吉祥寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
吉祥寺上空からの航空写真。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

吉祥寺(きちじょうじ)は、東京都武蔵野市1889年明治22年)から1962年昭和37年)まで存在した大字。旧北多摩郡吉祥寺村。また、現在は吉祥寺駅を中心とする及び同市に属する広域地域名として使われる。

地理[編集]

武蔵野市東端に位置する。現在、武蔵野市内で「吉祥寺」が冠される町名には、吉祥寺本町(ほんちょう、一丁目〜四丁目)、吉祥寺北町(きたまち、一丁目〜五丁目)、吉祥寺東町(ひがしちょう、一丁目〜四丁目)、吉祥寺南町(みなみちょう、一丁目〜五丁目)がある。これに御殿山(一丁目・二丁目)と中町(一丁目〜三丁目)を合わせた範囲がかつての大字吉祥寺である。 街はJR中央線および京王井の頭線吉祥寺駅を中心に碁盤の目状に広がっている。小高い台地の上の平坦な場所にひらけているが、南端で三鷹市井の頭と接する付近のみ傾斜地になっている。

1957年(昭和32年)からの旧国鉄中央線高架複々線化計画に対応するため吉祥寺駅周辺都市計画調査特別委員会が1960年(昭和35年)に設置され、また1960年(昭和35年)に国立市へ移転する東京女子体育短期大学跡地の貸借権を買収。これらを受けて東京大学工学部都市工学科高山英華研究室に委託した吉祥寺駅周辺都市計画案と、これをベースに昭和40年代から当時の武蔵野市長に就任した後藤喜八郎のもとで構想された「回遊性の高い街づくり」を実現するため、吉祥寺駅を中心とした東西南北の十字線上に四つの大型商業施設が設置されている。2010年2月現在、これらの商業施設群に入居しているテナントは、東=ヨドバシカメラマルチメディア吉祥寺、西=東急百貨店、南=丸井、北=コピス吉祥寺である。これら四つの大型商業施設の合間を埋めるように中小のビル群が立ち並び、多種多彩な商店や飲食店が軒を連ね、いくつかの商店街を形成している。代表的な商店街としてサンロードハーモニカ横丁平和通りダイヤ街などが挙げられる。

商業地域の外郭は東京多摩地域有数の住宅街で、多種多様な著名人等も居住している。商業地域と住宅街の近接性、新宿や渋谷など主要駅に電車一本でアクセスできる利便性、井の頭恩賜公園三鷹の森ジブリ美術館などの行楽地が至近であることにより、市場調査会社などが主催する「住みたい街ランキング」で度々全国第一位に選出されている。

また、吉祥寺地域は古くから安養寺・光専寺・蓮乗寺・月窓寺という4軒の寺が集まる寺町である。とくに寺が集中している武蔵野八幡宮(八幡神)の付近の地域を四軒寺(しけんでら)と呼ぶようになっていったと語り伝えられている。吉祥寺通り東京都道116号関町吉祥寺線)と女子大通りの交差点を四軒寺交差点と称する。なお、四軒寺という名前の寺があるわけではない。

範囲[編集]

前述の通り、吉祥寺本町・吉祥寺北町・吉祥寺東町・吉祥寺南町を合わせた範囲が現在最も狭義での「吉祥寺」であり、さらに御殿山・中町を合わせた範囲がかつての大字「吉祥寺」である。後者の場合は三鷹駅に面した場所も含まれる。

一方「吉祥寺駅周辺」の意味で用いられる「吉祥寺」は、この範囲とは若干のずれがある。例えば武蔵野市御殿山と三鷹市井の頭にまたがる井の頭恩賜公園は「吉祥寺にある公園」と見なされている。「Hanako」(マガジンハウス)などの雑誌の吉祥寺特集では、吉祥寺駅からおおむね1kmの範囲を「吉祥寺」と呼ぶこともあり、東は杉並区松庵や西荻北、西は三鷹市下連雀、南は三鷹市井の頭や牟礼、北は練馬区立野町近辺までを含むこととなる。

人気のある地名であることから、不動産会社では三鷹市井の頭や下連雀、練馬区立野町にあるアパート・マンションを「吉祥寺の物件」として紹介していることが多い。また、京王線の千歳烏山駅仙川駅つつじヶ丘駅などから徒歩でアクセス可能の三鷹市内の物件の場合でも、「吉祥寺からバスで〜分」と紹介される場合がある。

「吉祥寺通り」周辺では、吉祥寺の名前を一部に冠する事業所やマンション等が、駅から2-3km離れた相当遠方まであり、北は練馬区関町南の店から、南は三鷹市新川の物件まで存在する。

歴史[編集]

明暦の大火によって、江戸本郷元町(現:文京区本郷一丁目水道橋駅付近)に存在した諏訪山吉祥寺の門前町が焼失した際、幕府は都市計画に基づき同地を大名屋敷として再建することにした。そのため、吉祥寺門前の住人を始めとする居住地・農地を大幅に失った者達に対し、「札野」「牟礼野」と呼ばれた幕府御用の萱場を代地とし、5年期限で扶持米を与え家屋の建築費用も貸与するという条件で希望者を募った。吉祥寺の浪士の佐藤定右衛門と宮崎甚右衛門が土着の百姓・松井十郎左衛門と協力してこれに応じ、現在の武蔵野市東部を開墾して住人達を移住させた。

折しも玉川上水の開通に伴い、かつては水利が悪く無人だった武蔵野台地新田開発によって広大な農地へと変わっていく過程で、五日市街道(現在の東京都道7号杉並あきる野線)沿いに整然と区画された短冊状の土地が形成された。しかし土壌はさほど良いものではなく、農地はすべて畑地であり水田はなかった。吉祥寺に愛着を持っていた住人たちにより、新田は吉祥寺村と名付けられた。

1923年大正12年)の関東大震災を契機に多くの人たちがまたもや吉祥寺に移り住むことになり、人口が急増。美しいケヤキ並木でも知られる成蹊学園池袋から移転したこともあって、農村から住宅街、そして多くの商店や学生で賑わう街へと変貌を遂げることになった。

地名の由来[編集]

吉祥寺門前の住人が五日市街道沿いを開発・移住したことによる。当地に吉祥寺という名の寺院が所在したことはない。

沿革[編集]

  • 1653年承応2年)11月 - 玉川上水が開通。
  • 1657年明暦3年)1月18日 - 明暦の大火。
  • 1658年(明暦4年)1月 - 再度の大火(吉祥寺大火)で吉祥寺も焼失し、現在地(駒込、現在の東京都文京区本駒込)へ移転する。
  • 1659年万治2年)11月 - 佐藤定右衛門・宮崎甚右衛門・松井十郎左衛門、武蔵野原野の開拓を開始。
  • 1664年寛文4年)7月 - 幕府代官野村彦太夫による検地が行われ、吉祥寺村が成立する。
  • 1703年元禄16年)11月 - 村域拡大し吉祥寺新田村が成立する。
  • 1868年明治元年)6月 - 吉祥寺村が武蔵県に編入される。
  • 1869年(明治2年)2月 - 品川県六番組に編入される。
  • 1871年(明治4年)12月 - 東京府に編入される。
  • 1872年(明治5年)5月 - 神奈川県に編入される。
  • 1873年(明治6年)5月 - 大区小区制施行に伴い、神奈川県第11大区4小区に属する。
  • 1878年(明治11年)7月22日 - 郡区町村編制法施行に伴い多摩郡が分割され、神奈川県北多摩郡吉祥寺村となる。
  • 1889年(明治22年)
  • 1893年(明治26年)4月1日 - 北多摩郡・南多摩郡西多摩郡が神奈川県から東京府へ移管され、東京府北多摩郡武蔵野村大字吉祥寺となる。
  • 1899年(明治32年)12月30日 - 吉祥寺駅が開業する。
  • 1928年(昭和3年)11月10日 - 武蔵野村が町制施行し、東京府北多摩郡武蔵野町大字吉祥寺となる。
  • 1929年(昭和4年)9月1日 - 三鷹信号場が設置される。
  • 1930年(昭和5年)6月25日 - 三鷹信号場が三鷹駅に昇格する。
  • 1934年(昭和9年)4月1日 - 帝都電鉄井の頭線の吉祥寺駅が開業する。
  • 1937年(昭和12年) - 前進座は、演劇映画研究所と集団住宅を吉祥寺に建設。創造(稽古)と生活(住居と食糧(田畑・養鶏))を統合した理想の場を得る。吉祥寺に演劇の香りを持ち込んだ創世期となる。
  • 1943年(昭和18年)7月1日 - 東京都制が施行され、東京都北多摩郡武蔵野町大字吉祥寺となる。
  • 1947年(昭和22年)11月3日 - 武蔵野町が市制施行し、東京都武蔵野市大字吉祥寺となる。
  • 1962年(昭和37年)4月1日 - 武蔵野市内の町名整理が行われ、吉祥寺本町・吉祥寺東町・吉祥寺南町・吉祥寺北町・御殿山・中町に分割される[1]

サブカルチャーの発信地[編集]

学生の街[編集]

成蹊大学東京女子大学(かつては武蔵野美術大学美術学部、現在は通信教育部武蔵野美術学園)が吉祥寺駅から徒歩圏内に、立教女学院武蔵野大学国際基督教大学亜細亜大学杏林大学日本獣医生命科学大学ルーテル学院大学などの大学が吉祥寺駅から鉄道やバスで15分圏内に点在する。このため吉祥寺には多数の学生が集い、吉祥寺は下北沢お茶の水と並ぶ東京有数の「学生の街」としても知られている。

おもな商店街・商業施設[編集]

アトレ吉祥寺
アトレ吉祥寺
ヨドバシ吉祥寺
ヨドバシカメラマルチメディア吉祥寺
コピス吉祥寺
コピス吉祥寺
東急吉祥寺店
東急百貨店吉祥寺店
吉祥寺パルコ
吉祥寺パルコ
丸井吉祥寺店
丸井吉祥寺店

かつて存在した施設[編集]

伊勢丹吉祥寺店
伊勢丹吉祥寺店
吉祥寺三越
吉祥寺三越
ユザワヤ吉祥寺店
ユザワヤ吉祥寺店

商店・飲食店[編集]

吉祥寺には、個性豊かなものとしてガイドブックで紹介されることのある商店や飲食店が数多く営まれている点が指摘できる。その一部を列記。

吉祥寺を舞台とした作品[編集]

小説[編集]

[編集]

漫画[編集]

アニメ[編集]

ゲーム[編集]

ドラマ[編集]

『GTO』(2012年版)に登場したカフェの撮影に使用されたギャラリー。

映画[編集]

メディア[編集]

過去

コミュニティ[編集]

  • 週刊きちじょうじ - 店舗情報やイベント情報、吉祥寺にまつわるエピソードなどの情報誌。毎週金曜日発行。街中に設置してある配布用什器や協賛店舗にて無償配布。ただし、発行元へ直接申し込みの定期購読は有償。発行は株式会社吉祥寺情報センター。
  • 吉祥寺アートウォーク - 近隣美大の学生やアーティスト、漫画家などが集まり独自のアート文化を築く吉祥寺のアートポータルサイト。ギャラリーやギャラリーカフェ、個性的な雑貨店など、吉祥寺のアートを隅々まで探れるマップ『吉祥寺アート&ギャラリーマップ』を発行。マップのダウンロードが出来る他、展覧会の最新情報、作家の個展レビューやインタビュー記事も掲載。
  • 吉祥寺まち案内所 - 2004年から吉祥寺総合案内運営委員会とNPO法人まちづくり観光機構、2010年から吉祥寺総合案内運営委員会運営。サンロード商店街にある。風の人には微笑を、土の人には安らぎを を基本理念に吉祥寺を訪れた人々、吉祥寺にいる人々それぞれに必要となる情報を提供。

ゆかりのある人物[編集]

参考文献[編集]

  • 「角川日本地名大辞典 13 東京都」角川書店、1978年
  • 「武蔵野風土記 第一回 開村以前の武蔵野」森安彦
  • 「武蔵野風土記 第二回 吉祥寺村の成立」森安彦

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]