攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG
ジャンル SFアニメ
アニメ
原作 士郎正宗
監督 神山健治
シリーズ構成 神山健治
キャラクターデザイン 後藤隆幸西尾鉄也
下村一(オリジナルキャラ)
メカニックデザイン 寺岡賢司、常木志伸
音楽 菅野よう子
アニメーション制作 Production I.G
製作 攻殻機動隊製作委員会
放送局 パーフェクト・チョイス
日本テレビ系列(2005年
放送期間 2004年1月 - 2005年1月
話数 全26話
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト アニメ
ポータル アニメ

攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG』(こうかくきどうたい スタンドアローンコンプレックス セカンドギグ)は、『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』の続編となるSFTVアニメスカパーパーフェクト・チョイスでは2004年より放送された。前作で解散に追い込まれた公安9課が再結成してからの物語となっている。

概要[編集]

スタッフは前作の『S.A.C.』とほぼ同じであるが、ストーリーコンセプトに押井守が参加している。

本作は『S.A.C.』から2年後の西暦2032年が舞台となっている。「個別の11人」を名乗るテロリストの事件を発端に、公安9課復活の経緯から9課と敵対する内閣情報庁の登場と暗躍、個別の11人事件と、それに伴うクゼの登場からその追跡の模様、その他一話完結のストーリーを織り交ぜながら展開していく。後半は内閣情報庁の情報操作や工作活動によって国民の難民への不信感と反発がさらに増し、その結果として生じた招慰難民の一斉武装蜂起、クゼによる「革命」や自衛軍による出島総攻撃、米帝による出島への核攻撃などが描かれる。

2006年には「個別の11人事件」を描いたエピソードを約160分にまとめた『攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX Individual Eleven』が制作され、DVDでリリースされた。

登場人物[編集]

用語[編集]

内閣情報庁
別名「内庁」。内閣情報調査室と安全保障会議(現:国家安全保障会議及び国家安全保障局)、外務省国際情報局(現:外務省国際情報統括官組織)などを統合して作られた「内閣報道庁」が、省庁再編を機に名称変更して誕生した、最も新しい行政組織である[1]防衛省防衛局(現:防衛政策局)からも大量の人材を受け入れており、合田も防衛省から内庁にヘッドハンティングされて入庁した。内閣官房長官の下、国内外問わず情報の収集、分析および操作を行う。合田が代表補佐官を務める「戦略影響調査会議」は、国内外の情報収集、分析だけでなく、自衛軍の国内外での活動について、非合法な情報活動を行っている。また、組織力では9課を凌ぐ。
『SECTION-9』では、『2nd GIG』での官房長官と代表補佐官の顛末が原因で内庁は廃止されている[2]
招慰難民
大戦によりアジア各地で発生した難民を、日本政府が安価な労働力として招き入れたもの。その数は300万人を超える。日本に帰化することを頑なに拒み、民族としてのアイデンティティを維持ししたまま、日本政府の難民対策事業に依存しており、戦後復興以降に労働力過剰となって冷遇されている関係で、難民の不満が蓄積しているほか、日本国民からは「税金を無駄に喰らっている」「日本に帰化することすらしない難民のために増税を強いられた」として、彼らへの反感や憎悪が増している。
出島
「新出島」とも称される人工島。全国5箇所に置かれている招慰難民居住区の一つ。
正式には「九州招慰難民居住区出島キャンプ」。出島の名のとおり長崎市稲佐山北西方、相川集落沖の人工島に設置されている。陸との間に長い橋(出島大橋)があり、橋には県警の警備隊による厳重な検問所が設置され、自由に出入り出来ないようになっている。
他に、網走函館東京(関東招慰難民居住区)、新浜(もしくは北海道、関東、神戸、新浜)に難民居住区がある[注 1]
出島は国内に点在する5箇所の招慰難民居住区の中では最大規模であり、戦後荒廃した都市を再利用した他の難民居住区とは違い、初めから新しい住居を設けて作られたフロート式洋上都市である。当初は仮設住宅だけであったが、現在では香港島タイバンコク並みにエネルギーに満ちた無国籍都市となっている。中央ゲートを通らずとも交易を行えるように非合法の港まで設けており、難民達の難民達による難民達のための「聖地」になりつつあった[7]
このほか、シアク共和国出身者を中心に大阪の廃墟区域に闇市場が立ち並ぶ難民街を形成しており、スラム街化している。また、一部が武装難民化している。このため、日本政府は政府主導で大阪の再開発事業を行っているほか、内務省を通じて9課に武装難民の排除を命じている[8]
初期革命評論集
パトリック・シルベストルによって書かれた書籍で、正式タイトルは「国家と革命への省察 初期革命評論集」。「第三身分の台頭」、「支配からの脱却」、「王朝の終焉」、「社会主義への希求」、「狂喜前夜」、「との別離」、「カストロゲバラ」、「虚無の12年」、「原理への回帰」の9編と、作者自身が遭遇し革命指導者への憧れを掻き立てられた「五月革命」の1編、あわせて10篇からなる書物である。
幻の一編とされる「個別の11人」は「五・一五事件能楽と照らし合わせ評論したもの」「作者が五・一五事件を最後まで革命と定義付けることが出来ず封印したため初版はたった20冊のみが発行された」「五・一五事件と能楽を照らし合わせ、成功しても失敗しても一度きりという共通の性質から、革命を指揮する英雄の人間としての命の輝きを評価した」とされ、個別主義者の聖典とされる。しかしこの「個別の11人」は実際には存在せず、その正体は巧妙に偽装されたコンピュータ・ウィルスで、内閣情報庁の合田一人が作ったものであった。
タイトルはパトリック・シルベストルのモデルとなった三島由紀夫の『近代能楽集』がモデルになっている[9]。(詳細は下記「初期プロットからの変更」節を参照)
個別の11人
第1話において中国大使館を占拠した9人のテロリストグループ。アジア難民の受け入れ即時撤廃と、出島など国内に5箇所ある招慰難民居住区の完全閉鎖を求め、承諾しなければ人質を殺すとの声明を発表したが、県警SWATの突入直前に開始された公安9課による強襲作戦によってテロリストは制圧された。この事件は9課再編の足掛かりとなった。
事件後、内閣情報庁代表補佐官の合田一人が「個別の11人ウィルス」を作成。このウィルスは、「初期革命評論集」を電脳内に保持していることによって感染するように仕組まれていた。感染者の中から、発症因子を満たしている者のみウィルスが発症し、「難民を攻撃することで難民の蜂起を促す」という行動(「奉仕」と呼ばれる)を始め、最終的には「英雄の最後は死によって締めくくられる」という思想に従って自殺や集団自決をすることになる。ウィルスの発症因子は「義体化率が高い」「義体化以前の生身の時に童貞であった」というものである。また、ウィルスが発症した者は「初期革命評論集」の中に幻の一編「個別の11人」が存在していると思いこみ、「個別の11人」を「聖典」と呼ぶ。
クゼは「個別の11人ウィルス」が発症したが、「難民を攻撃することで難民の蜂起を促す」という行動に疑問を感じ、最終的に集団自決を思いとどまる。後にハブ電脳を介しておよそ300万人の難民の指導者となって、日本政府に出島を独立国として認めさせるために戦うこととなる[注 2]
劇中登場する「個別の11人」マークのデザインは、かつてエイフェックス・ツインのロゴも手がけたポール・ニコルソンによるもの。ニコルソンは前作においても「笑い男」のロゴを手がけていた。
難民問題
第4次非核大戦によってシアク共和国が崩壊し、アジア全域に難民が発生する。中国などは難民の受け入れを拒否するが、当時、戦後復興のため安価な労働力を必要としていた日本政府は、アジア難民の受け入れを決定。招慰難民対策特別措置法を制定し、網走・函館・東京・新浜・出島(もしくは北海道・関東・神戸・新浜・新出島)の5箇所[注 1]に招慰難民居住区を設置し、戦後復興と国際貢献を国際社会にアピールした。しかし拡大する招慰難民居住区の確保と、難民の生活保障のために多くの税金が投入されているということに世論が批判的に転化し、安価な労働力が失業率を押し上げているという論調もあいまって、日本社会全体に難民受け入れに対する嫌悪感が広がっていく。これが難民問題の発端である。
その後、難民嫌悪の世論を体現する「個別の11人」という反難民テロ集団が出現、難民に関連する企業や政治家や個人などに対しテロを起こしたり暗殺したりする事件が頻発化し、これにいよいよ世論は同調、対する難民も国民との摩擦にどんどん追い詰められて自爆テロを起こす一派まで発生するに至る。
茅葺首相は難民対策特別措置法を廃止し、難民利権の解体とそれによる財政赤字の解消を目標に、難民受け入れの無期限停止と難民居住区の段階的縮小、そして難民帰化政策によって招慰難民を日本国国民として強制帰化させるという政策を推し進めようしていた。
作品内では所々五・一五事件に触れる部分が出て来るが、それは五・一五事件が上記に似て当時の世論や風潮を体現する様な思想内容であったこと、首謀者達も世論から同情や共感、果ては英雄視までされる見方まで現れていたこと、また、パトリック・シルベストルのモデルとなった三島由紀夫も、五・一五事件や二・二六事件の思想的影響を強く受け、戦後、自衛隊クーデターを起こすよう促していたことなどが挙げられる。
南陽新聞
日本の新聞社の一つ。日本の難民政策に対して左寄りのスタンスを取っており、それが原因で個別の11人から三度、社屋に銃弾を撃ち込まれる被害にあっている[10]
新宿大深度地下原発
大戦前、新宿大深度地下に極秘裏に建造された原子力発電所であり、第6話においてトグサによりその存在が確認された。完全防護した陸上自衛軍が警備している。
レンジャー4課
陸上自衛軍の中でも精鋭中の精鋭で構成された特殊部隊で、バトーも以前そこに属していた。最新式の熱光学迷彩を装備し、全員がバトーと同じ型のレンズ型義眼を装着している。第24話より登場。
八一軍旗
中国軍が使用している軍旗。中国人民解放軍のエンブレムに八一の文字があることから。

作品に影響を与えた事件[編集]

アメリカ同時多発テロ事件[編集]

2001年9月11日に、アメリカ合衆国で同時多発テロ事件が発生しており、『2nd GIG』では、9.11以降の戦争を描くことが作品のテーマの一つとなっている[9]。『攻殻機動隊』テレビアニメ化の当初の段階では、『S.A.C.』全26話で終了する予定であり、そのようにプロットが構築されていた。『S.A.C.』第2話完成時に急に26話追加して全52話にすることになり、『S.A.C.』の制作と同時に『2nd GIG』のシリーズ構成が行われ、『2nd GIG』にはストーリーコンセプトとして押井守が参加することが決定した。押井は神山に「9.11以降の戦争を描け」というテーマを投げかけ、そこから「招慰難民」という設定が作品の中核に据えられた[9]

九州南西海域工作船事件[編集]

2001年12月22日に、巡視船不審船と交戦の末、不審船が自爆と思われる爆発を起こし沈没する事件があった。この不審船は、調査で北朝鮮工作船であることが判明した。この事件を受け、押井は神山に、作品内で不審船を描くよう指示した[11]。神山によると、これが押井の指示の中で一番具体的なものであったという。

初期プロットからの変更[編集]

元々『S.A.C.』におけるサリンジャーに当たるものとして、セカンドシーズンである『2nd GIG』では三島由紀夫が考えられていた。神山は『S.A.C.』で「赤報隊」の問題にやり残した感があったと考え、『2nd GIG』で日本における右翼在日というテーマを扱おうとした。そのために「個別の11人」という素材を採用し、三島由紀夫がその中核に据えられていた。三島由紀夫の『近代能楽集』は9編で構成されているが、神山はこれに「ロングアフターラブ」を足した10編とするという逸話を聞き、さらに幻の1編が存在し、それが「個別の11人」だったという設定を考えていた[9]。しかし、事前の聞き取りでは、三島の作品をこのような形で使うことは許可を取るのが不可能であるという意見が多く、また右翼団体が会社に来る可能性まで勘案し、そこまでのリスクは負えないと判断し、プロットの段階でこのアイデアは断念された[12]

三島は1960年代のフランスの思想家シルベストル(架空の人物)に、『近代能楽集』の幻の1編であった「個別の11人」は、シルベストルによる「初期革命評論集」の幻の1編に変更された。神山はこの変更に対し、現実に存在する危ないネタをスポイルしながら始めてしまったため、自分の中で少しずつリアリティが失われていったと述べている。神山のスタイルは、皮膚感覚を作品に投影していくというものであるが、三島であれば皮膚感覚的にひりひり来ていたいのが、架空の思想家シルベストルに変更することでぼんやりしてしまったため、その時点で全体の方針を再考すべきだったかもしれないと振り返っている。思想家の東浩紀はこれに対し、シルベストルに変更したことで、含意が大幅に薄くなり、リアルさが失われたと指摘している[12]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ[編集]

「rise」
作詞 - Tim Jensen、Origa / 作曲・編曲 - 菅野よう子 / 歌 - Origa
「Christmas in the silent forest」
作詞 - Shanti Snydar / 作曲、編曲 - 菅野よう子 / 歌 - Ilaria Graziano
  • 地上波放送用

エンディングテーマ[編集]

「living inside the shell」[注 3]
作詞 - Shanti Snyder / 作曲・編曲 - 菅野よう子 / 歌 - Steve Conte
「snyper」[注 4]
作詞 - Tim Jensen / 作曲・編曲 - 菅野よう子 / 歌 - Ilaria Graziano
  • 地上波放送用

エピソード[編集]

IN: individual (個別の11人)エピソード  DI: dividual(分離・単独)エピソード  DU: dual(複合)エピソード

# タイトル
英題 (英語版参照)
脚本 絵コンテ 演出 作画監督
1 再起動 REEMBODY
DI: Reactivation – REEMBODY
櫻井圭記 橘正紀 中村悟
2 飽食の僕 NIGHT CRUISE
DI: Well-Fed Me – NIGHT CRUISE
菅正太郎 安藤真裕 竹下健一 清水ひろし
3 土曜の夜と日曜の朝 CASH EYE
DI: Saturday Night and Sunday Morning – CASH EYE
佐藤大 西村純二 布施木一喜 新野量太
4 天敵 NATURAL ENEMY
DU: Natural Enemy – NATURAL ENEMY
藤咲淳一 吉原正行 丸山宏一
5 動機ある者たち INDUCTANCE
IN: Those Who Have the Motive – INDUCTANCE
佐藤大
神山健治
布施木一喜 竹下健一 後藤隆幸
6 潜在熱源 EXCAVATION
DI: Latent Heat Source – EXCAVATION
藤咲淳一
神山健治
下司泰弘 河野利幸 浅野恭司
7 狂想は亡国の調べ 239/94Pu
DU: The Rhapsodic Melody of a Bygone Nation – 239/94Pu
西村純二 川崎逸朗 村田俊治
8 素食の晩餐 FAKE FOOD
DI: Vegetarian Dinner – FAKE FOOD
佐藤大
神山健治
布施木一喜 新野量太
9 絶望という名の希望 AMBIVALENCE
DU: The Hope Named Despair – AMBIVALENCE
佐藤大
神山健治
松家雄一郎
岡村天斎 竹下健一 浅野恭司
10 イカレルオトコ TRIAL
DI: One Angry Man – TRIAL
櫻井圭記 河野利幸 村田俊治
11 草迷宮 affection
IN: Kusanagi's Labyrinth – AFFECTION
大松裕
神山健治
松本淳 中村悟
12 名も無き者へ SELECON
IN: To Those Without Even a Name... – SELECON
橘正紀 後藤隆幸
13 MAKE UP
DI: Face – MAKE UP
布施木一喜 川崎逸朗 新野量太
14 左眼に気をつけろ POKER FACE
DI: Beware the Left Eye – POKER FACE
櫻井圭記
神山健治
吉原正行 西尾鉄也
15 機械たちの午後 PAT.
DI: Afternoon of the Machines – PAT.
布施木一喜 竹下健一 中村悟
16 そこにいること ANOTHER CHANCE
IN: The Fact of Being There – ANOTHER CHANCE
神山健治 橘正紀 後藤隆幸
17 修好母子 RED DATA
DI: Mother and Child – RED DATA
菅正太郎 川崎逸朗 浅野恭司
18 天使の詩 TRANS PARENT
DI: Angel's Poem – TRANS PARENT
神山健治 吉原正行 河野利幸 芝美奈子
19 相対の連鎖 CHAIN REACTION
IN: Chain Reaction of Symmetry – CHAIN REACTION
布施木一喜 新野量太
20 北端の混迷 FABRICATE FOG
IN: Confusion at the North End – FABRICATE FOG
松本淳 竹下健一 中村悟
21 敗走 EMBARRASSMENT
IN: Escape in Defeat – EMBARRASSMENT
吉原正行 小西賢一
22 無人街 REVERSAL PROCESS
DU: Abandoned City – REVERSAL PROCESS
佐藤大
神山健治
川崎逸朗 後藤隆幸
23 橋が落ちる日 MARTIAL LAW
IN: The Day the Bridge Falls – MARTIAL LAW
神山健治 河野利幸 浅野恭司
24 出島、空爆 NUCLEAR POWER
IN: Aerial Bombing of Dejima – NUCLEAR POWER
橘正紀 新野量太
25 楽園の向こうへ THIS SIDE OF JUSTICE
IN: To the Other Side of Paradise – THIS SIDE OF JUSTICE
松本淳 中村悟
寺岡賢司・玄馬宣彦(メカ)
26 憂国への帰還 ENDLESS∞GIG
IN: Return to Patriotism – ENDLESS∞GIG
神山健治 吉原正行 西尾鉄也、後藤隆幸
寺岡賢司(メカ)

放送局[編集]

放送局 放送期間 放送日時 備考
パーフェクト・チョイス 2004年1月 - 2005年1月 PPVで1か月間各2話放送 有料放送
日本テレビ 2005年4月5日 - 9月27日 毎週火曜 25:29 - 25:59
中京テレビ 2005年4月14日 - 10月13日 毎週水曜 26:09 - 26:39 9日遅れ
札幌テレビ 2006年10月12日 - 2007年4月5日 毎週木曜 25:46 - 26:16 1年6か月遅れ
日本テレビ(日テレ) 火曜25:29枠
前番組 番組名 次番組
攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG

リリース[編集]

サウンドトラック[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b 国内計5箇所に設置された招慰難民居住区の所在地については、網走、函館、東京、新浜、出島とする資料[3][4]と、北海道、関東、神戸、新浜、新出島とする資料[5]が混在する。劇中の地図では北海道北東部、北海道西端部、南関東沿岸部、大阪湾北部、九州北西部の計5箇所を大円で示しており[6]、後者資料シナリオ決定稿集における「犯行声明の真意を指し図るべく、モニターに映し出された北海道、関東、神戸、新浜、鹿児島の新出島の難民居住区の地図情報を睨む草薙。」(原文ママ)との補足説明[5]とは異なる描写となっている。
  2. ^ クゼが自決しなかったのは、他の感染者とは違って元々難民を救済するという強い意思があり、自決直前にその思想の差異に気づいたためであるという。
  3. ^ 最終回のみ地上版OPに同じ。
  4. ^ アルバム収録時のタイトル名は「from the roof top〜somewhere in the silence [sniper's theme] 」となっている。

出典[編集]

  1. ^ バンダイビジュアル「攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG 完全設定資料集MAXIMIZED」シナリオ決定稿集 P.146より
  2. ^ 小説『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX SECTION-9』P.129より
  3. ^ 用語解説 - 攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D”. 2011 士郎正宗・Production I.G / 講談社・攻殻機動隊製作委員会. 2014年6月4日閲覧。
  4. ^ 攻殻機動隊 S.A.C.特集 用語集”. バンダイチャンネル. 2014年6月10日閲覧。
  5. ^ a b バンダイビジュアル「攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG 完全設定資料集MAXIMIZED」シナリオ決定稿集 P.008より
  6. ^ 『攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG』第1話「再起動」および『攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX Individual Eleven』、大使館占拠犯による難民居住区閉鎖要求を説明するシーン
  7. ^ バンダイビジュアル「攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG 完全設定資料集MAXIMIZED」シナリオ決定稿集 P.085より
  8. ^ 小説『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX SECTION-9』P.149~150より
  9. ^ a b c d 青土社ユリイカ」 2005年10月号『特集 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』P.46
  10. ^ バンダイビジュアル「攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG 完全設定資料集MAXIMIZED」シナリオ決定稿集 P.149~150より
  11. ^ 青土社ユリイカ」 2005年10月号『特集 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』P.54
  12. ^ a b 青土社ユリイカ」 2005年10月号『特集 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』P.47

関連項目[編集]

外部リンク[編集]