チョコレート・アンダーグラウンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

チョコレート・アンダーグラウンド』は、イギリスの人気作家アレックス・シアラー著の少年、少女向けのファンタジー小説、冒険小説。それを原作としたアニメコミック

元々は、イギリスBBC放送の少年、少女向け連続ドラマとして創作されたが、評判となり小説化された。原題は、「Bootleg」(密造、密売という意味)で、日本で出版されるときに、作家の許諾を得て出版元の求龍堂編集部が題名を変えてだしたところヒット作品となった。その後、ミューズ・インター社が博報堂の支援を受けてアニメ映画化を進め、この過程で集英社からコミック化も実現した。

あらすじ[編集]

舞台は、ヨーロッパのどこかの国。国民が、義務であるべき投票に行かなかったせいで、選挙で勝利をおさめた健全健康党がチョコレート禁止法を発令。チョコレートをはじめとするお菓子や飲み物を健康に悪いという理由だけで禁止した。こんなおかしな法律に従えるか!と、子供たちが立ち上がってレジスタンスを起こし、チョコレートの密造・密売を始める。

書誌情報[編集]

小説[編集]

2004年5月に、求龍堂から金原瑞人により翻訳され出版された。

コミック[編集]

ア二メ[編集]

小説を原作としているが、シアラーの許諾を得たうえで、主人公に少女を加え、ストーリーも脚色されたオリジナル・アニメになっている。オリジナル・アニメの劇場版タイトルは『チョコレート・アンダーグラウンド~ぼくらのチョコレート戦争~』となっている。2009年1月31日に、バレンタインキャンペーン用のガーナチョコ版が劇場公開された。これに先立ち、ソフトバンクモバイルYahoo!動画で2008年6月より無料配信を行った。オリジナルアニメを劇場公開前に、携帯とネットでフルストーリーを配信するのは、世界初の試みであった。

スタッフ[編集]

キャラクター[編集]

ハントリー・ハンター
声:豊永利行
主人公の一人。冷静で頭のよいチョコレートが大好きな中学三年生。スマッジャーとは親友。ルイーズからチョコレートの密売人達が開催している「アンダーグラウンドチョコレートパーティ」の噂を聞かされ、スマッジャーと共に真偽を確かめるべくその場所へ赴く。暗号を解き、チョコレートバーに辿り着くも、直後にチョコレート警察の襲撃を受けてしまう。しかし脱出の際に偶然にもチョコレートの原材料を手に入れ、新たなチョコレートバー「チョコレート・アンダーグラウンド」を設立する事を決意する。
スマッジャーが逮捕された後、密告者であるフランキーと対決して改心させる。ブレイズ等と共に健全健康党に戦いを挑み、最後は自由とチョコレートを勝ち取った。
スマッジャー・ムーア
声:水沢史絵
主人公の一人。元気活発で正義感の強い中学三年生。パン屋の息子で、チョコレートも大好き。ハントリーとは親友。健全健康党党歌の替え歌を堂々と歌うなど、体制への不満を隠そうとしない。ハントリーと共にチョコレートの原材料を手に入れ、チョコレートバーの設立を実行する。
バーの経営に慎重なハントリーを諭して営業を続けようとするも、フランキーの密告によってバーはチョコレート警察に襲撃され、敵を食い止めていた為に逃げ遅れたスマッジャーは逮捕されてしまう。その後、収容所でデイブと再会。ハントリー達の決起に便乗して囚人達と共に収容所を脱獄し、ハントリー等と合流。対策本部長の乗るネオ・カカオを破壊し、戦いに終止符を打った。
ルイーズ・バビ
声:高橋美佳子
アニメオリジナルのヒロインでチョコレート屋の看板娘。チョコレートをとても愛する元気活発な16歳(本編中に17歳の誕生日を迎える)の少女。スマッジャーとハントリーとは友人であり、よきお姉さん的存在でもある。二人に好意を持たれているが、彼女自身はジョン・ブレイズにあこがれている。原材料からチョコレートを作り上げ、スマッジャー達に協力してチョコレートバーを開設する。
最終局面にてブレイズ、ハントリーと共に決起し、健全健康党の真実を暴露する為にスタジオに向かうが、立ちはだかったネオ・カカオに捕われてしまう。暴れた彼女の足がコントローラーのコードに引っ掛かり、ネオ・カカオは制御を失って暴走。ルイーズも危機に晒されるがハントリーに助けられる。戦いの後はブレイズとスマッジャーとハントリーにそれぞれバレンタインチョコを渡した。
ジョン・ブレイズ
声:鈴木達央
古本屋の店主。クールなチョコレート好き。アンダーグラウンドチョコレートパーティのメンバーの一人だったが、壊滅後はハントリー、スマッジャー、ルイーズに協力し、新たなチョコレートバーとして自身の店の地下室を提供する。
バー襲撃後は収容所を襲い、健全健康党に戦いを挑む。しかしネオ・カカオに襲われた際には降ってきたトラックの残骸によって負傷し、身動きが取れなくなる。
バビおばさん
声:森ひろ子
チョコレート屋の店主。今の世の中を作ったのは選挙に無関心な自分たち大人の責任であると考えており、チョコレート警察にも果敢に立ち向かう。
カイリー・ムーア
声:中川里江
スマッジャーの妹。兄とチョコレートが大好き。
デイヴ・チェン
声:知桐京子
ハントリーとスマッジャーの同級生。アンダーグラウンドチョコレートバーの参加者だったが、襲撃時にスマッジャーがデイブの名を叫んでしまった為に身元がばれ、対策本部長に逮捕される。後に収容所にて同じく逮捕されたスマッジャーと再会。共に脱出を目指す。
フランキー・クローリー
声:金田アキ
スマッジャー達のクラスのクラス委員長。冷徹な性格で、健全健康党に忠実。しかしそれはチョコレート警察に捕われた兄の為に健全健康党に従わざるを得なかった為である。スマッジャー達のバーの存在に気付き、兄の為を思って健全健康党に密告する。その結果、スマッジャーは逮捕され、やがて良心の呵責に苦しむことになる。密告に気付いたハントリーに決闘の末、敗れて改心。ヘルシー党首に直接立ち向かうと言う困難な役割を引き受ける。彼の持っていた花束に仕込まれていた隠しカメラによって、健全健康党の正体はネットを通じて知れ渡った。その後、救出された兄と再会する。
マートル・パーキンス
声:秋谷智子
スマッジャー達のクラスの副委員長。口うるさく、健全健康党に忠実だが、どちらかというと大人の決めた事に黙って従う性格らしく、物事の善悪については深く考えない。フランキーが改心した後は共にチョコレートアンダーグラウンドに参加し、健全健康党に立ち向かった。
ジョー・クローリー
声:津田健次郎
フランキーの兄。健全健康党の悪事を暴く為に行動していたが、チョコレート警察に逮捕され、収容所に送られた。
ロン・ムーア
声:藤原啓治
スマッジャーの父でパン屋を営む。元々は人々を笑顔にするパンを作っていたが、現在では健全健康党の定めた法律により不味い健康パンしか作れず、そのもどかしさから子供達にもつい辛く当ってしまっている。しかし実はパンの材料を隠し持っており、スマッジャー達が戦っている様子に応えるようにパン作りを再開し、町の人に配った。
トリーシャ・ムーア
声:藤葉愛香
スマッジャーの母。健全健康党の政策によって変わってしまった家族を心配している。
キャロル・ハンター
声:坂本真綾
ハントリーの母。不味い健康食品でも息子に美味しい料理を食べさせたい一心で工夫を重ねている。
ヘルシー党首
声:西凜太朗
健全健康党党首。チョコレートを含むあらゆるお菓子、その他関連食品を禁止した元凶。国民の健康のためと言う建前の裏では健康食品メーカーとの癒着によって暴利を貪っており、逆らう者は容赦なく収容所送りにしている独裁者である。自身の出演する健全健康党のCMを強制的に国民に見せており、このCMの間はチャンネル変更は勿論、電源を切る事も音量を下げる事すらも出来ない。
最後は自身の悪行の全てを暴露され、逮捕された。
対策本部長
声:小西克幸
チョコレート警察を率いる男。秩序こそ全てと考えており、それに少しでも逆らう者は全て不健全として排除しようとする。
戦闘兵器ネオ・カカオを操り、スマッジャー達に襲い掛かるも、ルイーズが暴れた事で偶然にもネオ・カカオの制御を失う。そのネオ・カカオもスマッジャーの機転で破壊されるが、それでも諦めずハントリーとスマッジャーに銃を向ける。しかし国民達の自由とチョコレートを求める声援によって戦意を喪失する。その後は改心したのか交通整理をしている。

チョコレート・アンダーグラウンド製作委員会[編集]

ヘキサゴンSMEレコーズ博報堂ミューズインターウォーターマークOCCセルシス映画専門大学院大学、C.U.G.投資組合(ジェイビック・ベンチャーキャピタル

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ アニメを原作として作られている。

出典[編集]

外部リンク[編集]