手塚プロダクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。 の文字は公式の表記U+FA10.svgと異なる可能性があります。

株式会社手塚プロダクション(てづかプロダクション)は、アニメーションの企画・制作および著作権管理を主な事業内容とする日本の企業である。

なお現存する虫プロダクション(以後”新・虫プロ”/ 新社)とは、手塚治虫が両社の創設に関わったと言う点以外、現在は資本的な面を含めほぼ無関係。

株式会社手塚プロダクション
Tezuka Productions Company, Limited
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 手塚プロ
本社所在地 日本の旗 日本
郵便番号:169-8575
東京都新宿区高田馬場四丁目32番11号
設立 1968年1月23日
業種 情報・通信業
事業内容 アニメーションの企画・制作および著作権管理
代表者 松谷孝征(代表取締役社長)
資本金 2000万円
従業員数 100名
関係する人物 主なスタッフの項を参照
外部リンク http://www.tezuka.co.jp (公式サイト)
特記事項:日本動画協会正会員
テンプレートを表示

概要[編集]

東京都新宿区高田馬場四丁目に本社があり、埼玉県新座市野火止四丁目にアニメーション制作スタジオがある。また小規模ながら大井スタジオと武蔵野市に第2スタジオがあり、2006年には埼玉県川口市にある映像集積施設SKIPシティインキュベートオフィスに入居、制作拠点の拡大を目指している。また手塚が幼少期を過ごした兵庫県宝塚市にも手塚プロダクション宝塚事務所が置かれている。さらに、中国にアニメーション制作関連会社として北京写楽美術芸術品有限公司がある。

手塚治虫作品の著作権管理とアニメーション制作を主な業務としているが、その他企業のキャラクター制作も手がけており、鈴鹿サーキット多摩テック(閉鎖)のキャラクター「コチラちゃん」、三重県鈴鹿市の公式キャラクター「ベルディ」、岐阜県世界淡水魚園水族館(アクア・トトぎふ)のキャラクター、工事中を案内する看板のキャラクターも制作している。

それ以外にも手塚治虫キャラクターグッズの制作・販売、イベントの企画・制作、宝塚市手塚治虫記念館JR京都駅ビルにあるKYOTO手塚治虫ワールドの運営なども手がけ、多角的な事業を展開している。他には朝日新聞と提携して手塚治虫文化賞を設け、優れた漫画作品を表彰している。

歴史[編集]

手塚治虫に関連したプロダクションとしては、手塚プロダクション設立以前から、手塚本人が社長を務めていたアニメ制作会社虫プロダクション1961年設立。旧・虫プロ/ 旧社)とその子会社で出版業務を請け負う虫プロ商事1966年設立)があった。

1968年、手塚は、自身の漫画製作・管理のための別会社として、株式会社手塚プロダクションを設立した。

と、業務を切り分けるために創設されたとされる。 1976年に高田馬場のビルに移転するまで(1970年 - 1975年)、虫プロから徒歩数分にある肉屋のテナントビルの2階・3階部を借りていた[1]。3階で手塚は集中して漫画の執筆に励み、2階ではスタッフがアシスタント業務、及び、事務処理(給料計算や、漫画の著作権管理など)を行っていた。アニメ制作などは虫プロに任せることになっていた。

虫プロダクションは当初手塚治虫作品のみのアニメを制作していたが、アニメ化可能な作品はそれほど多くなかったため1960年代後半以降、手塚原作でない作品もアニメ化するようになった。手塚作品のアニメ化がほぼ無くなった1971年昭和46年)に、手塚は虫プロダクション社長を退任した。

この頃、手塚プロダクション内部にもアニメーション部門が作られアニメの制作が開始されたが、当初は虫プロダクションの下請け的活動が主であった。この頃には企業宣伝用の超短編作品が数本とテレビシリーズ版『ふしぎなメルモ』(1971年放映開始)が制作されている。

しかし手塚退任の前後から虫プロ商事内部で紛争が始まり、これは後に虫プロダクションにも飛び火した大規模な労働争議へと発展し、多くのスタッフが退職してゆく。この社内の不安定な状況に加え、受注減や制作費の高騰、劇場版映画の興行的失敗、銀行からの融資の引き上げも重なり資金環境が急激に悪化し、虫プロ商事・虫プロは1973年(昭和48年)に相次いで倒産した。虫プロに対して手塚自身は手形保証など個人レベルでの関係が残っていたため事後処理に追われ多額の経済的損失も被ったものの、手塚プロダクションは業務内容を完全に切り分け資本面で虫プロとはほぼ無関係であったことから巨額損失や経営破綻は免れ、手塚自身にとっても自身の作品制作の基盤を失わずに済んだのは幸運であった。

旧・虫プロ倒産以後、手塚プロダクションは独自に手塚治虫作品を原作としたアニメーション番組・映画を制作するようになった。後に手塚作品のアニメ制作を(表立って)していない時期は、人材リソースを活用するため日本国内他社が制作する作品のグロス請け・制作パート引き請けなども請け負うなど、一般的なアニメ制作プロダクションとしての活動も行う様になった。

2007年以降からは旧・虫プロ出身者が多く人的に係わり合いがあるマッドハウス作品へ制作協力を行い、連続テレビアニメーション作品『もっけ』では共同制作を行なうなど、関係を密接にしている。

なお旧・虫プロ倒産後、労働組合を母体として同名の企業が設立されている(以後”新・虫プロ”/ 新社)。この際、倒産前の旧・虫プロ製作作品の著作権は手塚治虫から新・虫プロに譲渡されたため新社設立後にビデオソフト化されたモノクロ版鉄腕アトムなどについては、原作の著作権管理者として手塚プロダクション、アニメの著作権管理者として虫プロダクションの名が入るという形が採られている。

主な作品[編集]

テレビシリーズ[編集]

TVアニメスペシャル[編集]

OVA[編集]

劇場映画[編集]

  • おかしな一日 (1970年)※ これは大阪万国博覧会のセイコー館のためのアニメ。
  • 火の鳥シリーズ
    • 火の鳥2772 愛のコスモゾーン (1980年)
    • 火の鳥・鳳凰編 (企画協力のみ参加、実制作はマッドハウス、1986年)
  • JUMPING (1984年)※ 実験アニメーション
  • おんぼろフィルム (1985年)※ 実験アニメーション
  • プッシュ (1987年)※ 実験アニメーション
  • 村正 (1987年)※ 実験アニメーション
  • アンネの日記 (制作元請:マッドハウス、動画、1995年)
  • ブラック・ジャックシリーズ
    • ブラックジャック(劇場版) (1996年)
    • ブラック・ジャック ふたりの黒い医者 (2005年)
    • Dr.ピノコの森の冒険 (2005年)※ 上記との並映用の短編アニメ。
  • ジャングル大帝(劇場版) (1997年)
  • ドラえもん のび太の南海大冒険 (制作元請:シンエイ動画、協力、1998年)
  • メトロポリス (企画協力のみ参加、実制作はマッドハウス、2001年)
  • クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲 (制作元請:シンエイ動画、動画協力、2001年)
  • 森の伝説 (2003年)※ 実験アニメ-ション。これは手塚治虫が最初に公開した版とは異なり、没後に手を入れたものである.
  • ぼくの孫悟空 (2003年)
  • 劇場版AIR (制作元請:東映アニメーション、協力プロダクション、2005年)
  • ねずみ物語 〜ジョージとジェラルドの冒険〜(制作元請:マッドハウス、制作協力、2007年)
  • 手塚治虫のブッダ -赤い砂漠よ!美しく-(制作元請:東映アニメーション、制作協力、2011年)※ 3部構成を予定しているその第1部作品。
  • グスコーブドリの伝記(2012年)※ これは元はグループタックが製作していたが、同社がなくなった後を引き継いで手塚プロダクションが完成させた。
  • ねらわれた学園 (制作元請:サンライズ、制作協力、2012年)

その他[編集]

  • アポロの歌(パイロットフィルム、1970年)
  • 氷の国のミースケ(PRムービー、1970年)※ テレビ放送もされた。
  • 南へ行ったミースケ(PRムービー、1971年)※ テレビ放送もされた。
  • 火の鳥 (実写版)(アニメーション部分、1978年)
  • ブレイブファイヤーS0・9(PRムービー、パイロットフィルム、1987年)※ 電力会社のPR用のスペシャルアニメ作品としてコンペに出品したパイロットフィルム。手塚治虫がナレーションを努める.内容は太陽光発電を推す内容であった。
  • 白痴 (実写映画、手塚プロ初のR-15指定の作品、1999年)※ 手塚治虫の作品とは無関係。手塚眞の映画作品。
  • ブラック・ジャック(協力、TBSスペシャルドラマ版、2000年)
  • ガラスの脳(協力、実写映画、2000年)※ 手塚治虫の原作漫画の実写化作品。

この他にも、手塚治虫の原作漫画から実写化(翻案を含めて)した例はテレビ作品、劇場用映画などでいくつかある。

関連人物[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]