不動前駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
不動前駅
駅舎(2006年4月30日)
駅舎(2006年4月30日)
ふどうまえ - Fudō-mae
目黒 (1.0km)
(0.9km) 武蔵小山
所在地 東京都品川区西五反田五丁目
駅番号  MG 02 
所属事業者 東京急行電鉄(東急)
所属路線 目黒線
キロ程 1.0km(目黒起点)
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
28,918人/日
-2013年-
開業年月日 1923年大正12年)3月11日
備考 1923年10月 目黒不動前駅より改称
ホーム(2008年8月20日)

不動前駅(ふどうまええき)は、東京都品川区西五反田五丁目にある東京急行電鉄目黒線である。

歴史[編集]

駅名の由来[編集]

目黒不動尊として知られる瀧泉寺の最寄り駅として設置されたことに由来する。

「目黒不動前駅」からすぐに「不動前駅」に変更されているが、この近辺では目黒不動のことを「お不動さん」と言われていたことに着目した目黒蒲田電鉄専務取締役五島慶太は、当駅が目黒不動への一番の最寄り駅であることをアピールするため、あえて紛らわしい「目黒」を抜いて「不動前駅」にして集客を増やしたとされる。

当駅から目黒不動尊までは約650m離れている(徒歩8分)。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する高架駅。駅舎にはドトールコーヒー認証保育所(パレット保育園不動前)、神戸屋が入居している。

当駅から武蔵小山駅までの間が2006年7月2日に地下化されたことで、目黒線は地下に立地する目黒駅を出るとすぐ地上部となり、当駅の直前で高架橋を走行し、当駅を出ると武蔵小山駅に向けてまた地下に入る構造となっている。

トイレは1階改札口内にある。ユニバーサルデザイン配慮の一環として、多機能トイレも設置されている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 目黒線 下り 大岡山多摩川日吉方面
2 目黒線 上り 目黒N南北線 赤羽岩淵
埼玉高速鉄道線 浦和美園I三田線 西高島平方面

利用状況[編集]

2013年度の一日平均乗降人員は28,918人である[1]。近年の一日平均乗車人員は下記の通り。

年度 1日平均
乗車人員
出典
1990年 14,948 [2]
1991年 15,178 [3]
1992年 14,932 [4]
1993年 14,745 [5]
1994年 14,236 [6]
1995年 14,413 [7]
1996年 14,781 [8]
1997年 14,384 [9]
1998年 13,866 [10]
1999年 13,566 [11]
2000年 13,989 [12]
2001年 14,679 [13]
2002年 15,208 [14]
2003年 15,721 [15]
2004年 15,745 [16]
2005年 15,172 [17]
2006年 14,819 [18]
2007年 15,096 [19]
2008年 15,005 [20]
2009年 14,537 [21]

駅周辺[編集]

駅周辺道路は道幅が狭く、一方通行が多い。駅前に少数の商店がある以外は、閑静な住宅街になっている。

バス路線[編集]

駅前広場は狭く、路線バスは乗り入れていない。最寄りバス停留所は北東に約150m離れた山手通り沿いの東急バス「不動前駅入口」である。

隣の駅[編集]

東京急行電鉄
目黒線
急行
通過
各駅停車
目黒駅(MG01) - 不動前駅(MG02) - 武蔵小山駅(MG03)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]