ピーエーワークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社ピーエーワークス
P.A.WORKS Co.,Ltd.
P.A. Works logo (square).svg
PAWORKS.JPG
富山スタジオ(本社)が入居するJECビル
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
939-1865
富山県南砺市城端4316番1号JECビル
設立 2000年11月10日
業種 情報・通信業
事業内容 アニメーションを主体とした映像作品の企画・制作および版権管理
代表者 代表取締役 堀川 憲司
資本金 10,000,000円
従業員数 90名(2014年4月現在)
関係する人物 #関連人物を参照
外部リンク http://www.pa-works.jp/
テンプレートを表示

株式会社ピーエーワークス: P.A.WORKS Co.,Ltd.)は、アニメーションを主体とした映像作品の企画・制作を主な事業内容とする日本企業

概要[編集]

2000年11月10日タツノコプロ出身でProduction I.Gでプロデューサーをしていた堀川憲司が、ビィートレイン(当時はProduction I.Gの子会社)の取締役を経て、富山県東礪波郡城端町[1]越中動画本舗株式会社(えっちゅうどうがほんぽ)を設立[2]2002年1月1日株式会社ピーエーワークスに商号変更した[2][3]。P.A.は「Progressive Animation」の略である。設立の経緯は、堀川が家族との約束から富山へ戻る際、地元に制作会社を探しても見つからず、自らスタジオを立ち上げたのだという[4]

設立時、行政側から社屋として廃病院を改築した建物「南砺市起業家支援センター」の斡旋[5]ケーブルテレビを利用したブロードバンド環境整備などの支援を受けている。また、社員寮を整備して社員の福利厚生の向上に取り組んでいる。

富山本社には作画およびCG制作部門があり、演出・制作部門は東京事務所(東京P-10スタジオ。東京都小平市一橋学園駅地区)に置かれている。テレビゲームのムービーパートの制作のほか、テレビシリーズではビィートレイン、プロダクション・アイジー制作作品のグロス請けを主とし、2008年の『true tears』が初の元請制作となった[2]首都圏以外の地方に本拠地を置きながら、アニメーションの元請制作を手がける数少ない企業の一つである。

取引先にコンピューターゲームメーカーのレベルファイブがあり、同社のパブリッシャー参入作品である『レイトン教授と不思議な町』の劇中アニメの制作を担当した。以降も、続編のアニメパートや、当社としては初の長編アニメ映画も手がける。

作品履歴[編集]

テレビアニメ[編集]

制作元請[編集]

本社が所在する富山県では2014年10月現在、全作品が県内の民間テレビ局で放送されている(2013年に単発放送された『Angel Beats!』特別編を除く)。

グロス請け[編集]

OVA[編集]

劇場アニメ[編集]

ゲーム[編集]

その他[編集]

関連人物[編集]

演出家・アニメーター[編集]

  • 井上俊之(作画)
  • 川面恒介(作画)
  • 小島明日香(作画)
  • 鈴木美咲(作画)
  • 牧野博美(作画)
  • 大東百合恵(作画)
  • 秋山有希(作画)
  • 宮岡真弓(作画)
  • 関口可奈味(作画)
  • 吉田優子(作画)
  • 石井百合子(作画)
  • 伊藤依織子(作画)
  • 鍋田香代子(作画)
  • 芝美奈子(作画)
  • 竹下美紀(作画)
  • 許宰銑(作画)
  • 西畑あゆみ(作画)
  • 吉原正行(演出)
  • 倉川英揚(演出)
  • 菅沼芙実彦(演出)
  • 安藤真裕(演出)
  • 水島努(演出)
  • 安斎剛文(演出)
  • 太田知章(演出)
  • 岡村天斎(演出)
  • 許琮(演出)
  • 篠原俊哉(演出)
  • 西村純二(演出)
  • 橋本昌和(演出)

脚本家[編集]

プロデューサー[編集]

  • 堀川憲司(代表取締役・プロデューサー)
  • 菊池宣広(専務取締役・プロデューサー)
  • 辻充仁(プロデューサー)
  • 相馬紹二(プロデューサー)
  • 永谷敬之(インフィニット代表取締役・プロデューサー)

その他[編集]

  • 山崎嘉雅(3D監督)
  • 井上佳津枝(色彩設計)
  • 東地和生(美術監督)
  • 高橋歩(編集)

参考文献[編集]

  • 『関口可奈味 P.A.WORKS イラストレーションズ』(2013年一迅社

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 城端町は2004年に市町村合併により南砺市の一部となっている。
  2. ^ a b c 富山観光アニメプロジェクト|プロジェクト概要”. 富山テレビ放送株式会社. 2013年10月8日閲覧。
  3. ^ なお「越中動画本舗」という名称は、社名変更から10年を経た2012年よりイベント出店・オリジナル/コラボ企画などに用いる屋号「越中動画(仮)本舗」として復活している。
    越中動画(仮)本舗”. 株式会社ピーエーワークス. 2013年10月8日閲覧。
  4. ^ アニメージュ』vol.358 2008年4月号、徳間書店、117頁 - 堀川憲司の発言。
  5. ^ 南砺市起業家支援センター 2012年5月24日閲覧。入居当時は「城端起業家支援センター」。
  6. ^ グロス請けは2007年放映分のみ参加。
  7. ^ 富山観光アニメプロジェクト「泣かせる空に会いたい 立山の恋人編」 2012年5月24日閲覧。
  8. ^ 富山観光アニメプロジェクト「泣かせる海に会いたい 海辺の友情編」 2012年5月24日閲覧。
  9. ^ 富山観光アニメプロジェクト「泣かせる味に会いたい 五箇山のおじいちゃん編」 2012年5月24日閲覧。
  10. ^ 北陸銀行とは、2012年から行員の描かれたポスターイラストも手掛けている。
  11. ^ 恋旅〜True Tours Nanto

関連項目[編集]

外部リンク[編集]