ハーマン・メルヴィル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハーマン・メルヴィル(1891年)

ハーマン・メルヴィルHerman Melville1819年8月1日 - 1891年9月28日)は、アメリカ作家小説家ニューヨーク出身。代表作は『白鯨』など。

略歴[編集]

ニューヨークの裕福な輸入商の三男として生まれる。11歳の頃家の経済状態が悪くなり母の実家オルバニーに移り住み、2年後父が多額の借金を残し死亡する。ハーマンは学校を中退しニューヨーク州立銀行で働く。16歳で教員の資格を取りその後小学校の教員を務めたり測量土木の技師を志すが、家計がひっぱくしたまま、債権者の目を逃れるためランシンバークに夜逃げする。ここでも生活が成り立たなくなり、止む無く1839年に兄の紹介で船員となる。

1840年捕鯨船アクシュネット号の乗組員となり、翌年太平洋へ航海、きびしい環境に嫌気が差し1842年7月9日マルケサス諸島ヌクヒーバで仲間と脱走、先住民タイピー族に出会う。8月にオーストラリアの捕鯨船ルーシー・アン号に救われるが、タヒチ島で乗組員の暴動に巻き込まれイギリス領事館に逮捕される。10月ここも脱走しエイメオ島に隠れる。この波乱万丈な航海は、11月、アメリカ捕鯨船チャールズ・アンド・ヘンリー号に救われ、翌1843年4月ハワイに着くまで続き、その後の彼の作品に大きな影を落す。

1843年8月ホノルルにいたハーマンは、アメリカ海軍フリゲート鑑ユナイテッド・ステーツ号水兵に採用され、翌1844年ランシンバークに帰郷する。留守中に家計もよくなり兄弟も独立していた。暮らしに余裕の出来たハーマンは文筆業で身を立てようと、当時流行していた海洋小説に手を染め、マルケサス諸島の体験を元に1845年処女作『タイピー』を発表。1850年8月、尊敬する先輩格の文豪ナサニエル・ホーソーンと出会う。翌年『白鯨』を発表するなど精力的に創作活動を続ける。だが、諸作品はことごとく評価されず、文筆で身を立てることが出来なくなった。外国の領事や海軍に職を求めるがうまく行かず、生活に追われながら細々と小説や詩を発表する状態が続く。南北戦争についての見聞録「Battle Pieces and Aspects of the War」もある。

1866年12月、ようやくニューヨーク税関の検査係の職を得るも、4人の子供の内、長男マルコムのピストル自殺、自宅の焼失、次男スタンウィクスの出奔(1886年サンフランシスコで客死)などの不幸が続く。傑作『ビリー・バッド』完成後の1891年に死亡。

難解な作風のため、一部の愛好者を除いて無視され続けていたメルヴィルの作品は、死後30年を経た1921年に再評価の動きがおこる。この年、レイモンド・ウィーバ著『ハーマン・メルヴィル 航海者にして神秘家』が発表され、メルヴィルの評価は上昇し、『メルヴィル著作集』全16巻の刊行、『白鯨』の映画化(グレゴリー・ペック主演)などが行われる。メルヴィルの存命中に考えられなかったことに、今やアメリカを代表する文学者として世界中に知られるようになった。

主な作品[編集]

  • 『タイピー』"Typee", 1846年
  • 『オムー』"Omoo", 1847年
  • 『マーディ』"Mardi and a Voyage Thither", 1849年
  • 『レッドバーン』"Redburn, His First Voyage", 1849年
  • 『白いジャケツ』"White-Jacket", 1850年
  • 白鯨"Moby-Dick", 1851年
  • 『ピエール』"Pierre or the Ambiguities", 1852年
  • 代書人バートルビー"Bartleby the Scrivener", 1853年
  • 『イスラエル・ポッター』"Israel Potter", 1855年
  • 『短篇集』"The Piazza Tales" 1856年
  • 『詐欺師』"The Confidence-Man", 1857年
  • ビリー・バッド"Billy Budd", 1924年

訳書ほか備考[編集]

存命中は『白鯨』など主な作品はまともな評価はされず、本人はずっと税関で働いて暮らしていた。

エマースンソローホーソーンポーホイットマンと並ぶ、アメリカ・ルネサンスの作家の一人とみなされている。古典に岩波新書酒本雅之『アメリカ・ルネッサンスの作家たち』や近年刊行では『アメリカン・ルネサンスの現在形』(編著 松柏社、2007年)他がある。

初版は1876年に2巻組で出版された、アメリカ文学でもっとも長編の叙事詩『クラレル 聖地における詩と巡礼 Clarel』が須山静夫訳である。(南雲堂、1999年)。

作品集を網羅した『メルヴィル全集』全11巻が、坂下昇訳で国書刊行会にあるが、訳文は独特な難解さがある。岩波文庫にも2冊ある。 

詩人の原光が八潮出版社で『イスラエル・ポッター』ほか数冊訳している。

また集英社『世界文学全集 38・39』に『白鯨』が幾野宏訳で『タイピー』が土岐恒二訳である。

『乙女たちの地獄 メルヴィル中短篇集』(全2巻 杉浦銀策訳 国書刊行会)もある。

関連項目[編集]