岸誠二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

岸 誠二(きし せいじ)は、日本のアニメーション演出家、アニメーション監督滋賀県出身。チームティルドーン代表。

経歴[編集]

幼少の頃から映画漫画などに親しみ、小学校2年生の頃に描いた絵が数々の賞を受賞したことがきっかけで、アニメーション監督を目指すようになる(本人曰く、「勘違いの始まり」)。学生時代は絵画をたしなみ、自ら漫画を描いていたこともあった。

その後、代々木アニメーション学院を卒業し、アニメーターとして亜細亜堂に入社。フリーを経て、株式会社ロジスティックスに入社し、ソフトウェア開発部門にてアニメーション制作ツール開発やゲーム用アニメーションの制作に携わる。その後、同社のアニメーション事業部「チームティルドーン」の発足に関わり、アニメーション演出家として本格的に活動を始める。

現在はチームティルドーン代表として演出・監督業をこなす傍ら、株式会社ロジスティックスの取締役も務める。

作風[編集]

  • 帯番組出身のためか短時間で一気にネタを畳み掛けるようなスタイルが多く、特にギャグアニメではハイテンションな演出が多く見られる。そのためか「作品によって当たり外れが大きい」と言われてしまうこともあるが、代表作となる『瀬戸の花嫁』ではその作風を遺憾なく発揮して高い評価を得た(前作「ギャラクシーエンジェる~ん」が制約が多く失敗に終わった教訓から岸に全権を委ねて成功したため「岸に自由にやらせれば上手く行く」とも言われた)。また、『Angel Beats!』の監督就任の際には「ドラマとギャグの両立ができる」とも評されている。
  • 音響にこだわりがあり、独特の声優キャスティングを行う事も多い。『マジカノ』ではそれまで声優業とは無縁だった村瀬克輝を(それ以降、村瀬は岸監督作品の常連となっている)、『天体戦士サンレッド』ではお笑い芸人である髭男爵(オーディション当時はまだ無名だった)を抜擢した。また、並木のり子の起用頻度が非常に高く、RAGNAROK THE ANIMATIONから天体戦士サンレッドまでは全ての作品に主要人物、あるいは脇役として出演させている(現在は並木が「にゃんたぶぅ」での活動に重点を置き声優活動を行っていないため連続出演が途切れている)。
  • 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』を3DCGアニメで製作することは岸が決めたという。日本のアニメ業界において産業的・芸術的に新しいスタイルが必要と考えていた彼は近年の3DCGアニメがセルルック3Dに近づいていることで製作は可能と考え、全編ほぼCGで製作された。

人物・エピソード[編集]

  • 監督デビュー作の『かっぱまき』は演出家としての経験がほとんどないまま突然監督に就任することになったという、異色のエピソードをもつ。このときは、映像論法を徹底的に学習して対応したという。このため彼の演出はほとんどが独学で習得したものである(このことも岸の独特の作風を生んでいる)。
  • 瀬戸の花嫁』第1話ではシリーズ構成を務めた上江洲誠と共に声優出演を果たした。さらに、『フロシャイム便り出張版』によると『天体戦士サンレッド』のオーディションでヴァンプ将軍を演じていたことが判明。しかし上江洲曰く「声優・岸誠二はダメダメ」だったらしく、結局落とされてしまった。
  • 豪快な性格でアニメージュ2009年8月号の「この人に話を聞きたい」では取材中に声の大きさから店員に注意されてしまうというハプニングがあった。しかし仕事に対する姿勢は謙虚なものであり、ファンを「お客様」と呼ぶなど、自らの仕事をサービス業と捉えているところがある(このことはネットラジオ「かーずラジオ~夏子乗せ~」に出演した村瀬克輝からも評されている)。同取材では「ゆっくりなら24時間呑める」という発言もしている。
  • 映画に憧れがあり、自分達で映画を作ることを現在の目標としている。また、題材があれば実写やCGなど、アニメ以外の仕事も受けるとのこと。

監督作品[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

OVA[編集]

ゲーム[編集]

参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

OVA[編集]

ゲーム[編集]

出演[編集]

  • 並木のり子『のりこんで濃い・恋・来い!』(2005年・2010年)第38回・第166回ゲスト
  • かーずラジオ~夏子乗せ~(2008年)第22盛りゲスト
  • 天体戦士サンレッドイベント用架空ドキュメンタリー『プロジェクトS - 戦後の太陽 - 』(2009年)本人役

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Angel Beats!に関してはこれまでとは別のチームと組んだため、通常オープニングでは入っていないが、第4話のオープニングで一瞬ユイが腰を振っている描写がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]