白鯨伝説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
白鯨伝説
アニメ
監督 出崎統
キャラクターデザイン 高谷浩利、佐藤正樹
メカニックデザイン 鈴木勤
音楽 安藤まさひろ(第2話まで)
和泉宏隆(第1話 - 第26話)
アニメーション制作 スタジオジュニオ / あんなぷる
製作 イメージケイ(第1話 - 第18話)
SME(第1話 - 第18話)
手塚プロダクション(第19話 - 第26話)
放送局 NHK衛星第2テレビジョン
放送期間 1997年 - 1999年
話数 全26話
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト アニメ
ポータル アニメ

白鯨伝説』(はくげいでんせつ)は、NHK衛星第2テレビジョンのテレビ番組「衛星アニメ劇場」内で1997年から1999年にかけて放送された日本のテレビアニメシリーズ。

概要[編集]

ハーマン・メルヴィルの小説『白鯨』をモチーフに、監督の出崎統が長年温めていたアイディアから制作したSFアニメである。出崎統・杉野昭夫の共著「アニメーション制作技法 〜『4701白鯨』を創る〜」誌上の題材「4701白鯨」が原案となっている。ただし、内容的にはメルヴィルの『白鯨』よりも、むしろ同じく出崎監督作の(「白い悪魔」を討ちにいく仲間たちの旅を描いた)アニメ『ガンバの冒険』と似た点が多い。

放送時は制作状況が逼迫しており、作品のクオリティを維持するため、幾度にもわたって総集編再放送で番組枠を埋めていた。制作会社の倒産により1997年10月29日放送の第18話をもって一度打ち切りになり、その後手塚プロダクションに権利が移動、制作が再開される。

約1年後の1998年10月21日から『プリンセスナイン 如月女子高野球部』の後番組として第1話から再放送を開始し、1999年3月24日より第19話以降を放送。当初は全39話の予定だったが、上記の理由などにより短縮され、同年5月12日まで全26話が放送された。

DVD-BOX付属の解説書の表紙にはLegend of HAKUGEIと書いてあるが、英語版の題名はHakugei: Legend of Moby Dickである。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

デュウ
- 関俊彦
登録番号ESP4678-201号の惑星開発用アンドロイド。宇宙を漂流中、エイハブによって回収され、そのままエイハブたちと惑星モアドへ向かうことになる。
デュウと白鯨の前身は惑星消滅弾を開発した科学者アベルカイン博士。アベルカイン博士は惑星消滅弾の使用に反対したため、連邦政府により国家反逆罪で処刑される。アベルカイン博士の意識は、デュウと白鯨にそれぞれ分けられ、白鯨は宇宙戦艦を経て、惑星消滅兵器に転換され、デュウは起爆装置となった。
エイハブ
声 - 大塚明夫
本名はエイハブ・イシュマール・アリ。35歳。宇宙船レディ・ウィスカー号船長。漂流した宇宙船=鯨を捕獲・転売する「エイハブ鯨捕りグループ」社長。勇猛果敢、質実剛健、出前迅速の自称「鯨捕り三冠王」。駆け出しのチンピラだった頃、超戦艦「白鯨」の攻撃で隻眼隻脚となった。
ラッキー
声 - 水谷優子
ラッキー・ラック。本編の語り部も務める。14歳。当初は鯨捕り志願としてエイハブたちのもとに現れる。
最初、男の子のふりをしていたが、透視機能を持つデュウによってみんなの前で女の子であることを暴露される。本名はサチコ・トキサダ。惑星モアドのレジスタンスグループリーダー、シロー・トキサダの妹であり、惑星モアド救出のために、腕利きの鯨捕りに助力を願うためにやってきた。

エイハブ鯨獲りカンパニー関係者[編集]

アトレ
声 - 新山志保(第1話 - 第19話)、大本眞基子(第20話 - 第26話)
鯨捕り見習いとなったラッキーの自称「教育係」。ラッキーよりも年下の11歳。多少、ひねくれて突っ張ったところがある。亡くなった父親は、エイハブの片腕でレディ・ウィスカー号の機関長だった。
ルーシー
声 - 鈴木琢磨
ロボットの鳥。外見は白い体にトサカと足が赤色、目と腹部のメダル上の部品は緑色である。くちばしは九官鳥のような形状。エイハブ鯨捕りグループのマスコット的存在。エイハブの肩にとまっている他、アジトやレディ・ウィスカー号の船内を飛び回っている。
ドク
声 - 園部啓一
ドク・クリスチャンセン。エイハブ鯨捕りグループのチーフドクター(といっても1人)。エイハブグループでは副官的存在。
クック
声 - 宝亀克寿
エイハブ鯨捕りグループのコック長。少々脂っこくてパンチが足りないが美味い料理を作る。
ババ
声 - 大友龍三郎
ダイママ星の勇猛な先住民族タトゥ族の末裔。巨躯全体に刺青をしている。先祖は人食いだったと伝えられ力も強いが、気は優しい。
ムラトとの戦いで死亡したと思われたが、危機に陥ると仮死状態になるタトゥ族の特徴により一命をとりとめ復活し、白鯨との戦いに赴く。
スピードキング
声 - 内田直哉
元ロードレーサー。両親も筋金入りの暴走族で、母親がハコ乗りの最中に生まれたとのこと。俊敏かつ有能なパイロット。友情に厚い性格である。
ババが仮死状態になったときには一番悲しんでいた。
ムッツ
声 - 梁田清之
ムッツ・ガンリュウ。キングクーロン一の超セラミック剣の使い手。走力はアンドロイドのデュウと互角。当初は瞑想にふけるなど物静かでキザな人物だったが、作品がコメディチックになるにつれてギャグもこなすようになった。
アカデミアス
声 - 鈴木琢磨
エイハブ鯨捕りグループのメカニック・スーパーバイザー。天才的なプログラマーで地球の公立科学院卒のエリートとして将来は連邦科学省の高級官僚を嘱望された身だったが、なぜか鯨捕りの一員となった。エキセントリックな性格と沈着冷静な性格が同居する。
ホワイトハット
声 - 安原義人
連邦警察86分署捜査一課刑事。電子ムチの使い手。元宇宙刑務所看守長でエイハブが脱獄したため責任を問われ減俸処分。ショックで禿げてしまう。妻(ヨシコというらしい)に愛想を尽かされ、娘を連れて離婚され独り身となり、エイハブへの復讐に燃えて刑事に転進。しかし、エイハブを追っていたはずなのにいつの間にか追われる身に転落、エイハブと共にモアドへ行く破目になる。

惑星モアド関係者[編集]

セイラ
声 - 篠原恵美
惑星モアドの歌姫(作品中ではエンディング曲の「約束」を歌う。なお作中の歌は篠原恵美の歌唱)。慰安用に製造された女性型アンドロイド。エネルギー源はモアド特産の毒性植物ポワジーの花であり、他の惑星では「生きて」いけない。住民の強制移住後もモアドに残り、恋人ハリー・トンプソンを待ち続ける。
シロー
声 - 柏倉つとむ
シロー・トキサダ。惑星モアドのレジスタンスグループのリーダー。
リサ
声 - 佐久間レイ
惑星モアドのレジスタンスメンバー。
コバ・ガルシア
声 - 小林清志
惑星モアド第16鉱区の元作業員。67歳。キヨシという名の犬を相棒に「イージー・ライダー」になって自由に走り回る。
医者から余命半年と宣告され、自由を求めて走り回っていたが、強制移住処分しようとするムラトに向かっていき、壮烈な爆死を遂げた。
ミカ
声 - いいだ美夏
ミカ・ミッシェル・イーダ。惑星モアド・レジスタンスに所属する女の子。エイハブ・グループの身の回りを世話することとなる。レディ・ウィスカーのクルーは「マリーさんファンクラブ」(後述)に続き、またもや「ミカちゃんファンクラブ」を結成した。モアドにまでやってきたマリーとはエイハブをめぐり恋のさや当てを演じるが、そのうち意気投合し良いコンビとなった。
担当声優のいいだ美夏は、衛星アニメ劇場のナビゲーターを務めていた。

地球連邦関係者[編集]

ムラト
声 - 玄田哲章
モアド警備隊長。身長3メートルの巨人アンドロイド。惑星モアドの住民強制移住を現地で指揮し、レジスタンスからは冷酷な残忍なアンドロイドとして蛇蝎のごとく恐れられている。
アンドロイドに改造される前は、元プロボクサーでスペースチャンピオンのジェイコブズ。40名を殺害したため、アンドロイド改造刑を受けた。処刑前に収監されていた刑務所でエイハブ、ホワイトハットとは旧知の間柄。エイハブには刑務所でリンチにあったところを助けられたことから恩義を感じていた。
オハラ
声 - 鶴ひろみ
ジェーン・オハラ。連邦惑星開発特別補佐官としてモアド爆破計画を担当する。大統領の側近で野心家。惑星開発局長への昇進を狙う。
ホー将軍
声 - 水島裕
連邦派遣軍第7艦隊の若き司令官。新大統領の第14番目の息子。オハラを拘束しようとするが、ムラトによって惨殺される。
白鯨
声 - 幹本雄之
連邦軍の超戦艦。のちに惑星消滅兵器に改造され、惑星モアドの周回軌道上にある。

その他[編集]

マリー
声 - 工藤栄子
惑星ケープ・ゴッドの女子大生。初出は第8話。喫茶店のアルバイトとして登場。大学での研究テーマのため、レディ・ウィスカー号に密航する。レディ・ウィスカーのクルーたちは「マリーさんファンクラブ」を結成した。語尾が「○○だしぃ〜」となる癖がある。
担当声優の工藤栄子は番組エンディング曲も歌っている。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「風とゆく」
歌 - 落合ひろひと
エンディングテーマ「約束」
歌 - 工藤栄子

各話リスト[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督
第1話 1997年
4月9日
ふきだまり 小出克彦 出崎統 松園公 玉川達文
第2話 4月16日 鯨捕りたち 植田浩二 吉本毅 佐藤正樹
第3話 4月23日 寒い星から来た… 森絵都
出崎統
松園公 岩井優器
第4話 4月30日 白い悪魔 出崎統 吉本毅 寺沢伸介
第5話 5月7日 超戦艦・白鯨 山中英治 小丸敏之
第6話 5月14日 さらば! キングクーロン 関田修 粟井重紀
第7話 5月28日 はじめまして、幽霊船 熊谷雅晃 斉藤浩信
細野明美
第8話 6月4日 いとしのケープ・ゴット 橋本三郎 小丸敏之
初見浩一
谷口明弘
寺沢伸介
第9話 6月18日 ファンクラブ誕生 関田修 粟井重紀
岩井優器
第10話 6月25日 惑星モアド 植田浩二 出崎統 山中英治
下瀬とおる
岩井優器
第11話 7月9日 さよなら、レディウィスカー… 熊谷雅晃
小高義規
斉藤浩信
細野明美
第12話 7月23日 恋人たち 出崎統
植田浩二
関田修 初見浩一
谷口明弘
第13話 7月30日 イージー・ライダー 出崎統 新谷修悠
下瀬とおる
小丸敏之
丹羽恭利
第14話 9月3日 ラサーラ超特急 佐土原武之 斉藤浩信
細野明美
第15話 9月10日 歌姫 小出克彦
出崎統
出崎統 関田修 谷口明弘
初見浩一
第16話 9月17日 起爆装置 出崎統 熊谷雅晃 高谷浩利
岩井優器
第17話 10月22日 独立宣言 植田浩二
出崎統
出崎統 佐土原武之
山中英治
太田浩
小丸敏之
丹羽恭利
第18話 10月29日 野獣伝説 出崎統 関田修 高谷浩利
岩井優器
第19話 1999年
3月24日
エイハブの逆襲 松園公 青木真理子
第20話 3月31日 タトウ族の末裔 桑原智 瀬谷新二
釘宮洋
鈴木勤
第21話 4月7日 カム・バック 吉村文宏 高谷浩利
第22話 4月14日 許されざる者たち 松園公 杉野昭夫
第23話 4月21日 モアド開戦 桑原智 内田裕
第24話 4月28日 伝説のはじまり…迷走 松園公
さきまくら
杉野昭夫
第25話 5月5日 伝説のはじまり…カウント・ダウン 吉村文宏 西田正義
第26話 5月12日 くじら捕り達の伝説 松園公 高谷浩利
総集編・記念番組
ビデオ化などはされていない。
  1. プロローグ 〜出崎監督大いに語る(1997年4月2日)
  2. 出発・モアドへ(1997年5月21日) 第1話 - 第6話の総集編
  3. 鯨捕りたちの旅路(1997年7月2日) 第8話 - 第10話の総集編
  4. 「白鯨伝説」を描く(1997年7月16日)
  5. 新たなる伝説の序章(1997年8月13日) 第2話 - 第5話の総集編
  6. エイハブという名の男(1997年8月20日) 第6話 - 第9話の総集編
  7. 惑星に捧げる歌声(1997年8月27日) 第10話 - 第12話の総集編

CD[編集]

  • 『白鯨伝説 サウンドトラック』(1997年7月21日発売、廃盤)

ビデオ / LD / DVD[編集]

VHS・LD
2巻まで(第1話 - 第8話を収録)
発売中に放送が打ち切りになったため、3巻以降は発売中止になった。
DVD
DVD-BOX5枚組(全26話を収録)