿原徹也
第36話に登場。イギリスから来た留学生。あかねと親しくなり、帰国後も文通している。
スマイルちゃん[注 48]
声 - 今井由香
第44話に登場。みゆきが幼少期に、タエとともに暮らしていたころに、森の中で出会った不思議な女の子。
みゆきの初めての友だちであり、内向的だったみゆきを変えるきっかけとなった存在。みゆきが地元の子供たちと仲よくなってからは、二度と姿をみせなくなった。
なお、彼女の姿はみゆきにしか見えていなかった模様。

プリキュアの設定[編集]

本作品におけるプリキュアはメルヘンランドに伝わる伝説の5人の戦士である。変身前より髪色が鮮やかになりヘアスタイルも変わる。全員白い羽の髪飾りをつけており、キュアマーチ以外の4人は頭頂部に、キュアマーチは額に白いティアラもつけている。また白いイヤリングもつけているが、キュアサニーのみ耳の上部につけている。更に、コスチュームには全員肩に白いフリルの飾りがついている。その他の詳細は各プリキュアの項目を参照。

それぞれに力の属性が明確に設定されており、お互いがそれぞれの属性や必殺技などの個性で助け合いながらチームとしてパワーを発揮させていく[4]。変身や必殺技の使用は各自が単独で行い、変身すると身体能力が飛躍的に増大し自らが驚くほど跳躍力やパワーなどが格段に上昇する[17]。ただし、マジョリーナの発明品で幼児化した時は、変身状態でも身体能力は低下し、必殺技もまともに放てないなど満足に戦えなかった。

プリキュアの予備知識はキャンディが持つ「伝説のプリキュアの絵本」に書かれているが、覚醒のための条件などについてはキャンディも詳細を把握していなかった。

プリキュア、スマイルチャージ!」の掛け声で、リボンの形をしたキュアデコルをスマイルパクトの下の位置に填めて、光のパフを使って変身する。全員が揃った際に「5つの光が導く未来! 輝け!スマイルプリキュア!」という掛け声とともに揃ってポーズをとる。歴代のプリキュアの例に漏れず、個人の名乗りは本人の意思とは関係なく口走っているが、集団の名乗りと「スマイルプリキュア」という集団名はみゆきが考案した。資格者以外がパクトを使用しても変身することは出来ず、みゆきと身体が入れ替わったキャンディは変身が出来なかった。

第5話で全員が覚醒し、全員揃った時の立ち位置は向かって左からビューティ・ピース・ハッピー・サニー・マーチの順に立つ。

必殺技はスマイルパクトに気合のエネルギーを注ぎ込むことで発動するが、使用者に多大な疲労をもたらすため、一度の変身で基本的には一発しか放つことが出来ない。そのため、しっかり狙いを定めないと攻撃が外れてしまったり、気合が中途半端だと放っても敵に届かないうちに攻撃が消失するなど無駄に体力を消費することもあった[18]。話が進むごとに技量が上がっていき、気合を貯める場面が省略される場合も見られ、一度の変身で二発以上放つこともできるようになった。また、必殺技は本来キュアデコルを浄化させるための攻撃技であるが、浄化にとどまらない形で利用されることもある。

プリキュアが戦闘中、みゆき達の家族を始めとする七色ヶ丘市の人々とその他の一般人はバッドエンド空間の効果で無気力状態に陥っているため、目撃者はほとんどいない[注 49]。戦闘終了後、無気力となった一般人は元の状態に戻り[注 50]、周囲の被害は何事もなかったように修復される[注 51]。ただし、一部戻らないものも存在する。

プリキュアの正体は秘密にすべしとされているが、みゆきの言動からあっさり見破られ、あかねに突っ込まれる[19]。他にも関係のない人達に正体を知られたり、自分の正体を隠す事が忘れがちのキャンディなども存在するため、みゆき達は一般人に対して自らがプリキュアである事とキャンディ達の存在は原則的に知られないように行動している[注 52]

なお、コスチュームのデザインは全員腹部を露出していないタイプである。これは『ふたりはプリキュア Splash Star』以来6年ぶりで、プリキュアに限れば『Yes!プリキュア5GoGo![注 53]以来4年ぶり[注 54]

キュアハッピー[編集]

星空みゆきが聖なる光の力を持つプリキュアとして変身した姿。イメージカラーはピンク色で、変身時の名乗りは「キラキラ輝く未来の光! キュアハッピー!」。

暗いマゼンタ色のコロネのような髪型から、鮮やかなマゼンタ色の短い三つ編みから背後に向けて伸びた長い毛の束を垂らした髪型になる。コスチュームの基本カラーはピンクで[20]、背中には燕尾服のような装飾がついている。変身の際はスマイルパクトのパフを輝かせて体にタッチしながら、まばゆい光と共にコスチュームを纏う。

第1話でウルフルンに襲われていたキャンディを守りたいという思いから最初のプリキュアへと覚醒する。パクトに気合を込める時は「気合だ!」と叫ぶなどして自分を鼓舞することがよく見られる。

第8話ではマジョリーナの発明品「イレカワール」でみゆきとキャンディの身体が入れ替わったため、みゆきはやむを得ずキャンディの身体のままで変身する。名前はキュアキャンディとなり、耳を器用に使った戦いを繰り広げる。変身時の名乗りは「クルクルきらめく未来の光!キュアキャンディ!」。

第35話ではマジョリーナの発明品「ロボニナール」の暴発で巨大ロボット「ハッピーロボ[注 55]に変化し、操縦席に4人のプリキュアを乗せて戦った[注 56]

必殺技
プリキュア・ハッピーシャワー
両手で大きくハートを描いた後、手をハートの形に組んで光波を放ち、敵に直撃させて浄化する。
プリキュア・ハッピーシャワーシャイニング
プリキュア・ハッピーシャワーの強化版。巨大なハートを描き、広範囲に拡大した光波を放つ攻撃。光波を拡散させて広範囲を攻撃することも可能。

キュアサニー[編集]

日野あかねが炎の力を持つプリキュアとして変身した姿で、プリキュアシリーズ初の「関西弁を喋るプリキュア」でもある。イメージカラーはオレンジ色もしくは赤色で、変身時の名乗りは「太陽サンサン 熱血パワー! キュアサニー!」。

後ろで小さく束ねた赤い髪から、鮮やかなオレンジ色の髪を丸く上へまとめ上げた髪型になる。コスチュームの基本カラーはオレンジで[20]、アームバンドとブーツの丈が長く、コスチュームの背中に薄い色の布飾りがついている。変身の際はスマイルパクトのパフを指を鳴らして着火させ、胸に当てると同時に発生させた爆炎と共にコスチュームを纏う。

第2話でキュアハッピーにが懸命にアカンベェと戦うのを目の当たりにし、正体がみゆきだと知ると「自分も笑顔を守りたい」という気持ちが湧き上がり、それがきっかけとなって2人目のプリキュアに覚醒、戦いに加勢する。炎を纏って戦うことができる他、巨大なアカンベェを頭上に持ち上げるほどの怪力を発揮できる。

必殺技
プリキュア・サニーファイヤー
炎の力をバレーボール状に凝縮して中空に出現させた後、アタックの要領で敵に撃ち込んで浄化する。技自体は炎であるため水中では鎮火される。
プリキュア・サニーファイヤーバーニング
プリキュア・サニーファイヤーの強化版。身体に纏った強大な炎のエネルギーで巨大な炎の球を生成して敵を攻撃する。

キュアピース[編集]

黄瀬やよいが雷の力を持つプリキュアとして変身した姿。イメージカラーは黄色で、変身時の名乗りは「ピカピカぴかりん じゃんけんポン♪ キュアピース![注 57]

髪は頭頂部で結い上げられ、後部で扇のように広がっている。髪色は変身前よりも淡い金髪になる。コスチュームの基本カラーはイエローで[20]、背中には二股に分かれた燕尾服のような飾りがついている。変身の際はスマイルパクトのパフを手拍子のように5回打ち鳴らし、一回転しながら弾ける光と共にコスチュームを纏う。変身の最後には、「ぴかりんじゃんけん」なる、じゃんけんをしながら決めポーズをとる。ちなみに、決めポーズは「グー」「チョキ」「パー」の3種類あり、毎回ランダムに変わっている。決めポーズが複数あるのはメンバー唯一である。

第3話で自分の努力を信じ、励ましてくれたみゆきとあかねを守りたいという気持ちを勇気に変えたことで3人目のプリキュアへと覚醒する。変身したばかりの頃は生来の臆病さから実戦で逃げ腰になりがちであった。自分の身に危険が迫ったときの反射行動として敵に雷を落とせるほか、自分の意思で行使することも出来る。

必殺技
プリキュア・ピースサンダー
ピースサインした右手を天に掲げ、思わず自身も驚く程の雷光を集め、両手のピースサインから黄色い轟雷を敵に向けて放ち浄化する。水中で使用すると味方も巻き込んでしまうこともある。ちなみに、雷光を受け止める際の顔は当初「雷光に怯む顔」のみだったが、後から「雷光に堪える顔」が追加された。前述の決めポーズ同様、これもメンバー唯一である。
プリキュア・ピースサンダーハリケーン
プリキュア・ピースサンダーの強化版。強大な雷のエネルギーを放つ攻撃。

キュアマーチ[編集]

緑川なおが風の力を持つプリキュアとして変身した姿。イメージカラーは緑色[注 58]で、変身時の名乗りは「勇気リンリン直球勝負!キュアマーチ!」。

髪は暗い緑色から鮮やかなグリーンに変わり、髪型も普通のポニーテールから、ツインテールとポニーテールの合わさった、トリプルテールとなっている[21]。コスチュームの基本カラーはグリーンで[20]、構造はサニーと似ており、背中に薄い色の布飾りがついている。他の4人とは異なり、頭部にはヘアバンドをつけており、ブーツの布飾りが長めである。変身の際はスマイルパクトのパフで前方に三角形を描き、そこから溢れた光で全身を包み、風で解かれるようにコスチュームを纏う。

第4話で絆という言葉に反応し、危機に晒されている家族を守りたいという気持ちから4人目のプリキュアへと覚醒する。壁面すら駆け上がる驚異的な俊足を誇り、身体も激突した橋の欄干が凹むほどタフで頑丈になる。相手が奇策を弄しても臆することなく名乗り通り「直球勝負」で立ち向かう。

必殺技
プリキュア・マーチシュート
片足を上げながら、風の力をサッカーボール状に凝縮して前方に出現させ、それを強烈なシュートで敵に蹴り込んで浄化する。一度に複数のエネルギー球を生成して乱射することも可能。
プリキュア・マーチシュートインパクト
プリキュア・マーチシュートの強化版。自身がトルネード状に高速で回転することで強力な風のエネルギーを片足に凝縮し、相手の懐に入り強烈な一撃で上空へ蹴り飛ばす。

キュアビューティ[編集]

青木れいかが水と氷の力を持つプリキュアとして変身した姿。イメージカラーは青色で、変身時の名乗りは「しんしんと降り積もる清き心!キュアビューティ!」。

髪は暗い青色から鮮やかなブルーに変わり、ボリュームのあるショートボブ(おかっぱ)をベースに、肩にかかるくらいの長さのサイドヘアと膝まで届く後頭部の4本の束がある。コスチュームの基本カラーはブルーで[20]、構造はハッピーと似ており、後ろに燕尾服のようなものがついている。変身の際はスマイルパクトのパフに息を吹きかけて水と氷の合わさった無数の粒を舞い散らせ、その粒を下から上へ移動させてコスチュームを纏う。

第5話で必死に協力してくれたみゆき達を守りたいという気持ちと、マジョリーナに行事を侮辱された怒りから5人目のプリキュアへと覚醒する。冷気を用いて触ったものを凍結させる他、氷の剣・氷の盾を形成する、ブーツをスケートに変化させることも可能。初変身時でも自身の能力を瞬時に把握し、戦いを有利に進めアカンベェを倒す。その冷静な判断力と豊富な知識を活かして相手の手の内を読む、弱点を突くと言った頭脳戦を得意とする。その実力はジョーカーに「プリキュアの要」と評されている。

必殺技
プリキュア・ビューティブリザード
右手に氷のエネルギーを球状に凝縮し、左手で空中に3本の線を描いて交差させ雪の結晶を作った後、雪の結晶と氷の球を合わせた光波状の冷気を放って敵を浄化する。発射後の軌道修正が可能。
プリキュア・ビューティブリザードアロー
プリキュア・ビューティブリザードの強化版。氷のエネルギーを矢に変化させ、二振りの氷剣を組み合わせて形成した弓で敵を射抜く。大量の氷の矢を発生させ、複数の敵を迎撃することも可能。

合体技[編集]

プリキュア・ぺちゃんこアタック
第6話で使用。これは正式な技および技の名前ではなく、キュアハッピーが思わず言ったものである。空き缶のアカンベェに対し、空き缶クラッシャーに変身したポップが相手を挟み、最後に5人がクラッシャーのポップを尻で踏み、止めを刺した。
プリキュア・レインボーヒーリング
第12話から登場。プリキュアがレインボーキュアデコルを使用し、5人で手を重ね合わせて虹色の光波を放って敵を浄化する合体技。各々の必殺技が通用しない「青っ鼻」のアカンベェを浄化することができ、ジョーカーはこれを「白い浄化の光」と呼ぶ。発動時は各プリキュアの頭頂部の髪飾りが、プリンセスティアラと光り輝く羽飾りに変化する。メンバーの誰かが必殺技を使用して疲弊した状態でも使用が可能。
プリキュア・ファイヤーシュート
サニーとマーチの合体技。炎を纏った巨大な風の球で攻撃する。
プリキュア・サンダーブリザード
ピースとビューティの合体技。ビューティの氷の弓を変化させた巨大な氷柱にピースの電撃を纏わせ、攻撃する。

プリンセスフォーム[編集]

プリキュアがプリンセスキャンドルの力を受けてパワーアップした姿で、主にプリキュア・レインボーバースト及びプリキュア・ロイヤルレインボーバースト発動時に変身する。第23話から登場[注 59]。それぞれ姿が変化するが、全員が白いドレスを上から着たような服装になり、胸のリボンには白いラインが入り、頭を一周するように細い光の輪が浮かんでいる。プリンセスキャンドルの柄にプリンセスキュアデコルを嵌め、「ペガサスよ、私達に力を!」の掛け声でペガサスの光に包まれながら変身する。変身完了後は、「プリキュア・プリンセスフォーム!」の掛け声とともに揃ってポーズをとる。基本的に5人揃って変身するが、単独での変身も可能。

プリンセスハッピー
毛の束がさらに長くなり、結び目が2箇所になる。
プリンセスサニー
団子部分がリボン状となり、後ろ髪が伸びてロングへアーとなる。
プリンセスピース
結われている髪が長く伸び、全体にウェーブがかかる。
プリンセスマーチ
ポニーテールのボリュームがアップし、毛先が巻かれる。服装以外の容姿にあまり変化はない。
プリンセスビューティ
後ろの髪がさらに伸び、頭頂部がライオンのたてがみのように逆立つ。
必殺技
プリキュア・シンデレラハッピーシャワー
プリンセスハッピーが単体で放つ技。反動で自分が吹っ飛んでしまうほどの威力を持つ。
合体技
プリキュア・レインボーバースト
プリンセスキャンドルのトリガーを引いて着火させ、ペガサスのオーラに5人が騎乗する。ハッピーが「届け!希望の光!」と叫び、続けて4人が「はばたけ!未来へ!」と叫んだ後、空にペガサス座を描いて5人分の巨大なペガサスのオーラをまとい、一斉にキャンドルから虹色のビームを敵に放つ。最後はキャンドルの炎を吹き消し、「輝け!ハッピースマイル!」の掛け声で大爆発を起こし、敵を浄化する。単体の浄化の力が通用しないスーパーアカンベェを浄化することができる。
プリキュア・ロイヤルレインボーバースト
第32話から登場。プリキュア・レインボーバーストに、ロイヤルクロックから召喚したフェニックスの力で強化した技。発動の際はまずロイヤルクロックに専用のキュアデコル「ロイヤルレインボーデコル」を嵌め「開け、ロイヤルクロック!」の台詞と共にハッピーがクロックの文字盤を一周するように指でなぞり、続いてキャンディが「みんなの力を一つにするクル!」の台詞の後、クロック上部のボタン「ロイヤルジュエル」を押す。その後、レインボーバーストと同様にハッピーの叫びに続け、他の4人が「はばたけ!光輝く未来へ!」と叫んだ後、空にほうおう座を描いて5人分の巨大なフェニックスのオーラをまとい、ペガサスが放つ虹色のビームをフェニックスが放つ。最後の掛け声もレインボーバーストと同じ。レインボーバーストの力が通用しないハイパーアカンベェをも浄化することができる。キャンディがいなければ、この技を発動する事は出来ない。

ウルトラプリキュア[編集]

ウルトラキュアデコルの力でパワーアップしたプリキュアの最終形態。戦闘力が格段に上昇しており、絶望の巨人を瞬く間に全滅させ、ピエーロをも圧倒した。プリンセスフォームのバリエーションとして、ドレスとリボンが羽織に変化する。左右に羽翼を付けたティアラが金色に輝き、体の上下に金色の細い光の輪が浮かび、全員が白い燐光に包まれている。プリンセスフォームの武器であるプリンセスキャンドルもそのまま使用する。

ウルトラハッピー
映画で登場した物とは異なる部分があり、髪の結び目が3箇所になっている。
ウルトラサニー
髪の一部をポニーテールのようにまとめ上げ、リボン形の髪を結っている。
ウルトラピース
プリンセスフォーム時のウェーブはなくなり、髪が内側にカールするようになった。
ウルトラマーチ
髪はさらに長くなり、ポニーテール部分は地面につくほどにまでになっている。
ウルトラビューティ
プリンセスフォーム時のたてがみはそのままに、後ろの髪が6分割される。
合体技
プリキュア・ウルトラロイヤルレインボーバースト(作中では「プリキュア・ウルトラレインボーバースト」)
プリキュア・ロイヤルレインボーバーストがさらにパワーアップした技で、プリズム状となったフェニックスがプリズム状の虹色のビームを放つ。発動時もロイヤルレインボーバーストと同じ。ピエーロに向かって放ったがかき消される。
プリキュア・ミラクルレインボーバースト
ウルトラプリキュア状態のプリキュアとロイヤルキャンディの6人の力で、プリキュア・ロイヤルレインボーバーストを発動させた最後の技。最後には巨大なウルトラハッピーが出現し、ピエーロを包み込んで消滅させる。

関連アイテム[編集]

各プリキュアが、変身や攻撃などに使用するアイテム。

スマイルパクト
プリキュアへの変身に使用するコンパクト型のアイテムで、パクト本体にパフが内蔵されている。蓋を開いた本体の下部に7つの宝石(左から「緑・青・紫・桃・赤・橙・黄」の順番に並んでいる)があり、セットするキュアデコルによって光る宝石が変わる[注 60]。必殺技の発動時などには気合いを込める事で発光し、この事をプリキュア達は「力が抜ける(吸い取られる)」と述べている[注 61]
上部にキュアデコルをセットすると、パクト本体から音声が流れる。変身用のデコルをセットすると「レディー!」と発声し、さらに変身者が変身のかけ声を呼称すると、「ゴー!ゴーゴー!レッツゴー、○○○![注 62]」という音声と共にパフが飛び出し、変身が開始される。変身完了後は、キャリーに収納されて右腰に装着される[注 63]
変身用以外のデコルをセットすると、「レッツゴー!○○○(デコル名)!」という音声が流れる。
第48話(最終回)にてピエーロの攻撃で石になってしまうが、ミラクルジュエルの力で復活する。
キュアデコル
ロイヤルクイーンが持っていた「幸せの力の源」で、様々なデコレーションパーツの形をしている。現在はバッドエンド王国に奪われ、その力をバッドエンドに変えられて利用されており、メルヘンランドを救うにはその全てを回収しなければならない。
プリキュアへの変身に使うデコルは全てリボンの形をしているが(ただしデザインはそれぞれ異なる)、それ以外のものは様々な形がある。変身用以外のタイプは様々な物体を出現させたり、キャンディに影響を与える能力を発揮させたりする。戦闘時にはプリキュアの支援にも活用される。なお、同じキュアデコルでも使用した状況に応じて異なる効果が現れる場合がある[注 64]
変身用デコル、レインボーキュアデコル、プリンセスキュアデコルは各メンバー専用だが、それ以外のキュアデコルはプリキュアメンバーかキャンディであれば誰でも使える。また、消耗品ではないので、入手すれば何回でも使える。
レインボーキュアデコル
第12話でプリキュアの役に立ちたいというキャンディの想いが生み出したデコル。変身用デコルのそれぞれのデザインが強調された形をしている。スマイルパクトにセットすることで、プリキュア・レインボーヒーリングの発動が可能になる。他のキュアデコルとは異なり常に携帯しているわけではなく、必要時にのみ「みんなの力を合わせるクル!」の台詞と共にキャンディからもたらされる。
プリンセスキュアデコル
第23話でロイヤルクイーンから授けられたデコル。プリンセスキャンドルの柄の部分にセットすることで、プリンセスフォームへと変身可能になる。デザインはそれぞれ異なっており、ハッピーは桜の花型、サニーはバラの花型、ピースは流れ星型、マーチは四つ葉のクローバー型、ビューティは雪の結晶型である。玩具ではメタリックな色調で表現されている。
ロイヤルレインボーキュアデコル
第31話で出現したデコル。金色のハートの形をしている。プリキュア・ロイヤルレインボーバーストを発動させる際に、ロイヤルクロックの中央部分にセットする。
ウルトラキュアデコル
第40話から登場した羽型のデコル。スマイルパクトにセットする事で、プリキュア達の単体技のパワーアップとウルトラプリキュアへの変身が可能になる。
デコルデコール
キュアデコルの保管に使用するトランクケース。第6話でポップが持ってきた。2層構造で上の層の内部にはハート型の溝が16個あり、ここにキュアデコルを填めて収納する。納めたキュアデコルが16個揃うたびにプリキュアに新たな力や装備がもたらされる。また、上の層を左右にスライドさせて開くと出てくる下の層の中央部にキュアデコルをセットすると、様々な能力を発揮できる。
プリンセスキャンドル
キュアデコルを全てデコルデコールに収めたプリキュアが、ロイヤルクイーンからペガサスの加護を受けることによってスマイルパクトを変化させて作りだした武器。蝋燭を模した剣のような形をしており、ペガサスの彫刻がついている。柄にはデコルをセットできるようになっており、専用のキュアデコルをセットすることでプリキュアをプリンセスフォームに変化させる。柄には引き金が付いており、これを引くことで先端に点火、プリキュア・レインボーバーストが使えるようになる。さらに、ロイヤルクロックから召喚されたフェニックスの力を使うとプリキュア・ロイヤルレインボーバーストに強化される。
ロイヤルクロック
第30話で、通算32個のキュアデコルを回収した所でロイヤルクイーンから授けられた、羽が付いた置き時計型のアイテム[注 65]。ロイヤルレインボーキュアデコルを中央部にセットし、キャンディが上部のボタン「ロイヤルジュエル」を押す。その後、伝説の不死鳥「フェニックス」が出現してプリキュア・ロイヤルレインボーバーストが発動可能になる。また、ウルトラプリキュアの状態で発動させるとプリキュア・ウルトラロイヤルレインボーバーストに強化する。技を発動させる度に短針が進んでいく[注 66]。また、キュアデコルをセットして様々な能力の発揮もできる。

作中用語[編集]

七色ヶ丘市(なないろがおかし)
みゆき達が住んでいる町。町内には大きな川が流れており、河川敷や湖、教会、空港などが存在する。
最終決戦では町を始めとする地球全体がバッドエンド空間に広がり、第46話で地球全てのバッドエナジーをピエーロの卵に献上され、何もない更地の世界になってしまう[注 67]。しかし、第48話(最終回)でピエーロ打倒後、何事もなかったように戻る。
七色ヶ丘中学校(なないろがおかちゅうがっこう)
みゆき達5人、げんきが通う中学校。公立であり、地域のふたつの小学校の生徒が集まってできている[13]。制服は男子が群青色のブレザーと同色のスラックス、女子が上が白、下が群青色のワンピースとなっている。また、男女とも赤いネクタイを締めている(プリキュアの5人を除く)。
伝説のプリキュアの絵本
キャンディが持ってきた(乗ってきた)プリキュアの伝説と、これからの未来も描かれる不思議な絵本。
また、プリキュアの心にも繋がっているようで、闇の黒い絵の具に塗り潰された際、プリキュア達は深い絶望に陥ってしまう。
ふしぎ図書館
木々の間に無数の書架が並び、世界中のメルヘンが集められた空間。みゆき達が住む人間界とメルヘンランド側を結ぶ通路のような役割を果たす。人間が立ち入ることは滅多にないらしく、ポップはみゆきが偶然迷い込んだことを知って驚く。
あらゆる本棚に抜け道が通じており、行きたい場所を思い浮かべながら一定の手順[注 68]で本を動かすと、その場所に最も近い本棚へと移動できる。移動先の本棚は本物でなくても移動できるが、移動先で本を動かすことができない場合は一方通行になってしまう。また、移動する際に他のものに気を取られると、目的地とは異なる場所へ移動してしまう。
第7話では木の切り株から星デコルでデコレーションした家を作り、みゆき達秘密基地として集うようになった。
第47話で伝説のプリキュアの絵本が闇の黒い絵の具に塗り潰されたと同時に、ふしぎ図書館も黒く染められてしまう[22]
オールスターズ映画には現時点では登場しない。
バッドエナジー
人間が無気力になった時に発するエネルギー。皇帝ピエーロのエネルギー源であり、武器としても扱われる。バッドエンド王国の幹部はピエーロ復活のためにこれを集めている。
三幹部とジョーカーはそれぞれ「闇の絵本」を所持しており、「世界よ!最悪の結末、バッドエンドに染まれ!白紙の未来を黒く塗りつぶすのだ!」という掛け声(ウルフルンのもの、それ以外はそれぞれ口調によって差異がある)とともに「闇の黒い絵の具」を握りつぶし、空白のページに絵の具を叩きつけ黒く塗りつぶすことでバッドエンド空間[23]を発動し、生き物の心を暗い絶望と無気力に落とし込むことができる。ただし、この力が通用しない人間もおり、強い意志や刺激があれば稀に無気力状態から開放されることがある。また、人間が一人も無気力状態にならなかった場合は、バッドエンド空間が発生しても針が進むことはない。
人間だけではなく、第11話では昆虫、第24話ではメルヘンランドの住人、第30話では動物も無気力になった事もある[注 69]
闇の絵本
バッドエンド王国の幹部達が所持している黒い絵本。中は空白のページがなっており、幹部達が闇の黒い絵の具を握りつぶし、空白のページに絵の具を黒く塗りつぶすことで「バッドエンド空間」を発動し、生き物の心を暗い絶望と無気力に落とし込み、そこから発するバッドエナジーを吸収する。それにより、幹部達がバッドエナジーを集めるごとに魔の時計の針が1つずつ進む。
闇の黒い絵の具
バッドエンド王国の幹部達が使用する黒い絵の具。闇の絵本の空白の空白のページに絵の具を叩きつけ黒く塗りつぶすことでバッドエンド空間を発動させる。実はバッドエナジーでできたもので、絶望の巨人もそこから生み出された。
魔の時計
ピエーロが復活するまでに必要なバッドエナジーを示した時計。幹部達がバッドエナジーを集めるごとに針が1つずつ進み、復活に近づいていく。巨大なピエロの顔を模したもので口の中に時計が、鼻(ピエーロの核)に現在の針の示す数値が示されている。
第23話以前の時計の針は22で一周する。第24話以降では時計のデザインが魔法陣に変わり、針は18で一周する。
なまけ玉
ジョーカーが所有するアイテム。内部にはバッドエンド王国が理想とする「バッドエンドの世界」があり、閉じ込められると辛いことを忘れ、だらけてしまう。また怠惰になり思考が鈍るため、記憶さえあやふやになっていく。後から飛び込んだ人物も影響を受け、だらけてしまう事もある。
ミラクルジュエル
どんな願いでも一つだけかなえる力を持つという伝説のアイテム。メルヘンランドの住民の誰でも知っており、伝説として伝わっていた。その正体はメルヘンランドの代々のクイーン誕生に必要な卵であり、“どんな願いでも叶える”という伝説は偽りであった事が第46話で判明する。しかし消える間際のロイヤルクイーンによって、絶望の中でも存在し続ける希望となる力を持っているとも明かされ、プリキュア達を救うために力を発揮した。最終決戦の際、ピエーロによってプリキュアが力を失った後は最後の力を発揮させるために使用するが、全ての力を使い果たしたことで、人間の世界とメルヘンランドの繋がりも解けてしまった。

スタッフ[編集]

  • 企画 - 西出将之(ABC)、三宅将典(ADK)、清水慎治(東映アニメーション)
  • 原作 - 東堂いづみ
  • 連載 - 講談社なかよし
  • シリーズ構成 - 米村正二
  • キャラクターデザイン・総作画監督 - 川村敏江
  • キーアニメーター - 山岡直子
  • 美術監督 - 佐藤千恵
  • 美術設定 - 増田竜太郎
  • 色彩設計 - 佐久間ヨシ子
  • 撮影監督 - 髙橋賢司
  • 編集 - 麻生芳弘
  • 音響監督 - 石野貴久
  • 音楽 - 高梨康治
  • 音楽プロデューサー - 栗山大輔
  • 音楽制作 - 株式会社マーベラスAQL
  • プロデューサー - 松下洋幸(ABC)、佐々木礼子(ADK)、梅澤淳稔(東映アニメーション)、長谷川昌也(東映アニメーション)
  • アソシエイトプロデューサー - 神木優(東映アニメーション)、北村文美(ABC)
  • 制作プロデューサー - 額賀康彦
  • シリーズディレクター - 大塚隆史
  • アニメーション制作 - 東映アニメーション
  • 制作協力 - 東映
  • 制作 - ABCADK東映アニメーション

主題歌[編集]

オープニングテーマ[編集]

「Let's go! スマイルプリキュア!」
作詞 - 六ツ見純代 / 作曲 - 高取ヒデアキ / 編曲 - 籠島裕昌 / 歌 - 池田彩
第1話のみイントロ部分の映像が異なり、アバンタイトルからそのまま繋がる構成となっている。
プリキュアのパワーアップにより、第25話と第33話で一部映像が変更されている。
最終話ではアバンタイトル無しで番組開始後、即オープニングが流れた。
第35話では、挿入歌として使用された。
特別仕様オープニング
第6話 - 第9話は『映画 プリキュアオールスターズNewStage みらいのともだち』の本編映像が一部使用された(遅れ幅が大きい宮崎放送は通常版に差し替え)。
第36話 - 第40話は『映画 スマイルプリキュア! 絵本の中はみんなチグハグ!』の本編映像が一部使用された。

エンディングテーマ[編集]

前期エンディング「イェイ! イェイ! イェイ!」(第1話 - 第24話)
作詞 - 実ノ里 / 作曲 - 高取ヒデアキ / 編曲 - 斎藤悠弥 / 歌 - 吉田仁美
後期エンディング「満開*スマイル!」(第25話 - 第48話)
作詞 - 六ツ見純代 / 作曲 - 高取ヒデアキ / 編曲 - 籠島裕昌 / 歌 - 吉田仁美
前期・後期ともにエンディングアニメーションでのプリキュア達の踊りの振り付けは、前3作に引き続き前田健が担当している。
踊りを披露するのは本作品のプリキュア5人で、曲の冒頭にアップで登場するメンバー(前期)・Aメロ部分にソロで登場するメンバー(後期)は各話ごとに異なる。
最終話ではBパート本編にエンディングが組み込まれ、今までの回のダイジェスト映像が背景に流れ、その左下でキュアハッピーがダンスを踊るという画面構成になった。

挿入歌[編集]

「笑う 笑えば 笑おう♪」(第34話)
作詞 - 青木久美子 / 作曲 - 高梨康治 / 編曲 - 藤澤健至 / 歌 - スマイルプリキュア!(キュアハッピー、キュアサニー、キュアピース、キュアマーチ、キュアビューティ)with キャンディ
「あなたの鏡」(第43話)
作詞 - 実ノ里 / 作曲・編曲 - 岡部啓一MONACA) / 歌 - キュアビューティ/青木れいか(西村ちなみ)
「最高のスマイル」(第44話、第48話)
作詞 - Funta3 / 作曲・編曲 - Funta7 / 歌 - キュアハッピー&キュアサニー&キュアピース&キュアマーチ&キュアビューティ

各話リスト[編集]

  • 放送日はテレビ朝日基準。
  • サブタイトルは基本的にみゆき役の福圓美里が読み上げるが、一部の回においては別の人物がタイトルコールを行っている。
  • 背景は飛び出す絵本風な城の周りに、デフォルメタッチのみゆき達5人(左から上にれいか・やよい・なお、同下からあかね・みゆき)が登場する背景が使われた。
話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ
演出
作画監督 美術 本放送日 収録DVD
1 誕生!笑顔まんてんキュアハッピー!! 米村正二 大塚隆史 山岡直子 増田竜太郎 2012年
2月5日
VOL.1
2 燃えろ!熱血キュアサニーやで!! 黒田成美 ポール・アンニョヌエボ
フランシス・カネダ
斉藤優 2月12日
3 じゃんけんポン♪でキュアピース!! 小林雄次 芝田浩樹 宇津野勇樹 西田渚
渡部葉
2月19日
4 直球勝負!風のキュアマーチ!! 山田由香 門由利子 小島彰 田中美紀 2月26日 VOL.2
5 美しき心!キュアビューティ!! 佐々木なふみ 池畠博史
大塚隆史
岩井隆央
仁井学
梅津茜
平野絵美
戸杉奈津子 3月4日
6 チーム結成!スマイルプリキュア!! 米村正二 土田豊 河野宏之 佐藤千恵 3月11日
7 どこなの?わたし達のひみつ基地!? 山田由香 池田洋子 稲上晃 田中美紀 3月18日 VOL.3
8 みゆきとキャンディがイレカワ〜ル!? 小林雄次 田中裕太 大谷房代 斉藤優 3月25日
9 うそ〜!やよいちゃんが転校!? 米村正二 芝田浩樹 上野ケン 西田渚 4月1日
10 熱血!あかねのお好み焼き人生!! 佐々木なふみ 地岡公俊
岩井隆央
山岡直子 田中美紀 4月8日 VOL.4
11 プリキュアがチイサクナ〜ル!? 成田良美 黒田成美
三塚雅人
なまためやすひろ 戸杉奈津子 4月15日
12 目覚める力!レインボーヒーリング!! 小林雄次 山口祐司
門由利子
フランシス・カネダ
アリエス・ナリオ
篝ミキ 4月22日
13 修学旅行!みゆき、京都でドン底ハッピー!? 成田良美 土田豊 小島彰 田中里緑 4月29日 VOL.5
14 修学旅行!大阪で迷子になっちゃった!? 山田由香 森川滋
岩井隆央
仁井学、梅津茜 斉藤優 5月6日
15 ドタバタ!みゆきの母の日大作戦!! 佐々木なふみ 田中裕太 河野宏之 渡部葉 5月13日
16 れいかの悩み!どうして勉強するの!? 成田良美 芝田浩樹 青山充 田中美紀 5月20日 VOL.6
17 熱血!あかねのお笑い人生!! 小林雄次 森川滋
岩井隆央
稲上晃 猿谷勝己 5月27日
18 なおの想い!バトンがつなぐみんなの絆!! 山田由香 池田洋子
三塚雅人
フランシス・カネダ
アリエス・ナリオ
篝ミキ 6月3日
19 パパ、ありがとう!やよいのたからもの 米村正二 境宗久 上野ケン 西田渚 6月10日 VOL.7
20 透明人間?みゆきとあかねがミエナクナ〜ル!? 小林雄次 土田豊 なまためやすひろ 斉藤優 6月24日
21 星にねがいを!みんなず〜っと一緒!! 山田由香 門由利子 大谷房代 田中里緑 7月1日
22 いちばん大切なものって、なぁに? 米村正二 田中裕太 仁井学、梅津茜
平野絵美
田中美紀 7月8日 VOL.8
23 ピエーロ復活!プリキュア絶体絶命!! 大塚隆史 山岡直子 猿谷勝己 7月15日
24 プリキュアが妖精になっちゃった、みゆ〜!? 成田良美 芝田浩樹 河野宏之 篝ミキ 7月22日
25 夏だ!海だ!あかねとなおの意地っ張り対決!! 山田由香 三塚雅人 青山充 行信三 8月5日 VOL.9
26 夏祭り!夜空に咲く大きな大きな花! 小林雄次 森川滋
岩井隆央
小島彰 斉藤優 8月12日
27 夏のふしぎ!?おばあちゃんのたからもの 成田良美 境宗久 稲上晃 渡部葉 8月19日
28 ウソ?ホント?おばけなんかこわくない! 米村正二 佐々木憲世
広嶋秀樹
フランシス・カネダ
アリエス・ナリオ
田中美紀 8月26日 VOL.10
29 プリキュアがゲームニスイコマレ〜ル!? 成田良美 土田豊 上野ケン 猿谷勝己 9月2日
30 本の扉で世界一周大旅行!! 山田由香 芝田浩樹 青山充 篝ミキ 9月9日
31 ロイヤルクロックとキャンディの秘密!! 米村正二 佐々木憲世
三塚雅人
河野宏之 田中美紀 9月16日 VOL.11
32 心を一つに!プリキュアの新たなる力!! 志田直俊
岩井隆央
なまためやすひろ 斉藤優 9月23日
33 映画村で時代劇でござる!?の巻! 小林雄次 山口祐司
芝田浩樹
大谷房代 田中里緑 9月30日
34 一致団結!文化祭でミラクルファッションショー!! 佐々木なふみ 門由利子 山岡直子 田中美紀 10月7日 VOL.12
35 やよい、地球を守れ!プリキュアがロボニナ〜ル!? 成田良美 大塚健
大塚隆史
小島彰 猿谷勝己 10月14日
36 熱血!?あかねの初恋人生!! 田中裕太 稲上晃 篝ミキ 10月21日
37 れいかの悩み!清き心と清き一票!! 小林雄次 土田豊 フランシス・カネダ
アリエス・ナリオ
田尻健一 10月28日 VOL.13
38 ハッスルなお!プリキュアがコドモニナ〜ル!? 山田由香 芝田浩樹 河野宏之 斉藤優 11月11日
39 どうなっちゃうの!?みゆきのはちゃめちゃシンデレラ!! 成田良美 三塚雅人 上野ケン 渡部葉 11月18日
40 熱血!あかねの宝さがし人生!! 佐々木なふみ 佐々木憲世
岩井隆央
なまためやすひろ 田中美紀 11月25日 VOL.14
41 私がマンガ家!?やよいがえがく将来の夢!! 小林雄次 境宗久 山岡直子 猿谷勝己 12月2日
42 守りぬけ!なおと家族のたいせつな絆!! 山田由香 門由利子
三塚雅人
大谷房代 篝ミキ 12月9日
43 れいかの道!私、留学します!! 成田良美 田中裕太 小島彰 田中里緑 12月16日 VOL.15
44 笑顔のひみつ!みゆきと本当のウルトラハッピー!! 米村正二 土田豊
岩井隆央
河野宏之 斉藤優 12月23日
45 終わりの始まり!プリキュア対三幹部!! 芝田浩樹 フランシス・カネダ
アリエス・ナリオ
渡部葉 2013年
1月6日
46 最悪の結末!?バッドエンドプリキュア!! 成田良美 三塚雅人 なまためやすひろ 田中美紀 1月13日 VOL.16
47 最強ピエーロ降臨!あきらめない力と希望の光!! 志田直俊
黒田成美
上野ケン 猿谷勝己 1月20日
48 光輝く未来へ!届け!最高のスマイル!! 米村正二 大塚隆史 山岡直子 斉藤優 1月27日

放送局[編集]

日本国内での放送[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考
日本国内(一部を除く) ABC(制作局)
テレビ朝日系列23局[注 70]
2012年2月5日 - 2013年1月27日 日曜 8:30 - 9:00 テレビ朝日系列 同時ネット[注 71]
鳥取県島根県 山陰放送 2012年2月11日 - 2013年2月2日 土曜 11:15 - 11:45 TBS系列 6日遅れ
スポンサードネット
字幕・連動データ放送は無し
宮崎県 宮崎放送 2012年7月10日7月17日
2012年7月24日 - 11月13日
2012年11月20日 - 2013年2月12日
火曜 15:30 - 16:00
火曜 15:00 - 16:00
火曜 15:30 - 16:00
156日遅れ→16日遅れ[注 72]
番組販売
字幕・連動データ放送は無し

日本国外での放送[編集]

時間帯は全て現地時間。

台湾
2014年8月16日より東森幼幼台にて、『Smile!光之美少女』のタイトルで毎週土曜の17時00分-17時30分に放送。普通話放送、繁体字字幕あり。
東森幼幼台

映画[編集]

映画 スマイルプリキュア! 絵本の中はみんなチグハグ!
2012年10月27日公開。『スマイルプリキュア!』単独映画作品。本番組の放送開始前である2012年1月30日に東映は、本作品の単独映画の公開が決定したことを発表し[24]、同年10月27日に公開された[25]

オールスターズ映画[編集]

歴代プリキュアが共演する作品。『NewStage2』以降ではなおは7人姉弟の長女、れいかは生徒会の会長、キャンディは次世代のクイーンを引き続き務めている。

映画 プリキュアオールスターズNewStage みらいのともだち
2012年3月17日公開。本作品のプリキュア全員とキャンディが登場。
映画 プリキュアオールスターズNewStage2 こころのともだち
2013年3月16日公開。『NewStage』に登場したプリキュア全員とキャンディに加え、ポップがオールスターズ映画並び映画初登場。オープニングのみ佐々木先生と2年2組の生徒達がモブとして登場。なお、本編最終回の後日談的な存在である。
映画 プリキュアオールスターズNewStage3 永遠のともだち
2014年3月15日公開。キュアハッピー、キュアピース、キュアマーチが声付きで登場。また、育代、正子、千春、緑川家(第42話から登場したゆいも含む)がモブとして登場[注 73]

その他の作品[編集]

ハピネスチャージプリキュア!
2014年2月2日から放送されているTVシリーズ第11作。同作品のOP冒頭ではシリーズ10周年を記念して、歴代プリキュア33名が祝福のメッセージを述べるコーナーが設けられており、以下の話数に本作品のプリキュアが登場した。
  • 5話:キュアハッピー
  • 11話:キュアマーチ
  • 22話:キュアビューティ
  • 29話:キュアピース
  • 31話:キュアサニー

漫画版[編集]

これまでのシリーズ同様、『なかよし』(講談社)にて、上北ふたごによる漫画版が2012年3月号から2013年2月号まで連載された。

第1話〜第7話が『スマイルプリキュア! おはなしブック! まるごとスマイル! 』(2012年8月8日発行、ISBN 978-4063896909)に、第8話〜最終話が『ドキドキ!プリキュア&スマイルプリキュア! おはなしブック!』(2013年3月1日発行、ISBN 978-4063897418)に収録されている。また、2015年(平成27年)3月6日にプリキュアシリーズ10周年となかよし創刊60周年を記念し、「プリキュアコレクション」と銘打ってワイドKCなかよしより単行本が発行される予定となっている。

  • 『スマイルプリキュア! プリキュアコレクション』(講談社<ワイドKC>、全1巻、2015年3月6日発行予定) ISBN 978-4063378238

関連商品[編集]

音楽CD[編集]

いずれもマーベラスAQLより発売。サウンドトラック・ボーカルアルバムの詳細は「スマイルプリキュア! サウンドアルバム」を参照。

シングル
  1. Let's go!スマイルプリキュア!/イェイ!イェイ!イェイ!』(2012年(平成24年)3月7日発売)
    • CD+DVD盤:MJSS-09071 - 2
    • 通常盤:MJSS-09073
    • オープニングテーマと前期エンディングテーマを収録。CD+DVD盤のDVDにはオープニング及びエンディングのノンテロップムービーが収録されている(エンディングは5種)。初回限定封入特典は、CD+DVD盤がデータカードダスプリキュアオールスターズで、通常盤がジャケットイラスト・ステッカー。
  2. 満開*スマイル!/笑う 笑えば 笑おう♪』(2012年(平成24年)9月5日発売)
    • CD+DVD盤:MJSS-09083 - 4
    • 通常盤:MJSS-09085
    • 後期エンディングテーマと挿入歌「笑う 笑えば 笑おう♪」を収録。CD+DVD盤のDVDにはオープニング及びエンディングのノンテロップムービーが収録されている(エンディングは5種)。初回限定封入特典は、CD+DVD盤がデータカードダスプリキュアオールスターズで、通常盤がジャケットイラスト・ステッカー。
サウンドトラック
  1. スマイルプリキュア!オリジナル・サウンドトラック1 プリキュア・サウンド・パレード!!』(2012年6月6日発売、MJSA-01043)
    • BGMと主題歌TVsizeなど全32曲を収録したサントラ盤。初回封入特典はジャケットサイズ・ステッカー。
  2. スマイルプリキュア!オリジナル・サウンドトラック2 プリキュア・サウンド・レインボー!!』(2012年11月28日発売、MJSA-01057)
    • BGM、ボーナストラックと主題歌TVsizeなど全35曲を収録したサントラ盤。初回封入特典はジャケットサイズ・ステッカー。
ボーカルアルバム
  1. スマイルプリキュア!ボーカルアルバム1 〜ひろがれ!スマイルワールド!!〜』(2012年7月18日発売、MJSA-01045)
    • イメージソングや主題歌など全11曲を収録したボーカルアルバム。初回封入特典はジャケットサイズ・ステッカー。
  2. スマイルプリキュア!ボーカルアルバム2 〜みんな笑顔になぁれ!〜』(2012年11月28日発売、MJSA-01059)
    • 新たなイメージソングや新EDテーマなど全11曲を収録したボーカルアルバム。初回封入特典はジャケットサイズ・ステッカー。
  3. スマイルプリキュア!ボーカルベスト』(2013年1月16日発売、MJSA-01060)
    • ボーカルアルバム第1弾と第2弾の主題歌とキャラクターソングなど全16曲を収録したベストボーカルアルバム。初回封入特典はジャケットサイズ・ステッカー。

DVD / Blu-ray Disc[編集]

発売元マーベラスAQL、販売元TCエンタテインメントで、2012年6月22日よりDVDが全16巻(各巻3話収録)が発売開始され、同年10月26日よりBlu-ray Disc全4巻(各巻12話収録。2枚組で1枚あたり6話収録)が発売開始となった[26]

ゲーム[編集]

データカードダス プリキュアオールスターズ
データカードダスシリーズであるトレーディングカードアーケードゲーム。キャンディがお出かけキャラクターとして登場し、ポップがサポートキャラクターとして登場[注 74]
評価
ゲームレビュー
評価者 点数
週刊ファミ通 3DS: 28(7,8,6,7)/40[27]
『スマイルプリキュア! レッツゴー! メルヘンワールド』
バンダイナムコゲームスより2012年8月2日発売。ニンテンドー3DS専用コンピュータゲームソフト。プリキュアシリーズ初のニンテンドー3DS用ソフト。
バッドエナジーに取りつかれ内容がねじ曲げられた絵本をプリキュアとともに読み進めながら、途中に挟まれるミニゲームをクリアしていくことで絵本の内容をハッピーエンドに導いていくことが主な目的。ミニゲームをクリアすることで衣装・キュアデコル等のアイテムを入手でき、入手した衣装をプリキュアに着せてファッションショー(BGMに合わせて下画面をタッチするリズム合わせゲーム)を楽しんだり、ARカメラで撮影することができる。またハッピーエンドに導かれた絵本をプリキュアが朗読したり、パスワード入力(6個のアイコンの組み合わせ)による追加コンテンツの解禁・プレイ時間制限機能なども備えている。さらに手持ちのニンテンドー3DSに自分の誕生日を設定し、誕生日を迎えると変身前のプリキュア5人と妖精2匹が誕生日のお祝いをしてくれる[注 75]
本作品では前作『スイートプリキュア♪』までに登場した歴代プリキュアのゲスト登場はなかった。ポップはゲーム中では名前のみだが、誕生日画面で変身前のプリキュア5人とキャンディと共に登場している。

[編集]

『スマイルプリキュア! コンプリートファンブック』(アニメディア別冊、学研パブリッシング・発行、2013年3月16日発売) ISBN 978-4056069594[28]
プリキュア・メルヘンランド・バッドエンド王国の各キャラの紹介、全ストーリーの解説やスタッフの紹介(加えてピースの「ぴかりんじゃんけん」の出し目)、プリキュア・キャンディの声優へのインタビュー、スタッフへのインタビュー、クラスメイトと教師・ゲストキャラクター・登場アカンベェの紹介などで構成、また『絵本の中はみんなチグハグ』や、発売当日に公開された『NewStage2』の映画2作も紹介された。
『川村敏江 東映アニメーションプリキュアワークス』(一迅社、2014年2月12日発売)ISBN 978-4758013550
Yes!プリキュア5(Yes!プリキュア5GoGo!)』、本作品、プリキュアオールスターズDXシリーズのイラストギャラリーの書籍。各種アニメ雑誌やDVDジャケットなどに使われた版権イラスト、キャラクター設定、修正原画などで構成。

S.H.Figuartsシリーズ[編集]

Figuarts ZERO キュアピース
2013年4月27日発売。
chibi-arts 黄瀬やよい
魂ウェブ商店限定。2013年6月発送。
chibi-arts キュアピース
魂ウェブ商店限定。2013年7月発送。  
S.H.Figuarts キュアピース
2013年8月3日発売[注 76]
Figuarts ZERO 黄瀬やよい
魂ウェブ商店限定。2013年9月発送。
S.H.Figuarts キュアハッピー
2013年9月28日発売。キャンディのミニフィギュアが付属。
Figuarts ZERO プリンセスピース
2013年10月25日発売。
S.H.Figuarts キュアビューティ
魂ウェブ商店限定。2014年1月発送[注 77]
S.H.Figuarts キュアマーチ
魂ウェブ商店限定。2014年6月発送。
S.H.Figuarts キュアサニー
魂ウェブ商店限定。2014年9月発送。ポップのミニフィギュアが付属。

化粧品[編集]

スマイルパクト シャイニーフェイスパウダー
スマイルパクトをモチーフに、バンダイとコーセーが共同開発した、シリーズ初の大人向け化粧品。玩具の形状を活かしながらピンクのメッキ加工とスワロフスキーをあしらったケースデザインとなっており、フェイスパウダーにはパール成分を配合したオリジナル仕様となっている。2012年8月にプレミアムバンダイで発売[29][30]

駅弁[編集]

2012年8月より、JR東京駅東日本旅客鉄道〈JR東日本〉・東海旅客鉄道〈JR東海〉)改札内の『駅弁屋 祭』に於いて「スマイルプリキュア!弁当」が発売された[1]。製造は八戸駅駅弁業者吉田屋が行っている[2][31]

話題[編集]

  • ゲスト出演として、第8話でアカオーニ達が見ているテレビ番組としてテレビ朝日系列で放送されている情報番組『情報満載ライブショー モーニングバード!』が登場し、司会を務める赤江珠緒が本人役で出演し[32]、同じく司会である羽鳥慎一も台詞なしで登場した。
  • 第17話にはFUJIWARAが漫才コンテストのゲストとして本人役で出演。原西孝幸は娘の影響でプリキュアシリーズのファンになったこともあって、念願かなっての出演となった[33]。その後原西は、2013年4月28日に同局で放送された『知ってるor知ったか?クイズ!バレベルの塔』(関西ローカル番組)に「自称プリキュア賢者」として参加したが、レベル5で失格になったため、「知ったか」となった。なおこの番組には制作の東映アニメーションも「協力」としてクレジットされた。
  • 商業面(バンダイのトイホビー事業面)では変身アイテムを元にした玩具「カラフル変身! スマイルパクト」が発売開始3ヶ月で20万個以上を売り上げる大ヒット商品となり[30]、日本おもちゃ大賞2012ではガールズ・トイ部門の大賞を受賞した[34]
  • 第19話では、ファッションショーの主催者という形で前々年度の番組『ハートキャッチプリキュア!』に登場したファッションブランド「フェアリードロップ」のロゴが登場し、やよいの母である黄瀬千春の台詞中に「来海先生」という名前が登場した。これは、19話の演出を担当した境宗久が意図的に追加したものである[35]
  • 2013年12月から横浜市神奈川区内で本作品の主人公である「星空みゆき」を名乗ったランドセルなどの寄付が行われている(類似の事例はタイガーマスク運動を参照)。2014年に起こったアンネの日記破損事件の後には、「キュアハッピー 星空みゆき」を名乗る個人からアンネ・フランクの伝記などの寄付があった[36]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 第35話の展開やバッドエンド王国の三幹部の正体など。
  2. ^ 4人がプリキュアになる前は苗字に「さん」付けで呼んでいた
  3. ^ のちの『映画 プリキュアオールスターズNewStage2 こころのともだち』以降のオールスターズ映画でも、やはりおっちょこちょい振りや勉強ができない事は相変わらずだった。
  4. ^ 本編開始の1年前に転校してきた。
  5. ^ 転校してきたばかりのみゆきのことは「星空さん」と呼んでいた
  6. ^ 第42話の回想シーンでは、れいかのことも「ちゃん」付けで呼んでいた。
  7. ^ その事は両親や弟妹達には隠している。『映画 スマイルプリキュア! 絵本の中はみんなチグハグ!』や玩具『プリキュアケータイ プリートフォン』(『プリキュアケータイ プリートフォン ドキドキプラス』)でも、やはりお化け嫌いと虫嫌いは相変わらずだった。
  8. ^ のちの『映画 プリキュアオールスターズNewStage2 こころのともだち』以降のオールスターズ映画や次作『ドキドキ!プリキュア』以降のプリキュアがメインの『プリキュアまんがえほん』でも、引き続き7人姉弟の長女を務めている。
  9. ^ 第12話ではキャンディを侮辱したウルフルンを怒鳴りつけた。
  10. ^ のちの『映画 プリキュアオールスターズNewStage2 こころのともだち』以降のオールスターズ映画でも、引き続き会長を務めている。
  11. ^ 耳はリボンを取ると長く垂れており、いろんな形に手入れすることができ、みゆき達に整えてもらったり、キュアデコルを使用することで効果に合わせた形になることもある。
  12. ^ 映画 プリキュアオールスターズNewStage2 こころのともだち』にて判明。「勉強した方が良いクル」と相変わらず勉強ができないみゆきを窘めるが、みゆきに「女王様の勉強は?」と言い返されてしまう。新しいクイーンとしては未熟で、毎日ポップに厳しく教育させられており、勉強から抜け出してみゆき達の所へ戻って来たという(あかね曰く「ポップは真面目」)。
  13. ^ うっかりみゆき達の家族・学校の友人と先生などの一般人の前で喋ったり動き回ったりするとみゆき達を慌てさせており、みゆき達はキャンディの語尾を真似して、一般人を誤魔化している。その一方で、一般人はみゆき達が何を慌てているかは感づかれていない。
  14. ^ それを呼ばわりされると身を乗り出すが、みゆき達に止められている。『映画 スマイルプリキュア! 絵本の中はみんなチグハグ!』ではあかねに「タヌキ」と呼ばわりされ、彼女にからかわれていた。『映画 プリキュアオールスターズNewStage みらいのともだち』では前作『スイートプリキュア♪』の北条響(キュアメロディ)に「子ブタ」と呼ばわりされていたが、身を乗り出さずに否定した(その逆にみゆきは『スイート』の妖精ハミィを、「猫が喋った」と驚いていた)。
  15. ^ ただし、ポップとロイヤルクイーンとの血縁関係については不明である。
  16. ^ のちの『映画 プリキュアオールスターズNewStage2 こころのともだち』以降のオールスターズ映画でも次世代のクイーンを務めているが、みゆき達の所へ日常的に遊びに来ている。
  17. ^ ただし、一部語尾に「クル」とつけない場面が存在する。
  18. ^ のちの『映画 プリキュアオールスターズNewStage2 こころのともだち』以降のオールスターズ映画でも引き続きメルヘンランドで暮らしており、みゆき達やキャンディ(前作『スイートプリキュア♪』まで・次作『ドキドキ!プリキュア』以降の歴代プリキュアや歴代妖精も含む)と共に人間界には常駐していない。
  19. ^ 第33話では自分自身が人間に似た姿になって映画撮影に出演した。あまりの調子の乗りすぎて、最後は自分だけおいしい所をもっていった。
  20. ^ 本編ではやよいのバック(第21話)、なおのバック(第33話)に隠れていた。しかし、第39話で七色ヶ丘中学校の2年2組の教室であかね達(みゆきは始まりのシンデレラの世界に飛ばされたため、除く)の前に現れた後に喋ってしまい、あかね達がポップの語尾の真似して、2年2組の生徒達を誤魔化した(当然、2年2組の生徒達は感づかれていない。)。
  21. ^ そのため、『映画 スマイルプリキュア! 絵本の中はみんなチグハグ!』とミュージカル版には登場せず、玩具やアパレルなどのグッズのデザインにも登場しない(プリキュアオールスターズの玩具やアパレルも同様)。
  22. ^ その内、オールスターズ映画並び映画初出演である『映画 プリキュアオールスターズNewStage2 こころのともだち』では次世代のクイーンであるキャンディの教育係を務めている。また、『プリキュアオールスターズ』の歴代妖精にも含まれており、キャンディと並ぶ本作のもう一匹の妖精と言える存在である(ただし、『プリキュアまんがえほん』シリーズ(次作『ドキドキ!プリキュア』以降のプリキュアシリーズがメインも同様)では登場しない。)。
  23. ^ 公式ホームページでは、この姿で紹介されている。
  24. ^ ただし、ピエーロの正体に関しては最後まで全く知らなかった。
  25. ^ みゆきやれいかにも当初は「狼さん」と呼ばれていた。
  26. ^ みゆきにも当初は「赤鬼さん」と呼ばれていた。
  27. ^ 「おばあちゃん」呼ばわりされることを不服に感じる。
  28. ^ 第26話では派生商品と思しき「納豆餃子キャラメル」が登場している。
  29. ^ 後に『映画 プリキュアオールスターズNewStage2 こころのともだち』で次作『ドキドキ!プリキュア』の四葉ありす(キュアロゼッタ)が取り寄せた「巷で話題のスイーツ」の1つとして登場している。またTVシリーズ次々作『ハピネスチャージプリキュア!』第23話で、白雪ひめ(キュアプリンセス)が買ったお菓子「ワールドプリキュアスナック」(バンダイ発売のプリキュア関連お菓子のセルフパロディ)が、「なっとうぎょうざ味」となっていた。
  30. ^ 第10話では空腹状態のウルフルンが満腹になるのと同時に、アカンベェが巨大化した。
  31. ^ a b 本来は「アカンベェ」の部分もカタカナだが、『プリキュアまんがえほん』に於いてはこのような表現がされている。
  32. ^ ジョーカーは黄色っ鼻を塗りつぶすことによるパワーアップの形で召喚している。
  33. ^ なお、黒い絵の具が剥がれることでロイヤルレインボーバーストしか通用しない特性を消滅させることは可能。
  34. ^ 他界しているやよいの父・勇一は除く。
  35. ^ のちの『映画 プリキュアオールスターズNewStage2 こころのともだち』以降のオールスターズ映画でモブ出演している際にも、みゆき達がプリキュアである事とキャンディ達の存在は知らないまま。
  36. ^ 声付きは第17話と第19話のみ。それ以外はモブとして登場している。
  37. ^ 声付きは第15話と第17話のみ。それ以外はモブとして登場している。
  38. ^ 玩具『プリキュアケータイ プリートフォン』(『プリキュアケータイ プリートフォン ドキドキプラス』)と『プリキュア10周年公式アニバーサリーブック』にて判明。
  39. ^ 劇中のクレジットでは「佐々木先生」。
  40. ^ 声付きは第8話と第20話のみ。
  41. ^ 劇中のクレジットでは「男子生徒」。「蘇我」という姓は「スマイルプリキュア! コンプリートファンブック」で明かされている。
  42. ^ 劇中のクレジットでは「警官」だったが、「スマイルプリキュア!コンプリートファンブック」にて、名前が明かされた。
  43. ^ 明確な描写がないが、みゆきの両親やあかねの家族もバッドエンド空間で無気力状態に陥っている可能性がある。
  44. ^ みゆき達はFUJIWARAの2人にプリキュアである事は秘密と伝えるも、原西にプリキュアのネタを持っていかれてしまう。その第17話の最後で、自宅のTVで見たあかねは「しっかりネタにしちゃてるし!」と慌てていた(あかねの両親と弟のげんきはあかねが何を慌てているかは感づかれていない)。
  45. ^ 劇中のクレジットでは「映画監督」。
  46. ^ 第33話の最後で、みゆきは「映画なんて懲り懲りかも…」と苦笑いした。
  47. ^ a b 実はみゆきがこれのファンだったが、(なおでさえ持っていた)周囲の偏見で隠れになっていた事も判明した。
  48. ^ 劇中のクレジットでは「森の少女」だったが、「スマイルプリキュア!コンプリートファンブック」にて、名前が明かされた。
  49. ^ 本作品がメインである『プリキュアまんがえほん』でも同様。なお、『映画 スマイルプリキュア! 絵本の中はみんなチグハグ!』では目撃はしていたが、一般の男性は「何かのショーか?」と言っただけだった。
  50. ^ 同時に無気力になった事や幹部達が現れた事も感づかれていない。
  51. ^ 壊された建物などは第19話で確認。
  52. ^ 最終的に七色ヶ丘市の人々とその他の一般人にプリキュアである事はほとんど知らないままで物語は終わったため、のちの『映画 プリキュアオールスターズNewStage2 こころのともだち』以降のオールスターズ映画でも、みゆき達は引き続き本作品のサブキャラクター達(家族や友人などの一般人)には知らないままでプリキュアとしての行動を続けている。
  53. ^ ミルキィローズは露出あるコスチュームのため。
  54. ^ 2014年現在、腹部を露出したプリキュアは次作『ドキドキ!プリキュア』以降も登場していない。
  55. ^ 頭部のモチーフは"プリン型"で、操縦席への乗り込み方や操縦方法は『鉄人戦士ロボッター』と同一のものだった。この事に気付く迄、まともに操縦される事が無く登場時から暫く戦力にならず、ワルブッター型ハイパーアカンベェとは戦いにすらならなかった。最後にピースの本を読み操縦方法を熟知したビューティが完璧に操縦しアカンベーワルブッターを圧倒し逆転へと導くが、マジョリーナがロボニナールを壊したため、元の姿に戻った。
  56. ^ 但し一番ノリノリだったピースは操縦法を全く知らず、サニーはノリで色々操作したがこれも実操作には程遠く、マーチは操縦桿を握ったもののそこ迄で前進走行すら出来なかった。まともに操縦できたのはビューティただ一人。
  57. ^ 地上デジタル放送用の字幕ではカタカナ表記になっている。
  58. ^ 緑色のプリキュアは、今作品と同じ川村敏江が携わった『GoGo!』のキュアミント以来4年ぶり2人目。
  59. ^ ただし、オープニング初期の最後の所が初出である。
  60. ^ 変身キュアデコルの場合はデコル全体の色、それ以外のキュアデコルはデコルのハートジュエルの色が発光する。
  61. ^ 必殺技発動の際の各人の動作は異様な光景に映るらしく、第5話ではビューティ覚醒前の4人の発動動作を見たマジョリーナが目を点にさせていたほどだった。
  62. ^ ○○○はプリキュアの名前。複数同時変身、キュアキャンディへの変身の際(第8話)は省略。
  63. ^ なお、『映画 プリキュアオールスターズNewStage2 こころのともだち』にて、スマイルパクトを取り外されると変身が強制解除されることが判明している。
  64. ^ 例えば口紅デコルの場合第13話ではキャンディ用の口紅が出現したが、第19話ではキャンディ用のドライヤーとブラシが出現した。
  65. ^ 名前が明らかになったのは第31話。
  66. ^ ただし、第48話(最終回)と映画では技を発動させても短針が進んでいない。
  67. ^ その内、最終決戦が終わるまで、終盤の45話で無気力となっていたみゆき達の家族を始めとする七色ヶ丘市の人々並びに地球の人々はどうなったのか不明。
  68. ^ 最下段ではない棚の本を右、すぐ下にある段の本を左、元の段の本を左右に開くという手順でずらす。隙間がない場合は1冊抜き取ってからこの手順を行う。
  69. ^ また、『プリキュアまんがえほん』では前作『スイートプリキュア♪』のメンバー達と妖精のハミィも無気力になった事があった。
  70. ^ 地デジ難視対策衛星放送(BS295、SD、データ放送なし、有料番組扱い、許可された地域のみ)を含む。
  71. ^ ABCでは当該時間帯に全国高校野球選手権大会の中継が行われた場合は放送休止・後日振替放送となり、系列局へは裏送りで通常放送を行う。本作品では8月12日の第26話、8月19日の第27話が放送休止となり、第26話は8月26日に通常の時間帯に2週間遅れで放送し、8月27日の10:00 - 11:00に第27話と第28話を連続放送した。
  72. ^ 15:00から放送されていた『遊☆戯☆王』シリーズ(テレビ東京制作)の放送終了に伴って、7月24日の第3話から11月13日の第36話まで2話連続放送を行い、遅れが大幅に短縮された。
  73. ^ モブとしては初登場だが、プリキュアの夢の中のみのため(育代・正子・千春は『ふたりはプリキュア Splash Star』の日向咲(キュアブルーム)の夢の中、緑川家はなおの夢の中で登場)、現実の世界には登場しない。
  74. ^ ただし、『スマイル03 ピーススターコレクション』までは前作『スイートプリキュア♪』のフェアリートーン。
  75. ^ なお、プリ手帳に登録されるので、プリ手帳モードでいつでも見られる。
  76. ^ 当初は7月27日に発売する予定だったが、諸般の事情で発売日が変更となった。
  77. ^ 当初は2013年12月の予定だったが、生産上の都合で発送日が変更となった。

出典[編集]

  1. ^ シリーズ初のMMORPGとなった「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」が36万7000本の「ゲームソフト週間販売ランキング+」”. 4Gamer.net (2012年8月8日). 2012年8月23日23:08閲覧。
  2. ^ a b c 5年ぶりの5人!「スマイルプリキュア!」制作発表記者会見レポ
  3. ^ a b c d “スマイルプリキュア!:第9弾は5人のプリキュア 2月5日放送開始”. まんたんウェブ. (2011年12月26日). http://mantan-web.jp/2011/12/26/20111225dog00m200016000c.html 2011年12月31日閲覧。 
  4. ^ a b c “「プリキュア」最新作は“笑顔”がテーマの「スマイルプリキュア!」に決定!”. Webザテレビジョン. (2011年12月26日). http://news.thetv.jp/article/26938/ 2011年12月31日閲覧。 
  5. ^ “プリキュア新シリーズスタート! 「スマイルプリキュア!」2012年2月5日(日) 朝8時30分より ABC・テレビ朝日系列で放送開始” (プレスリリース), 東映アニメーション, (2012年1月6日), http://corp.toei-anim.co.jp/press/2012/01/_201225_830abc.php 2012年1月6日閲覧。 
  6. ^ a b 月刊アニメージュ2012年3月号P52のインタビュー記事より。
  7. ^ スマイルプリキュア! : プリキュア役に福圓美里、金元寿子、井上麻里奈ら,毎日新聞,2012年1月6日
  8. ^ 6月24日(日)のデータ放送「プレゼントクイズ」についてのお詫び(ABC朝日放送アプリ「プレゼントクイズ」についてのお詫び より) 2012年7月20日閲覧
  9. ^ 朝日放送版公式サイト・キャラクター
  10. ^ a b c d 「データカードダス プリキュアオールスターズ」のカードにおける記載より。
  11. ^ 東映アニメーション スマイルプリキュア公式サイト内・ジョーカー解説
  12. ^ 第10話など。
  13. ^ a b 『スマイルプリキュア! コンプリートファンブック』より。
  14. ^ 第16話の問題集アカンベェ。
  15. ^ 第8話、第11話。
  16. ^ 『スマイルプリキュア!設定資料集vol.3』より。
  17. ^ 第1話、第4話など。
  18. ^ 第2話、第3話。
  19. ^ 第2話 - 第5話。
  20. ^ a b c d e アニメージュ』2012年12月号 設定資料FILE VOL.173より。
  21. ^ 2012年1月29日・大塚隆史のツイッターの発言
  22. ^ 朝日放送の公式ページより。
  23. ^ 第24話で初めて名称が触れられる。
  24. ^ 北川監督×岩井プロデュース「新しい靴を買わなきゃ」全編パリ撮影で製作”. 映画.com (2012年1月30日). 2012年5月24日閲覧。
  25. ^ 映画 スマイルプリキュア!(仮題)”. 東映[映画]. 2012年5月24日閲覧。
  26. ^ TCエンタテインメント株式会社 キッズ スマイルプリキュア!【DVD】
  27. ^ 週刊ファミ通1234号』、エンターブレイン、2012年8月、 55頁。
  28. ^ 学研ムック『スマイルプリキュア! コンプリートファンブック』学研出版サイト
  29. ^ プリキュアの“変身コンパクト”が大人向けコスメに!,東京Walker,2012年6月4日
  30. ^ a b 「スマイルプリキュア!」の変身アイテムが大人向け本格化粧品に!バンダイ×コーセーの共同企画商品「スマイルパクト シャイニーフェイスパウダー」6/14より受注開始,株式会社バンダイ,2012年6月4日
  31. ^ 東京駅に全国最大級の駅弁店誕生/朝日新聞デジタル
  32. ^ アニメ「プリキュア」で「モーニングバード」を再現!赤江アナ、3度の出演で今度はプリキュア役を希望!? - シネマトゥデイ
  33. ^ FUJIWARA原西:「プリキュア」に本人役で念願の出演 “キュアゴリラ”に変身?,毎日新聞,2012年5月9日
  34. ^ 「日本おもちゃ大賞2012」発表、仮面ライダーフォーゼ変身ベルトほか9点,マイナビニュース,2012年6月12日
  35. ^ 境宗久 (2012年6月10日). “今回、(名前だけ)カメオ的出演となった来海先生ですが、 ...”. Twitter. 2012年7月1日閲覧。
  36. ^ アンネの伝記など届く 3回目の匿名寄付 神奈川図書館に寄贈 東京新聞 2014年3月4日

外部リンク[編集]

ABC制作・テレビ朝日系列 日曜8時台後半
前番組 番組名 次番組
スイートプリキュア♪
(2011年2月6日 - 2012年1月29日)
スマイルプリキュア!
(2012年2月5日 - 2013年1月27日)
ドキドキ!プリキュア
(2013年2月3日 - 2014年1月26日)