北条司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
北条 司
Tsukasa Hojo 20100702 Japan Expo 1.jpg
本名 北條 司[1]
生誕 1959年3月5日(55歳)[2]
日本の旗 日本 福岡県小倉市[2]
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1979年[2] - 現在
ジャンル 少年漫画青年漫画
代表作 キャッツアイ
シティーハンター[2]
受賞 第18回手塚賞準入選(「スペース・エンジェル」)
公式サイト 北条司 OFFICIAL WEB SITE
テンプレートを表示

北条 司(ほうじょう つかさ、本名:北條 司[1]1959年昭和34年)3月5日[2] - )は、日本の男性漫画家実業家。株式会社コアミックス設立者[3]であり取締役[4]、及び関連会社ノース・スターズ・ピクチャーズの取締役[5]福岡県小倉市[注 1]出身[2]九州工業高校九州産業大学[6]トレードマークサングラスで、公開されている写真自画像のほぼ全てが着用した姿となっている。

1980年(昭和55年)に『週刊少年ジャンプ』(集英社)20号に掲載された「おれは男だ!」でデビューし、翌1981年(昭和56年)より開始された「キャッツ♥アイ」で連載デビュー[2]。主に『週刊少年ジャンプ』を始めとした集英社の雑誌で活躍。その後2000年(平成12年)に堀江信彦らと共にコアミックスを設立し、同社が編集を行う雑誌に活動の場を移している。

代表作に『キャッツ♥アイ』・『シティーハンター』など[2]。『月刊コミックゼノン』において『エンジェル・ハート 2ndシーズン』を連載中[注 2]

来歴[編集]

幼少期[編集]

建設会社勤務の父親と専業主婦の母親の間の次男として、1959年(昭和34年)福岡県小倉市[注 1]に生まれ、小学校からは北九州市内の八幡で過ごす[7]。市立泉台小学校・市立高見中学校・私立九州工業高校九州産業大学と進学し[6]、高校までを北九州市内で、漫画家として上京するまでを福岡県内で過ごす。

[8]物心ついた時には既に絵を描く事が好きで、北条の母の証言によると幼稚園時代には鏡に映った自分の手を熱心にスケッチするなどしていた。また、兄がアニメキャラクター等を模写していたのに対して北条は模写が苦手で、小さな頃からオリジナルの絵を描く事が多かったという[9]。早生まれで体が小さかった事もあり、絵を描く事は北条にとって周りにも誇れる唯一の自己表現手段となっていった。漫画を読むのも好きではあったがテレビの方により夢中になっており、特に漫画に強い思い入れがあったわけではなかった。初めてコマ割りのある漫画を描いたのは小学校1年生の時であったが、これは「『ウルトラQ』よりもおもしろい漫画がある」と友人にホラを吹いた事をごまかすためのものであった[10]

[11]このように幼少時から絵を描き続けていた北条であったが、小学2年生の時に担任の教師から「子供らしい絵を描け」などと絵を貶される事件が起きる。北条にとって唯一の表現手段であった絵を貶される事は自分を全否定される事に近く、この事件が強いトラウマとなって絵を描く事が嫌いになり、目立つ事を恐れる暗い少年となってしまう。以降、北条は小説を大量に読むようになり、特に中学時代はSF小説を読み漁る生活を送る。また学校推薦映画となっていた『ひまわり』(ヴィットリオ・デ・シーカ)を見て衝撃を受け、様々な映画を見るようになる。ただしお金がかかるので映画館で見られるのは月一程度であり、もっぱらテレビ洋画劇場で放映された物を見ていた。

[12]中学3年の時に漫画家を目指す友人が出来る。彼がペンを使い本格的に執筆している事に影響を受け、北条も本格的な執筆を始めるようになった。この友人とは別の高校に進学するも交流は続き、彼の呼びかけから漫画の同好会にも参加する。男女織り交ぜた6人で、共同の漫画執筆も始めたが未完に終わっており、この時の体験から自分に毎週漫画を描く漫画家生活は無理だと当時は思っていた。

その後、賞金を目当てに漫画の投稿を始め、金が無くなると新作を描いては投稿するという生活を始める。当初はジャンルを問わずに投稿をしていたが、努力賞でわずかな賞金しかもらえなかった事から、少女漫画への投稿は辞めている[13]。一方で読者としては時おり目についた物を読む程度でありも週刊誌を買うような事はせず、引き続き映画と小説の方により興味を持っていた[14]

大学時代・漫画家デビュー[編集]

[15]高校を卒業後、福岡市内の九州産業大学へと進学し下宿生活を始める。大学では芸術科コースのデザイン科に進んで広告デザインを学び、映画関係の仕事がしたいと考えていた。漫画は引き続き賞金目当ての投稿を続けており、喫茶店に通うようになった事から漫画もよく読むようになった。

[16]金のない下宿生活の中で、手塚賞の賞金が100万円である事を知り、応募を決める。それまでは手塚賞の存在を知りながらも『週刊少年ジャンプ』(集英社)主催である事を知らず、同誌を読んだ事もなかった。ちょうどネームも描かずに一日1ページずつぐらいでなんとなく描きためていた作品があった事から31頁にまとめて投稿。この作品「スペースエンジェル」[注 3]が準入選となって賞金20万円を手にし、入社一年目だった堀江信彦が担当編集に付く。その後描けば金になるとの理由から催促されるままに3編の読切を描き、そのなかの「おれは男だ!」が『WJ』掲載されて在学中にデビューを果たす。

集英社時代[編集]

[17]大学を卒業するも漫画を描いて就職活動をしていなかったことから、とりあえずとして漫画家になる事とする。ただし、北条は当初「地方でこつこつと短編を発表するような地味な漫画家でいい」と考えており、連載や上京の意志はなかった。しかし、読切として描いた『キャッツ♥アイ』(以下、C♥E) が好評であった事から堀江は北条の知らぬところで同作を連載会議に掛け、連載を決定してしまう。そして「連載が決まり、アパートも用意したから2日後に上京してこい」と連絡を受けて半ば強引に上京させられ、あっという間に北条は連載生活へと入っていく。当時の北条は慣れぬ連載には様々な面で苦労をし、連載終了後に本作の連載自体が漫画の練習であった事や、本作の印象としては「苦い思い出しかない」事を語っている。同作は4年に渡り連載が続けられ、アニメ化される程のヒットを収める。

[18]『C♥E』の連載中の1983年に第11回愛読者賞用の読切として「シティーハンター -XYZ-」を描き、見事に愛読者賞を獲得する[注 4]。同作は「『C♥E』の神谷真人(ねずみ)を主人公に」とのコンセプトで誕生した冴羽のデビュー作であり、1985年の「C♥E」終了の同年には同作を元とした連載「シティーハンター」(以下、C.H.)を開始する。前作に続き『C.H.』もアニメ化され、6年以上に渡って連載が継続される代表作となる。しかし、連載の終了は4週間前に通告されるという突然なものであった。この事は北条に描き切っていないという強い思いを与え、後のリメイク作品『エンジェル・ハート』(以下A.H.)が誕生する原因となる。

[19]『C.H.』終了後はアクションに対する疲れから植物との交流を描いた「こもれ陽の下で…」、担当の求めに応じて再びアクションを描いた「RASH!!」を連載するもいずれも短命に終わる。この時期は集英社との関係等から漫画を描く事がつまらなくなり、漫画家をやめる事も本気で考えていた。その後、性別逆転夫婦を描いた「F.COMPO」を『週刊少年ジャンプ』で連載するつもりで企画するが、少年誌では難しいとの判断から、前年創刊された青年誌MANGAオールマン』へと移籍する[20]。4年に渡って連載された同作は「この作品を描いても楽しめないようだったら廃業しよう」との思いで始められたリハビリのような作品であり、この成功により北条は一生漫画家としてやっていく自信をつける。

コアミックスの設立[編集]

「F.COMPO」の連載を続ける中、2000年(平成12年)には堀江信彦原哲夫次原隆二神谷明根岸忠らと共に、株式会社コアミックスを設立[3]。翌年同社編集の新雑誌を創刊する準備に忙しくなった事から、「F.COMPO」の連載を終了する[4]。そして2001年(平成13年)5月に『週刊コミックバンチ』(新潮社発行)を創刊し、創刊号より「エンジェル・ハート」の連載を開始する。2004年(平成16年)にはコアミックスの関連会社として著作権管理等を業務として設立された株式会社ノース・スターズ・ピクチャーズ(以下、NSP)の取締役に就任している[5]

2010年(平成22年)のコアミックスと新潮社の契約満了に伴い『週刊コミックバンチ』は休刊となり[21]、コアミックスはNSPと徳間書店と共に後継紙の1つとなる『月刊コミックゼノン』を創刊する[22]。これに伴い「A.H.」は「エンジェル・ハート 2ndシーズン」に改題の上で『ゼノン』に移籍し、連載を継続している[注 2]

年表[編集]

※ 掲載誌の記載がないものは『週刊少年ジャンプ』に掲載。

  • 1959年(昭和34年) - 福岡県小倉市に生まれる[6]
  • 1963年(昭和38年) - 小倉市が合併によって北九州市に。
  • 196?年(昭和4?年) - 市内八幡に引っ越す[23]
  • 1973年(昭和48年) - 九州工業高校に入学[6]
  • 1977年(昭和52年) - 高校を卒業し、九州産業大学に入学[6]。在学中に福岡市で下宿生活を始める[24]
  • 1979年(昭和54年) - で第18回手塚賞に投稿した「スペース・エンジェル」が手塚治虫に「学生服が似合う絵」と評され[25]、準入選を取る[1]
  • 1980年(昭和55年) - 読切「おれは男だ!」でデビュー[2]
  • 1981年(昭和56年) - 大学を卒業[6]。「キャッツ♥アイ」の連載が決まり上京。連載デビュー( - 1985年)。[26]
  • 1982年(昭和57年) - 初の単行本『キャッツ♥アイ』1巻が4月に発売。
  • 1983年(昭和58年) - 『キャッツ♥アイ』が初のテレビアニメ化。
  • 1985年(昭和60年) - 「シティーハンター」連載開始( - 1991年)。
  • 1986年(昭和61年) - 「SPLASH! 」を『週刊少年ジャンプ特別編集 スーパージャンプ』に掲載。初の青年誌掲載
  • 1988年(昭和63年) - 初の短編集『天使の贈りもの』が11月に発売。
  • 1993年(平成5年) - 「こもれ陽の下で…」連載開始( - 1994年)。
  • 1994年(平成6年) - 「RASH!!」連載開始( - 1995年)。少年誌最後の連載作品となる。
  • 1996年(平成8年) - 「F.COMPO」を『MANGAオールマン』において連載開始( - 2000年)。初の青年誌連載。
  • 2000年(平成12年) - 堀江信彦らと共に株式会社コアミックスを設立[3]
  • 2001年(平成13年) - コアミックスが『週刊コミックバンチ』を創刊。同誌創刊号より「エンジェル・ハート」を連載開始。
  • 2004年(平成16年) - コアミックスの関連会社として設立された、株式会社ノース・スターズ・ピクチャーズの取締役に就任[5]
  • 2010年(平成22年) - 『週刊コミックバンチ』が休刊となり、後継雑誌となる『月刊コミックゼノン』をコアミックスの編集で創刊[22]。「エンジェル・ハート」を「エンジェル・ハート 2ndシーズン」に改題し、『ゼノン』創刊号より連載を継続。

作風[編集]

『C♥E』と『C.H.』の成功により、「美女とアクション」が代名詞のようにされていたが、北条本人としては少年誌に求められるものとして「アクションっぽいもの」を取り入れてはいたもののあくまで登場人物の心の流れをメインに描いており、こうした評価は不本意で「アクション作家のつもりはない」と述べている。『C.H.』の次となる連載作品『こもれ陽の下で…』はこうした評価に対する反発として、「美女とアクション」を徹底的に排したものとして始められている。[27]

北条が自身で意識して描いたのは『F.COMPO』が最初ではあるが、「天使の贈りもの」・「ファミリー・プロット」・「少女の季節 - サマードリーム -」とそれ以前の作品でも家族関係が主題となっている作品は多く、友人より北条の作品の根底的なテーマは「家族愛」であるとの指摘を受けている。[28]

上述の通り「美女」が代名詞となるようにその画力は高く、二階堂黎人は「絵が素晴らしく綺麗であり、セクシーな女性を描くのが得意であり、夜の描写が美しい」とその画力を評価している[29]

なお2000年に行われたインタビューでは、見出しに「美女の顔はみな同じ?」とされ、北条自身も「美女」については「顔の描き分けは全然していない」と語っている。北条によれば、読者の求める「北条美人」から外れない様に、敢えてそういった手法を採っているとのことである[30]

作品リスト[編集]

漫画作品[編集]

  • 2011年12月現在。
  • 各作品の詳細などについてはリンク先の各記事を参照。
  • デフォルトでの表記は発表順。未発表作品については投稿した漫画賞の時期で代用。他列でのソート後に再度発表順でソートするには、最左列を利用する。
  • 「種」欄は連載か短編かで2種に大別。3話以上のものを連載として扱った。
  • 「収」・「文」・「自」欄は収録単行本またはイラスト集を「略号-x」の形で示す。ただし「文」欄と「大」欄ではそれぞれ、文庫判および大判短編集への再収録のみを扱う。略号対応については下記のものを除き、#漫画単行本を参照。
    • 略号 - 画1st:『北条司 ILLUSTRATIONS』、画20:『北条司 漫画家20周年記念 イラストレーションズ』、Z:『CITY HUNTER COMPLETE EDITON』Z巻
    • 「x」は各単行本内での収録順を示す。

 : 連載作品、 : 読切作品。

作品名 発行 掲載誌 注記
0 1970年代
1 すへえすえんしえる1スペース・エンジェル【手塚賞版】 短編 雑誌未掲載(1979年投稿) 第18回手塚賞準入選作。単行本未収録。
後の愛読者賞用の作品とは同名の別作品。
1.5 1980年代
2 おれはおとこたおれは男だ!〔アナログ・ラプソディ〕 短編 集英社 シ1週刊少年ジャンプ 1980年08月増刊号 短1-2 文1-1 デビュー作。
3 さあとてか三級刑事(サード・デカ) 短編 集英社 シ1週刊少年ジャンプ 1981年01月増刊号 単行本未収録。原作:渡海風彦。
4 きやつつあい1キャッツ♥アイ【読切版】 短編 集英社 シ1週刊少年ジャンプ 1981年29号 キ-1 連載版の第1話として単行本に収録。
5 きやつつあい2キャッツ♥アイ【連載版】 6連載 集英社 シ1週刊少年ジャンプ 1981年40号 - 1984年44号 キ-2 Z-3 連載デビュー作。アニメ化されている。
『Z』への収録は2話のみ。
6 すへえすえんしえる2スペース・エンジェル【愛読者賞版】 短編 集英社 シ1週刊少年ジャンプ 1982年16号 第10回ジャンプ愛読者賞3位。単行本未収録。
『C♥E』をベースとしたスペースオペラ作品。
7 していいはんたあXYZシティーハンター —XYZ— 短編 集英社 シ1週刊少年ジャンプ 1983年18号 短1-4 文1-2 Z-1 第11回ジャンプ愛読者賞1位。
8 していいはんたあたふるえつしシティーハンター —ダブル-エッジ— 短編 集英社 フレッシュジャンプ 1984年02月号 短1-5 文1-3 Z-2
9 きやつつあい3キャッツ♥アイ【後日譚】 短編 集英社 シ1週刊少年ジャンプ 1985年06号 キ-3 連載版の後日譚で最終話として単行本に収録。
10 していいはんたあ/シティーハンター 5連載 集英社 シ1週刊少年ジャンプ 1985年13号 - 1991年50号 アニメ化されている。
11 ねこまんまおかわりネコまんまおかわり♡ 短編 集英社 シ1週刊少年ジャンプ 1986年34号 短1-3 文1-4 自-4
12 すふらつしゆ1SPLASH! 短編 集英社 ス1WJ増刊 スーパージャンプ 1987年04月号 画1st
13 すふらつしゆ2SPLASH!2 短編 集英社 ス1WJ増刊 スーパージャンプ 1987年06月号 画1st
14 すふらつしゆ3SPLASH!3 短編 集英社 スーパージャンプ 1988年11月号 画1st
15 てんしのおくりもの天使の贈りもの 短編 集英社 シ1週刊少年ジャンプ 1988年34号 短1-1 文1-5 自-2
16 すふらつしゆ4SPLASH!4 短編 集英社 スーパージャンプ 1989年04月号 画1st
16.5 1990年代
17 たくしいとらいはあTAXI DRIVER 短編 集英社 シ1週刊少年ジャンプ 1990年06号 短2-3 文2-1
18 ふあみりいふろつとファミリー・プロット 短編 集英社 シ1週刊少年ジャンプ 1992年11号 短2-2 文2-2 自-1
19 しようしよのきせつ少女の季節 —サマードリーム— 短編 集英社 シ1週刊少年ジャンプ 1992年39号 短2-4 文1-6 自-5
20 さくらのはなさくころ桜の花 咲くころ 短編 集英社 シ1週刊少年ジャンプ 1993年03・04合併号 短2-1 文1-7 自-3
21 こもれひのもとてこもれ陽の下で… 4連載 集英社 シ1週刊少年ジャンプ 1993年31号 - 1994年05・06合併号
22 らつしゆRASH!! 3連載 集英社 シ1週刊少年ジャンプ 1994年43号 - 1995年09号
23 すふらつしゆ5SPLASH!5 短編 集英社 MANGAオールマン 1995年11月号 画20
24 あおそらのはて蒼空の果て —少年たちの戦場— 短編 集英社 シ1週刊少年ジャンプ 1995年16号・17号 短3-1 文2-3 原作:二橋進吾。
25 しようねんたちのいたなつ少年たちのいた夏 〜Melody of Jenny〜 短編 集英社 シ1週刊少年ジャンプ 1995年28号・29号 短3-2 文2-4 自-6
26 あめりかんとりいむAmerican Dream 短編 集英社 シ1週刊少年ジャンプ 1995年36・37合併号 短3-3 文2-5 原作:二橋進吾。
27 ふあみりいこんほF.COMPO 2連載 集英社 MANGAオールマン 1996年10号 - 2000年23号
28 さあいすおふあさしんTHE EYES OF ASSASSIN 短編 集英社 MEN'S NON-NO 1997年06月号 短4-3 フルカラー作品。デジタルワーク:永田太。
29 はろつと1Parrot 短編 集英社 MEN'S NON-NO 1997年07月号 短4-1 フルカラー作品。デジタルワーク:永田太。
30 えあまんAIR MAN 短編 集英社 MEN'S NON-NO 1997年08月号 短4-4 フルカラー作品。デジタルワーク:永田太。
31 きやつつあい4CAT'S EYE 短編 集英社 MEN'S NON-NO 1997年09月号 短4-5 フルカラー作品。デジタルワーク:永田太。
32 ほおとれいとおふふああさあPortrait of father 短編 集英社 MEN'S NON-NO 1997年10月号 短4-6 フルカラー作品。デジタルワーク:永田太。
33 はろつと2Parrot 1連載 集英社 BART3230 1998年12月号 - 1999年05月号 短4-2 フルカラー作品。デジタルワーク:永田太。
33.5 2000年代
34 えんしえるはあと1エンジェル・ハート 0連載 新潮社 コ2週刊コミックバンチ 2001年1号 - 2010年36・37合併号 エ1 C.H.』の並行世界を描いたリメイク作。
アニメ化されている。
34.5 2010年代
35 えんしえるはあと2エンジェル・ハート 2ndシーズン 1連載 徳間書店 コ1月刊コミックゼノン 2010年12月号 - 連載中 エ2 『エンジェル・ハート』の続編。

書籍[編集]

漫画単行本[編集]

  • 2011年12月現在。
  • 書名が同じ物は【 】内の注記で区分をつけている。
  • デフォルトでの表記は作品毎にまとめて初巻の発行順とし、短編集については最後にまとめた。他列でのソート後にデフォルトの順へと戻すには、最左列を利用する。
  • 「判」欄はその書籍の判型をしめし、ハードカバー本については「H」を付記する。
  • 「略」欄は上記#漫画作品の収録欄で用いている略号を示す。

 : オリジナル、 : 再出版、 : 短編集。

書名 発行 レーベル 発行年 注記
1 キャッツ♥アイ【JC版】 集英社 ジャンプ・コミックス 2新書 1982年04月 - 1985年07月 18
2 キャッツ♥アイ【愛蔵版】 集英社 4B6H 1994年01月 - 10月 10 愛蔵版。
3 キャッツ♥アイ【文庫版】 集英社 集英社文庫コミックス版 1文庫 1995年11月 - 1996年04月 10 文庫版。
4 キョ CAT'S♥EYE COMPLETE EDITON 徳間書店 徳間コミックス 5A5 2005年10月 - 2006年06月 15 完全版
5 シティーハンター【JC版】 集英社 ジャンプ・コミックス 2新書 1986年01月 - 1992年04月 35
6 シティーハンター【文庫版】 集英社 集英社文庫コミックス版 1文庫 1996年06月 - 1997年10月 18 文庫版。
7 シテゥ CITY HUNTER COMPLETE EDITON 徳間書店 徳間コミックス 5A5 2003年12月 - 2005年06月 32
+3
完全版
+3はイラスト集 (X,Y巻)、短編集 (Z巻)。
8 こもれ陽の下で… 集英社 ジャンプ・コミックス 2新書 1994年03月 - 07月 3
9 RASH!! 集英社 ジャンプ・コミックス 2新書 1995年02月 - 05月 2
10 フ1 F.COMPO【SC版】 集英社 SCオールマン 3B6 1997年04月 - 2001年01月 14
11 フ2 F.COMPO【ZC版】 徳間書店 ゼノンコミックスDX 3B6 2011年07月 - 刊行中 7 出版社を変えての再出版。
12 エンジェル・ハート 新潮社 BUNCH COMICS 3B6 2001年10月 - 2010年09月 33 エ1
13 エンジェル・ハート 2nd season 徳間書店 ゼノンコミックス 3B6 2013年03月 - 刊行中 7 エ2
14 テ1 天使の贈りもの 北条司短編集[1] 集英社 ジャンプ・コミックス 2新書 1988年11月 1 1冊目の短編集。 短1
15 桜の花 咲くころ 北条司短編集[2] 集英社 ジャンプ・コミックス 2新書 1993年05月 1 2冊目の短編集。 短2
16 シヨ1 少年たちのいた夏 〜Melody of Jenny〜 北条司短編集[3] 集英社 ジャンプ・コミックス 2新書 1996年02月 1 3冊目の短編集。 短3
17 北条司短編集 Parrot 幸福の人 集英社 プレイボーイコミック 6B5 2000年03月 1 4冊目の短編集。ISBN 4-08-857040-5
フルカラーでデジタルワークは永田太。
短4
18 シト 北条司短編集1 シティーハンター - XYZ - 集英社 集英社文庫コミックス版 1文庫 2000年01月 1 短編集。JC版3冊を2冊にまとめた文庫版。 文1
19 シヨ2 北条司短編集2 少年たちのいた夏 〜Melody of Jenny〜 集英社 集英社文庫コミックス版 1文庫 2000年01月 1 短編集。JC版3冊を2冊にまとめた文庫版。 文2
20 テ2 北条司短編集 天使の贈りもの 集英社 SCオールマン 5A5 2000年10月 1 愛蔵版。JC版からの自選短編集。

イラスト集[編集]

ガイドブック[編集]

  • 『シティーハンターパーフェクトガイドブック』集英社、2000年1月25日第1刷、ISBN 4-08-782038-6
  • 『エンジェル・ハート公式ガイドブック』新潮社〈BUNCHI COMICS〉2008年5月25日初版、ISBN 978-4-10-771398-8

関連人物[編集]

堀江信彦
デビュー前からの初代担当編集者[24]、共にコアミックスを設立する[3]など長く北条のパートナーを務めている。『C.H.』のヒロイン「香」の名前は当時生まれたばかりであった堀江の娘の名前から付けられている[31]
神谷明
『C.H.』で冴羽役を担当した声優で、コアミックスの共同設立者の一人[3]。神谷の事務所名「冴羽商事」は冴羽に由来している[32]。北条とは家族ぐるみの交流があり[33]、神谷が阪神・淡路大震災の復興チャリティとしてWITH YOUを結成した際には北条も参加している。
原哲夫
同じく堀江が担当であった漫画家仲間。コアミックスの共同設立者の一人[3]
次原隆二
同じく堀江が担当であった漫画家仲間。コアミックスの共同設立者の一人[3]。北条がまだ福岡に在住していたデビュー時期に、インフルエンザに倒れて原稿が落としかねない状況となり、近くにいる漫画家として紹介されて手伝いに入った事がある[34]
井上雄彦
1988年[35]から1年弱北条の元でアシスタントを務めていた[36]。『C.H.』の完全版には「師匠・北条司から学んだ事」と題した文を寄稿している[37]。また『A.H.』1500万部を記念した対談を梅澤・北条と行っている[38]
梅澤春人
井上と同じ時期に1年強ほどアシスタントを務めていた[36]。『A.H.』1500万部を記念し、井上・北条と対談を行っている[38]
柳川喜弘
元アシスタント[39]の漫画家。『コミックバンチ』で連載を持っていた。

トリビュートイラスト関連[編集]

2010年に北条のデビュー30周年を記念し、北条のキャラクターを他の漫画家が描くトリビュート・ピンナップ企画が『週刊コミックバンチ』で2度行われた。同年の『バンチ』休刊後に後継紙となった『月刊コミックゼノン』では、新たなトリビュートイラストと『バンチ』での企画分のダイジェスト版を収録した『北条司30周年記念特製画集』が付録とされた。以下、この企画で寄稿した漫画家を列挙する。

参考文献[編集]

  • 「INTERVIEW TSUKASA HOJO」『北条司 ILLUSTRATIONS』94 - 97頁
  • 「北条司 LONG INTERVIEW PART2」『シティーハンターパーフェクトガイドブック』167 - 178頁
  • 「HOJO TSUKASA interview」『北条司 漫画家20周年記念 イラストレーションズ』101 - 107頁
  • 「《漫画家のかたち》北条司(前編)」『週刊コミックバンチ』32号(2002年7・8合併号)、新潮社、2002年1月29日・2月5日発行、153 - 158頁
  • 「《漫画家のかたち》北条司(後編)」『週刊コミックバンチ』33号(2002年9号)新潮社、2月12日発行、190 - 194頁
  • 『北条司 漫画家25周年記念 自選イラストレーション100』
    • 「作品リスト」「単行本リスト」105頁
    • 「北条司 インタビュー」106 - 107頁
  • 「第3章 スペシャルインタビュー」『エンジェル・ハート公式ガイドブック』87 - 99頁

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b 北条が3歳の1963年に合併され北九州市となっている。
  2. ^ a b 2011年12月現在。
  3. ^ 1991年の『ILLUSTRATIONS』95頁では、「スペースエンジェル」がペン入れをして完結した初めて作品である事を述べている。ただし2006年の『A.H.公式ガイドブック』の投稿経歴とは矛盾しており、本稿では後年のインタビューである後者の記述を優先している。
  4. ^ 愛読者賞はこの年で終了されており、同作は最後の愛読者賞受賞作品となっている。ただし、1997年には同主旨の催しとして愛読者が行なわれている。

出典[編集]

  1. ^ a b c 『C.H.パーフェクトガイドブック』表紙そで
  2. ^ a b c d e f g h i 『A.H.公式ガイドブック』表紙そで
  3. ^ a b c d e f g 事業概要」『コアミックス
  4. ^ a b 『20周年記念 イラストレーションズ』107頁
  5. ^ a b c 会社概要」『株式会社ノース・スターズ・ピクチャーズ
  6. ^ a b c d e f 『北条司 ILLUSTRATIONS』92頁
  7. ^ 『C.H.パーフェクトガイドブック』168頁
  8. ^ この段落は『A.H.公式ガイドブック』89頁、『コミックバンチ』32号の154頁を参考とした。
  9. ^ 『C.H.パーフェクトガイドブック』169頁
  10. ^ 『20周年記念 イラストレーションズ』101頁
  11. ^ この段落は、『コミックバンチ』32号の154 - 155頁、『C.H.パーフェクトガイドブック』169 - 171頁を参考とした。
  12. ^ この段落は、『C.H.パーフェクトガイドブック』170頁、『コミックバンチ』32号の155 - 156頁、『ILLUSTRATIONS』95頁を参考とした。
  13. ^ 『A.H.公式ガイドブック』89 - 90頁
  14. ^ 『C.H.パーフェクトガイドブック』171頁
  15. ^ この段落は『C.H.パーフェクトガイドブック』171 - 172頁を参考とした。
  16. ^ この段落は『C.H.パーフェクトガイドブック』172頁、『コミックバンチ』32号の157頁、『A.H.公式ガイドブック』90頁を参考とした。
  17. ^ この段落は『ILLUSTRATIONS』95頁と『20周年記念 イラストレーションズ』102 - 103頁を参考とした。
  18. ^ この段落は、『20周年記念 イラストレーションズ』104頁、『A.H.公式ガイドブック』91 - 92頁を参考とした。
  19. ^ この段落は『コミックバンチ』33号の191 - 192頁を参考とした。
  20. ^ 『20周年記念 イラストレーションズ』105 - 106頁
  21. ^ 読者のみなさまへ”. 株式会社コアミックス:アーカイブ. コアミックス (2010年6月25日). 2011年12月29日閲覧。
  22. ^ a b コミックゼノン創刊号、御パンツ付録でかぶいて候”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2010年10月25日). 2011年12月29日閲覧。
  23. ^ 『C.H.パーフェクトガイドブック』168頁
  24. ^ a b 『A.H.公式ガイドブック』90頁
  25. ^ 北条司 (n.d.). “作品紹介”. 北条司 OFFICIAL WEB SITE. 2011年12月29日閲覧。
  26. ^ 『C.H.パーフェクトガイドブック』173 - 174頁
  27. ^ 『20周年記念 イラストレーションズ』104頁
  28. ^ 『自選イラストレーション100』106頁
  29. ^ 二階堂黎人「作品解説ブックレット」『北条司短編集 天使の贈りもの』
  30. ^ 北条 2000.
  31. ^ 「初代担当編集者が語るCITY HUNTER誕生秘話」『CITY HUNTER COMPLETE EDITON VOLUME:01』2003年12月15日発行、ISBN 4197802137、60頁
  32. ^ 『CITY HUNTER COMPLETE DVD BOX』The ART of CITY HUNTER 71頁
  33. ^ 「人気声優神谷明氏 秘蔵イラスト&C・Hを語る!!」『CITY HUNTER COMPLETE EDITON VOLUME:X』2004年9月15日発行、ISBN 4197802633、115頁
  34. ^ 『コミックバンチ』32号、158頁
  35. ^ 「井上雄彦が語る「師匠・北条司から学んだ事」」『CITY HUNTER COMPLETE EDITON VOLUME:02』2003年12月15日発行、ISBN 4197802145、210頁
  36. ^ a b 『A.H.公式ガイドブック』97頁
  37. ^ 「井上雄彦が語る「師匠・北条司から学んだ事」」『CITY HUNTER COMPLETE EDITON VOLUME:02』209 - 213頁
  38. ^ a b 「北条司 井上雄彦 梅澤春人特別座談会」『A.H.公式ガイドブック』94 - 99頁
  39. ^ 柳川喜弘プロフィール」『柳川喜弘ホームページ

参考文献[編集]

  • 北条, 司 (2000), 愛蔵版コミックス シティーハンターパーフェクトガイドブック, 集英社 

外部リンク[編集]