攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX
ジャンル SFアニメ
アニメ
原作 士郎正宗
監督 神山健治
シリーズ構成 神山健治
脚本 神山健治、藤咲淳一櫻井圭記
佐藤大菅正太郎、寺戸信寿
キャラクターデザイン 下村一
メカニックデザイン 寺岡賢司、常木志伸
音楽 菅野よう子
アニメーション制作 Production I.G
製作 攻殻機動隊製作委員会
放送局 パーフェクト・チョイス
日本テレビ系列(2004年
放送期間 2002年10月1日 - 2003年11月30日
話数 全26話
小説:虚夢回路 / 凍える機械 / 眠り男の棺
著者 藤咲淳一
イラスト 中澤一登
出版社 徳間書店
レーベル 徳間デュアル文庫
刊行期間 2004年1月31日 - ?
巻数 全3巻
話数 全5話
その他 各巻でストーリーは独立
漫画
作者 衣谷遊
出版社 講談社
掲載誌 週刊ヤングマガジン(1-11話)
月刊ヤングマガジン
発表期間 2010年第2号 -
巻数 既刊5巻
話数 42話
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト アニメ
ポータル アニメ

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』(こうかくきどうたい スタンドアローンコンプレックス)は、士郎正宗原作のSFテレビアニメ。「攻殻機動隊 S.A.C.」「攻殻S.A.C.」などと略称されることもある(S.A.C.の部分は一般的にエスエーシー、またはサックと読まれる)。

本作は2002年スカパーパーフェクト・チョイスにて初めて放送された。アニメ作品として以降シリーズ化されている(詳細は後述)。なお、本項では続編シリーズの内容についても一部触れている。

第2話の「暴走の証明 TESTATION」が「平成14年度文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞」、そして『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』シリーズ全体が「東京国際アニメフェア2003 公募・アニメ作品部門優秀作品賞」をそれぞれ受賞している。

本作と続編である『S.A.C. 2nd GIG』のDVD/ビデオ累計出荷本数は、合わせて150万枚/本以上に及ぶ[1]

概要[編集]

原作漫画『攻殻機動隊』や押井守による映画『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』とは、時代設定や主人公草薙素子を含む登場キャラクターの設定、ストーリーを始め多くの相違点があり、本作は第三の「攻殻機動隊」とも言われる。

原作や映画版では「人形遣い」を中心に話が進行するが、本作品では「もし草薙素子が人形遣いと出会わず、公安9課に残っていたら」という前提に立ったパラレルワールドとして物語が展開される。一連のS.A.C.シリーズにおけるストーリーは完全オリジナルだが、原作や映画版に対するオマージュが随所に見られる。また「電脳化義体化社会における人間の定義」という原作のテーマよりも、近未来を舞台に現代社会にも通じる社会問題を主題としている。

本作品では公安9課自体が主人公といえる観点でストーリーが進んでいく。そのため、劇場版では顔さえ見られなかった課員の活躍も見ることができる。

監督には押井塾出身の神山健治。アニメーション制作は映画版同様、Production I.G。音楽には菅野よう子。そして原作者である士郎正宗プロットを書き起こし、タチコマのデザインを行っている。

本作品は全26話で基本的に1話完結方式だが、「笑い男事件」と呼ばれる劇場型犯罪を中心にした話があり、一話完結の話を『a stand alone episode』、「笑い男事件」関連の話を『complex episodes』と分け、その話がどちらに分けられるのかは各話のサブタイトル画面の背景色(1話完結は緑、笑い男関連は青という具合)で判別できるようになっている。

2005年には「笑い男事件」を描いたエピソードを160分にまとめた『攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX The Laughing Man』が制作され、DVDでリリースされた。

S.A.C.シリーズ(続編)[編集]

『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』(S.A.C.)シリーズとして現在、3作品制作されている。2004年にはシリーズ第2弾『攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG』が全26話のテレビアニメ(第2シリーズ)作品として、2006年にはシリーズ第3弾『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society』がPPV及びOVA[注 1]の長編アニメ作品(約105分)として制作された。

さらに2011年には第3作を3D立体視アニメーション化した『攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D』が劇場公開。観客が電脳化体験できる新感覚3D立体視作品として全カットフルグレーディングし、オープニングは完全新作作画である。タイトルデザインも本作(第1シリーズ)を踏襲したものに変更され、大文字表記となっている。

あらすじ[編集]

西暦2030年電脳化が一般化され情報ネットワークが高度化する中で、電子として駆け巡る意思を一方向に集中させたとしても、「孤人」が複合体としての「個」となるまでには情報化されていない時代。複雑化する犯罪に対抗するため、内務省直属の独立防諜部隊として設立された「公安9課」(通称「攻殻機動隊」)の活躍を描く。サイバー犯罪の捜査やテロリズムの抑止・検挙、要人警護汚職摘発など極秘裏な任務は多岐にわたるが、遂行していくうちにある一つの事件が浮かび上がっていく。

登場人物[編集]

用語[編集]

電脳硬化症
の「電脳化」によって脳細胞が硬化する病気。結核ガンエイズなどと並び、21世紀不治の病とされている。
確率は低いが電脳化を施した者なら誰でも罹患の可能性がある原因不明の病で、発症すると電脳化を施した部分が徐々に硬化していき、最終的には脳死に至る。マイクロマシン療法や村井ワクチンにより進行を抑制することができる。
村井ワクチン
電脳硬化症に効果があるとされるワクチン。医学博士の村井千歳により、サルの結核菌抗体から偶然発見された抗腫瘍抑制剤。
マイクロマシン療法などによる電脳硬化症の治療は当時開発途上で、その効果は不明であったものの国に認可され、実利をあげていた。そのため、マイクロマシン療法を否定されては困る者たちや、村井博士の功績に嫉妬する医師などの陰謀により、村井ワクチンは国からの認可が見送られた。しかし、その効果は確かなものであり、2021年4月に、特定指定者有償実験薬として認可され(表向きの発表はない)、有名人や権力者たちが秘密裏に接種していた事実がある。この事柄については、厚生労働省が所持していた「村井ワクチン接種者リスト」に記載。ワクチンを不認可にした張本人である今来栖尚本人もワクチンを接種していたことが、第20話「消された薬 / RE-VIEW」で明らかとなっている。
村井ワクチンにまつわる厚生労働省のスキャンダルは、本作の主要な題材である「笑い男事件」の背景になっている。主に作品中の第20話「消された薬 / RE-VIEW」、第21話「置き去りの軌跡 / ERASER」で語られる。
村井ワクチンを巡るエピソードは、昭和40〜50年代にガンの特効薬として注目を集めた丸山ワクチンをモデルにしていると思われる。
笑い男事件
アーネスト瀬良野誘拐とウィルスプログラムばら撒きによるマイクロマシンメーカー脅迫を発端とするサイバーテロ。アオイと呼ばれる青年が主犯とされている。
スタンド・アローン・コンプレックス
「笑い男事件」における一連の社会現象に対して、草薙素子が名付けた造語。作中における電脳技術という新たな情報ネットワークにより、独立した個人が、結果的に集団的総意に基づく行動を見せる社会現象を言う。孤立した個人(スタンドアローン)でありながらも全体として集団的な行動(コンプレックス)をとることからこう呼ばれる。これは個人が電脳を介してネットを通じ不特定多数と情報を共有することにより、無意識下で意識が並列化されながらゆるやかな全体の総意を形成し、またその全体の総意が個人を規定するために発生するという、高度ネットワーク社会が舞台であるが故に起こり得る現象である。
時にはある事件において実質的な真犯人が存在しない状態が、全体の総意において架空の犯人像を生み出し、その架空の犯人像の模倣者(模倣犯)がその総意を強化・達成するような行動を見せるという独特の社会現象が起こる。
作中では、電脳から直接的に無線ネットワークを介して瞬時に情報交換をすることが可能となっており、特定の個人(笑い男やクゼなど)が見聞きし知り得た情報でも、それを公開することで、瞬時にあらゆる人がその情報を共有出来るようになっている。その結果、知識の程度や思想の傾向が同水準である人間達による集合体が形成される。これがオリジナル(先導者)を喪失した個人(孤立した個)の集合体であるが、『2nd GIG』ではハブ電脳[注 2]を獲得してより組織化するに至る。
海坊主
海上自衛軍に属する秘密特殊部隊。正式な部隊名は存在せず、公安9課と同様に組織図では存在しない事になっている。大戦中には根室奪還作戦で活躍した。
海上幕僚長の薬島幹事長の意を受けて公安9課本部を襲撃するなどし、最終的には、公安に身柄を拘束されたトグサを除く、9課のメンバー全員の身柄を拘束している。
『2nd GIG』でも、茅葺政権が計画していた強制帰化政策に反発する難民の一斉武装蜂起の鎮圧を想定して、「出島」周辺で行われた自衛軍の合同実弾演習に参加しているのが確認できる。
マトリ
正式名称は「厚生労働省麻薬取締局強制介入班」。本来は麻薬に関する凶悪犯罪を取り締まる事を目的とした厚生労働省の実働部隊だが、薬島幹事長の息のかかった安岡ゲイル指揮下のマトリは、NPO法人「ひまわりの会」襲撃や、中央薬事審議会理事長の今来栖を暗殺するなど、私兵集団のようになってしまっていた。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ[編集]

「inner universe」
作詞 - Origa、Shanti Snyder / 作曲・編曲 - 菅野よう子 / 歌 - Origa
「GET9」
作詞 - Tim Jensen / 作曲・編曲 - 菅野よう子 / 歌 - jillmax
  • 地上波放送時

エンディングテーマ[編集]

「lithium flower」
作詞 - Tim Jensen / 作曲・編曲 - 菅野よう子 / 歌 - Scott Matthew
「I do」
作詞・歌 - Ilaria Graziano / 作曲・編曲 - 菅野よう子
  • 地上波放送時
※もともとは「攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG」中の挿入曲であった。

エピソード[編集]

SA: Stand Alone(独立)エピソード  C: Complex(複合)エピソード

# タイトル
英題 (英語版参照)
脚本 絵コンテ 演出 作画監督
1 公安9課 SECTION-9
SA: Public Security Section 9 – SECTION-9
神山健治 河野利幸 後藤隆幸
2 暴走の証明 TESTATION
SA: Runaway Evidence – TESTATION
藤咲淳一 河野利幸 浅野恭司
玄馬宣彦(メカ)
3 ささやかな反乱 ANDROID AND I
SA: A Modest Rebellion – ANDROID AND I
櫻井圭記 吉原正行 植村淳
4 視覚素子は笑う INTERCEPTER
C: The Visual Device will Laugh – INTERCEPTER
菅正太郎 神山健治 山本秀世 山口賢一
後藤隆幸
玄馬宣彦
5 マネキドリは謡う DECOY
C: The Inviting Bird will Chant – DECOY
藤咲淳一 中村隆太郎 須賀重行
川原智弘(メカ)
6 模倣者は踊る MEME
C: The Copycat will Dance – MEME
橘正紀 後藤隆幸
7 偶像崇拝 IDOLATER
SA: Idolatry – IDOLATOR
若林厚史 佐藤雅弘
8 恵まれし者たち MISSING HEARTS
SA: The Fortunate Ones – MISSING HEARTS
櫻井圭記 川崎逸朗 布施木一喜 新野量太
玄馬宣彦(メカ)
9 ネットの闇に棲む男 CHAT! CHAT! CHAT!
C: The Man Who Dwells in the Shadows of the Net – CHAT! CHAT! CHAT!
佐藤大 神山健治 橘正紀 浅野恭司
10 密林航路にうってつけの日 JUNGLE CRUISE
SA: A Perfect Day for a Jungle Cruise – JUNGLE CRUISE
松本淳 前田明寿
11 亜成虫の森で PORTRAITZ
C: In the Forest of Pupae – PORTRAITZ
櫻井圭記 河野利幸 後藤隆幸
12 タチコマの家出 映画監督の夢 ESCAPE FROM
SA: Tachikoma Runs Away; The Movie Director's Dream – ESCAPE FROM
吉原正行 海谷敏久
樋口香里
13 ≠テロリスト NOT EQUAL
SA: Unequal Terrorist – NOT EQUAL
菅正太郎 布施木一喜 後藤隆幸
14 全自動資本主義 ¥€$
SA: Automated Capitalism – ¥€$
神山健治 山本秀世 丸山宏一
15 機械たちの時間 MACHINES DESIRANTES
SA: Time of the Machines – MACHINES DÉSIRANTES
櫻井圭記 竹下健一 新野量太
玄馬宣彦(メカ)
16 心の隙間 Ag2O
SA: Chinks in the Armor of the Heart – Ag2O
寺戸信寿 神山健治 橘正紀 浅野恭司
玄馬宣彦(メカ)
17 未完成ラブロマンスの真相 ANGELS' SHARE
SA: The True Reason For The Unfinished Love Affair – ANGELS' SHARE
櫻井圭記 小倉陳利 下司泰弘 中村悟
18 暗殺の二重奏 LOST HERITAGE
SA: Assassination Duet – LOST HERITAGE
藤咲淳一 吉原正行 丸山宏一
19 偽装網に抱かれて CAPTIVATED
SA: Embraced by a Disguised Net – CAPTIVATED
菅正太郎 安藤真裕 大原実 木崎文智
20 消された薬 RE-VIEW
C: Vanished Medication – RE-VIEW
佐藤大 松本淳 河野利幸 浅野恭司
21 置き去りの軌跡 ERASER
C: Left-Behind Trace – ERASER
河野利幸 竹下健一 新野量太
玄馬宣彦(メカ)
22 疑獄 SCANDAL
C: Corporate Graft – SCANDAL
藤咲淳一 橘正紀 村田俊治
23 善悪の彼岸 EQUINOX
C: The Other Side of Good and Evil – EQUINOX
松本淳 中村悟
24 孤城落日 ANNIHILATION
C: Sunset in the Lonely City – ANNIHILATION
櫻井圭記 橘正紀 下司泰弘 浅野恭司
25 硝煙弾雨 BARRAGE
C: Smoke of Gunpowder, Hail of Bullets – BARRAGE
布施木一喜 後藤隆幸
26 公安9課、再び STAND ALONE COMPLEX
C: Public Security Section 9, Once Again – STAND ALONE COMPLEX
佐藤大 河野利幸 村田俊治

放送局[編集]

放送局 放送期間 放送日時 備考
パーフェクト・チョイス 2002年10月1日 - 2003年11月30日 PPVで1か月間各2話放送
日本テレビ 2004年1月6日 - 6月8日 火曜 25:23 - 25:53 4月より25:10 - 25:40
福岡放送 2004年1月12日 - 6月14日 月曜 25:28 - 25:58
中京テレビ 2004年1月15日 - 6月17日 木曜 26:28 - 26:58
よみうりテレビ 2004年1月19日 - 6月21日 月曜 26:18 - 26:48
長崎国際テレビ 2004年1月19日 - 6月28日 月曜 25:23 - 25:53
ミヤギテレビ 2004年1月20日 - 6月22日 火曜 25:23 - 25:53
福島中央テレビ 2004年1月30日 - 7月23日 金曜 25:28 - 25:58
札幌テレビ 2004年4月9日 - 2005年9月24日 月曜 25:15 - 25:45
山梨放送 2004年4月12日 - 2005年9月27日 火曜 25:40 - 26:10
西日本放送 2004年7月7日 - 12月15日 水曜 25:50 - 26:20
日本テレビ 火曜25:23枠
前番組 番組名 次番組
-
攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX

リリース[編集]

サウンドトラック[編集]

他メディア展開等[編集]

書籍・雑誌(コミック)[編集]

小説作品[編集]

小説版著作者藤咲淳一は、アニメ本編の脚本にも参加している。

コミック版[編集]

衣谷遊によるコミック版が連載中。第1部を週刊ヤングマガジン2010年第2号より2010年第14号まで連載し、第2部からは姉妹誌月刊ヤングマガジンへ移行し、2010年4月14日号より継続。単行本化もされている。

単行本既刊一覧
  1. 2010年4月6日発売 ISBN 978-4-06-375893-1
  2. 2010年11月5日発売 ISBN 978-4-06-375989-1
  3. 2011年8月5日発売 ISBN 978-4-06-376099-6
  4. 2012年3月6日発売 ISBN 978-4-06-376602-8

ゲーム[編集]

パチンコ・パチスロ[編集]

  • パチンコ:新世紀ぱちんこCR攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX(2012年9月、オッケー.)(公式サイト
    京楽産業.フィールズの合弁ブランド・オッケー.の、約7年ぶりとなる新作機種。
  • パチスロ:パチスロ攻殻機動隊S.A.C.(2013年1月、サミー

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 当初は劇場公開用として制作された。
  2. ^ 先導者や英雄とされるカリスマ性のある者が公開。集合体からのアクセスを集約する機能を有する電脳。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]