ジバクくん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジバクくん
ジャンル ファンタジー
漫画
作者 柴田亜美
出版社 エンターブレイン
掲載誌 ファミ通ブロス
レーベル ブロスコミックス
巻数 全6巻+4コマアンソロジー1巻
アニメ
原作 柴田亜美
監督 鈴木行
シリーズ構成 冨岡淳広
キャラクターデザイン 島袋美由紀
音楽 沢田完渡部チェル
アニメーション制作 トランス・アーツ
製作 テレビ東京、テレビ東京メディアネット
放送局 テレビ東京系列
放送期間 1999年10月5日 - 2000年3月28日
テンプレート - ノート 
ウィキプロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

ジバクくん』は、柴田亜美漫画、およびそれを原作としたテレビアニメ。「ファミ通ブロス」(エンターブレイン)にて連載されていた。

ストーリー[編集]

時計回りに12に分かれた「ツェルブワールド」。それぞれの世界には聖霊を操ることができる選ばれた12人の子供達、通称グレートチャイルド(GC)が存在する。主人公である爆がGCになったところで物語が始まる。

登場人物[編集]

グレートチャイルド(GC)[編集]

トラブルモンスターに襲われた人間を助けること目的とした人たち。1から12までの世界に必ず一人存在し、その証として聖霊とライセンスを針の塔から譲り受ける。また実力があればGSに昇格される場合もある。相棒になる聖霊は顔や形はまったく同じだが、少し特徴が変わっている。一番ノーマルの形はジバクくんである。

爆(ばく)
この物語の主人公。1の世界ファスタのGC。最強のGC・炎(えん)から聖霊を受け継ぎファスタのGCとなる。目標は世界制覇と世界一のGC。炎から直接受け継いでいるので針の塔には行っておらず、ライセンスを持っていない。だが、高等な技を短期間で、時には初見で瞬時に相手の技を習得できる。さらには技と技を合体させ新しい技をあみ出したりもする。
己の野望にのみ忠実に見えるが、そのために他人を見捨てるようなことはしない。共に行動するピンクやカイを「連れ」や「下僕」呼ばわりしておりぞんざいに扱うが、本心はかけがえのない仲間、友達と認めている。
原作では真の実子であるが、アニメ版ではツェルのGCの息子。
聖霊の名前はジバクくん。球状の物体に顔と手足が付いている。
:シンハ、バクシンハ、極目、サイコバズーカ / :浄華、聖華
ピンク
2の世界セカンのGC。不治の病を治してもらって以来、炎に憧れており、炎の後継者となった爆を試すためにわざわざファスタまで来た。それ以後爆達と行動するようになる。独特のネーミングセンスを持つが、やたら長い名前が多い。ライセンスは超能力。透視やテレポートができる。
聖霊の名前はバーンビ。ジバクくんにリボンが付いている。
:プリティピンクミラクルボンバー
カイ
3の世界サーのGC。子供の時に自分の村をトラブルモンスターに襲われていたところ炎に助けられ、以後フネンの仙人の下で修行を重ねてきた。爆の力を見極めるために爆と共に行動をする。ライセンスは武術。
聖霊の名前はバクザン。ジバクくんに三つ編み。
:炎龍爆
ダルタニアン
4の世界フォスのGC。代々GCが家督制で、爆と出会ったときは見習いだった。気弱な性格だが、父親との対決で一皮むけ逞しくなった。ライセンスは剣術。
聖霊の名前はバクレツ伯爵。ジバクくんに髭が生えている。爵位を与えられている。
アリババ
5の世界ゴイのGC。オカマでナヨナヨしている。が、後に呪いをかけられて男勝りの女の子になっていた。爆に惚れている。ライセンスは盗み。トラブルモンスターのみ盗みを働く。
聖霊の名前はヒバナ。ジバクくんにポニーテールで口紅が付いている。広範囲に爆発が広がる。
ライブ / デッド
6の世界ロックと9の世界ナイナイのGC。ずっと昔に針の塔から呪いをかけられた世界で、昼は6の世界に、夜は9の世界となる。ライブはポジティブ、デッドはネガティブな性格である。GCのみ9の世界でも人の形をしており、両方の世界のライセンスを持つので他のGCよりも強い。ライセンスはライブは音楽で、相手を超音波リングで気絶させる。デッドのライセンスは呪術で、ワラ人形を用いてハヤテの行動を封じたりもした。
原作では同一人物で、昼と夜で人格そのものが入れ替わる。アニメ版では正反対の性格をした兄弟という設定。
聖霊の名前は6はバズ。ジバクくんにモヒカンヘアー。9はジュバク。ジバクくんに幽霊のような格好をしている。
:バーン / ジュバク
乱丸(らんまる)
7の世界セーブンのGC。城の城主で忍者の格好をしている。カエルのジライヤとは幼い頃からの付き合い。ライセンスは忍術。
聖霊の名前は烈火。ジバクくんに眼帯とチョンマゲ。
ルーシー
8の世界エイトンのGC。海賊娘。ライセンスはギャンブル。カードゲームが得意で持ち前の強運で相手と戦う。爆に惚れる。
聖霊はバクチくん。ジバクくんに鉢巻きを巻いている。
ハヤテ
10の世界テンパのGC。普通の人間とは違って背中に翼が生えている短命の種族。そのためテンパのGC最後の後継者となっている。テンパの住人を助けているが、忌み嫌われている存在なので誰もハヤテに感謝の気持ちを表そうとしない。ライセンスは風水。自分の翼を用いた攻撃をする。
アニメ版では、原作とは異なり無表情だが、傷ついたものを労わる心優しき性格となっている。
聖霊はサンダー。ジバクくんに羽が生えている。
ジャンヌ
11の世界イレブスのGC。激の63代目監視役。不燃物の島で爆に敗れ、イレブスでもう一度戦いを挑んでくる。ライセンスは兵器。自分の肉体を武器に変える能力を持つ。何人もの子供の中から勝ち抜いてGCになったエリート。
アニメでは心優しい美少女であったが、トラウマにより冷徹な軍人となった設定。
聖霊はダン大佐。ジバクくんに帽子と左目に傷がある。
:サイコバズーカ
現郎(うつろう)
12の世界ツェルーのGC兼GS。この世界が始まって以来ずっとGCを続けてきた。ライセンスは不明で、圧倒的スピードでライセンスや技がなくても十分強く激と雹の太刀をも片手で止める。激とはかつて親友同士だった。回想シーンではほとんど寝ている。
アニメでは爆の父親がツェルーのGCだった。ツェルーの異変から爆を守るために逃がし、氷漬けになっていた。
聖霊はジバク王。ジバクくんに王冠に老人の髭。原作はアニメ版と違いしゃべることはない。

グレートソルジャー(GS)[編集]

GCのなかでも優れた資質を持つ者だけなれる。過去に4人しかなることができなかったとされている。また、GSの資質があるものでもウロボロスの試験に失敗すると「ナレノハテ」となり永久に不燃物島でさまよい続ける。GSになった者は針の塔から動かず、ツェルブワールドに干渉ができず歳を取らなくなる(アニメでは歳を取っている描写がある)。

炎(えん)
最強と言われていたファスタのGC。爆をGCの後継者にしたあと針の塔に向かう。ファスタだけではなくセカンやサーでも人を助けたりし、人々の憧れの存在でもある。ライセンスは∞。その正体は異星人の国家の王子。全ての元凶である0の木を作り出した張本人であり、トラブルモンスターの黒幕でもある。故郷の星を失った悲しみから、誰よりも強くなることと宇宙の支配を目論むようになった。GCを生み出したのも零式兵と呼ばれるロボット兵隊を作り上げるためだった。真の実子である爆を自らの片腕にしようとするが失敗し敗北。真の遺志を知ったことで改心した。宇宙に旅立った後、新たな故郷を作る。
アニメ版では黒幕ではなく、斬を倒すため独り戦っていた。斬との戦いを終えた後は姉の天と共に宇宙に向かう。
:∞ドウハ、超技 秒斬り
シルバ
元セカンのGC。ピンクの祖母で唯一の肉親。ライセンスは超能力でピンクも彼女譲り。それ以上に格闘センスも高い。GCウォッチがあれば、全盛期だったときの14歳の時の姿に戻れる。GSとしての資質はあったが、愛すべき人ができ辞退。以後から針の塔の呪いが自身の家族に降りかかることになる。ちなみに、シルバが試験を受ける描写は一切ない。
:シンハ
雹(ひょう)
2刀の日本刀を用いて戦うGS。元テンパのGCで変異種(鳥人)。GSになったのは666年前。現在まともに活動している唯一のGSで、GSの資質が反応すると自らツェルブワールドに赴く。セカンで爆と戦い、GCながら自分に傷をつけた爆に惚れる。爆にぞっこんLOVEのホモで、大量の鼻血と涙を出すため、部屋にドリンクを常備してあったりする
アニメ版では爆への想いが強調され、洗脳によりその想いが暴走した。
激(げき)
元サーのGC。500年前までGSだったが、自分の弟子をナレノハテにしたことに怒り、針の塔に反逆。以後50年に一度だけ元の体に戻れる呪いにかかる。GSになったのは約800年前。爆の資質を見抜き、浄華を教えた。

その他の登場人物[編集]

フネンの仙人
サーに住むカイの師匠。ゴミ箱に収まった長いヒゲのモグラのような奇妙な姿だが実力はある。スネると三日月型に伸びる。その正体は呪いをかけられた激。
チャラ
0の木の番人にしてGCの受付人。球形状の姿と人間の姿を持ち、受付人として活動する歳は人間態となる。雹からよくなじられており、雹の命令でツェルブワールドに行き来して爆の強さを試している。純血種のモンスターを自称していたが、実際は1000年以上前に直接0の実を埋め込まれた人間。爆と雹との戦いの末、変異種である自身の血を用いた雹の捨て身の戦法に敗北。致命傷を負った後、自身の手で0の木を消し去るために体中の血を用いて死亡。雹のことは嫌っていたものの雹のおかげで孤独ではなくなったことにも感謝しており、雹も彼に侘びの言葉をかけていた。
アニメ版では正体は言及されず、消息も不明となった。
閑(しずま)
不燃物島の囚人たちのリーダー。かつてはファスタのGCだったが、GS試験で失敗している。普通はナレノハテになるが、彼とタツヤ、ベンジー、テルは人間の姿のまま現存できた。爆のおかげで自身も熱意を取り戻し、爆を脱出させるために我が身を犠牲にした。天の力で一時的に復活し、ピンクに針の塔に向かうように告げた。
ヒロト
激の最初の弟子で、カイの兄弟子。指導を終えた激から別れ際に剣状の鎖を貰った。GS試験に失敗し、ナレノハテになってしまった。現朗は当初は彼が失敗したことを激に黙っていたが、雹が「ナレノハテと戦ったときに手に入れた鎖」を手にしていたことから、激は真実を知ることになった。他のナレノハテとと共に爆によって浄化。天の力で一時的に復活し、カイの前に「フネンの仙人からの使い」と名乗って現れ、カイを浄化の術で治療し、カイを針の塔に向かわせ、自身はサーの守りに付いた。
天(あまの)
通称:眠り姫。針の塔でずっと眠っている女性。炎の姉。真との間に子供(爆)を授かっていたが、炎が危害を加えないかを考慮し、トラブルモンスターの一番少ないファスタへと産み落とした。
真(しん)
ツェルブワールドとは違う他星での最強の戦士。大剣を振るい幾多もの敵を倒して炎たちの救出をした。ツェルブワールドまで追ってきた侵略者すべてを自らの命と引き換えに吹き飛ばした。当初、炎は自分を裏切ったと思い込んでいたが、自分と姉と守るためのその身を犠牲にしたことを現朗から聞かされる。
アニメ版では未登場。
斬(ざん)
アニメオリジナルキャラにしてラスボス。天の力によって生まれた存在。「目覚めの毒」という原作での0の実を使ってツェルブワールドに混乱をもたらしていた。爆に倒された後、怪物のような姿になって復活するが、仲間たちの力を受けた爆により完全に滅ぼされた。
原作では1カットのみ登場。
プリム
アニメオリジナルのキャラ。ピンクが名前をつけたが、長いので爆に略された。その正体は天の分身体。

世界観[編集]

ファスタ(1)
12世界で最もトラブルモンスターの少ない国。
セカン(2)
治安がいい国(ピンク談)で、「脳味噌が溶けそう」とまで言われる悪趣味なお菓子の家がある。
サー(3)
中国の秘境を思わせる国。竹の子型の山や竹やぶが多い。カイの修行するフンベツ山がある。
フォス(4)
GCは家督制である。ゴースト系トラブルモンスターが出現する。
ゴイ(5)
砂漠の多い国。「すられる奴が悪い」そうだ。
ロック(6)
とても賑やかな国。
セーブン(7)
和風の国。牢屋も木製なのでGCなら簡単に抜けられる。
エイトン(8)
漁師が多い国。賭博も盛んである。
ナイナイ(9)
住人はすべて人魂であり、GCだけが人間の姿である。
テンパ(10)
12世界一危険な国。身体能力がずば抜けた鳥人でなければGCが勤まらないほどである。
イレブス(11)
針の塔から直接科学を授かった国。
ツェルー(12)
心象風景が映し出される国。実際は氷しかない。
針の塔(0)
12世界の中心に聳える塔。

用語[編集]

GC
グレートチャイルドの略。各国に一人ずつおり数字が大きくなるほど強いGCである。
GS
グレートソルジャーの略。GCから能力の優れた者が試験を受け、合格すればGSになれる。
TK
トラブルキッズの略。憧れの的であるGCが罪を犯すと指名手配となりTKになる。万引きや食い逃げでもTKになってしまう。
ナレノハテ
GS試験に失敗した元GC。意思は無く本能のみで動いている。
トラブルモンスター
悪素が溜まった動物や植物が怪物となったもの。ランクが分けられている。
ドライブモンスター
移動するために使うモンスター。
鳥人(ちょうじん)
人間に0の木の悪素が溜まり突然生まれた変異種。短命であるため、物語開始時点において既に絶滅寸前になっている。
0の樹
トラブルモンスターの根源。自ら生み出した変異種の血が毒である。

サブタイトル一覧[編集]

  1. “グレートチャイルド”爆、登場の巻!!!
  2. “セカン”のGC ピンクの巻!!!
  3. “壷の妖精ちゃん”の巻!!!
  4. “サー”のGC カイ見参の巻!!!
  5. 出発!!!“3つの世界・サー”の巻!!!
  6. 極めろ!オレの“技”!!! の巻
  7. 見習い“GC”! ダルタニアン!!! の巻
  8. 砂漠の女盗賊! の巻
  9. アリババとの約束! の巻
  10. “セカン”のオババ登場!!! の巻
  11. 3つの問題!!! の巻
  12. 針の塔からの刺客! の巻
  13. “GC”になった少女! の巻
  14. “針の塔の呪い”! の巻
  15. “太陽と音楽”! の巻
  16. “暗闇と静寂”! の巻
  17. 仁の国!セーブン!! の巻
  18. 夢の不燃物島!の巻
  19. “ウロボロスの口”の巻
  20. “ギャンブル世界・エイトン”の巻
  21. “究極!これがオレのレアカード”の巻
  22. “翼ある者”の巻
  23. “鋼鉄の烈女”の巻
  24. 眠りの世界! 現郎登場!! の巻
  25. “強さの約束!”の巻
  26. “失われた翼”! の巻
  27. “夢の幕開け”の巻
  28. “夢に向かって生きろ!”の巻

所収[編集]

コミックス全6巻のほか、4コマアンソロジーが1冊出ている(ただし、アンソロジーはアニメの設定を中心に描かれている)。なお、原作の最終話は、雑誌掲載分と単行本収録分とで異なっている。

テレビアニメ[編集]

1999年10月5日から2000年3月28日までテレビ東京系列で放送された。全26話。

声の出演[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作 - 柴田亜美
  • 監督 - 鈴木行
  • シリーズ構成 - 冨岡淳広
  • キャラクターデザイン - 島袋美由紀
  • 美術監督 - 中原英統
  • 色彩設計 - 赤間三佐子、渡辺亜紀
  • 撮影監督 - 鳥越一志
  • 編集 - 布施由美子
  • 音楽 - 沢田完渡部チェル
  • 音響監督 - 藤野貞義
  • 音楽プロデューサー - 山森篤
  • エグゼクティブ・プロデューサー - 永田浩一、柳沢隆行
  • プロデューサー - 田畑美智子、中村直樹
  • アニメーション制作プロデューサー - 菅野和人
  • 制作協力 - スタジオ・ザイン
  • アニメーション制作 - トランス・アーツ
  • 製作 - テレビ東京、テレビ東京メディアネット

主題歌[編集]

オープニングテーマ「誰も知らない地図で
作詞 - 松澤由美 / 作曲・編曲 - 朝本浩文 / 歌 - 松澤由美
エンディングテーマ
LAST TEARS
作詞 - 永野椎菜 / 作曲 - 高山みなみ / 編曲・歌 - TWO-MIX
「37℃ 〜微熱戦記〜」
作詞・編曲 - 永野椎菜 / 作曲 - 高山みなみ / 歌 - M-TWO

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 放送日
1 夢制覇・オレの名は爆! 冨岡淳広 鈴木行 畠山茂樹 祝浩司 1999年
10月5日
2 夢見るGC・ピンク! 高橋ナツコ 開木菜織 則座誠 宮田奈保美 10月12日
3 妖精が見る夢は? 長田敏靖 原博 宮田亮 今泉賢一 10月19日
4 夢の翼・ドライブモンスター 永井努 横田和 佐藤多恵子 10月26日
5 夢追い人・GCカイ! 三浦浩児 藤本義孝 布施木一喜 畑良子 11月2日
6 夢の証・GCの誇り! 水出弘一 山田勝久 柳瀬雄之 本田蕪里 11月9日
7 夢を極めろ・オレの技! 冨岡淳広 畠山茂樹 祝浩司 11月16日
8 父の夢こえて! GCダルタニアン! 吉村清子 日下部光雄 佐藤多恵子 11月23日
9 炎にとどけ! 夢のかけ橋 三浦浩児 山田勝久 しのゆきひろ 薄谷栄之 11月30日
10 夢を盗め・GCアリババ! 高橋ナツコ 井硲清高 御厨恭輔 宮田奈保美 12月7日
11 悲恋・モンスターの夢 冨岡淳広 布施木一喜 杉本道明 12月14日
12 精霊の夢・ミルの夢 吉村清子 吉永尚之 日下部光雄 佐藤多恵子 12月21日
13 GS雹・夢を断つ! 水出弘一 横田和 薄谷栄之 12月28日
14 夢つづれおり・少女シルバ 長田敏靖 井硲清高 土屋浩幸 本田蕪里
佐藤多恵子
2000年
1月4日
15 悪しき夢・その名は斬! 冨岡淳広 山田勝久 高島大輔 祝浩司 1月11日
16 GCライブ・夢に歌う! 三浦浩児 井硲清高 御厨恭輔 柳瀬雄之 1月18日
17 夢からさめて・GCデッド! 長田敏靖 横田和 及川博史 1月25日
18 GC乱丸・夢に走る! 高橋ナツコ 白旗伸朗 日下部光雄 佐藤多恵子 2月1日
19 敵は海賊・GCルーシー! 吉村清子 吉永尚之 高島大輔 薄谷栄之 2月8日
20 夢に翔ぶ・GCハヤテ! 杉島邦久 成田歳法 塩川貴史 2月15日
21 凍りついた夢・GCジャンヌ! 高橋ナツコ 山田勝久 布施木一喜 杉本道明 2月22日
22 夢の不燃物島と激! 吉村清子 吉永尚之 日下部光雄 佐藤多恵子 2月29日
23 夢のかたりべ・ジバク王! 冨岡淳広 井硲清高 高島大輔 及川博史 3月7日
24 堕天使雹・夢を惑わす! 吉村清子 しのゆきひろ 薄谷栄之 3月14日
25 炎を撃て! 夢に叫ぶ 高橋ナツコ 鈴木行 笠井賢一 祝浩司 3月21日
26 夢・それは始まり 冨岡淳広 高島大輔 島袋美由紀
佐藤多恵子
及川博史
布施木一喜
3月28日

関連商品[編集]

テレビ東京系列 火曜18:30枠
前番組 番組名 次番組
ジバクくん