目黒川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
目黒川
Meguro Meguro River Cherry Trees 1.JPG
春の目黒川(目黒区三田、田道橋より)
水系 二級水系 目黒川
種別 二級河川
延長 7.82 km
水源の標高 -- m
平均流量 -- /s
流域面積 45.8 km²
水源 武蔵野台地世田谷区
河口・合流先 東京湾品川区
流域 東京都
テンプレートを表示

目黒川(めぐろがわ)は、東京都世田谷区目黒区および品川区を流れ東京湾に注ぐ河川二級水系の本流である。

河口付近では古くは「品川」(しながわ)といい、湾岸開発が進む以前は河口付近で流れが湾曲していて流れが緩やかであったため、古くはとして使われ、の行き交っていたであった。これが「品川」の起こりとされる。

江戸時代の絵図などでは、その上流の下目黒付近では「こりとり川」と記され、江戸時代に目黒川と記した絵図はない。「こりとり」は「垢離取り」の意味でこの川で身を清めてから目黒不動尊に詣でたのである[1]

地理[編集]

目黒川起点。右から北沢川が、左から烏山川が合流する。

東京都世田谷区三宿の東仲橋付近で北沢川烏山川が合流して目黒川となり南東へ流れ、品川区の天王洲アイル駅付近で東京湾に注ぐ。

起点(北沢川と烏山川の合流点)から国道246号大橋までの600m強の区間は暗渠化され、それと併せて地表部分には人工のせせらぎを抱いた緑道(目黒川緑道)が整備されており、カルガモザリガニなど様々な生物が住み着いている。大橋より下流は開渠となっている。現在、「清流復活事業」として、目黒川を流れる水の大部分は新宿区東京都下水道局落合水再生センターで下水を高度処理したものを導いている。

目黒区の辺りでは並木があり、花見の時期には多くの見物客でにぎわう。

流域の自治体[編集]

支流[編集]

ほとんどは暗渠化され、その多くは緑道として整備されている。目黒区内の河川図・緑道図

  • 北沢川(北沢用水)
    かつての流路のうち世田谷代田駅南方から烏山川との合流点やや下流までの間は、世田谷区の「ふれあいの水辺事業」により、暗渠の上に人工のせせらぎが再現されている。
  • 烏山川(烏山用水)
    北沢川とともに世田谷区による緑道整備の主要な対象となっている。環八沿い(蘆花恒春園北方)に約300mにわたって開渠が遺るが、水は流れていない。
  • 空川
    緑道化されていない。主たる水源地は駒場野公園として保全されている。
  • 蛇崩川
  • 谷戸前川
  • 羅漢寺川
    一部は緑道化されている。その緑道の数か所から湧水が出ており、目黒不動尊にある滝と池からも流入している。主たる水源地は目黒区清水にある清水稲荷付近とされている。

橋梁[編集]

大橋(国道246号)
中の橋 (歩行者専用)

北沢川と烏山川の合流点より記載。

歌川広重名所江戸百景・目黒太鼓橋 夕日の岡』 1857年安政4年)。
目黒区目黒、目黒新橋より

関連項目[編集]

この川をモチーフにした楽曲を複数の歌手が発表している。

公表年 歌手名 曲名 収録アルバム名
2002年 KAB. 目黒川 向日葵
2004年 奥井亜紀 目黒川 cyclong
2010年 miwa めぐろ川 don't cry anymore

脚注[編集]

  1. ^ 山本和夫『目黒区史跡散歩』学生社、1992年、p73

外部リンク[編集]