安藤正容

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
安藤正容
基本情報
出生名 安藤正容
出生 1954年9月16日(59歳)
血液型 A型
学歴 明治大学卒業
出身地 愛知県名古屋市千種区
ジャンル フュージョン
職業 ミュージシャン
担当楽器 ギター
レーベル ヴィレッジミュージック
共同作業者 T-SQUARE
公式サイト T-SQUAREオフィシャルサイト

安藤 正容(あんどう まさひろ、1954年9月16日 - )は、愛知県名古屋市千種区出身の日本ジャズギタリスト1977年明治大学卒業[1]。血液型A型。日本を代表するフュージョングループ・T-SQUAREのリーダーで、作曲家音楽プロデューサーとしても活動している。

来歴[編集]

実家は名古屋市千種区の覚王山日泰寺近く。(1999年中京テレビで放送されたライブ・インタビューより)

幼少の頃はプラモデルサッカーに熱中する少年であった。小学生の頃にクラシックギターを手にするが、途中でつのだじろう漫画などに傾倒してしまい、Fのコードが押さえられるようになったのは中学3年生になってからであった。

マイルス・デイヴィスのレコードを聴いてジャズに関心を持ち、大学入学後は明治大学モダンジャズ研究会メランコリー・キャッツで演奏活動する一方、ジャズギタリストの高柳昌行に師事した。

明治大学在学中の1976年11月に安藤と同じくメランコリー・キャッツのメンバーだったドラマーの原田俊一(現・原田俊太郎[1]、明治大学ビッグサウンズソサエティーオーケストラで活動していたピアニスト袴塚淳[1]、安藤と1973年以来共演してきたベーシストの中村裕二[2]とフュージョンバンドTHE SQUAREを結成すると[3]、瞬く間に日本のフュージョン・シーンを代表する存在になっていった。

フレージングはもちろんのこと、ライヴでの一見当て振りではないかと疑ってしまうほどの安定感あるギタープレイは高く評価されている。

なお、50歳を超えた2012年現在も精力的に音楽活動を続けている。

1980年発表のアルバム『Rockoon』から2007年発表の『33』までは表記を安藤まさひろとしていたが、デビュー30周年となる2008年発表のアルバム『Wonderful Days』以降、本名の表記に戻している。

T-SQUARE以外での活動[編集]

使用ギター(主にエレキ)[編集]

デビュー~MAGIC ギブソンレスポール、シェクターのカスタムギター

脚線美の誘惑~Stars & Moon ムーンのストラトモデル (黒ボディでメイプルネック仕様もある)

RESORT~TRUTH ムーンのストラトモデル (赤ボディ、エボニーonメイプルネック、バルトリーニHSH、フロイドローズ)

YES & NO~WAVE AircraftのAC-5ホワイト(アルダーボディ、エボニーonメイプルネック、SSH EMG SA-SA Dimarzio リア:FRED、フロイドローズ) ヴァレーアーツラリーカールトンモデル

NATURAL~BCAD AircraftのAC-5ホワイト(長らくトレードマーク)

Blue in Red~Gravity、T-SQUARE AircraftのAC-5(ブラックボディ、メイプル指板、ESPのピックアップ、ノンロック式ブリッジ) Suhrのミントグリーンのストラト ギブソンレスポールゴールドトップ

Groove Groove~ ポールリードスミス(Private Stock#502) ポールリードスミスカスタム24トレモロ付

Wonderful Days~ フェンダーストラトキャスター1961(サンバースト) フェンダーストラトキャスター1960(ホワイト)

アンプは初期がマーシャル、伊東たけし前期がメサブギーとフェンダーコンサートのそれぞれ2台ずつステレオで使用。 IMPRESSIVEあたりからカスタムオーディオの3プラスとVHTのパワーアンプが基本となる 一時期はメサブギーのロードキングなどハイゲインなものも使用。 ANDY'sなどではOD-100とコンパクトボード(マイケルランドウに影響)のセットも使用する。

作品[編集]

ソロ[編集]

タイトル 発売年 注釈
"MELODY BOOK" 1986 CBSソニー→ヴィレッジ・レコード
"Melody go round" 1990 CBSソニー→ヴィレッジ・レコード
"ANDY'S" 1996 ソニー・レコード→ヴィレッジ・レコード
"Water Colors" with みくりや裕二 1997 ヴィレッジ・レコード
文學道中~旅ノススメ~ オリジナル・サウンドトラック 2005 ヴィレッジ・エー
"WINTER SONGS" 2010 ヴィレッジ・レコード

T-SQUAREの代表曲(安藤正容〈安藤まさひろ〉作曲のもの)[編集]

  • TEXAS KID(アルバム『Make Me A Star』に収録)
  • TOMORROWS AFFAIR(アルバム『Rockoon』に収録)
  • IT'S MAGIC(アルバム『MAGIC』に収録)
  • LITTLE MERMAID(アルバム『MAGIC』に収録)
  • ハワイへ行きたい(アルバム『脚線美の誘惑』に収録)
  • 脚線美の誘惑(アルバム『脚線美の誘惑』に収録)
  • 君はハリケーン(アルバム『うち水にRainbow』に収録)
  • ALL ABOUT YOU(アルバム『ADVENTURES』に収録)
  • DESTINATION(アルバム『Stars and the Moon』に収録)
  • OVERNIGHT SENSATION(アルバム『Stars and the Moon』に収録)
  • LOVE IS IN MY SIGHT(アルバム『S・P・O・R・T・S』に収録)
  • CELEBRATION(アルバム『TRUTH』に収録)
  • TRUTH(アルバム『TRUTH』に収録)
  • BECAUSE(アルバム『TRUTH』に収録)
  • GO FOR IT(アルバム『YES, NO.』に収録)
  • YOUR CHRISTMAS(アルバム『WAVE』に収録)
  • BIG CITY(アルバム『WAVE』に収録)
  • DAISY FIELD(アルバム『NATURAL』に収録)
  • ROMANTIC CITY(アルバム『NEW-S』に収録)
  • FACES(アルバム『IMPRESSIVE』に収録)
  • RISE(アルバム『IMPRESSIVE』に収録)
  • 明日への扉(アルバム『HUMAN』に収録)
  • PLAY FOR YOU(アルバム『HUMAN』に収録)
  • 夜明けのビーナス(アルバム『夏の惑星』に収録)
  • COPACABANA(アルバム『夏の惑星』に収録)
  • VICTORY(アルバム『B.C. A.D. 〜Before Christ & Anno Domini〜』に収録)
  • MOON OVER THE CASTLE
    レーシングゲーム『グランツーリスモ』のテーマ曲。コンサドーレ札幌ホームゲーム入場曲としても使用されている(ANDY'S名義、1997年 - )[4]
  • KNIGHT'S SONG(アルバム『BLUE IN RED』に収録)
    「MOON OVER THE CASTLE」のスクェアバージョン。
  • SAILING THE OCEAN(アルバム『GRAVITY』に収録)
  • Japanese Soul Brothers (アルバム『GRAVITY』に収録)
  • FRIENDSHIP(アルバム『FRIENDSHIP』に収録)
  • 風の少年 (アルバム『Spirits』に収録)

ゲーム作品[編集]

CM[編集]

楽曲提供[編集]

  • 雨降り午後 タモリ 作曲(作詞:タモリ/編曲:久米大作)
  • 惑星流し タモリ 作曲(作詞:タモリ/編曲:久米大作)
  • 螢の草原 松田聖子 作曲(作詞:松本隆/編曲:武部聡志)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 明治大学 楽友会ホームページ - 活動するOB・OG リンク集
  2. ^ スクェアの3枚目のアルバム『Make Me A Star』に封入されている音楽評論家岩浪洋三が執筆した解説文より。
  3. ^ なお結成後のメンバーの変遷についてはT-SQUAREのメンバーの変遷を参照。
  4. ^ consadeconsa

外部リンク[編集]