中村隆太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

中村 隆太郎(なかむら りゅうたろう、1955年4月15日 - 2013年6月29日)は、日本のアニメ監督演出家千葉県出身[1]

経歴[編集]

マッドハウスで作画を手がけた後、1986年にフリーの演出家になる。この時期に出崎統の影響を受け、原作改変・独特の映像感覚などはそれによるところが大きい。

1994年『グスコーブドリの伝記』で監督デビュー。1998年にアニメ『serial experiments lain』を監督し、脚光を浴びる[2]

2013年6月29日、膵臓癌のため死去[3][4]。58歳没。

監督作品[編集]

ゲームのアニメパート[編集]

参加作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 著名人の葬儀”. 葬儀ベストネット. 2014年9月16日閲覧。
  2. ^ ちなみにlainで知り合った小中千昭も、中村がどの程度の演出家なのか全く知らず、内心不安に思っていたが、一話の絵コンテを見てその飛び抜けた技量に平伏したという。
  3. ^ ちびねこトムの大冒険(アニメの公式twitterアカウント)2013年7月25日付
  4. ^ アニメ監督・中村隆太郎さんが死去 58歳 代表作に「lain」「サクラ大戦」など”. シネマトゥデイ (2013年7月26日). 2013年7月26日閲覧。