Angel Beats!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Angel Beats!
Angel Beats game logo.svg
アニメ
原作 麻枝准
監督 岸誠二
脚本 麻枝准
キャラクターデザイン Na-Ga(原案)、平田雄三
音楽 ANANT-GARDE EYES、麻枝准
アニメーション制作 P.A.WORKS
製作 Angel Beats! Project
中部日本放送
放送局 放送局参照
放送期間 2010年4月2日 - 6月25日
話数 本編13話 + 特別編1話[注 1]
漫画:Angel Beats! The4コマ 僕らの戦線行進曲♪
原作・原案など 麻枝准
作画 こもわた遙華
出版社 アスキー・メディアワークス
掲載誌 電撃G's magazine
レーベル 電撃コミックスEX
発表号 2009年12月号 - 2013年10月号
巻数 全4巻
漫画:Angel Beats! Heaven's Door
原作・原案など 麻枝准
作画 浅見百合子
出版社 アスキー・メディアワークス
掲載誌 電撃G's magazine→電撃G'sコミック
レーベル 電撃コミックス
発表号 2010年5月号 -
巻数 既刊6巻(2013年11月現在)
小説:Angel Beats! -Track ZERO-
著者 麻枝准
イラスト ごとP
出版社 アスキー・メディアワークス
掲載誌 電撃G's magazine
発売日 2010年6月23日
連載期間 2009年11月号 - 2010年5月号
話数 全7話+番外編2話
インターネットラジオ:
Angel Beats! SSS(死んだ 世界 戦線)RADIO
配信期間 2010年4月1日 - 2011年3月31日[1]
配信サイト HiBiKi Radio Station音泉
配信日 毎週木曜日(HiBiKi Radio Station)
毎週金曜日(音泉)
配信回数 51回[1]
配信形式 ストリーミング
パーソナリティ 櫻井浩美(ゆり役)
花澤香菜(天使役)
喜多村英梨(ユイ役)
構成作家 長田宏
ディレクター 長田宏
提供 ブシロードアニプレックス
タブリエ・コミュニケーションズ
関連番組
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト アニメ漫画
ポータル アニメ漫画ラジオ

Angel Beats!』(エンジェル ビーツ)は、2010年4月から6月まで放送されていたテレビアニメ作品である。全13話+特別編1話。略称は「AB!」、「AB」など[2]。 キャッチコピーは「――神への復讐。その最前線

また関連作品として、『Angel Beats!』の前日譚となる小説Angel Beats! -Track ZERO-』および漫画Angel Beats! Heaven's Door』、4コマ漫画Angel Beats! The4コマ 僕らの戦線行進曲♪』がある。

平成22年度(第14回)文化庁メディア芸術祭アニメーション部門/長編(劇場公開、テレビアニメ、OVA)の審査委員会推薦作品に選ばれている[3]

概要[編集]

死後の世界の学園を舞台にした青春ドラマ。死後の世界であるため、通常なら死ぬような行動を取っても死ぬことはない。テストや球技大会・学食での食事などの日常的で平和な学園生活と、銃火器や刀剣を用いて天使と戦う非日常的な生活、そして登場人物の送った生前の理不尽な人生、この三者を柱にストーリーが展開される。

Keyアニプレックス電撃G's magazineP.A.WORKSの共同プロジェクトで、原作脚本はKey所属のシナリオライター麻枝准キャラクター原案はKey所属のNa-Gaが手がける。両者ともテレビシリーズ作品は初挑戦である。なお、ゲームメーカーのKeyが関わっているが、本作品はゲームを原作としたものではないアニメオリジナルの作品である。また、幾人かの声優は麻枝の推薦で選ばれている[4]

『電撃G's magazine』2009年11月号にて、アニメーション制作はP.A.WORKS、監督岸誠二であることが発表された。また岸とタッグを組むことが多い音響監督飯田里樹も本作では脚本会議の段階から参加している。

アニメの演出として、場面転換の際は現在地の名前がテロップで入る。また、監督の岸がインタビューにて「自分にとっても麻枝にとっても本編の結末はある特定ルートでの可能性であり、他のルートや結末もありえる」という趣の発言をしている[5]

校舎のモデルは金沢大学とされており、2011年9月20日から同大学角間キャンパスで開催された2011年度精密工学会秋季大会のポスターには、本作品の描き下ろしイラストが採用された[6]

あらすじ[編集]

森に囲まれた丘陵地にある天上学園[注 2]は生徒総数2000名を越える全寮制の学校。一見するとごく普通の生徒らが生活を送っている学園だが、そこは死後の世界だった。

現世で理不尽な人生を体験し、青春時代をまともに送れずに死んだ者はこの世界に送られ、あらかじめ用意されたエキストラ(NPC)の生徒達と共に学園で楽しい青春時代を過ごす内に未練を無くし、「消滅」(成仏)し、転生する[注 3]

しかし、転生することを拒む人々がいた。少女・ゆりをリーダーとする「死んだ世界戦線(以降、戦線)」は、理不尽な人生を強いた神への復讐を目的とし、元々が死後の世界であり「死ぬ」ことのないこの世界で[注 4]、学校の秩序を守る「天使」と日夜戦いを繰り広げていた。

生前の記憶を失った少年・音無は、戦線のメンバーと行動を共にするが、次第にこの世界の真実を知ることとなる。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

音無 結弦(おとなし ゆづる)
- 神谷浩史
この物語の主人公。呼び名は「音無君」、「音無」など。かなでのみ、音無本人の希望により「結弦」と呼んでいる。
名字を除く生前の記憶を全て失った状態で死後の世界に到達、ゆりによって半ば強制的に「死んだ世界戦線」に入隊させられた。入隊当初は記憶が戻るまでの間だけ所属するつもりだったが、徐々に戦線メンバーとの仲間意識が芽生えてゆく。医科大学を目指して勉強していただけあって頭は良く、有事の際には新参者でありながらも的確な指示を出すなど、機敏な動作を見せ、身体能力も高い。直井の催眠術により生前の記憶を取り戻したが、志半ばで死んだことによる悔しさと無念のあまり涙を流した。
後に、かなでを看病している際に見た夢で、死ぬ直前の記憶を完全に思い出し、志半ばでありながら、実は満足した上での死であったことを悟る。加えてかなでの真意、そしてこの世界が「青春時代をまともに過ごせなかった人のために用意された世界」であることを知り、「戦線メンバーが満足して消える」よう協力するようになる。
最終話(第13話)で戦線メンバーの「卒業式」を行い、最後まで残ったメンバーを満足させて「消滅」させたのち、かなでに対し、以降も死後の世界に訪れるであろう「不幸な魂」を救済するために共に世界に留まるよう提案し、同時に自分の愛も伝える。しかしその告白によってかなでの心が満たされてしまい、自分を残してかなでを「消滅」させてしまう。かなでが「消滅」した後は生徒会長となり死後の世界に残ったことがDVD/BD第7巻のアナザーエピローグで描かれている[7]。TV放映された第13話エピローグでは、彼の生まれ変わりと思しき男性が、かなでの生まれ変わりらしき少女に声をかけようとする姿が描かれている。
使用武器はグロック17IMI ガリル(狙撃仕様)[注 5][8]
野球大会では1番・ピッチャー。アンダー気味のサイドスローという独特の投球フォームである。
DVD/BD特典のキャラクターコメンタリーでは、第13話に出演。
特典ドラマCDでは、「お客様のためなら何でも来い」と言うとても寛大な面が見られる。
【生前】 人生の目標を持てず虚しい毎日を送っており、病院に入院している妹の初音(声 - 中原麻衣)の世話を焼き、彼女に感謝されることだけが生き甲斐だった。妹の死後は他人のために生きることを願い医学を志すが、センター試験の受験会場へ向かう途中に乗っていた電車の事故に遭遇し、腹部に重傷を負ってトンネル内に閉じ込められる。負傷を隠しながら、知り合った五十嵐(声 - 関智一)と共に他の被災者の救助にあたるが、己の死を悟りドナーカード[注 6]を記入した後、救助隊が到着する直前に死亡した。
仲村 ゆり(なかむら ゆり)
声 - 櫻井浩美
戦線を束ねている少女。愛称「ゆりっぺ」。オペレーション時は白いベレー帽を被る。普段は拳銃で戦うが、ナイフを用いた白兵戦も得意とし、その実力は天使と一対一で渡り合えるほどである。
負けん気が強い性格で、物語前半では天使を倒すためなら、仲間の被害も意に介さない態度をとっていたが、生徒会長を解任されたかなでと交流するうちに彼女に協力を要請したり、「皆が消滅するよう」暗躍していた音無らの行動を「影に対する策の一つ」と扱うなど、以前よりかは大らかな心を持つようになっている。またかなでを敵から仲間(親友)と認識するようになり、呼び方を「天使」から「かなでちゃん」に変えている。終盤では恥ずかしさに赤面したりと、(日向曰く)女の子らしい一面が目立つようになる。最期は「卒業式」の後、かなでに「もっと早く理解していれば戦わずにすぐに親友になれた」と謝罪し、彼女の身を案じながら「消滅」した。
使用武器はベレッタM92FS Brigadier Inox、チェイ・タック M200[注 7]TDI kriss super V[注 8]、M4 CQB-R[注 8][9]
DVD/BD特典のキャラクターコメンタリーでは、第1、2、4、5、6、7、9、13話に出演。
コメンタリーではかなりの音痴の設定になっている。
特典ドラマCDでは音無に対して和解前のかなでへの行動をどうにか取り繕うとする姑息な面が見られる。また、DVD/BDのオーディオコメンタリーでは、周りを振り回し本編を遥かに超える傍若無人な振舞いをするキャラになっている。そのため、一度干された。
【生前】 裕福な家庭の長女(妹が2人、弟が1人)として育てられたが、自宅へ押し入った強盗により弟妹たちを全員殺された。弟妹を守れなかったことに後悔の念を抱いている。「自分は悪いことなんかしていないのに、こんな理不尽な人生が許せない」と語っており、この過去が神に反抗する動機ともなっている。 なお、強盗が押し入ったときにゆりは死んでおらず、死因は明らかになっていない[注 9]
天使(てんし) / 立華 かなで(たちばな かなで)[10][注 10]
声 - 花澤香菜
死後の世界にある学校の生徒会長。戦線のメンバーからは「天使」と呼ばれているが[注 11]、実際は戦線のメンバーと同じく死んだ人間である。無口かつ冷静で感情をめったに表さないが、中身は天然ボケ。音無曰く不器用で世間知らずなところがある(不器用な部分は本人も自覚している)。好物は学食の激辛麻婆豆腐。戦線では女子寮の彼女の部屋を「天使エリア」と呼称している。
死後の世界のマテリアルに干渉することが可能なソフトウェア「ANGEL PLAYER」で特殊能力を作りだしている[注 12]。「ガードスキル」がその最たるものであり、その中には「handsonic」などの能力がある。「ガードスキル」という名称からも伺えるように攻撃意思はなく、戦線メンバーに対しても最初は口頭注意を行い、攻撃された場合に限り実力行使する。そのため戦線メンバーが学園のスポーツ大会や期末試験に参加しても、何食わぬ顔で一緒に参加している。後に音無の要望で「ANGEL PLAYER」を使用して天使の羽を装備した[注 13]
戦線メンバーの中間テスト妨害工作によって全教科0点という成績を取らされ、それが原因で生徒会長を解任させられた。その後は音無の仲介で戦線メンバーと共に行動するようになり、戦線メンバーとは戦わないよう音無と約束する。オペレーション「モンスターストリーム」[注 14]で川の主から戦線メンバーを助ける際、無意識に「harmonics」(自身の分身を作り出す能力)を発動し、攻撃的な分身[注 15]と分裂した。
後に「absorb」(分身を自身に戻す能力)を使った反動により、大量の冷酷な意識を持った分身が体内に戻ったために意識を失うが、オリジナルの意識を持った状態で目を覚ます。戦線メンバーが「満足して消えられる」ように音無と連携し、音無が行動しやすいように、戦線メンバーの敵として生徒会長に復帰する。
生徒会長という「最も消滅しやすい」立場にいたが、死後の世界にやって来た理由が「心臓のドナーにお礼を言う」ことであったため、「消滅」せずにいた。戦線メンバーが満足して「消滅」した後、音無からこの世界に訪れるであろう「不幸な魂」を救済するために共に死後の世界に留まることを提案されるがそれを拒み、ドナーである音無[注 16]に感謝の言葉を述べると同時に彼の手の中で「消滅」した。唯一天上学園から昇天していく描写(光の球が昇天していく)が存在する。TV放映された第13話エピローグでは、かなでの生まれ変わりらしき少女が登場している。
卒業証書の文字はかなで役の花澤香菜が実際に担当している。
DVD/BD特典のキャラクターコメンタリーでは、第13話に出演。
【生前】 心臓を患っており、音無の心臓を移植したことで生き長らえたが、卒業式を前に他界。心臓移植を受けた経緯や、死因などは不明[注 17]
【設定】 両儀式のような戦うヒロインの立ち位置で構想を詰めていたところ、上がってきた設定画の可愛らしさでキャラの方向性が固まったという。その後「天使ちゃんマジ天使」と呼ばれ、ファンに愛されるキャラクターに育ったことを喜んでいる[注 18]

死んだ世界戦線[編集]

ゆりを筆頭とする組織。略称「SSS(クラススリーエス)」または単に「戦線」と呼称する。生前の記憶を持った人間達により構成され、主要人物や下記に紹介する人物、後述するGirls Dead Monsterのメンバー以外にも数十名のメンバーがいる。教員棟最上階にある占領した校長室を「対天使作戦本部」と称し、天使を倒すために様々なオペレーション(作戦)を展開する。

メンバーの加入順としては、ゆりと日向が創設メンバーであり、続いて大山、チャー、野田、椎名の順に加入する(『Angel Beats!-Track ZERO-』より)。その後他のメンバーが加入(順番は不明)し本編第1話で音無が加入し、その後敵対していたが音無に説得された直井が加入するという流れになっている。

組織名は彼女達の気分により過去に何度か改名されたが[注 19]、最終的には「死んだ世界戦線」に戻されている。ゆりのこだわりは末尾が必ず「〜戦線」となることである[注 20]。戦線メンバーは、一般生徒とは異なる戦線独自の制服(男子はブレザー・女子はセーラー服)を着用し[注 21]、左肩には「SSS」を図式化し「rebels against the god(直訳で「神に対する反逆者」)」と刺繍したワッペンをつけている。

終盤で「影」の脅威から回避するために音無が説得したことにより、皆がそれぞれの満足を得て「消滅」する決意を固めた。

日向 秀樹(ひなた ひでき)[11]
声 - 木村良平
戦線創始者の一人で最古参。戦線のムードメーカーかつ本編の準主人公的な立ち回りを務める。ゆりの愛称である「ゆりっぺ」は彼が命名した(母親と同名で名前で呼ぶことを嫌がったため)。新参者の音無にも好意的で親友のように親身になってくれるが、逆に音無から同性愛者ではないかと疑いの目を向けられることもある。球技大会の勧誘の際、本人は人望があると自信を持って発言したものの、あてにしていた人物達にはことごとく他のチームに引き抜かれるか断られており、逆に人望の無さが露呈した。またユイとは下らないことで喧嘩ばかりしており、「ケンカするほど仲がいい」ともとれる「凸凹コンビ」で、彼女とのいさかいが結果的に彼の「消滅」を遅らせていた。
ヘタレさが目立つ人物であるが、ゆりの戦線結成の動機を作ったり、音無の考えに背中を押し協力したり、ユイの未練を消して彼女を「消滅」させたりと、常に仲間を第一に考えている一面を持つ。最終話で「卒業式」をした後、音無とかなでに気を遣い、彼らに軽く挨拶して音無を「親友」と呼び一足先に「消滅」した。
前日譚である『Angel Beats!-Track ZERO-』、『Angel Beats! Heaven's Door』の主人公。初対面でゆりに屋上から突き落とされ、その後何度も屋上ダイブを強要された。NPCの命名をした。現在のところ、椎名を2度殺している戦線メンバーは日向のみである。(そのうち1回は天使と野田とチャーが共闘している)
使用武器はRPK-74S&W M645M14 DMR[12]
野球大会では2番・セカンド
特典ドラマCD、キャラクターコメンタリーでも基本的にキャラ崩壊が見られずツッコミに周ることが多い。
DVD/BD特典のキャラクターコメンタリーでは、第1、2、4、5、6、8、9、10、13話、および『SPECIAL EPISODE』に出演。
【生前】 野球部に所属しており、守備位置は二塁。自身のミスによって敗戦したため茫然自失になっていた際、部活の先輩から薬物を薦められていたような描写があった。その後、トラックとの衝突(交通事故)によって死亡し、この世界に来た[13]
高松(たかまつ)
声 - 水島大宙
戦線の参謀役。一見するとメガネを持ち上げる仕草が似合う知的キャラだが、ゆり曰く「本当はバカ」 で、その実態は制服の下に隠されたボディービルダーのような肉体美が自慢の筋肉キャラ。そのため、参謀とは名ばかりで、仕事はただ上がってきた報告を読み上げるだけである。密かに筋トレを欠かさず、何かにつけて服を脱ぎたがる。竹山とのメガネキャラかぶりを危惧しているが、頭脳労働では竹山のほうが有能である。スペアメガネをいくつも所持しており、よくそれらの手入れをしている。
後に「影」に飲まれてしまいNPC化してしまったが、その後正気に戻り、最終話で「消滅」した[注 22]
使用武器はデザートイーグル.50AESR-25SIG SG552[14]
DVD/BD特典のキャラクターコメンタリーでは、第5話に出演。
野田(のだ)
声 - 髙木俊
チャーに次いで仲間になった戦線最古参の最後の一人。新参者である音無を認めておらず、なにかと因縁をつけては食って掛かる。ゆりに心酔しており、彼女のことを悪くいう者には容赦しない。第11話のラストで、ゆりの写真を大事に持って微笑んでいたことからも、その心酔ぶりはかなりの物。
竹山の円周率暗唱により悶絶するほどのアホ。身体能力は戦線メンバーの中でもトップクラスだが、自分やギルドの仕掛けた罠に引っ掛かるなど、自滅することが多く、日向には「バカ」と断言されてしまっている。また、かなでを奪還するオペレーションでは、自滅はしなかったものの真っ先に天使の分身に瞬殺されている。最終話で「消滅」した[注 22]
使用武器はハルバードで、銃(スチェッキン・マシンピストル)も所持してはいるが、あまり好んでいない[注 23]。このハルバードはギルドに改装される前のダンジョンで入手した物である。
野球大会では4番・キャッチャー。片手でバットを振って軽々とホームランを打ってしまう驚異的なパワーの持ち主である。
DVD/BD特典のキャラクターコメンタリーでは、第2、10話、および『SPECIAL EPISODE』に出演。
【設定】 初期設定の武器はだったが、音無の首に刃を当てる演出をするためハルバードに変更された。
椎名(しいな)
声 - 斎藤楓子
「あさはかなり…」が口癖のクールな少女で、戦線立ち上げ直後に加入した6人目のメンバー。一部ではあるが「椎名っち」と気さくに呼ぶ者もいる[15]。戦闘時は、忍者のような動きを見せ、その戦闘力は天使にも匹敵する、戦線最強の戦闘要員。煙玉なども標準装備している。弱点はかわいい物。彼女のみSSSの半袖の制服を着用しており、首には長い襟巻きをしている。子犬のぬいぐるみは彼女の手作りである。最終話で「消滅」した[注 22]
前日譚『Angel Beats! Heaven's Door』では、初めは自らに名前はなく、あるのは暗号名のC7だけだと本人は語っていた。それを聞いたゆりが後にC7(しーなな)からとって『椎名』と名づけた。第3話の天使エリア侵入作戦の際、天使のパソコンの名簿の中に『椎名枝里』という名前があったが、それが彼女の本名であるのかどうかは不明。また、かなり昔の時代に人を殺すために生きていた人間であり、当初は死後の世界の違和感に混乱し地下へ逃げ込み、体感で3000日間訪れる人を斬り殺し続けていた。
使用武器は短刀
野球大会では3番・ショート
DVD/BD特典のキャラクターコメンタリーでは、第7話に出演。
遊佐(ゆさ)
声 - 牧野由依
冷静なオペレーターで、作戦時にはゆりの指示をインカムからトランシーバーでメンバーへ通達、あるいはメンバーの状況をゆりへ報告している。無表情で淡々としているが、淡々としたままでゆりに対して毒舌を吐いている。また、ガルデモの演奏に身体を揺らしてリズムを取っていたこともあった。最終話で「消滅」した[注 22]
前日譚『Angel Beats! Heaven's Door』では当初髪を結っておらず、男に苛烈な恨みを抱き鋏で刺殺する通り魔を起こしていた。しかし、翌日には殺したはずの男が平然と生きていた事で男への憎悪と殺せない矛盾、更には自分が死ぬことも忘れることもできない苦しみに苛まれることとなった。
戦線メンバーに襲い掛かった所を逆に捕縛され、天使の存在を教えられると今の自分を終わらせる為に接触、天使の介入により性格が変化し「もう誰にも危害を加えない」と宣言した上で戦線に加入する。
この変化について「今までの自分を深い水底に沈めた」と語っているが詳細は不明。
ガルデモの近くに描かれることが多かったことや上記のシーンの影響からか、『Angel Beats! The4コマ 僕らの戦線行進曲♪』ではガルデモの熱狂的ファンになっている。
DVD/BD特典のキャラクターコメンタリーでは、第8、9話に出演。
藤巻(ふじまき)
声 - 増田裕生
ガラの悪い少年で、メンバーと同年代だが「やさぐれあんちゃん」といった立ち位置。お手本のような噛ませ犬で、麻雀が好きなのか、ひさ子らと卓を囲むことも多いが、その度に「卓上の噛ませ犬」と化す。カナヅチ。最終話で「消滅」した[注 22]。麻枝准は本作の中で自身の1番のお気に入りキャラクターであると語っている[16]
前日弾『Angel Beats! Heaven's Door』にて生前ヤクザであったことが分かった。その経歴から銃に詳しいと思われて当初はギルド勤務だったが、木刀しか作れず実働部隊へ移された。実際のところヤクザだったのは一日だけだったらしい。
使用武器はPPSh-41短機関銃[17]長ドス
DVD/BD特典のキャラクターコメンタリーでは、第8、10話、および『SPECIAL EPISODE』に出演。
『SPECIAL EPISODE』のキャラクターコメンタリーに置いて、第1話放送当時から野田とキャラが被っていて、どっちがどっちか覚えられないという視聴者の声が多かったことが大山によって暴露されている(武器として藤巻は長ドス、野田はハルバートを常に持ち歩いており、両者ともに噛ませ犬的ポジションのキャラクターであることが要因と思われる)。
TK(ティーケー)
声:Michael Rivas
長身に赤いバンダナ姿(帽子を目深にかぶるような位置にバンダナを巻いていて目元は影で処理されているため目は見えない)。陽気に意味不明な英語を話す男だが、実際は英語は苦手である。「TK」は自称であり、本名はおろか生前のことも謎である。趣味はストリートダンスで、よく廊下などでも踊っており、暇な時に松下にダンスを教えたりもする。ダンスをやっている影響か身体能力はかなり高く、戦闘では意外と活躍する。最終話で「消滅」した[注 22]
前日弾『Angel Beats! Heaven's Door』にてサヴァン症候群ではないかと考えられたが、結局その片鱗は一切見受けられなかった。「TK」という名前は、本人が名前を全く名乗ろうとせず、また結局ただの変人だったため、野田に「とにかくキてる」奴だからと名付けられた。
彼の話す台詞の多くはTM NETWORKに影響を受けたものであり、「TK」という名前も小室哲哉のイニシャルから取られたと考えられる。これは、麻枝准がTM NETWORKに強く影響を受けたことによる。
使用武器はFN ブローニング・ハイパワーLAR グリズリーPP-19 Bizon[18]
DVD/BD特典のキャラクターコメンタリーでは、第6、10話、および『SPECIAL EPISODE』に出演。
キャラクターコメンタリーでは普通に日本語を喋り、普段の彼の心情なども聞くことができるが、そのせいで自らキャラ崩壊を起こしており、そのことに日向はずっとツッコミを入れ続けていた。
松下(まつした)
声 - 徳本英一郎
がっちりとした体格で柔道が得意。細目で眼球が描写されることは少ない。柔道五段[注 24]のため、「松下五段」と呼ばれているが武器は銃である。鍛錬のためか下駄を履いており、授業に出ない際は校庭の木を利用してトレーニングに励んでいる。暇な時には戦線メンバーに柔道を教えている。食堂の肉うどんが好物で、肉うどんの食券を譲る約束をすれば大抵のことは引き受けてくれる。終盤で山篭りで修行をしていたら、メンバーが驚愕するほどのダイエットに成功していた。最終話で「消滅」した[注 22]
使用武器はラインメタルMG3FFV AT4H&K P7[19]
上記にあるように、高校生が柔道五段を取ることはできず、それでもなぜ「五段」と呼ばれているかについては、DVD/BD第6巻のキャラクターコメンタリー(11話)で、下の名前が、難しい方の「まもる」という字(護衛の護)に飛騨高山の騨(旧字体)で「護騨(ごだん)」という名前であったためだと本人が語っている。そのため、戦線メンバーは彼の柔道が五段と勘違いし、最初は本人も五段ではないと否定していたが、だんだん面倒になりそのまま放置するようになったとのこと。しかし、本人はその説明の後、「こんな名前、実際じゃあり得ない。ゲーム化などした際、製作スタッフは困らないのか?」と自虐的に危惧している。
DVD/BD特典のキャラクターコメンタリーでは、第11話、及び『SPECIAL EPISODE』に出演。11話は異例の彼のみの出演となった。
大山(おおやま)
声 - 小林由美子
特徴が無いことが特徴の少年。わかりきったことをいちいち解説してくれる。純情な性格で本気の恋しかしないと語っており、ゆりによって強制的に天使に告白させられ振られた際には号泣していた。ポテトチップスが大好物。前日譚『Angel Beats!-Track ZERO-』及び『Angel Beats! Heaven's Door』では学生寮の日向のルームメイトとして登場する。あまりに個性がないため当初は日向からNPCと思われていた。戦線では日向に次ぐ最古参の一人。最終話で「消滅」した[注 22]
使用武器はSIG SAUER P226M24 SWS[20]
DVD/BD特典のキャラクターコメンタリーでは、第1、2、4、5、6、7話、及び『SPECIAL EPISODE』に出演。
キャラクターコメンタリーでは常に乳首が立っていることをバラされ、さらにゆりに引き出される形で新ジャンルに目覚めてしまった。また、DVD/BD第6巻特典ドラマCDではある意味一番キャラが壊れている。
竹山(たけやま)
声 - 市来光弘
伊達眼鏡が特徴の少年。天才ハッカー。ゆりからハンドルネーム竹山君」と紹介されたが、本人は受け答えの際に「僕のことはクライストとお呼びください」と付け加えている。しかし、最初からスルーされ続けた挙句、途中で台詞を被せられるようになっていく。第9話でかなでに対する中間テスト妨害工作がばれて反省文を書かされた際に、名前を竹山 クライストと書いていたが、それが本名であるのかどうかは不明。「クライスト オブ ザ フロント ダイヤリー」というブログを作成している。
「天使エリア侵入作戦」にて、天使が使用しているパソコンのパスワードを解析し、ガードスキルに関する謎を明らかにした。最終話で「消滅」した[注 22]
DVD/BD特典のキャラクターコメンタリーの出演は戦線主要メンバーの中では唯一なし。第4、6巻の特典ドラマCDには出演している。
直井 文人(なおい あやと)
声 - 緒方恵美
生徒会副会長。常に学生帽を身につけた中性的な容姿の少年。一般生徒と同じ制服であることから周りからはNPCと思われていたが、音無達と同じく死んだ人間。表向きは優等生として生徒会の運営を任されながら、裏で一般生徒に暴力を振るうなどの悪事を働くことによって自己の存在を保っていた。
傲慢な性格で、自分たちがいる世界を「不幸な人生を送った人間から神を決める世界」と捉えており、自身が神になろうと画策。死んだ世界戦線の作戦によりかなでが解任され生徒会長代理となったと同時に本性を表し、身につけた催眠術で生徒会を掌握し、戦線を殲滅。しかし、生前は誰からも存在を認められなかった自分を音無が認めてくれたため戦意を喪失。同時に音無に心を開いたことで戦線に入隊し、彼の舎弟と化した。
入隊後も一般生徒と同じ制服を着用し、催眠術を乱用したりメンバーを無能と罵倒したりと身勝手な行動が目立ち、相変わらず自分のことを「神」と呼んでいるが、音無に対しては異常なまでにえこひいきを見せ、以前の冷徹な性質からやや茶目っ気のあるキャラクターに変化する。
「卒業式」の後、音無に会えたおかげで自分は変われた、と彼に泣きながら感謝し「消滅」した。
使用武器はH&K USP[21]
DVD/BD特典のキャラクターコメンタリーでは、第8話に出演。
【生前】 陶芸の名士である父(声 - 中田譲治)の下に生まれるが、才能豊かな双子の兄・健人が跡取り候補となったため、誰からも期待されない毎日を送っていた。しかし木登りの際に枝が折れ二人そろって落下、運悪く石の上に落ちた健人が死亡したことで健人と入れ替わり、父の下で周りに受け入れられるチャンスをつかむべく壮絶な修行を積むが、師である父が病に倒れたことで再びチャンスを失う。そのため、「自分の存在を誰かに認められること」が彼の行動原理になっていた。尚、死因は不明。

Girls Dead Monster[編集]

「ガールズ・デッド・モンスター」、通称 「Gldemoガルデモ)」。死んだ世界戦線所属の陽動部隊。オペレーション発動時にライブを行い、一般生徒を安全な場所へ誘導することが主な目的。他にも天使の注意を引き付けたり、ライブを行うこと自体がオペレーション開始の合図となるなど、その役割は多岐にわたる。

第3話で岩沢、第10話でユイが「消滅」した後、ひさ子、入江、関根も第12話にて音無にバンドの活動終了を伝えて「消滅」し、「解散」した。

岩沢 まさみ(いわさわ まさみ)[注 25][22]
声 - 沢城みゆき(歌 - marina
ガルデモのバンドリーダー。ボーカル & リズムギター担当。ガルデモで演奏する曲の作詞・作曲も行っている[23]。クールでもの静かだが、音楽に対する熱い想いを秘めた天才肌のミュージシャンであり、ユイの憧れの人物。基本的に音楽のことばかり考えており、それ以外には無頓着。『Angel Beats! Heaven's Door』では、変なバンド名を考えてきたりと音楽以外については感性のズレた天然な面も濃く描かれている。名前の漢字表記があるかは不明。
自分の生きる道が見つかり、満足感と期待感を得て過去の自分から解き放たれたことで、作中での死んだ世界戦線の主要メンバーとしては、最も早く「消滅」を迎えた。彼女が最後に作った楽曲、「My Song」は、かなでのお気に入りの曲である。
使用ギターはFENDER American Deluxe Ash Stratocaster(エイジドチェリーバースト)[24]
『Angel Beats! The4コマ 僕らの戦線行進曲♪』では、基本的に口下手で自分の想いは言葉ではなく音で伝えようとするなど天然ボケな面が強いが、音楽の話題になると途端に饒舌でハイテンションになるというアニメ版とはやや異なったキャラ設定になっている。
DVD/BD特典のキャラクターコメンタリーでは、第3、12話に出演。
【生前】 両親の喧嘩が絶えない家庭環境で育った。CDショップで聞いたSAD MACHINEの歌に救われたことがきっかけで音楽の道に目覚め、雨の日にゴミ捨て場に捨てられていたアコースティックギターを拾い、インディーズでの音楽活動を始める。成績は非常に優秀だったが、アルバイトをしながらオーディションを受ける日々を過ごすようになった。上京を目指していたものの、両親の喧嘩に巻き込まれ、父親にビール瓶で頭部を殴られ脳梗塞を起こしたが気付かず、バイト先で突如意識を失い転倒。入院[注 26]し、倒れた際の打ち所が悪く失語症となりそのまま病室で死を迎え、死後の世界にやって来た。
ユイ
声 - 喜多村英梨(歌 - LiSA
元ガルデモのアシスタントで、大ファンでもある少女。八重歯が特徴的。ストリートライブでガルデモの曲を演奏したりしており、独自のファンも持っていた。岩沢の「消滅」後は彼女に代わり、ボーカル & ギターを担当。「Thousand Enemies」の作詞(と曲のネーミング)も担当。
その可愛らしい見た目とは裏腹に、手錠や悪魔の尻尾のようなパンクなアクセサリーを身に着けており、性格も外見に似合わず短気かつ毒舌。口ぐせは「アホ」(アホですね、アホの集まりですね etc.)。特に日向とは下らないことですぐに喧嘩する「ケンカするほど仲がいい」ともとれる関係の「凸凹コンビ」である。
気性は激しいが、本来は純粋かつ寂しがり屋である。生前は身体がほぼ不自由であったため、現在は気まぐれに振舞ってるのかと思われる。
当初は彼女をガルデモのメンバーに加えることに対して、ゆりを初め一部の戦線メンバーは懐疑的な考えを示していたが、ガルデモのメンバーからは新メンバーとして受け入れられており、ひさ子から岩沢が残した最後の楽曲「Thousand Enemies」を託された。
その後、メンバーが満足して消えることを目的とした音無の計らいから、生前から抱えていた夢を次々と叶えてもらい、最後に自身が女性の究極の夢であると思っている「結婚がしたい」という望みに日向が応えたことにより、満足して「消滅」した。野球大会では、打順は不明だが、ファーストを守っている。
使用ギターはGibson SG Special Faded(ウォーンチェリー)[25]
特典ドラマCDのNG大賞では女性の尊厳にかかわる行為をさせられるはめになった。また、作中での会話から音無とは同時代の人物と思われる。
DVD/BD特典のキャラクターコメンタリーでは、第4話に出演。
【生前】 幼少時に交通事故に遭い、後遺症で寝たきりとなり、母の介護を受けていた。そのため、唯一の娯楽であったテレビで見たプロレスやサッカーや野球、そしてボーカルバンドに思いを馳せるようになった。死因については描写されていない。
ひさ子(ひさこ)
声 - 松浦チエ
ガルデモのサブリーダー[23]。シャキシャキした姉御肌で、メンバーをまとめ上げる影のリーダーでもある。バンドではリードギター担当で、ユイに「殺人的なリフさばき」と評されるほど、高い演奏技術を持つ。趣味は麻雀。さばけた性格から戦線の男メンバーとも中が良く、彼らとよく卓を囲んでいる。豪運の持ち主でもあり、負け知らず。また、日向がいうには運動神経が抜群であるらしい。本作に登場する女性キャラでは胸が一番大きく、岩沢曰くFカップであるらしい(本人は否定している)。後述にある通り常識人であり、特別編でのオペレーション「ハイテンションシンドローム」でも音無と同じであまり乗り気ではなかった。
前日譚『Angel Beats! Heaven's Door』では、彼女が岩沢を誘いガルデモの原型となる2人組バンドを結成する経緯が描かれている。また、ずっと1人でやっていた岩沢を引っ張っていく形でサポートし、岩沢が作った楽曲のアレンジも担当していた。
なお、BD/DVD第5巻・第9話のキャラクターコメンタリーで、ひさ子自身が『高橋』と名乗るシーンがあるが、これは同シーンにおいて、ひさ子が本作の宣伝プロデューサー・高橋祐馬をパロディで演じているからであり、彼女自身の苗字が高橋だというわけではない。
使用ギターはFender USA '62 JazzMaster(blue)[26]
DVD/BD特典のキャラクターコメンタリーでは、第3、7、9、12話に出演。
作品中屈指の常識人であり、キャラクターコメンタリーでは日向に次ぐツッコミ担当。
【生前】 『Angel Beats! Heaven's Door』にて、生前組んでいたバンドのボーカルが目を離した際に自殺をしてしまい(詳しい経緯は不明だが銃で自殺したと思わせる描写がある)、その罪悪感からギターを手放したことを語った。本人の死因は不明。
入江 みゆき(いりえ みゆき)[27]
声 - 阿澄佳奈
おどおどした小動物キャラ。ドラム担当。通称は「みゆきち」。死人ではあるが、幽霊が苦手。普段の性格とは裏腹にパワフルなドラム演奏を行う。関根と同時期にメンバー入りし、親友同士でもある。お互いを「みゆきち」、「しおりん」と呼び合っている。
使用ドラムはPearl Forum FZ(カーボンブラック)[28]
DVD/BD特典のキャラクターコメンタリーでは、第3、12話に出演。
キャラクターコメンタリーにおいて、ドラムに関する時はキャラが変わる重度のドラムキチだということが判明した。
関根 しおり(せきね しおり)[27]
声 - 加藤英美里
イタズラ好きの問題児。ベース担当。通称は「しおりん」。腕は確かだが、いきなりアドリブを入れだしたりして暴走し、ライブをめちゃくちゃにしてしまうことも。その罰として活動日誌を書かされたりもしているが、反省の色はないようで、ひどい内容からひさ子と入江をさらに怒らせた[27]
使用ベースはG&L L-2000(White blonde/Maple)[29]
DVD/BD特典のキャラクターコメンタリーでは、第3、12話に出演。

ギルド[編集]

戦線メンバーの武器を製造、修理及び管理を受け持つ組織。死後の世界では、生前の記憶を元に土塊などを材料に様々な物を造り出せる(逆に記憶にない物を適当に作ると本当に「形だけ」の物になる)。学校地下にある巨大な空間に大規模な施設を有していたが、かなでに発見されたため爆破して放棄。以降はかつて使用していた「オールドギルド」へと移動した。

チャー
声 - 東地宏樹
ギルドのリーダー。大山に続いて仲間になった戦線最古参の一人。接近戦においてはゆり・日向・大山を相手に圧倒できるほどの実力を持っている。高校生だが、髪の長さや体格の良さで年上に見られがち。前日譚『Angel Beats! -Track ZERO-』及び『Angel Beats! Heaven's Door』にて校長を襲い、ゆりが戦線を立ち上げるきっかけを作り、武器の作り方を最古参メンバーに教えたりもした。
終盤、ギルド内で「影」と戦い弾薬を消費したゆりに、自身の武器を手渡す。その際「ついに戦いが終わる」と認識し、彼女からこれまでの感謝の言葉を受け取り「消滅」した。
【生前】 高校生ながら結婚をしていたが、相手の親からは離縁を迫られていた。そのため、2人だけの楽園を目指し現実には無い遠い世界へ旅立った。しかし、離ればなれとなり死後の世界へ1人で来てしまったために苦悩していた。銃の構造をパーツから全て克明に記憶しているなど、かなり特殊な環境で生きていた模様。
フィッシュ斉藤(フィッシュさいとう)
声 - 緑川光
釣りマニアで、オペレーション「モンスターストリーム」(川釣り)実施時は戦線メンバーの釣り道具をギルドから荷車で引いて川に来る。釣り道具は彼が作っているらしく、その強度は「モンスター」と呼ばれている川の主にも耐えられるほど。銃にも詳しいらしい。
なお、斉藤というキャラクターはKey作品において共通して登場している。

音無の生前の関係者[編集]

音無 初音(おとなし はつね)
声 - 中原麻衣
音無の妹。重い病気で入院していた。兄が買ってくる雑誌を読みながら入院生活を送っていたが治療もむなしくクリスマスに亡くなる。彼女の死をきっかけに音無は医学を志すようになった。
五十嵐(いがらし)
声 - 関智一
音無が生前に遭った鉄道事故で負傷した客の一人。頭を怪我していたのを音無に助けられ、彼と共に被災者の救助にあたっていた。音無の献身さに深く関心していた。

その他[編集]

一般生徒、教師(NPC
NPCという呼称は『Angel Beats!-Track ZERO-』にて日向が命名(いわゆるエキストラの意)。死者である戦線メンバーやかなでと違い、学校生活を過ごしているただの学生と教師たちである。RPGにおけるNPCとは異なり、一見しただけでは人間と見分けがつかない。それぞれに感情や髪型などの個性があり、話しかければ会話が成立し、時には教師にも反抗する。一般生徒は割とミーハーなところもあり、ガルデモのライブが唯一の楽しみでもあるが、逆に教師の中にはガルデモに対して不満を抱くものもいる。彼らと戦線メンバー・天使との共通点は、不老不死であること[注 27]である。男子は詰襟・女子はブレザーを着用する。死んだ人間は彼らと学校生活をまじめに過ごすと「消滅」するが、彼らNPCは永久にこの世界に留まる存在である。
なお、この「NPC」という呼称や、天使のガードスキル発動時のエフェクト01の数字が飛び散ることなどから、「この世界は実はオンラインゲームのような電脳世界なのではないか?」との憶測がされたことがあったが[注 28]、これは麻枝により公式に否定されている[30]
謎の少年
声 - 石田彰
ギルド連絡通路B20に存在する「第2コンピューター室」に居を構え、死んだ人間を取り込んでNPC化させてしまう「影」を「ANGEL PLAYER(死後の世界のマテリアルを作成・改変できるソフト)」で大量発生させて世界を混乱に陥れた人物。その正体は「ANGEL PLAYER」開発者(少年曰く遠い昔の人)によって作られたNPCであり、死後の世界に存在してはならない「愛」と言う「バグ」が芽生えた事を引き金に「影を使ってのNPC化、世界のリセット」という目的を与えられている。
その理由はこの世界で「愛」が芽生えると「永遠の楽園」に変わってしまい、「卒業」を目的とした死後の世界と矛盾してしまう為である。誰かの為に生き、報われた人生を送った者が記憶喪失で死後の世界に迷い込むことが稀にあり、それが「愛」という「バグ」の発生に繋がる。製作者自身もそうであったらしい。
自分の元に唯一辿り着いたゆりに対し、「ANGEL PLAYERの使用権を引き継いで自身が死後の世界の神になれる」という選択肢を与えるが、「仲間を守る」という決意を持った彼女に拒否された結果、全ての端末を破壊され、自らも「消滅」させられた。
因みに既にプログラマー本人はNPCと化している。「ANGEL PLAYER」のプログラマーは、「愛」を知り1人この世界を去って行った「彼女」を待ち続けたが永過ぎる時間に正気を失い、自らをNPC化する用途で「影」を造り出し、同じような事が起こった際に発動するように世界に適応させた。ただし、影に取り込まれNPC化した高松は正気に戻れたらしく、それを聞いたゆり曰く「想いの強さでいつか人に戻れるようしてあった」らしい。

スタッフ[編集]

テレビ未放送の「SPECIAL EPISODE」および「ANOTHER EPILOGUE」の製作クレジットは「Angel Beats! Project」(および製作委員会内訳)のみで、中部日本放送は表示されていない。

主題歌[編集]

※テレビ版の第1話・第10話・第12話・第13話のOPは未使用(DVD/BD版では使用されている)。

オープニングテーマ
My Soul, Your Beats!」(第2話 - 第3話、第5話 - 第9話、第11話[注 29]
作詞・作曲 - 麻枝准 / 編曲 - ANANT-GARDE EYES / 歌 - Lia
My Soul, Your Beats! (Gldemo ver.)」(第4話)
作詞・作曲 - 麻枝准 / 編曲 - 光収容 / 歌 - ユイ (LiSA)
エンディングテーマ
Brave Song」(第1話 - 第9話、第11話 - 第12話)
作詞・作曲 - 麻枝准 / 編曲 - ANANT-GARDE EYES / 歌 - 多田葵
挿入歌
Crow Song」(第1話)
作詞・作曲 - 麻枝准 / 編曲 - 光収容 / 歌 - Girls Dead Monster (marina)
Alchemy」(第3話)
作詞・作曲 - 麻枝准 / 編曲 - 光収容 / 歌 - Girls Dead Monster (marina)
My Song」(第3話)
作詞・作曲 - 麻枝准 / 編曲 - 光収容 / 歌 - Girls Dead Monster (marina)
Thousand Enemies」(第5話)
作詞・作曲 - 麻枝准 / 編曲 - 光収容 / 歌 - Girls Dead Monster (LiSA)
Shine Days」(第10話)
作詞・作曲 - 麻枝准 / 編曲 - 光収容 / 歌 - Girls Dead Monster (LiSA)
一番の宝物 (Yui ver.)」(第10話)
作詞・作曲 - 麻枝准 / 編曲 - 光収容 / 歌 - ユイ (LiSA)
クレジット上では挿入歌扱いだが、第10話のエンディングとして使用された。
一番の宝物 (Original Version)」(第13話)
作詞・作曲 - 麻枝准 / 編曲 - ANANT-GARDE EYES / 歌 - karuta
クレジット上では挿入歌扱いだが、第13話のエンディングとして使用された。第10話にて使用されたYui ver.とは歌詞が異なっている。

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 絵コンテ 演出 作画監督 放送日
EPISODE.1 Departure 岸誠二 平田雄三 2010年4月2日
EPISODE.2 Guild 平井義通 川面恒介 2010年4月9日
EPISODE.3 My Song あおきえい 安斎剛文 海谷敏久、岩岡優子 2010年4月16日
EPISODE.4 Day Game 湖山禎崇 橋本裕之 宮下雄次 2010年4月23日
EPISODE.5 Favorite Flavor 浅井義之 平井義道 川面恒介、朱炫裕
許箕棟
2010年4月30日
EPISODE.6 Family Affair 平松禎史 許琮 平松禎史 2010年5月7日
EPISODE.7 Alive 安斎剛文 松本剛彦、岩岡優子 2010年5月14日
EPISODE.8 Dancer in the Dark 橋本裕之 宮下雄次 2010年5月21日
EPISODE.9 In Your Memory あおきえい 柿本広大 関口可奈味 2010年5月28日
EPISODE.10 Goodbye Days 政木伸一 安斎剛文
高橋正典
石井百合子、川面恒介
鈴木美咲
2010年6月4日
EPISODE.11 Change the World 許琮 金祈南、許箕棟
川面恒介
2010年6月11日
EPISODE.12 Knockin' on heaven's door 小倉陳利 平井義道 平田雄三、倉川英揚 2010年6月18日
EPISODE.13 Graduation 橋本昌和 橋本裕之 宮下雄次、川面恒介
鈴木美咲
2010年6月25日
SPECIAL EPISODE
[注 30]
Stairway to Heaven 浅井義之 安斎剛文 宮下雄次、川面恒介
鈴木美咲、奥田陽介
岩岡優子
2010年12月22日
[注 30] ANOTHER EPILOGUE 橋本裕之 平田雄三

次回予告は、テレビ版ではシーンナンバー付きのセリフを記した文字と音声で構成されているが、公式サイトでは映像付きバージョンが毎週月曜日更新で公開されていた。

DVD/BD第7巻には第4.5話に相当するテレビ未放送特別編と第13話アナザーエピローグ(Cパート)が収録されている。

放送局[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考
本放送
中京広域圏 中部日本放送 2010年4月2日 - 6月25日 金曜 26:00 - 26:30 TBS系列 製作局
関東広域圏 TBSテレビ 金曜 26:25 - 26:55
近畿広域圏 毎日放送 2010年4月3日 - 6月26日 土曜 25:58 - 26:28 製作委員会参加
アニメシャワー』第1部
富山県 チューリップテレビ 2010年4月4日 - 6月27日 日曜 25:45 - 26:15 P.A.WORKS所在地
福岡県 RKB毎日放送 2010年4月7日 - 6月30日 水曜 26:55 - 27:25
日本全域 BS11 2010年4月17日 - 7月10日 土曜 23:30 - 24:00 BS放送 ANIME+』枠
アニマックス 2010年8月3日 - 10月26日 火曜 22:00 - 22:30 CS放送 『LEVEL22』枠
リピート放送あり
東京都 TOKYO MX 2010年10月3日 - 12月26日 日曜 23:00 - 23:30 独立UHF局 E!TV』枠
日本全域 AT-X 2013年11月2日 - 2014年1月25日 土曜 19:00 - 19:30 CS放送 リピート放送あり
特別編
近畿広域圏 毎日放送 2013年10月3日 木曜 25:35 - 26:05[注 31] TBS系列 製作委員会参加
関東広域圏 TBSテレビ 2013年10月4日 金曜 26:55 - 27:25
中京広域圏 中部日本放送 金曜 27:40 - 28:10
日本全域 BS-TBS 2013年10月5日 土曜 24:00 - 24:30[注 32] TBS系列
BS放送
オープニングはカット
AT-X 2014年2月1日 土曜 19:00 - 19:30 CS放送 リピート放送あり

毎日放送とBS11では放送開始前週に特別番組(事前特番)を放送した。番組内容は、秋葉原で行われた第1話の特別先行試写会[31]の様子や原作者・麻枝准ロングインタビューなど。

チューリップテレビ公式サイトでは、2010年3月18日よりトップページが本作のバナーや動画で飾られ、キャラクター人気投票などが行われていた[32]。番組担当者がTwitterを使い作品PRを行っていたほか、TBS放送時には『Angel Beats!』公式アカウントで鳥羽洋典プロデューサーと高橋祐馬(共にアニプレックス)が、チューリップテレビ放送時には同局公式アカウントで同局担当者がそれぞれリアルタイムで実況を行っていた。

(関東地方では実質再放送となる)TOKYO MXでは、鳥羽洋典プロデューサーとP.A.WORKSスタッフが、実況をしつつ制作時の裏話等を語るほか、直後の放送枠で放送された『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』とのクロスプログラムが最後に流されていた[注 33]。なお、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』は12話で終了したが、本作13話でもクロスプログラムは放送され、AB13話の桐乃の感想と「この後はどんな番組が放送されるのかしら?」という天使の(いわゆる)オチが放送された。

2014年現在、P.A.WORKSが元請制作したテレビアニメとしては唯一キー局系で放送された作品である。

WEBラジオ[編集]

麻枝准の殺伐RADIO[編集]

Angel Beats! SSS(死んだ 世界 戦線)RADIO[編集]

2010年4月1日より毎週木曜日にHiBiKi Radio Station、その翌日に音泉で配信開始。2011年3月31日に放送を終了した。なお、本放送に先駆けて第0回が2010年3月18日よりHiBiKi Radio Station、翌3月19日に音泉で配信された。なお、特別編が2011年7月7日よりHiBiKi Radio Station、翌7月8日に音泉で配信された。

パーソナリティは3名(櫻井浩美は毎回、花澤香菜喜多村英梨は隔週交代での担当)である。『第0回』、『出張篇』、『第51回(最終回)』[1]は3名そろっての収録となった。

ゲストは、小林由美子(第14回)・高木俊(第25、26回)・木村良平(DVD/BD 第5巻特典CD)・緒方恵美(第31、32回、第39、40回)・水島大宙(第37、38回)・神谷浩史(第39、40回)。

2010年6月23日には、第0〜4回までを収録したラジオCD第1巻が発売(※新規録り下ろし番組つき)されている。また、2010年8月25日に発売されたDVD/BD完全生産限定版第3巻、10月27日に発売されたDVD/BD完全生産限定版第5巻には、特典ディスクとして『出張篇』が同梱された。

2010年12月12日に山野ホールで公開録音が行われ、ゲストに緒方恵美と神谷浩史が参加した[33]

書籍[編集]

外伝小説[編集]

Angel Beats! -Track ZERO-
『電撃G's magazine』2009年11月号から2010年5月号まで連載された、原作者の麻枝准が『Angel Beats!』の前日譚を書いた小説。挿絵はごとP。日向とゆりの出会いから、SSSの結成に至る物語を描いている。
アスキー・メディアワークス刊(発売:角川グループパブリッシング)。A4版フルカラー96ページ。2010年6月23日初版発行。ISBN 978-4-04-868680-8
『電撃G's magazine』連載時のイラストが全て収録されている。全7話と番外編1話のほか、単行本書き下ろしの番外編が1話追加収録されている。
サブタイトル
  • 第1話 「二人のロケット」
  • 第2話 「Navy Blue」
  • 第3話 「メルトダウン」
  • 第4話 「COLD SUMMER」
  • 第5話 「Man Like Creatures」
  • 第6話 「バイ・マイ・サイ」
  • 第7話 「開戦前夜」
  • 番外編1 「月曜日の未明」(『電撃G's Festival! DELUXE』Vol.6掲載)
  • 番外編2 「月曜日の未明II」(書き下ろし)

漫画[編集]

Angel Beats! The4コマ 僕らの戦線行進曲♪
こもわた遙華作画。『電撃G's magazine』2009年12月号より2013年10月号まで連載された。
死んだ世界戦線と天使を取り巻く日常を描いた4コマ漫画。独自の設定が多く、岩沢が成仏するのを妨害されてユイと共にツインボーカルとしてガルデモに残っている、かなでが中二病を発症しているなどの違いがある。かなでの設定はキャラクターコメンタリーで逆輸入されている。
麻枝准(原作)・こもわた遙華(作画) アスキー・メディアワークス電撃コミックスEX〉、全4巻
巻数 発売日 ISBN
1 2010年12月18日 ISBN 978-4-04-870192-1
2 2011年10月27日 ISBN 978-4-04-870901-9
3 2012年10月27日 ISBN 978-4-04-891034-7
4 2013年11月27日 ISBN 978-4-04-866177-5
Angel Beats! The4コマ お空の死んだ世界から
こもわた遙華作画。『電撃G's magazine』2013年12月号より連載。2014年4月に創刊した『電撃G'sコミック』に同誌連載漫画が移籍した後も、本作のみ継続して連載されている。
4コマ漫画の第2シリーズ。前シリーズで和解した天使も仲間に加わり、「卒業」を中止して死後の世界に居残った一同の日常を描く。
Angel Beats! Heaven's Door
浅見百合子作画。『電撃G's magazine』2010年5月号より連載開始。現在は『電撃G'sコミック』にて連載中。
『Angel Beats!』の前日譚である『Angel Beats! -Track ZERO-』を含めたコミック。椎名の戦線加入により『Track ZERO』の内容を消化し終えた後は、麻枝准が新たに製作したプロットに基づいて進行している[34]
麻枝准(原作)・浅見百合子(作画) アスキー・メディアワークス〈電撃コミックス〉、既刊6巻
巻数 発売日 ISBN
1 2010年12月18日 ISBN 978-4-04-870188-4
2 2011年7月27日 ISBN 978-4-04-870720-6
3 2012年2月27日 ISBN 978-4-04-886404-6
4 2012年8月27日 ISBN 978-4-04-886884-6
5 2013年4月27日 ISBN 978-4-04-891573-1
6 2013年11月27日 ISBN 978-4-04-866033-4
Angel Beats! コミックアンソロジー
23名の作家によるアンソロジーコミック
  • 2010年12月18日発売(アスキー・メディアワークス《電撃コミックスEX》:ISBN 978-4-04-870191-4

オフィシャルガイドブック[編集]

Angel Beats! オフィシャルガイドブック
アスキー・メディアワークスから2010年12月22日発売。ISBN 978-4-04-870212-6
Angel Beats! 卒業イラスト集
コミックマーケット78「電撃屋」ブースで2010年8月13日発売。また『電撃G'sマガジン』2010年10月号の誌上通販でも発売された。アスキー・メディアワークス刊(A4版カラー32P、モノクロ48P、計80P)。
Angel Beats! 卒業設定資料集
コミックマーケット79「電撃屋」ブースで2010年12月29日発売。2011年2月に一部のショップでも発売された。アスキー・メディアワークス刊(A4版カラー128P、モノクロ80P、計208P)。

その他[編集]

BAND SCORE Angel Beats! Girls Dead Monster BEST SCORE
2011年6月18日発売。ISBN 978-4-7732-3347-6ケイ・エム・ピー
Piano SCORE Angel Beats! Piano Solo Album
2011年6月27日発売。ISBN 978-4-7732-3338-4。ケイ・エム・ピー刊

イベント[編集]

2010年6月5日、タワーレコード新宿店が入居する新宿Flagsビル屋上で、『My Soul, Your Beats!/Brave Song』発売記念イベントが行われた[35]Lia多田葵LiSAが参加。

2010年8月1日に新木場STUDIO COASTにて『Angel Beats! Fes. ‐Thousand Bravers‐』が開催された。出演は神谷浩史櫻井浩美花澤香菜木村良平喜多村英梨緒方恵美、Lia、多田葵、marina、LiSA、karuta。司会は吉田尚記(ニッポン放送アナウンサー)。

2010年6月26日にユイのボーカル役のLiSAによる全国ライブツアー(Girls Dead Monster starring LiSA tour2010 -Keep The Angel Beats!-)が発表され、各会場で開催された[36]。会場は以下の通り。

なお、2010年11月22日にNHKホールで収録が行われたNHK総合MUSIC JAPAN 新世紀アニソンSP4』にも両者が出演した(放送は同局2011年1月16日、完全版は2011年3月6日に放送)。

関連商品[編集]

Blu-ray&DVD[編集]

Blu-ray Discは完全生産限定版のみ発売。DVDは完全生産限定版と通常版が発売されている。完全生産限定版の特典はBD/DVD共通。麻枝准書き下ろしキャラクターコメンタリーは通常版にも収録される。またアニメショップの一部では、法人別購入者特典も付けられていた。

第1巻
2010年6月23日発売。BD:ANZX-6401、DVD:完全生産限定版 ANZB-6401/通常版 ANSB-6401
第1話と第2話を収録。オープニング & エンディングテーマ楽曲譜面掲載ブックレット付属。完全生産限定版特典CDは麻枝准書き下ろしドラマCD。
未放映の第1話OPが収録されているほか、映像特典として第2話ノンクレジットOP&ED映像、Web版予告(映像付きバージョン)が収録されている。また、第1話本編では一部作画の訂正が行われている。
BDは7月5日付のオリコン週間ランキングで総合1位、DVDはオリコン週間ランキングで総合5位を獲得した[38]
第2巻
2010年7月21日発売。BD:ANZX-6403、DVD:完全生産限定版 ANZB-6403/通常版 ANSB-6403
第3話と第4話を収録。「Crow Song」「Alchemy」楽曲譜面掲載ブックレット付属。完全生産限定版特典DVDはメイキング映像を収録。
第3巻
2010年8月25日発売。BD:ANZX-6405、DVD:完全生産限定版 ANZB-6405/通常版 ANSB-6405
第5話と第6話を収録。「My Song」「Thousand Enemies」楽曲譜面掲載ブックレット付属。完全生産限定版特典CDは完全新録「Angel Beats! 死んだ世界戦線 ラジオ出張篇」。
第4巻
2010年9月22日発売。BD:ANZX-6407、DVD:完全生産限定版 ANZB-6407/通常版 ANSB-6407
第7話と第8話を収録。特製ブックレット付属。完全生産限定版特典CDは麻枝准書き下ろしドラマCD。
BDが10月4日付のオリコン週間ランキングで総合1位を獲得した[39]
第5巻
2010年10月27日発売。BD:ANZX-6409、DVD:完全生産限定版 ANZB-6409/通常版 ANSB-6409
第9話と第10話を収録。特製ブックレット付属。完全生産限定版特典CDは「Angel Beats! 死んだ世界戦線 ラジオ出張篇 第2巻」。また完全生産限定版に8月1日に行われたイベント『Angel Beats! Fes. ‐Thousand Bravers‐』の朗読劇複製台本が封入された[40]
第6巻
2010年11月24日発売。BD:ANZX-6411、DVD:完全生産限定版 ANZB-6411/通常版 ANSB-6411
第11話と第12話を収録。完全生産限定版特典CDは麻枝准書き下ろしドラマCDと死んだ世界戦線エンブレムワッペン。
第7巻
2010年12月22日発売。BD:ANZX-6413、DVD:完全生産限定版 ANZB-6413/通常版 ANSB-6413
第13話とTV未放映エピソード(Stairway to Heaven)、映像特典として第13話アナザーエピローグと『週刊トロ・ステーション』(Angel Beats!特集)を収録。特製ブックレット付属。完全生産限定版特典DVDはメイキング映像第2部を収録。

CD[編集]

以下に記載されているCD作品は全てインディーズ作品であるため、それぞれの作品のレンタルや収録曲のダウンロード配信は行われていない。

シングル[編集]

My Soul, Your Beats!/Brave Song
2010年5月26日に限定盤・通常盤が同時発売された。限定盤には特典として第2話のノンクレジットオープニング & エンディング映像を収録したDVDが付属された。
2010年度オリコン年間シングルランキングにおいて、アニメ・声優部門1位を獲得した。またビルボードジャパンのインディーズチャート「Billboard JAPAN Independent of the Year 2010」も獲得した。
Crow Song
2010年4月23日発売。Girls Dead Monsterの1stシングル。
Thousand Enemies
2010年5月12日発売。Girls Dead Monsterの2ndシングル。
Little Braver
2010年6月9日発売。Girls Dead Monsterの3rdシングル。
Last Song
2010年12月8日発売。Girls Dead Monsterの4thシングル。
完全生産限定盤にはこもわた遙華浅見百合子による描き下ろしコミックが付属する。
一番の宝物 〜Yui final ver.〜
2010年12月8日発売。Girls Dead Monsterの5thシングル。
完全生産限定盤には「Little Braver」と「Day Game」のPVを収録したDVDが付属する。

アルバム、サウンドトラック[編集]

Keep The Beats!
2010年6月30日発売。第2期ガルデモのオリジナルアルバム。初回数量限定生産盤のみ、初回特典として「Girls Dead Monster/SSS Emblem」特製ピックが封入されている。
Angel Beats!オリジナル・サウンドトラック
2010年7月28日発売。CD2枚組。ANANT-GARDE EYESと麻枝准が手がける劇中BGMと、主題歌2曲・最終話挿入歌「一番の宝物 (Original Version)」を収録。
COUNT DOWN TV等のTV番組のランキングで紹介されるなど、アニメのサウンドトラックとしては異例の快挙を達成している。
Girls Dead Monster OFFICIAL BAND SCORE
2010年7月28日発売。麻枝准やLiSAによる楽曲解説等を掲載したバンドスコアに『Keep The Beats!』に収録されている13曲のインストゥルメンタルバージョンを収録したCDが付属している。

ラジオCD[編集]

ラジオCD「Angel Beats! SSS(死んだ 世界 戦線)RADIO」 vol.1
2010年6月23日発売。CD2枚組で、1枚目(オーディオCD)に新規録り下ろし番組を収録、2枚目(CD-ROM)に第0回〜第4回までの番組をMP3で収録する。
ラジオCD「Angel Beats! SSS(死んだ 世界 戦線)RADIO」 vol.2
2010年9月22日発売。CD2枚組で、1枚目(オーディオCD)に新規録り下ろし番組を収録、2枚目(CD-ROM)に第5回〜第12回配信分をMP3で収録する。初回生産特典として、ヴァイスシュヴァルツプロモーションカードを封入。なお限定ジャケット仕様のコミックマーケット78限定版が、2010年8月13日に先行発売された。
ラジオCD「Angel Beats! SSS(死んだ 世界 戦線)RADIO」 vol.3
2010年10月27日発売。CD2枚組で、1枚目(オーディオCD)に新規録り下ろし番組を収録、2枚目(CD-ROM)に第13回〜第20回配信分をMP3で収録する。2010年12月12日山野ホールで行われた公開録音応募券が封入された[41]
ラジオCD「Angel Beats! SSS(死んだ 世界 戦線)RADIO」 vol.4
2011年2月25日発売。CD2枚組で、1枚目(オーディオCD)に新規録り下ろし番組を収録、2枚目(CD-ROM)に第21回〜第28回配信分をMP3で収録する。なお限定ジャケット仕様のコミックマーケット79限定版が、2010年12月29日に先行発売された。
ラジオCD「Angel Beats! SSS(死んだ 世界 戦線)RADIO」 vol.5
2011年5月27日発売[1]。CD2枚組で、1枚目(オーディオCD)に新規録り下ろし番組を収録、2枚目(CD-ROM)に第29回〜第36回配信分をMP3で収録する。
ラジオCD「Angel Beats! SSS(死んだ 世界 戦線)RADIO」 vol.6
2011年6月24日発売。CD2枚組で、1枚目(オーディオCD)に新規録り下ろし番組を収録、2枚目(CD-ROM)に第37回〜第44回配信分をMP3で収録する。
ラジオCD「Angel Beats! SSS(死んだ 世界 戦線)RADIO」 vol.7
2011年7月29日発売。CD2枚組で、1枚目(オーディオCD)に新規録り下ろし番組を収録、2枚目(CD-ROM)に第45回〜第51回配信分をMP3で収録する。

ライブBlu-ray&DVD[編集]

全国ライブツアーの最終日、marinaがゲスト参加したSHIBUYA-AXのライブ映像を収録したBlu-ray&DVD「Girls Dead Monster starring LiSA Tour 2010 Final -Keep The Angel Beats!-」が2011年6月1日(当初5月25日発売予定から変更)に完全生産限定版として発売された[42]。パッケージはPA-WORKSによる描き下ろし特製BOX仕様で、内面にLiSAのサインプリントが施されているほか、会場で配布されたGirls Dead Monsterのロゴ入りサイリウムとライブスタッフのパスをデザインした特製ステッカーが同梱されている。また、収録特典のオーディオコメンタリーでは、 高橋祐馬(アニプレックス)を中心に麻枝准とLiSAが務め、あらかじめライブBlu-ray&DVD公式HP上で一般から募集したさまざまな質問に麻枝とLiSAが答える内容となっている[43]

モバイルコンテンツ[編集]

Android用アプリケーション

Angel Beats! -Wallpaper-
2010年12月21日から公開の電撃ジーズモバイルの待ち受けセット。
2011年2月28日から電撃モバイル版が公開。
Angel Beats! スライドパズル
2011年5月11日から公開の電撃ジーズモバイルのスライドパズル。
Angel Beats! -Concentraition-
2011年6月17日から公開のICAgencyの神経衰弱ゲーム。

コンシューマーゲーム[編集]

2014年春、PC用ゲームとして発売を予定[44]。全6巻構成で、2014年春から半年ごとをめどに順次発売される予定であったが、2014年4月1日に発売日未定となった。ゲームの内容はアドベンチャーゲームだけでなくロールプレイングゲームシミュレーションゲームも取り入れる予定。男女問わず、「死んだ世界戦線」のメンバー全員に個別のシナリオルートが用意される。

全6巻構成・順次発売という、ともすれば「分割商法」と揶揄されかねないリリース形態について麻枝は反対したが、馬場が「責任は自分が持つ」として押し切った。コレはすべての内容を1本にまとめた場合、ボリュームが大きすぎて完成まで(最短でも)5年はかかること、またプレイ時間も膨れ上がり「お手軽」が求められる昨今のゲームプレイ風潮に逆行することを理由としている[45]

ゲーム制作の経緯・開発時の状況など

このゲームは従来の麻枝作品とは異なり、あくまでもアニメ作品から誕生したものであり、当初は制作する予定では無かった。これはアニメ放送終了から約4年近く経ってからリリースを開始するという点からも察する事が出来る。以下にゲームリリースに至るまでの経緯を簡単に記す。

アニメ放送から数ヶ月後、2010年11月21日京都大学で行われた講演会の中で、麻枝自身がゲーム化することを発表[46]。この時点では麻枝は原画はNa-Ga、声優も変えないとしている。しかし社内のプロジェクトとして動いているわけではなく「2011年春をめどにいろいろなことを決めていく」とも語っている[47]

2011年6月1日に発売されたライブBlu-ray&DVDのオーディオコメンタリーでは、最近(2011年4月頃にあたる[48])どのような生活をしているのかという質問[48]に対し、「これ(Blu-ray&DVD)が発売される頃には発売になるかまだ発売されていないか、ウチ(Key)の新作ゲーム『Rewrite』が出るので、それのクオリティコントロール役としてテストプレイや文章チェックをしている。その傍ら、それと並行してAngel Beats!のゲーム化を目指して、毎日そのシナリオを書いている」と語っている[48]。2012年6月に発売された『電撃ビジュアルアーツ 2012 SUMMER』で馬場がインタビューにおいて『Rewrite Harvest festa!』の次に優先順位一位になるのではないかと語っている[49]。 また、2013年3月28日に発売された『オールアバウト ビジュアルアーツ 〜VA20年のキセキ〜』に掲載されたインタビューでは、樫田レオを加えて製作中であることが述べられた[50]

そして『電撃G's magazine』2014年2月号においてゲームのリリースが正式に発表された。京都大学での講演における開発発言から正式発表まで約3年を要したのは、麻枝の立場上ビジュアルアーツから正式なゴーサインが出ていない作品に力を注ぐわけにもいかず、別の企画を優先させていたからである[45]

ソーシャルゲーム[編集]

Angel Beats! -Operation Wars-
2014年6月30日よりMobageのコンテンツの1つとして配信中のiOS / Android向けソーシャルゲーム。新しい戦線のリーダーとなって影と戦ったり[51]、学園のイベントを楽しむことができる[52]。戦闘はブロックを消すことで攻撃できるアクションパズルとなっている[52]。サービス開始から24時間でプレイヤー数6万人を突破した[53]
その後、ユーザー数が増加しサーバーに負担がかかることとなったため長期メンテナンスが行われ[54]、2014年8月13日にサービスが再開された。再開後、お詫びとしてSSR ユイが配布された[55]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ BD/DVD第7巻に収録(BD/DVD第7巻、公式サイト)。2013年10月6日にBS-TBSでテレビ初放送。
  2. ^ 校長室(対天使作戦本部)に掲げられた校歌の額縁により判明。
  3. ^ 作中においての「消滅」の描写は、一旦場面が変わったあと、元の場面に戻ると既に消えていた、という間接的な表現方法がとられ、直接「消滅」するような描写は無い。
  4. ^ 彼ら自身が「既に死んでいる」ため、致命傷を負っても「死ぬ」ことはなく、時間とともに治癒するが、それ相応の痛みや出血はある。
  5. ^ 第5話で使用。
  6. ^ 単体のカードではなく、一部で導入されている健康保険証の裏面に臓器提供意思を記入するものである
  7. ^ 第1話で使用。
  8. ^ a b 第12話で使用。
  9. ^ ゆり本人は「自殺だったら神に反抗していない」と言っているため、死因が自殺ではないことがわかる
  10. ^ 第12話EDクレジットより「天使」から「かなで」に変更されている。なお「立華奏」がビジュアルアーツによって商標登録(第5302043号)されているが、作品の設定上は「立華かなで」である。
  11. ^ 日向が憶測から呼び始めたのが起因。
  12. ^ 本人はこの「ANGEL PLAYER」を使い、それなりに戦線メンバーとの戦いを楽しんでいたことが『メガミマガジン』により発覚した
  13. ^ ただの装飾のため空は飛べないが、羽ばたく事により着地の衝撃を和らげることは可能。なお『月刊ニュータイプ』2010年7月号によると「ガードスキル・エンジェルズウィング」の名称が付けられている
  14. ^ 内容は「食料調達のための川釣り」である
  15. ^ オリジナルは瞳が金色、分身は赤色で区別が可能
  16. ^ 第1話で音無の胸を一突きした際に彼が心臓を持っていなかったことから、「音無=心臓のドナー」であると悟った
  17. ^ 本来なら、先に死亡した音無が先に「死んだ世界」に迷い込んでいるはずのため、この世界には時系列の影響は受けないとされる。麻枝准も雑誌のインタビューで、「メンバーが同じ時代に生きていたとは限らない」と答えている
  18. ^ ビジュアルアーツとしても「天使ちゃんマジ天使パペット」などを製作・販売する等後押ししている
  19. ^ 「死んだ世界戦線」は最初期の組織名だが、「それって、死んだことを認めてね?」との理由で却下されていた。その後は「死んでたまるか戦線」等に組織名を改名していた。なお、候補として上がっていた組織名は「走馬灯戦線」(日向案)、「絶体絶命戦線」(岩沢案)、「勝手にやってろ戦線」(音無案)など。
  20. ^ DVD/BD第1話オーディオコメンタリーでは戦線名の変遷が語られており、「彷徨える銃弾」(チャー命名)、「今日のわんこクラブ」「今日のわんこ戦線」(椎名命名)等が紹介されている。
  21. ^ 前日譚である『Angel Beats! -Track ZERO-』および『Angel Beats! Heaven's Door』では、NPCと同じ制服で、男子は詰襟・女子はブレザーを着用している。
  22. ^ a b c d e f g h i 厳密には第12話と第13話との中間で、その間の3日間の内に「消滅」した。
  23. ^ 接近戦を得意とし、銃は第1話で天使との戦闘で使用した程度である
  24. ^ ただし、本来柔道で五段を取得するためには、最低でも20歳でなければならない。実際、DVD/BD第6巻のキャラクターメンタリー(11話)で、柔道五段ではないことが判明。しかし死んでから長い年月が経ち、日々研鑽しているため五段に匹敵する実力は持っていると自負している。
  25. ^ 第6話終盤のシーンにおいて、直井がゆりに対し催眠術を使う直前に岩沢のことを語った際、「岩沢まさみを覚えているか?」とフルネームを述べている。
  26. ^ 、開頭手術を受けている。髪の毛は剃っているのかそのままなのかは頭が包帯に巻かれているため確認不可能
  27. ^ ただし「ANGEL PLAYER」によって「影」に書き換えられた結果、「消滅」することはある
  28. ^ 作中でも、第1話で音無が言及しているが、ゆりが否定している
  29. ^ DVD/BD版では第4話以外の全話で使用されている。
  30. ^ a b 未放送話。
  31. ^ 通常は自社製作新作アニメ枠『アニメイズム』B1である。なお、2010年10月期に木曜深夜枠にて再放送を実施している。
  32. ^ 通常は『アニメイズム』B1である。
  33. ^ 本作同様にアニプレックスとアスキー・メディアワークスが制作に関わっており、天使役の花澤香菜も同作で黒猫役で出演しているという関連性がある。

出典[編集]

  1. ^ a b c d おた☆スケ -おたくのスケジュール帳- (2011年3月31日). “最後は3人が勢揃い!! 「Angel Beats!」ラジオがついに成仏”. http://www.ota-suke.jp/news/47935 2011年4月1日閲覧。 
  2. ^ 『AB!』BD&DVD第1巻は6.23発売!! 限定版特典はドラマCDなど電撃オンライン 2010年4月14日、2011年3月2日閲覧
  3. ^ 平成22年度(第14回)文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門 審査委員会推薦作品、2010年12月8日閲覧
  4. ^ Angel Beats!原作・脚本の麻枝准にインタビューを敢行!、ASCII.jp、2010年3月24日
  5. ^ 『visual style』Vol.16、VisualArt's、2010年8月、8頁
  6. ^ 秋季大会@金沢広報キャンペーン、社団法人精密工学会北陸信越支部
  7. ^ 『Angel Beats! PASH!ANIMATION FILE 07』、主婦と生活社、70頁
  8. ^ 『Angel Beats! オフィシャルガイドブック』、アスキー・メディアワークス、12頁
  9. ^ 『Angel Beats! オフィシャルガイドブック』、アスキー・メディアワークス、8頁
  10. ^ 『Angel Beats! オフィシャルガイドブック』、アスキー・メディアワークス、10頁
  11. ^ メガミマガジン』2010年8月号より。
  12. ^ 『Angel Beats! オフィシャルガイドブック』、アスキー・メディアワークス、16頁
  13. ^ 『Angel Beats!-Track ZERO-』より。
  14. ^ 『Angel Beats! オフィシャルガイドブック』、アスキー・メディアワークス、27頁
  15. ^ 第3話の日向、第7話コメンタリーのひさ子など。
  16. ^ 「麻枝准の殺伐RADIO」より。
  17. ^ 『Angel Beats! オフィシャルガイドブック』、アスキー・メディアワークス、26頁
  18. ^ 『Angel Beats! オフィシャルガイドブック』、アスキー・メディアワークス、29頁
  19. ^ 『Angel Beats! オフィシャルガイドブック』、アスキー・メディアワークス、28頁
  20. ^ 『Angel Beats! オフィシャルガイドブック』、アスキー・メディアワークス、24頁
  21. ^ 『Angel Beats! オフィシャルガイドブック』、アスキー・メディアワークス、17頁
  22. ^ 『Angel Beats! PASH!ANIMATION FILE 07』、主婦と生活社、50頁
  23. ^ a b 電撃G's Festival! DELUXE』Vol.6
  24. ^ 『Angel Beats! オフィシャルガイドブック』、アスキー・メディアワークス、18頁
  25. ^ 『Angel Beats! オフィシャルガイドブック』、アスキー・メディアワークス、14頁
  26. ^ 『Angel Beats! オフィシャルガイドブック』、アスキー・メディアワークス、19頁
  27. ^ a b c 『Angel Beats! PASH!ANIMATION FILE 07』、主婦と生活社、53頁
  28. ^ 『Angel Beats! オフィシャルガイドブック』、アスキー・メディアワークス、21頁
  29. ^ 『Angel Beats! オフィシャルガイドブック』、アスキー・メディアワークス、20頁
  30. ^ 週刊トロ・ステーション『Angel Beats!』特集での発言による
  31. ^ 「Angel Beats!」先行試写会が開催!、ASCII.jp、2010年3月22日
  32. ^ 【Angel Beats!】一番好きなキャラは?、リサーチ|チューリップテレビ
  33. ^ 神谷浩史がサプライズで登場した「Angel Beats!」公開録音レポ(2010/12/13)おた☆スケ -おたくのスケジュール帳-
  34. ^ 『電撃G's magazine』2012年3月号 p.164
  35. ^ TVアニメ『Angel Beats!』、タワレコ新宿店で主題歌発売記念イベント開催、マイコミジャーナル、2010年6月6日
  36. ^ Girls Dead Monster starring LiSA tour2010 -Keep The Angel Beats!-、Key
  37. ^ リスアニ! LIVE 2010│ARTIST
  38. ^ オリコン週間BDランキングトップに「Angel Beats!」 2.3万枚、ANIMAX、6月30日
  39. ^ TVアニメ『Angel Beats! 4』がBlu-rayシリーズ3作ぶりにオリコン総合首位を獲得!アニメイトTV 9月29日 11月13日閲覧
  40. ^ Angel Beats! Fes. -Thousand…”. Twitter (2010年8月27日). 2013年12月11日閲覧。
  41. ^ 唐突だけど、公開録音に参加してくれないかしら?音泉
  42. ^ BD&DVD”. アニプレックス. 2011年5月27日閲覧。
  43. ^ ガルデモライブBDに麻枝准&LiSAのオーディオコメンタリー収録、おた☆スケ -おたくのスケジュール帳- 2011年3月2日閲覧
  44. ^ 『電撃G's magazine』2013年11月号、アスキー・メディアワークス、30、31頁
  45. ^ a b 『電撃G's magazine』2013年12月号、KADOKAWA アスキー・メディアワークス、pp.24 - 27
  46. ^ 『電撃G's magazine』2011年2月号、アスキー・メディアワークス、28頁。この発言はビジュアルアーツ社長・馬場隆博に事前に許可を得たもの。
  47. ^ 『電撃G's magazine』2011年2月号
  48. ^ a b c Blu-ray&DVDの発売に際し公式HP上で質問が募集された。その締め切りが2011年3月11日だったため、コメンタリー収録は4月前後(3月末から5月初頭)に行われている。
  49. ^ 『電撃ビジュアルアーツ 2012 SUMMER 』アスキー・メディアワークス、45頁
  50. ^ 『オールアバウト ビジュアルアーツ 〜VA20年のキセキ〜』ホビージャパン、136頁
  51. ^ 『Angel Beats! -Operation Wars-』の正式サービスが本日6月30日にスタート!”. 電撃オンライン. アスキー・メディアワークス (2014年6月30日). 2014年7月1日閲覧。
  52. ^ a b 新作ゲーム『Angel Beats! -Operation Wars-』が今春に登場! ブロックを一筆書きで消して戦うアクションパズルゲーム”. 電撃オンライン. アスキー・メディアワークス (2014年2月28日). 2014年7月1日閲覧。
  53. ^ 「Angel Beats! -Operation Wars-」,開始24時間でプレイヤー数6万人突破”. 4Gamer.net (2014年7月1日). 2014年7月1日閲覧。
  54. ^ 『Angel Beats! -Operation Wars-』長期メンテナンスのお詫び (PDF)”. ビジュアルアーツ (2014年7月7日). 2014年9月1日閲覧。
  55. ^ 『Angel Beats! -Operation Wars-』サービス再開時期のご案内 (PDF)”. ビジュアルアーツ (2014年7月17日). 2014年9月1日閲覧。

外部リンク[編集]

中部日本放送 金曜26:00枠
前番組 番組名 次番組
IMPACT
(25:30 - 26:15)
※木曜24:50 - 25:40枠に移動
第二アサ秘ジャーナル
(26:15 - 26:45)
TBS製作、遅れネット
Angel Beats!
毎日放送 アニメシャワー 第1部
Angel Beats!
あそびにいくヨ!
(UHFアニメ)