つのだじろう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
つのだ じろう
本名 角田 次朗
(つのだ じろう)
生誕 1936年7月3日(78歳)
日本の旗 日本東京府東京市下谷区
(現・東京都台東区
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1955年 -
ジャンル 少年漫画
青年漫画
代表作 空手バカ一代
うしろの百太郎
受賞 1961年:第 2回講談社児童まんが賞
(『ばら色の海』)
テンプレートを表示

つのだ じろう(本名、角田次朗(つのだ じろう)、男性、1936年7月3日 - )は、日本漫画家心霊研究家。東京府東京市下谷区豊住町(現在の東京都台東区下谷1丁目)出身。血液型O型

八人兄弟の次男。四弟のつのだたかしリュート奏者、末弟のつのだ☆ひろミュージシャン漫画原作者ゲームクリエイタービトウゴウは息子である。

人物[編集]

東京の下町に育つが、小学二年で家族で福島県に疎開。戦後の中学二年のおり東京に戻り、新宿区立淀橋中学校、東京都立青山高等学校卒業

高校在学中に漫画家の島田啓三に師事し、昭和30年(1955年)、『漫画少年』に「新桃太郎」が掲載され漫画家デビュー。この作品はわずか3ページほどの短編であるが、師である島田から何度も書き直しを命じられ、苦心の末投稿を許されて掲載されたものだという。

やがてその繋がりで新漫画党に入党。豊島区トキワ荘に通う事になる。当時は生真面目な青年で、トキワ荘仲間(新漫画党)の活動方針の違いに激怒し抗議文を書いて飛び出すが、藤子不二雄(藤本弘)から返書をもらい、心機一転。戻ってきた時に彼らの漫画に対する情熱を目の当たりにし、それからというものトキワ荘仲間の「道楽派?」になる、というエピソードは語り草となった。その人となりの変貌は、藤本曰く、「クソマジメの典型みたいな男だったけど、マジメが取れてクソだけ残った」とのこと[1]。つのだ自身、このフレーズが好きだと云う[要出典]

デビューから3年後にUFOを目撃し、趣味でオカルトを研究。日本の心霊研究の第一人者となる。

初のヒット作『ルミちゃん教室』以後、初期は主としてギャグ漫画を書いていた。『忍者あわて丸』(テレビアニメ『ピュンピュン丸』の原作)、『空手バカ一代』などでもヒットを飛ばす。後に『うしろの百太郎』や『恐怖新聞』などのオカルトホラー漫画で一大ブームを巻き起こした。主に『週刊少年マガジン』(講談社)、『週刊少年サンデー』(小学館)、『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)や『週刊少年キング』(少年画報社)などで活躍。

オカルト、恐怖怪談系の作品の他にも、極真空手の世界を描いた『空手バカ一代』や本格的将棋漫画の草分け的存在となった『5五の龍』、様々な女性達の運命をリアルに描いた『女たちの詩』シリーズなど、TVドラマ化された漫画も数作ある。ギャグからシビアなもの、少年・少女向けから大人向けまでと、オールラウンドな漫画家である(後述の作品リストを参照)。

「恐怖マンガとしての表現」の範囲でエンターテインメント性を重視し、心霊研究に関しては、単なる興味本位の「心霊スポット巡り」や「狐狗狸(こっくり)さん」といった、霊を弄ぶような行為に警鐘を鳴らし続けた。「先祖を大切にする事」「守護霊の存在」といった内容を漫画作品や執筆、時には出演したTV番組や講演などで常に訴え続けてきた。また「超能力・霊能力」の実証研究や分析もしている。

将棋アマ4段、スキー1級、書道三段、催眠術空手剣道浮世絵春画など多趣味で知られている。特に将棋については『5五の龍』他の作品に見られる通り造詣が深い。

略歴[編集]

作品リスト[編集]

他、短編など多数。

アシスタント[編集]

関連[編集]

脚注[編集]

  1. ^ テレビ朝日系 『驚きももの木20世紀』 「トキワ荘の時代・マンガが青春だったころ」(1995年1月6日)