てさぐれ!部活もの

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
てさぐれ!部活もの
ジャンル 学園部活動
アニメ:てさぐれ!部活もの(第1期)
てさぐれ!部活もの あんこーる(第2期)
監督 石舘光太郎(第1期) / 石ダテ コー太郎(第2期)
たつき(アニメーション監督)
脚本 石舘光太郎・山口正武・高橋聡之
キャラクターデザイン 毛玉伍長
音楽 井上純一
アニメーション制作 ヤオヨロズ
製作 てさぐれ!製作委員会
放送局 日本テレビ
放送期間 第1期:2013年10月5日 - 12月28日
第2期:2014年1月11日 - 3月29日
話数 第1期:全12話 / 第2期:全12話
漫画
原作・原案など てさぐれ!製作委員会
作画 鈴音ことら
出版社 竹書房
掲載サイト まんがライフWIN
発表期間 2013年10月30日 - 12月20日
話数 全3回
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト アニメ漫画
ポータル アニメ漫画

てさぐれ!部活もの』(てさぐれ ぶかつもの)は、日本テレビアニメ作品。2013年10月から12月まで第1期が、2014年1月より3月まで第2期『てさぐれ!部活もの あんこーる』(てさぐれ ぶかつもの あんこーる)がそれぞれ日本テレビにて放送された。

概要[編集]

直球表題ロボットアニメ』(以下、『直球』と表記)監督の石舘光太郎と同プロデューサーの福原慶匡が再びタッグを組んで製作する、全編コンピュータグラフィックスによるアニメ作品[1]。今作の3DCGソフトウェアセルシェーダーに『Cinema 4D』を[1]、また『直球』でも使われた『MikuMikuDance』(MMD)も使用し、番組で使用されるMMD用オブジェクトデータを公式サイトにて配布する[1]。『直球』と同じく15分枠放送。

『直球』同様、音声収録はプレスコで実施される[1]

内容はてさぐり部という「新しい部活動のあり方を考えるための部活」に所属する女子高生の会話劇で、毎回1つ(第11話のみ2つ)の既存の部活動にスポットをあて前半では「その部活のあるあるネタを語り合う[注 1]」、後半は「その部活のイメージを共有した上で、そこで起こったら楽しいであろうアイデアを大喜利方式で発表し、実践する」というものである[2]。大喜利は基本的に全員が発表するが回によっては1人だけというパターンがある。2期では前半でのある台詞から小規模の大喜利が出るようになった。なお2期の制作は1期放送中に急遽決まった為、序盤では所謂「止め絵」が多く使われていた[3]

各話サブタイトルは、テロップ横やOP直後のカレンダーに表示される草花の花言葉に因む。次回予告は本編ではEDにテロップのみで実施。なお全話の予告からランダムに選ばれた一つを「気まぐれ次回予告」として日テレオンデマンドで本編終了後に配信している。

2014年12月に、事実上の第3期として4コマ漫画みならい女神 プルプルんシャルム』とのコラボ作となる『てさぐれ!部活もの すぴんおふ プルプルんシャルムと遊ぼう』のタイトルで30分枠での放送が発表された[4][5]

登場キャラクター[編集]

部員の苗字は「日本の苗字ランキング上位4位」、名前は「2012年度新生児名前ランキング(女の子)で10位までに入ったもの」からそれぞれ付けられている[6]

「てさぐり部」部員[編集]

鈴木 結愛(すずき ゆあ)
- 西明日香
桃成(とうせい)高校3年生。てさぐり部の部長。帰国子女。明るくリーダーシップと行動力に富む。生徒会副会長を務める他、多くの委員会活動を掛け持ちしているために融通が利くらしく、てさぐり部は正式な部でないにも関わらず体育館を自由に使えている。
第1期で卒業したが、葵が「歳を取らないパターン[注 2]という設定に決めてしまったため、第2期でも登場する。
大喜利では下ネタに走りやすく、特にニプレスにこだわりを見せる。第2期3話では「ニップレ鈴木」というあだ名をつけられてしまった。
佐藤 陽菜(さとう ひな)
声 - 明坂聡美
桃成高校3年生。てさぐり部の副部長で、結愛とは幼馴染。落ち着いた知的な性格。他部員からは「ひーな」と呼ばれる。部員の中では一番の巨乳だが、大喜利では中の人貧乳ネタで弄られる。
結愛と同じく、第1期で卒業したが第2期でも引き続き登場。1期の映像にあったいくつかの不自然な点(カレンダーの各月の日数が現実と違うなど)は、2期で矛盾が起きた場合に「1期はパラレルである」と言い逃れるために陽菜が仕込んだものであることが2期で明かされた。
2期4話の大喜利にて「美術部員なのに絵心を欠いている」と発表したのだが誰もネタを理解することができず、「日テレなんだから笑点見なさい!」と叫んだ。
高橋 葵(たかはし あおい)
声 - 荻野可鈴
桃成高校2年生。率直な性格でやや口が悪く、他の部活のことを話す際に「めんどくさい」「うざい」等ネガティブな表現を用いることが多い。
第2期では3年生となり部長に就任したが、結愛たちの再登場でヒラ部員に戻る。
大喜利ではよく駄洒落を使い、しばしば「ドヤ顔」を決める。
田中 心春(たなか こはる)
声 - 大橋彩香
桃成高校1年生。他部員からは「こはるん」と呼ばれる。「高校では部活動をする」と決めたものの、何をやりたいか決められないままに「見るからにツッコミっぽい」という理由でてさぐり部に入れられる。
髪型はポニーテール。おばあちゃん子だったせいか、趣味がややレトロ風。
ツッコミ役として設定されていたが、大橋によると1期の4話(1回目の収録)の時点でツッコミを放棄しボケ役に移行した[7][8]
第2期では副部長に就任したが、こちらも新入部員の立場に戻っている。
大喜利の意見発表時にはキラキラしたエフェクトがかかるほか、イケメンに甘い。第2期2話で発した「ドンチキ」が原因で3話では「ドンチキ田中」と呼ばれてしまう。
渡辺 美桜(わたなべ みお)
声 - 水原薫
第2期第12話に登場(その前にも第8話で一瞬だけ顔出ししている)。結愛・陽菜の1学年先輩で、てさぐり部(当時は「青春模索部」)の先代部長。葵を部に勧誘した。
豪放な性格だが後輩への想いは強い。彼女を敬愛していた葵は彼女の卒業時に涙ながらに別れを惜しみ、ネクタイを餞別として受け取った。葵は2年生に進級後はそのネクタイを絞めており、他のてさぐり部部員がリボンタイプのネクタイなのに葵だけ棒ネクタイなのはこれが理由である。

その他[編集]

園田 萌舞子(そのた もぶこ)
声 - 上田麗奈
桃成高校3年生。18人姉妹[注 3]の長女。
萌舞子と妹達は全員がピンク髪で目に大きなハイライトが入るという同じ姿(声は全て上田が兼務)となっており、モブキャラクターとしててさぐり部の「部活動を楽しくする新しい試み」のお手伝い役を務める。
第1期第11話では萌舞子他6名の姉妹がてさぐり部の論議に参加している。
第2期ではてさぐり部が体育館にあまり来ない為、姉妹たちだけで部活のようなことをしているのが多い。

スタッフ[編集]

  • 原案・監督 - 石舘光太郎(第1期) → 石ダテ コー太郎(第2期)
  • プロデューサー - 植野浩之、佐々木まりな、吉尾宗太、寺井禎浩
  • スーパーバイザー - cort
  • 構成 - 石舘光太郎
  • 脚本 - 石舘光太郎、山口正武、高橋聡之
  • キャラクターデザイン - 毛玉伍長
  • メインアニメーター - 和菜、鈴木愛
  • キャラクターモデリング - 山田裕城
  • 背景モデリングイラスト - 平安
  • 背景美術 - ゆっこ
  • スタッフコーディネイター - ポンポコP、小野瀬幸一(第2期)
  • 音楽 - 井上純一
  • 音楽プロデューサー - 田中宏太郎
  • 音楽制作 - バップ
  • 音響プロデューサー - 中野徹
  • 制作 - 森實陽三(第1期)→福士睦(第2期)、船越雅史、岡本東郎
  • アソシエイトプロデューサー - 鶴岡祐将
  • アニメーションプロデューサー - 福原慶匡
  • 助監督 - 清田みちよ(第2期)
  • アニメーション監督 - たつき
  • アニメーション制作 - ヤオヨロズ[9]
  • 制作協力 - 吉祥寺トロン、irodori
  • 製作著作 - てさぐれ!製作委員会(日テレvapジャストプロJ.P ROOM

主題歌[編集]

全作詞・全作曲 - 井上純一 / 全編曲 - Hajime(from LiLi

オープニングテーマ「Stand Up!!!!」[10]
歌 - 鈴木結愛(西明日香)、佐藤陽菜(明坂聡美)、高橋葵(荻野可鈴)、田中心春(大橋彩香
歌詞でOP映像の説明を行なうなどのメタフィクション要素を取り入れている。第1期第12話は使用せず。
第2期では歌詞が2番のものになり、冒頭のセリフが毎回変えられている。第1話ではEDで使用。第12話では使用せず。
エンディングテーマ
「12ヶ月」[10](第1期)
歌 - 鈴木結愛(西明日香)、佐藤陽菜(明坂聡美)、高橋葵(荻野可鈴)、田中心春(大橋彩香)
1話ごとに、てさぐり部のダンスの動きを増やしている。第7話より歌詞が2番のものになった。第12話は最後のサビ(2回繰り返し)の特別仕様。
「それぞれの12ヶ月」(第2期・第2話 - 第5話)
歌 - 鈴木結愛(西明日香、第2話)、佐藤陽菜(明坂聡美、第3話)、高橋葵(荻野可鈴、第4話)、田中心春(大橋彩香、第5話)
曲自体は「12ヶ月」と同一。歌い手によっては通常よりキーを下げたものを使う場合がある。
「心春日和」(第2期・第6話)
歌 - 田中心春(大橋彩香)
「ひらめいチャッチャ!」(第2期・第7話)
歌 - 鈴木結愛(西明日香)
「てさぐり部部歌」(第2期・第8話)
歌 - 鈴木結愛(西明日香)、佐藤陽菜(明坂聡美)、高橋葵(荻野可鈴)、田中心春(大橋彩香)
この曲では演奏時のてさぐり部のモーションキャプチャにLiLiのメンバーが協力しており、エンディングでクレジットされている[注 4]
「フウセンカズラ」(第2期・第9話)
歌 - 佐藤陽菜(明坂聡美)
「Call Me "Lazy"」(第2期・第10話)
歌 - 高橋葵(荻野可鈴)
「とりかえっこ」(第2期・第11話)
歌 - 園田萌舞子(上田麗奈)
「ちゃんとStand Up!!!!」(第2期・第12話)
歌 - 鈴木結愛(西明日香)、佐藤陽菜(明坂聡美)、高橋葵(荻野可鈴)、田中心春(大橋彩香)
曲自体は「Stand Up!!!!」と同一。この曲ではメタフィクション要素はなく、文字通り「ちゃんとした」歌詞になっている。

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 取り上げた部活動
第1期
第1話 歓迎 フジ 野球
第2話 純粋な愛情 カーネーション サッカー
第3話 移り気 アジサイ 将棋
第4話 威厳 ユリ 茶道
第5話 憧れ ヒマワリ 自転車
第6話 淋しい愛情 リンドウ 吹奏楽
第7話 乙女の真心 コスモス 新聞
第8話 理想の愛 ツバキ テニス
第9話 内気 シクラメン 演劇
第10話 エゴイズム スイセン 日常系の部活
第11話 恋占い マーガレット 天文チアリーディング
第12話 心の美 サクラ 新しいてさぐり部
第2期
あんこーる第1話 決して離れない フジ サッカー部、自転車競技部
茶道部、野球部
あんこーる第2話 あらゆる試練に耐えた誠実 カーネーション バスケ
あんこーる第3話 あなたは美しいが冷淡だ アジサイ 柔道
あんこーる第4話 あなたは偽れない ユリ 美術
あんこーる第5話 私はあなただけを見つめる ヒマワリ バレー
あんこーる第6話 悲しんでいるときのあなたが好き リンドウ 放送
あんこーる第7話 美的調和 コスモス ラグビー
あんこーる第8話 完璧な魅力 ツバキ 文化祭軽音楽部の代役でステージ出演
あんこーる第9話 猜疑心 シクラメン クイズ研究会
あんこーる第10話 うぬぼれ スイセン 体育祭
あんこーる第11話 秘めた愛 マーガレット 剣道
落語研究会
あんこーる第12話 優美な女性 サクラ 遊園地同好会

放送局[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考
第1期
関東広域圏 日本テレビ 2013年10月5日 - 12月28日 土曜 26:20 - 26:35 日本テレビ系列 製作委員会参加
12月28日は2話連続放送
日本全域 ニコニコ生放送 2013年10月5日 - 11月9日
2013年11月17日 - 12月29日
土曜 26:20 - 26:35
日曜 24:30 - 24:45
ネット配信 終了後、出演声優によるラジオコーナー「てさぐれ!ラジオもの」を同時配信(第2期も同様)
最新話放送前、放送済み全話のリピート配信あり[注 5]
日テレオンデマンド 2013年10月5日 - 12月28日 土曜 本放送終了後配信 最新話1週間無料
「てさぐれ!ラジオもの」も放送終了後にアーカイブ配信(ラジオは全話無料配信)
2013年12月2日 - 12月31日は出演声優による第1話の初見コメンタリー付動画を無料配信
12月28日は2話同時更新
ニコニコチャンネル 有料配信
日テレオンデマンドと同じく、初見コメンタリー付き動画を配信
バンダイチャンネル 2013年10月11日 - 2014年1月3日 金曜 12:00 更新 1月3日は2話同時更新
dアニメストア
AT-X 2014年1月24日 - 4月11日 金曜 22:15 - 22:30 CS放送 リピート放送あり
4月11日は2話連続放送
第2期
関東広域圏 日本テレビ 2014年1月11日 - 3月29日 土曜 27:15 - 27:30 日本テレビ系列 製作委員会参加
日本全域 日テレオンデマンド 土曜 本放送終了後更新 ネット配信 最新話1週間無料
ニコニコチャンネル 2014年1月12日 - 3月30日 日曜 9:00 更新
ニコニコ生放送 日曜 24:00 - 24:15 地上波での最新話放送前、放送済み全話のリピート配信あり
バンダイチャンネル 2014年1月17日 - 4月4日 金曜 12:00 更新
dアニメストア 2014年1月24日 - 4月4日 隔週金曜 12:00 更新 見放題サービス利用者は全話見放題
1回の更新につき2話ずつ配信
AT-X 2014年4月18日 - 6月27日 金曜 22:00 - 22:15 CS放送 リピート放送あり

きまぐれ!次回予告[編集]

本編終了後に配信される約3分ほどの音声コンテンツ。「次回」と銘打っているが何話の予告が配信されるかはランダム。

話数 予告 公開日 扉の貼紙
第1期『きまぐれ!次回予告』
第1回 第9話「内気」 2013年10月9日 いろいろ模索中部
第2回 第7話「乙女の真心」 2013年10月18日 (`・ω・´)部
第3回 第10話「エゴイズム」 2013年10月22日 大人の階段昇り部
第4回 第3話「移り気」 2013年10月29日 団体名未定部
第5回 第5話「憧れ」 2013年11月5日 ○○○○部
第6回 第6話「淋しい愛情」 2013年11月12日 ◎※☆△部
第7回 第12話「心の美」 2013年11月20日 てさぐり部
第8回 第4話「威厳」 2013年11月26日 ななし部
第9回 第8話「理想の愛」 2013年12月4日 ばぶば部
第10回 第11話「恋占い」 2013年12月12日 青春模索部
第11回 第2話「純粋な愛情」 2013年12月24日 ああああ部
第2期『きまぐれ!予告もの』
第1回 第8話「完璧な魅力」 2014年1月13日 -
第2回 第6話「悲しんでいる時のあなたが好き」 2014年1月19日
第3回 第7話「美的調和」 2014年1月26日
第4回 第5話「私はあなただけを見つめる」 2014年2月2日
第5回 第4話「あなたは侮れない」 2014年2月9日
第6回 第12話「最近、新入部員の様子がちょっとおかしいのだが(へごちょ)→優美な女性」 2014年2月16日
第7回 第3話「あなたは美しいが冷淡だ」 2014年2月23日
第8回 第10話「うぬぼれ」 2014年3月2日
第9回 第11話「秘めた愛」 2014年3月9日
第10回 第9話「猜疑心」 2014年3月16日
第11回 第2話「あらゆる試練に耐えた誠実」 2014年3月23日

Webラジオ[編集]

てさぐれ!ラジオもの』は、2013年10月5日から2014年3月29日まで、日テレオンデマンドおよびニコニコ生放送で配信していたWebラジオ。

関連商品[編集]

Blu-ray / DVD[編集]

発売日 収録話 規格品番
BD DVD
第1期
1 2013年12月25日 第1話 - 第4話 VPXY-71282 VPBY-13851
2 2014年1月29日 第5話 - 第8話 VPXY-71283 VPBY-13852
3 2014年2月26日 第9話 - 第12話 VPXY-71284 VPBY-13853
第2期
1 2014年4月23日 第1話 - 第4話 VPXY-71304 VPBY-13884
2 2014年5月21日 第5話 - 第8話 VPXY-71305 VPBY-13885
3 2014年6月18日 第9話 - 第12話 VPXY-71306 VPBY-13886

備考[編集]

「あんこーる」では各巻にて通常のオーディオコメンタリーに加えて「お友達コメンタリー」も実施。出演声優にちなんだゲストを迎えている。

CD[編集]

発売日 タイトル 規格品番
2013年10月23日 てさぐれ!部活もの関連楽曲集 てさぐれ!歌もの VPCG-84951
2014年3月19日 てさぐれ!部活もの あんこーる関連楽曲集 てさぐれ!歌もの あんこーる VPCG-84968

書籍[編集]

  • 「てさぐれ! 部活もの 公式ファンブック てさぐれ! 本もの」竹書房、2014年1月2日発行、ISBN 978-4-8124-9834-7
    後述の漫画版が書き下ろし付きで収録されている。

漫画版[編集]

鈴音ことらの作画による漫画版が2013年10月30日より12月20日まで『まんがライフWIN』(竹書房)にて連載された。全3回。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ また、部活に関する漫画ネタも話し合うが該当する作品が思いつかない場合は、その部活が漫画・アニメ化したらどうなるかという「ぽいぽいネタ」を語り合うことになる。
  2. ^ 劇中では俗語である「パティーン」が使用されている。
  3. ^ 親が3年連続で六つ子を産んでいる。
  4. ^ ドラムはLiLiのメンバーのEmiではなく、金子力也が担当した。
  5. ^ 放送時間変更後も毎週土曜のTV放送開始前に実施。
  6. ^ 加えて、アニメ『ロボットガールズZ』を題材にしたゲーム『ロボットガールズZ ONLINE』にて共演しており、この縁で本作品とのコラボイベントが2014年10月に開催された。

出典[編集]

  1. ^ a b c d テレビアニメ『てさぐれ!部活もの』石舘監督&福原プロデューサーにインタビュー”. アニメイトTV. フロンティアワークス (2013年8月12日). 2013年10月6日閲覧。
  2. ^ 声優の“素の声”が満載!? 新アニメ「てさぐれ!部活もの」の見どころはココだ!”. ニコニコニュースザテレビジョン (2013年10月5日). 2013年10月6日閲覧。
  3. ^ サービス精神にファン大満足! コミケ86『ヤオヨロズ』ブース西明日香ハイタッチ会レポート”. アメーバニュース(ガジェット通信 (2014年8月21日). 2014年8月22日閲覧。
  4. ^ 「てさぐれ!部活もの すぴんおふ プルプルんシャルムと遊ぼう」、制作決定! マンガ「みならい女神 プルプルんシャルム」とコラボ - アキバ総研([[価格.com|カカクコム)、2014年12月13日配信
  5. ^ 続編内容発表 - 公式サイト
  6. ^ 今度のMMDアニメは日常系で“部活”がテーマ! 2013秋アニメ『てさぐれ!部活もの』制作決定”. ガジェット通信 (2013年8月10日). 2013年10月6日閲覧。
  7. ^ └(^ω^ )┐みんなでどんちき ┌( ^ω^)┘『てさぐれ!部活もの』大橋彩香どんちきショー”. アニカン (2014年3月3日). 2014年3月27日閲覧。
  8. ^ みんなで一緒にどんちきどんちき! 『てさぐれ!ぴなふぉあ 大橋彩香どんちきショー(仮)』開催!”. ガジェット通信 (2014年2月28日). 2014年3月27日閲覧。
  9. ^ WORKS|ヤオヨロズ。ただしテロップの表記はなし。
  10. ^ a b てさぐれ!部活もの関連曲集「てさぐれ!歌もの」”. バップ. 2013年8月25日閲覧。

外部リンク[編集]

日本テレビ 土曜 26:20 - 26:35枠
前番組 番組名 次番組
てさぐれ!部活もの
日本テレビ 土曜 27:15 - 27:30枠
てさぐれ!部活もの あんこーる
-