五反田

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
JR五反田駅

五反田(ごたんだ)は東京都品川区の北部にある、JR山手線東急池上線都営地下鉄浅草線五反田駅を中心とした地域名である。住所表記上「五反田」という地名は現存せず、西五反田東五反田と五反田を冠した地名が存在している。東京城南区域の中核地としてビジネス街、繁華街、風俗街として栄えている。特に東側は高級邸宅街としても歴史があり、旧正田邸皇后美智子の実家)があったことでも有名である。

五反田駅とその周辺については「五反田駅」を参照

概要[編集]

ポーラ本社

五反田駅周辺から西方面は主にオフィス街繁華街であり、事業所や飲食店が密集している。下記に挙げるように大手企業の本社も多数存在する。ポーラ本社、TOC本社(TOCビル)、学研ホールディングス(旧・学習研究社)本社などの大手企業本社も多数存在する。かつてはソニー本社(現在は御殿山テクノロジーセンター)の最寄り駅であったため、「ソニー村の玄関口」としても知られていた。(五反田駅東口から品川駅方面に伸びる「八ツ山通り」は通称「ソニー通り」とも呼ばれている。)都市銀行の支店がすべて駅周辺に揃っており、大崎郵便局シティバンク城南信用金庫(信用金庫中の預金量・貸出金量第2位)本店も立地している事から、金融需要のある街と言える。また、東五反田2丁目付近は近年、再開発地区として注目されており、大崎周辺と共に大崎副都心を形成している。

駅周辺の繁華街を抜けると、東五反田3丁目・5丁目を中心として由緒ある武家屋敷跡の邸宅街・参議院公邸・外国大使館・大学などがある。駅から離れると緑地の多いエリアが広がっており、これにより都心から港区まで続く市街地が分断されてしまっている。

2008年春には東急電鉄JR東日本五反田駅に直結した複合商業施設を相次いで開業し、都市再開発(東五反田2丁目計画・御殿山プロジェクト)に伴い、超高層マンションや低層オフィスなどが現在も急ピッチで計画・整備がされており、ここ数年で駅周辺・街全体が大きく変貌している。

五反田駅の西側地域(西五反田)は桜田通り(国道1号)、八ツ山通り沿いを中心として主にオフィス街繁華街となっており、駅から離れたTOCビル周辺の西五反田7丁目・8丁目まで広い範囲で続いている。また、首都高速2号目黒線を超えた桐ヶ谷・東急不動前駅の周辺は主に住宅エリアとなっていて、東西に走る目黒川は桜の名所でもあり、春には多くの花見客で賑わう。

五反田駅の東側地域(東五反田)は駅前の一角が(五反田有楽街)となっている。繁華街の裏側には通称「島津山」・「池田山」・「御殿山」(住所表記上は北品川」)と呼ばれる住宅地が広がっており、職住近接が実現されている。

地名の由来[編集]

江戸時代に「五たんだ」として出現した地名。目黒川の谷がほぼ東西に流れ、その谷周辺の水田が一区画が5反(約5000m²)あったために名づけられたと思われる。五反田は大崎村の小字であり周辺でしか知られていない地名であったが、1911年に山手線の五反田駅が開業し、星一が大規模な製薬工場(星製薬)を建設したことで知られるようになった。

交通[編集]

主な施設[編集]

五反田[編集]

西五反田[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 所在地は品川区大崎4丁目だが、西五反田8丁目に隣接する。
  2. ^ ソニー 『タイムカプセル』 2012年6月19日閲覧。

関連項目[編集]