シクラメン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シクラメン
CyclamenPink.jpg
シクラメン
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: サクラソウ目 Primulales
: サクラソウ科 Primulaceae
: シクラメン属 Cyclamen
: シクラメン C. persicum
学名
Cyclamen persicum Mill.
和名
シクラメン、カガリビバナ
英名
Cyclamen

シクラメン (学名 Cyclamen persicum Mill.) はサクラソウ科シクラメン属に属する多年草。 地中海地方原産で、花期は秋から春。の花として有名。和名は「豚の饅頭(ブタノマンジュウ)」と「篝火花(カガリビバナ)」の二種類がある。前者の『豚の饅頭』は、植物学者大久保三郎[1]がシクラメンの英名:sow bread(雌豚のパン=シクラメンの球根が豚の餌になることから命名)を日本語に翻訳した名である。後者の『篝火花』のはシクラメンを見たある日本の貴婦人(九条武子だといわれている)が「これはかがり火の様な花ですね」と言ったのを聞いた植物学者牧野富太郎が名づけた。前者は球根を、後者は花を見て名づけている。尚、現代ではシクラメンに対しては滅多に和名を用いる事が無い。

また、シクラメン属の総称としてシクラメンということもある。

本記事におけるシクラメンは、特に明記しない限りC. persicumとその品種、変種の意味である。

シクラメンの生態[編集]

シクラメンは双子葉植物として分類されているが、実際に土から芽を出す時は一枚しか出てこない。また、子葉から数えて7、8枚目の葉が出た頃から花芽の形成が始まる。また、葉芽と花芽は一対一で発生して行く。花を放って置くとすぐ結実するが、結実させたままにすると株が弱り、最悪枯れてしまうので、採種が目的でも数輪残すだけ、目的でなければ全て取り除くのが好ましい。球根は茎が肥大したもので、乾燥に弱く、分球しない。芽は球根の上部にかたまってつく。

シクラメンの歴史[編集]

シクラメンは元々地中海沿岸、トルコからイスラエルにかけて原種が自生している。名前は受粉後に花茎が螺旋状に変化する性質からギリシア語のキクロス(kiklos:螺旋・円)から命名された。古来は花ではなく、塊茎澱粉を注目され、サポニン配糖体シクラミンCyclamin)を含む有毒にもかかわらず「アルプスのスミレ」などの美称があり、食用とされていた。大航海時代以後ジャガイモがもたらされると、シクラメンを食用にする習慣はなくなった。

シクラメンの花に着目して品種改良が行われたのはドイツである。シクラメンの原種の中でもシクラメン・ペルシカムに注目して、品種改良が進められた。

花色もピンクほか白、赤、黄などバラエティに富んだものができた。

シクラメンに関する伝説で、草花好きだったソロモン王王冠に何か花のデザインを取り入れようと思い様々な花と交渉するが断られ、唯一承諾してくれたシクラメンに感謝すると、シクラメンはそれまで上を向いていたのを、恥ずかしさと嬉しさのあまりにうつむいてしまった、というものがある。

アプレイウスは著書「本草書」の中で、シクラメンを鼻に詰めると脱毛に効果があると指摘している[2]

日本でのシクラメン[編集]

鉢植えのシクラメン。日本ではシクラメンは最も生産されている鉢植え植物である。

日本には明治時代に伝わった。日本での本格的な栽培は、岐阜県恵那市の伊藤孝重の手により始まった。シクラメンは高温多湿の日本の気候に合わず、様々な栽培方法が模索された。

戦後、急速に普及し、日本での品種改良も進められ、花色も黄色や二色、フリンジ咲き、八重咲きなどが登場。日本における鉢植え植物では生産量はトップクラスで、冬の鉢植えの代表格として定着している[3]

「死」「苦」との語呂合わせ、花の赤色は血をイメージするなど、病院への見舞いにこの花や鉢植えを持っていく事は縁起が悪い組み合わせとされている(鉢植えは「植え」が「飢え」、「根付く」が転じて「寝付く」となる語呂合わせのため)。ただし、これには科学的な根拠があるわけではない。

ミニシクラメン[編集]

従来、鉢で育てる室内観賞用のシクラメンが一般的であったが、原種との交雑により、1996年(平成8年)に埼玉県児玉郡児玉町(現本庄市)の田島嶽が屋外に植栽可能な耐寒性のあるミニシクラメンの系統を選抜し、「ガーデンシクラメン」として売り出したのがこの種類のシクラメンの始まりである。この「ガーデンシクラメン」はガーデニングブームの波に乗り流行し、全国で生産が始まり、瞬く間に普及した。

香りシクラメン[編集]

通常、栽培種のシクラメンは全く香りがしないか、香りが薄いのが一般的である。前述のとおり栽培種のシクラメンはドイツにおいてC.persicumという種から花が大きくて綺麗なものを長年に渡り選抜していった結果、香りは注目されずに徐々に失われていったためである。これは、この種のシクラメンの香気は埃・乾燥した木材様のセスキテルペンという成分が主体であり、一般に臭いと感じる事に起因する。

なお、日本では布施明の歌『シクラメンのかほり』(小椋佳作詞・作曲)が1975年(昭和50年)にヒットしたことによってシクラメンの香気に対する期待感や要望が表れるようになった。

このため、一般の栽培種のシクラメン生産者や育種家らの手によって香りのシクラメンの育成がされてきた。これは、C. persicum種の中に僅かに含まれる香気であるシトロネロールというバラ様の香気成分が突然変異などにより比較的に多く含まれるものを選抜したものであるが、親の遺伝によって香りが良くないとされるセスキテルペンの香気成分も無くならない事が多いため、基本的な香り成分の種類には差が少なく芳香なシクラメンの作成は困難であった。

このようななか、1996年(平成8年)に埼玉県農林総合研究センター園芸支所(現園芸研究所)がバイオテクノロジーを用いて、栽培種であるC.persicum種と芳香を有する野生種であるC.purpurascens種との種間交雑[(2n=2x=48)×(2n=2x=34)=(n=41)]を行い、種子で増殖可能な交雑種(2n=82)の2系統の育成に世界で初めて成功した。

C.purpurascensの原種は、花は小さく質素であるが、バラ様の香気成分であるシトロネロールやシナミルアルコールというヒアシンス様の香気成分、スズラン様の香気成分を発する種である。

この種間交雑により、花や株は一般の園芸種のように大きく、香りはこの野生種の芳香が大きな花から多く発せられる、いわゆる「芳香シクラメン」が誕生することとなり、従来の園芸種とは全く違うバラとヒアシンスを合わせたような香気を持つ栽培用シクラメンが一般に流通するに至った。

現在、埼玉県がこの芳香シクラメンについて花色の違う3品種の育成を行い、「孤高の香り」「麗しの香り」の2品種を種苗登録するとともに「香りの舞い」の1品種を出願している。

このことにより、これまで花の“色”と“形”しか品種の違いがなかったシクラメンに“香り”という新たなアイテムが加えられ、消費者の選択肢が広がった。

原種シクラメン[編集]

これまでの園芸用のシクラメンはC.persicumという一種から改良された品種であった。しかし、ガーデンニング人気の高まりとともに、野趣の富む「原種シクラメン」にも注目が集まり、園芸種の原種のほか、別の種に属する野生種が一部の収集家によって栽培されている。特に、C.hederifoliumC.coumなどの種は流通量が多く購入しやすい。

なお、これら野生種の多くはヨーロッパ原産であるが、現在は条約により輸入できなくなっている。

シクラメンの種類[編集]

現在、鉢植えとして品種改良が進められ、一般に入手できるのはシクラメンのなかでもシクラメン・ペルシカム(Cyclamen persicum)である。

シクラメンの仲間(シクラメン属Cyclamen)は中近東及び地中海沿海地域に自生しており、多くの種類が知られている。それらの一部は「原種シクラメン」として市場に出回っている。以下に原種を挙げる。

  • Cyclamen africanum Boiss. et Reut.
  • C. alpinum Dammann ex Sprenger
  • C. atkinsii T. Moore ex Lem.
  • C. balearicum Willk.
  • C. cilicium Boiss. et Heldr.
  • C. colchicum (Albov) Albov
  • シクラメン・コウム C. coum Mill.
  • C. creticum (Dorfl.) Hildebr.
  • C. cyprium Kotschy
  • C. elegans Boiss. et Buhse
  • C. graecum Link
  • C. hederifolium Aiton
  • C. intaminatum (Meikle) Grey-Wilson
  • C. libanoticum Hildebr.
  • C. mirabile Hildebr.
  • C. parviflorum Pobed.
  • C. peloponnesiacum (Grey-Wilson) Kit Tan
  • C. persicum Mill.
  • C. pseudibericum Hildebr.
  • シクラメン・プルプラセンス C. purpurascens Mill.
  • C. repandum Sm.
  • C. rohlfsianum Asch.
  • C. somalense Thulin et Warfa
  • C. trochopteranthum O. Schwarz

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 東京大学植物標本室に関係した人々
  2. ^ アリス・M・コーツ「花の西洋史事典」(八坂書房) 177項
  3. ^ 株エイト 「鉢植えの主役」

外部リンク[編集]