ワンダービートS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ワンダービートS-スクランブル-Wonder Beat Scramble)は、1986年4月16日から11月19日にかけてTBS系列[1]で放送された日本のアニメーション番組。手塚治虫が企画と監修を手がけた。

番組のテーマが人体の神秘と医療であったことから「テルモ ファンタジーワールド」と題して医療機器メーカーのテルモが同社初の30分番組一社提供となっていた。
手塚治虫の晩年期のプロジェクト作品で、本人が直接テレビシリーズに携わり、自ら実写で出演もした。

概要[編集]

人体の中でミクロ化した救急隊が敵と戦うと言う設定のSFアクションであった。アニメでSFアクションであったにもかかわらず、手塚治虫を始め医療や化学の専門家をスタッフとして配置し、実際の医学的な知識、最新の医療技術に裏打ちされた内容にこだわった。

本編終了後、次回予告前に、医学博士でもあり、本作の企画と監修を手がけた手塚治虫が「手塚治虫のミニミニトーク」と題して実写出演し、話の舞台となった人体の器官と医療について説明するコーナーがあった。

本作は虫プロダクション制作で、手塚治虫が原作者ではなく企画・監修の立場で関与している。もともと虫プロダクション側によるオリジナル作品のため、厳密には手塚治虫作品とは言い難く、また後項の視聴率などの影響で認知者が少ないマイナー番組の類となってしまった為、手塚治虫の作品集や人物史の類の出版物でもあまり取り上げられない状況が続いている。


内容[編集]

2119年、宇宙生命探査船グリーン・スリーブス号は浮遊惑星「X23」に遭遇。X23が通過した他の惑星で相次いで高度な文明を持った生命体が滅亡していた痕跡も発見されたことから、世界連盟はグリーン・スリーブス号にX23の破壊を命令するが隊長であるスギタ・イサオ博士はこれを拒否し、交信を絶った。

それから2年後、日本の科学学園都市ナギサ・シティに住むスギタ博士の長男・ススムは突如、総合健康科学研究所フェニックス・タワーに連れられて所長のドクター・ミヤから特殊医療部隊「ホワイトペガサス」への入隊を要請される。ナギサ・シティでは原因不明の体調不良を訴えて倒れる住民が続出しており、特殊体内突入艇「ワンダービート」をミクロ化して患部に注入し治療を行うのである。

こうして、ススム達ホワイトペガサス隊員と人体への攻撃を繰り返す正体不明の異星人達との戦いが始まった。

登場人物[編集]

ホワイトペガサス隊
スギタ・ススム
- 田中真弓
なぎさシティに住む13歳の少年。消息不明となった父・スギタ博士の身を案じるドクター・ミヤに請われホワイトペガサスに入隊する。
ドクター・ミヤ
声 - 永井一郎
なぎさシティにある総合健康科学研究所『フェニックス・タワー』所長。医学博士。人体への攻撃を繰り返す正体不明の異星人「ヒュー(後にビジュール星人と判明する)」に対抗するため、ミクロナイザーシステムを開発した。最終話で体内に侵入される。
マユミ
声 - 荘真由美
ドクター・ミヤの姪。ススムと同い年。自ら志願してミヤの秘書を務めている。後にススムのガールフレンドになる。パイロット版資料によれば、苗字は「ミヤ」であるとのこと。第14話で体内に侵入される。
ビオ
声 - 江森浩子
データ集積用ロボット。人語を理解し、自律思考・自律行動が可能。ワンダービート号内では、オペレーターと人体内に侵入したメドロモンスターの生命コアをサーチする役割を担う。ススムに対して先輩風を吹かせることが多い。
リー・メイファン
声 - 小山茉美
中国人。ホワイトペガサス隊長。22歳にして医学博士号を持ち、冷静で的確な判断で隊を統率する指揮官。第23話で体内に侵入される。
マイケル・ヤンソン
声 - 難波圭一
アメリカ人。ススムと共に船外活動を担当する。陽気で頼れるススムの兄貴分。後に技術局へ転属。
ジョー・クムバ
声 - 塩屋浩三
コンゴ人。メカニックと異星人の言語解析を担当。
マナカ・コウジ
声 - 塩屋翼
日本人。ビオの開発者。天才的技術者で、ホワイトペガサスのメカニックとオペレーションを担当。
カトリーヌ・ドワイエ
声 - 吉田奈穂
フランス人。主にオペレーションを担当。小型のビジュール探知機を開発する。時たま体内にも出動する。
アラマキ・テツヤ
声 - 堀川亮
日本人。優秀な宇宙飛行士訓練生だったが、ある事件を契機にマイケルの後任でホワイトペガサスへ入隊。
「ヒュー」(ビジュール星人)
ビジュラ姫
声 - 鶴ひろみ
父であるビジュール大王の命を受け「生命元素」探査の指揮を執るが、強硬路線を主張するズダーの方針に疑問を抱く。後にススムと出会い、地上に出てススムの家に宿泊し、自分達の侵入が人体に激しい苦痛を与えていることを知り驚愕する。
バグー将軍
声 - 島香裕
ホワイトペガサスとの戦闘を担当。失敗が相次いだため更迭されるが、最終話で意外な形で姿を現す。
ズダー将軍
声 - 塩沢兼人
バグーの失脚後、副官から昇格すると共に生命元素探査の全権を掌握し、地球人への攻撃を繰り返す。ビジュール星の実権をも掌握しようと企むが・・・。
ガボー博士
声 - 平野正人
ヒューの技術者で、データ収集とメドロモンスターの開発・制御を担当。
ビジュール大王
声 - 郷里大輔
ビジュール星(浮遊惑星「X23」)の支配者。急速に衰退する星を救うため、娘であるビジュラに「生命元素」探査を命じた。後に地球へとやってくる。生命元素探索は自分の星を愛するが為であり、地球征服や人類殲滅と言った悪意のある人物ではなかった。暴走するズダーを制しようとして撃たれ負傷してしまう。

メカ[編集]

ワンダービート号(初代)
ホワイトペガサスが最初に建造した特殊体内出動艇。マンボウ形をしている。出動の際には上部に5本の透明パイプ(途中で1本の合流)を伝って上下するエレベーターによって乗り込み、機体に抗体保護液を吹き付け、黄→オレンジ→赤の特殊な光を使って焼き付ける、これにより体内に入った際にリンパ球や白血球などの抗体から2450秒間(約40分)のみ活動が可能となる。だが抗体保護コーティングは制限時間を過ぎてしまうと次第に効力が薄れてしまい、切れると体内の異物として消滅させられてしまうため、タイムリミット内でしか潜行出来ないのが弱点だった。発進の際には機体後部に加速用ブースターが接続され、ミクロ化を行うためのエリア「マイクロ・ループ」突入までの間、加速に必要な分の推力を得ている。第14話でマユミの大脳内に侵入したメドロモンスターの罠にはまり、航行システムを破壊され行動不能になるが、クルーはタイムリミット寸前に救助に来た2代目ワンダービート号によって救出された。そして第15話の最後で、ドクター・ミヤの「体内に異物となったワンダービート号を残すわけにはいかない」という(やむを得ない)非情な決断で、2代目ワンダービート号のレーザー・キャノンによって破砕された。
主な装備
  • エンザーペリットガン(酵素弾丸銃)
    ワンダービート号の主要装備の一つ。酵素を泡状にして細胞に発射し、その部分を一時的に拡張させ進路を開くことが出来る。
  • エンザーミサイル(酵素ミサイル)
    ワンダービート号の主要装備の一つ。酵素を弾頭として発射するミサイルで、モンスターの特性によりレーザーが効かないメドロモンスターに対して使用していた。
  • 酵素スプレー
    旧ワンダービート号では、モンスターの残した異物を分解するためにその名のとおり散布という形をとっていたが、新ワンダービート号では船体全体を酵素で包み、細胞壁などを突破するシステムとして登場、こちらはエネルギーを非常に消費する装備であり、乱用は出来ない。新での散布、旧での船体を包むという使用方法が可能かは不明。
  • 通過用レーザー(第1話〜)
    レーザー・キャノンが装備されるまで、旧号ではこれを攻撃兵装としても使用していた。レーザー・キャノン装備後は、その名のとおり船体が血管壁や細胞壁を突破する際に必要な穴をあけるために使用していた。
  • レーザー・キャノン(第2話〜)
    ワンダービート号主砲。上部と左右に計3門装備され、艦の前方で融合させることにより破壊力を飛躍的に増大させ、対象を破壊する強力なレーザービームとすることが出来る。
  • 凝固スプレー
    血管壁を船体が通過する時に作った穴をふさぐために使用。
  • エレクトリック・ブーメラン
    ススムが使用する個人武器、本体についているスイッチを押すことで、投げてから数秒間だけレーザー幕で覆われ、光のブーメランとなって相手に炸裂する。
ワンダービート号(2代目)
初代ワンダービートの後継機として建造された特殊体内出動艇。スペースシャトルに似た形で、初代よりも速力、戦闘力、耐久力等全てにわたって優れ、主砲のレーザー・キャノンの破壊力も増強されている。しかし、その分エネルギーの消耗も激しくなり、17話でモンスターの生命コアを狙って発射するも到達直前でエネルギー切れとなってしまいモンスターの反撃を許してしまった。可変翼を装備し、飛行時には展開、潜航や狭い場所を通過するさいには閉じることもできる。しかし閉じた状態でも飛行は可能のようだ。また、超重粒子砲という武器も装備されているが、最終決戦の際にスタンバイしたのみで使用はされなかった。旧号でのネックであった潜行タイムリミットもなくなり、より詳細な医療活動・調査が可能となっている。側面の赤いラインとホワイトペガサスの隊章がトレードマーク。
普段の活動では使用しないが、体外活動用のブースターを装備することにより、海の底や宇宙へも行くことが可能となる。
新旧ワンダービート号およびインテライドの燃料は人体に悪影響のない酸素とブドウ糖を精製したものを使用している模様(16話でのドクターミヤの説明より)。
主な装備
  • エンザーペリットガン(酵素弾丸銃)
  • エンザーミサイル(酵素ミサイル)
  • 酵素スプレー
  • クリーニングレーザー
  • レーザー・キャノン
  • 超重粒子砲
    ワンダービート号に装備された最強の武器、とのこと。現実世界にも存在する医療器具のひとつである。
インテライド
ワンダービート号に搭載されている一人乗りの船外活動用小型艇。三機種が確認されており、前期型では空気中を飛ぶために広い翼を持つ燕のような形のもの、血液のような液体のなかで使われるロケット状のもの。両機ともに武装はミサイルである。
後期型は底部に簡易型レーザー・キャノン1門が装備され、2艇のレーザーを合わせることで「Wレーザー」を使用することができる。
エンザーガン(酵素拳銃)
エンザーペリットガンと同じ弾丸を撃ち出す小型の拳銃。通常はインテライド内に装備されており、メドロソルジャーとの戦いで使用する。
ビジュールシップ
ビジュール星人が人体侵入のために使用する深緑の船。ワンダービート号をはるかに上回る大きさで、人体侵入する際には海底にある秘密基地「ストーンヘッド」よりワープ航法によって行われる。
主な武装
  • エネルギー衝撃波(青色)
  • 破壊用衝撃波(赤色)
    第13話においてワンダービート号に対して使用、機体装甲に亀裂が発生し、操縦コンソールがショートするほどの大ダメージを与えた。大量のエネルギーを消費するらしく、これ以降使用されなかった。
移動実験基地
ビジュールが長期間の生命元素探索のために使用される移動要塞、23話で登場。リー隊長の脊髄に取り付き血液や隋液を取り込み動力源としていたためリーに重度の苦痛を与えていた。24話で内部に侵入してきたススムとテツヤによって動力システムを破壊され使用不能となってしまう。騒ぎの中ズダーとガボーの二人は脱出し、ビジュールシップの衝撃波によって完全に消滅してしまった。このとき基地内部には大勢の兵隊と技師が残っていたのだが、ズダーは非情にも彼らを脱出させることなく破壊したため、ススムたちはズダーの冷酷さを改めて思い知らされた。
メドロモンスター
ビジュールが人体に存在しているとされる生命元素調査のために使用する合成生物。体内を動き回る事で人体侵入された人は極度の衰弱を引き起こしてしまう。特殊な細胞構造のため、体を傷付けられてもすぐに再生してしまうが、体の中に脳と心臓を兼ねた組織『生命コア』が存在しており、ここを破壊することで倒すことが出来る。
メドロソルジャー
生命元素探査用及び対ホワイトペガサス用に使用される小型の合成生物。初期タイプはカエルのような手足と頭部にホースが着いたような形のもの、後期タイプは黒いロボットのような形のものが存在している。いずれも頭部より打ち出される黄色のエネルギービームを武器としているが、戦闘能力および肉体構造は物凄く弱く、エンザーガンの弾丸が1発体に命中しただけで分解してしまう。

スタッフ[編集]

主題歌
ビクター音楽産業発売
  • 第1〜15話オープニング、第16〜26話エンディング「瞳はコスモス」燕奈緒美・燕真由美(→ザ・リリーズ)
  • 第16〜26話エンディング、第16〜26話オープニング「ワンダービート」燕奈緒美・燕真由美

各話リスト[編集]

DVD-BOXでは以下全て収録
  1. 行け体内宇宙へ!
  2. 謎のスペースシップ
  3. 幻のオルゴール
  4. 10人目のナイン
  5. 海からの呼び声
  6. うばわれたメロディー
  7. ライバルが泣いた
  8. あこがれの上級生
  9. 星物語り・小さな天文台
  10. ロボット初恋修行
  11. パパは裏切り者じゃない!!
  12. 異星人! その名はビジュール!!
  13. 潜入! ビジュール・シップへ!!
  14. ビジュール星人の秘密
  15. 急げ! 新ワンダービート号!!
  16. 応答せよ! ビジュラ姫
  17. 必殺のWレーザー
  18. 宿命のめぐり会い
  19. 雷雨の中の訪問者
  20. 標的は黄金の右手
  21. 嵐を呼ぶ新入隊員
  22. 謎の移動実験基地
  23. ビジュラ姫地上へ
  24. 解明されるか? 生命元素の謎!!(テレビ最終話・完全版はビデオ5巻に収録)
  25. 海底基地の対決(ビデオ6巻に収録)
  26. 永遠に輝け! 宇宙の彼方に!!(ビデオ6巻に収録)

番組打ち切りの経緯[編集]

当時は視聴率至上主義の意識が非常に高く、予定通り26話が完成しているにもかかわらず、9月になって番組編成の担当者が「同じ枠の後継番組の視聴率に悪い影響が出る」として『打ち切り』を編成局内で提案。全話放映したい意向を持っていたテルモの了承を得て、10月に2話削減が正式決定した。

これによって虫プロダクション側は急遽、第24話から26話を1話分に再編集した24話(テレビ版最終話)を完成させた。このテレビ版最終話と本来の最終話である26話とでは、結末や関係人物が大きく異なっている。

広島(RCC)では、プロ野球広島東洋カープ戦の中継に差替えた時、JNNの「原則として、ネットセールス枠をローカル番組に差替えた場合は、番組は返上し、後日放送はしない」という協定の「原則」を遵守したため、一部の話が放送されなかった。ちなみに、中継では19:30~20:00はそのままテルモがスポンサーになっていた。

一方、同様に中日ドラゴンズ戦の中継に差替えた中京広域圏(CBC)では「特例」扱いの適用を受けた上で土曜日に代替放送を実施しており、JNN協定の運用をめぐる系列局による対応の違いが現れた。

なお阪神戦に差替えることがある毎日放送については、水曜日の阪神戦中継が原則として朝日放送(テレビ朝日系列)優先だったため、こうした事態は起こらなかった模様。

ビデオソフト・再放送[編集]

制作されたにも関わらず本放送できなかった第24〜26話は放送終了後、1987年パック・イン・ビデオから発売されたVHSビデオ(セル・レンタル兼用)の第5・6巻に初めて収録された。

1999年5月にビームエンタテインメント(現・ハピネット・ピクチャーズ)からLD-BOXが発売された。ただし、ライナーノーツには意図的にスポンサー名(テルモ)を伏せ字にした記述が見られた。

2001年にはAT-Xで、2007年にはホームドラマチャンネルにおいても再放送が行われた。2012年2月16日から群馬テレビにて地上波で初めて再放送された。

これらは完全版として収録・再放送されているが、本放送時の主題歌の後に流れる提供クレジット(「テルモ ファンタジーランド」のハープ演奏のジングルを含む)のシーンをカットしている。

横浜の放送ライブラリーでは第1話とテレビ最終話が閲覧できる。

2005年11月コロムビアミュージックエンタテインメントから発売されたDVD-BOXでは、テルモの許諾により提供クレジット部分を含め完全収録となっている。第24〜26話(完全版)、放送時の再編集版第24話と特典映像(パイロット版・予告編など)も収録されている。このDVD化は2001年に手塚プロダクションパイオニアLDC(当時)・虫プロダクション日本コロムビア(当時)が合同発表した、DVDシリーズ「手塚治虫アニメワールド」の発売予定に含まれており、実際の発売までに4年半近くかかってしまった。

主題歌「瞳はコスモス」及び「ワンダービート」[2]は長らくCD化されていなかったが、2008年3月26日JVCエンタテインメントより発売される「flying DOG アニメコレクション テーマソング・アーカイブ 80's Part2」(2枚組、VTCL-60039〜40)のディスク2に初めて収録された。

なお、燕姉妹によるビクタースタジオでの番組曲のレコーディング(1985年8月)時、同じスタジオで収録していたとんねるずの「雨の西麻布」の歌詞に咄嗟のインスピレーションを与えた逸話がある。


なお、挿入歌(パイロット版エンディング)「100万分の1の世界」のCD収録は不明となっている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 放送当時フジテレビ系列とのクロスネット局だったテレビ山口でも同時スポンサードネットされた。
  2. ^ のみならず、ザ・リリーズ改め1985年頃からの「燕奈緒美・燕真由美」名義のレコード全般。

外部リンク[編集]

TBS 水曜19時台後半
前番組 番組名 次番組
ザ・チャンス!
(19:20-19:58)
※木曜19:20枠へ移動
ワンダービートS
【当番組のみアニメ