吉祥寺ダイヤ街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。
閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

吉祥寺ダイヤ街(きちじょうじダイヤがい、Kichijoji Dia-Gai)は、東京都武蔵野市吉祥寺本町にある全蓋式のアーケード商店街である。吉祥寺ダイヤ街商店協同組合が運営。1961年に開業し、現在まで50年を数える。2009年3月に現在のアーケードが完成した。

概要[編集]

ダイヤ街は東側のEast zone(イースト・ゾーン)、西側のWest zone(ウエスト・ゾーン)と、南側のSouth zone(サウス・ゾーン)で構成されており、T字状になっている。また、EastとWestの中間にDome(ドーム)があり、2本のゾーンをつなぐパイプ役をこなしている。

East zoneは東日本旅客鉄道(JR東日本)吉祥寺駅北口ロータリーから西北西に向かって武蔵通りまでの約80mの通り、West zoneは武蔵通りから吉祥寺通り(公園通り)までの約90mの通り、South zoneは途中のレンガ館モール前から分岐し南南西方向に向かって平和通りまでの約90mの通りである。

短い区間で道が狭い割に人通りが多く、吉祥寺名物として知られる店が軒を連ねる。

West zoneを抜け、吉祥寺通りを渡ったところに東急百貨店吉祥寺店がある(旧称「東急チェリーナード」の由来にもなった)。そこから更に西北西方向に昭和通り商店街が続いており、俗に「東急裏」と呼ばれる吉祥寺西地区へのアクセス道路の役割も果たしている。

現在のロゴマークは、2009年のリニューアルに伴って制定されたもので、ダイヤ街の形状を表すT字型のデザインとなっている。

なお、ダイヤ街内には、計5か所にAEDが設置されている。

歴史[編集]

旧・東急チェリーナード
(吉祥寺駅前広場側・現East zone、2007年10月撮影)

1950年代初期、第二次世界大戦からの復興のさ中、国鉄吉祥寺駅北口に商店が次々開業。当時は大型商業施設がほとんどなく、小ぢんまりとした店舗がほとんどだった。そして1953年、吉祥寺地区では最初のアーケードとしてローズナード(現・South zone)が完成する。

そして1961年、吉祥寺駅北口商店街はダイヤ街商店街(仲町ダイヤ街)として再出発する。

その後、1970年代になると、当時の武蔵野市長後藤喜八郎の主導のもと、吉祥寺駅北口再開発事業の一環として、仲町ダイヤ街の部分に2本目のアーケード(現在のEast zoneとWest zone)が建設されることになる。1974年1月の起工式を経て、東急百貨店開店に合わせるかのように完成、名称も「ダイヤ街・東急チェリーナード」と命名され、この年の6月にオープンした。

2000年代末期になると、開業から50年以上、東急チェリーナードの完成から30年以上が経過し、両アーケードとも老朽化が進んだため、2008年3月より架け替え工事に着手することになる。2009年初頭にはチェリーナード、ローズナードともに解体が完了し、その後着工開始、3月に新アーケードが完成。従来アーケードが途切れていたチェリーナードの中間部分に新たに屋根部分が設置され、アーケードが1本に統一された。その後舗装工事を経て、現在のダイヤ街が全面完成した。

沿革[編集]

  • 1953年 - 吉祥寺駅北口にローズナード商店街(現・South zone)開業。
  • 1961年 - ダイヤ街商店街(仲町ダイヤ街)開業。
  • 1974年 - 東急チェリーナード(現・West zone、East zone)開業。
  • 2008年3月 - 旧アーケード解体工事開始。
  • 2009年3月 - 新アーケード完成。
  • 2009年9月 - 吉祥寺ダイヤ街グランドオープン。
  • 2011年 - 開業50周年。

アーケードの特徴[編集]

  • ダイヤ街のアーケードはEast zone・West zone・South zoneでつながっており、全長254.20mにもなる。またEastとWestの間にはDome(屋根)で接続されている。
  • アーケード上部の開閉式天井はUVカット樹脂版を使用しており、晴天時は青空が見える。各ゲートの照明には、LEDパネルを154枚使用しており、環境に配慮したつくりとなっている。
  • 歩道部分の舗装は白御影石を使用している。
  • 2011年より、3か所の各アーケード入口に『ダイヤ街』のロゴが新しく挿入された。
アーケード概要
完成 2009年3月
全長 254.20m
敷地面積 1,332.91m2
述べ面積 1,332.91m2
カラー舗装面積 1,332.91m2
道路幅員 東西道路:5.4m
南北道路:4〜4.87m
横天井高 7.00m
柱本数 44本
高さ 13.54m(最高)
ゲート高 12.00m
アーケード高 10.00m
LEDパネル 154枚
施工 株式会社日米アートム
設計 株式会社アール・ピー・アイ
道路舗装 大林道路株式会社

主要な施設・店舗[編集]

サトウ」。メンチカツで有名
(2009年4月撮影)

East zone[編集]

東側に位置するEast zoneは、吉祥寺駅前広場側にゲートがあり、サンロードに隣接する。前身は1974年に完成した「東急チェリーナード」。

シンボルカラーはブルー

Dome≫→祥和会通り武蔵通り

West zone[編集]

西側に位置しているWest zoneは公園通り側にゲートがあり、東急百貨店吉祥寺店が目前にそびえる。East zoneと同じく前身は「東急チェリーナード」。

シンボルカラーはグリーン

Dome≫→祥和会通り武蔵通り

South zone[編集]

吉祥寺駅前にゲートがあり、パルコに隣接している。South zoneの前身の「ローズナード」は1953年完成のダイヤ街の最古のアーケードであり、改築されるまで55年の歴史を刻んだ。

シンボルカラーはオレンジ

Dome[編集]

夜のDome(2009年3月撮影)

East zoneとWest zoneの接続部分であり、中心点的な役割を果たしている。

アーケード改築前には分断されていた部分であり、中心的部分の両ゲートには周辺の地図を表す看板が設置されていた。改築に伴い、新たに屋根が設置された。肉店「サトウ」のある位置が該当する。

ドームのシンボルカラーはイエロー

マスコット[編集]

マスコットキャラクターの「ダイ吉くん」と「キララちゃん」。ダイヤ街のガイドマップ「吉祥寺ダイヤ街ぐるりmap」および公式サイト内で、アーケード内を案内する役割を務めている。現在のイラストタッチになったのは2011年度からである。ガイドマップ以外にもホームページや、ダイヤ街でのイベントで先着でもらえる景品などにも登場する。

ダイ吉くんが登場したのは2009年のダイヤ街リニューアルオープン時で、それを記念してキャラクターの名前を公募したところ、2800通の応募から審査の結果選ばれた。キララちゃんは2010年頃よりダイ吉くんのガールフレンド犬として登場した。

ダイ吉くんとキララちゃんは2011年の「ぐるりmap」秋号にて婚約を発表し、2012年の新春号では結婚報告を行った(表紙は結婚式のイラスト)。なお、春号では新婚旅行へ行っている(表紙はオープンカーでドライブするイラスト)。

このほかにもダイ吉くんたちの仲間として、クマトラライオンパンダネコウサギなどの動物のキャラクターもいる。

いい店大賞[編集]

また、2009年から2011年までの3年間、店の評価を生かしてダイヤ街を素敵な商店街にしようとの一環から「いい店大賞」を開催し、毎年、多くの利用客からの投票により優秀な店舗が選定されてきた。歴代のグランプリ受賞店舗は以下の通り。

回(年) 店名 ジャンル エリア
第1回(2009年 小ざさ 和菓子 West Zone
第2回(2010年 ロヂャース ディスカウント West Zone
第3回(2011年 おかしのまちおか吉祥寺店 菓子 South Zone

主なイベント[編集]

スマイル選手権
2011年10月にダイヤ街にて、参加店各店の店員が参加して笑顔を競うコンテストとして「スマイル選手権」なるイベントが行われた。このイベントでは笑顔度判定ソフト「スマイルスキャン」を使用して笑顔を競い合い、平均笑顔度100%を達成した店員が優勝し「スマイルチャンピオン」の称号が与えられる。また99%まで達成できれば「スマイルマスター」の称号が与えられる。なお第1回目となった2011年には2名が「スマイルチャンピオン」に輝いた。
また、このイベントがきっかけとなり、2012年3月に「いい店大賞」に代わる新イベントとして「スマイルフェア」が開催された。
大吉祥抽選会
毎年4月下旬〜5月上旬(ゴールデンウィーク)に開催される、吉祥寺駅周辺の各店舗[1]で買い物すると抽選に参加できるイベント。なお抽選会ではお買い物券などが賞品として用意される。吉祥寺音楽祭と同時開催。
サマーフェア
毎年6月上旬〜7月中旬に開催される。

備考[編集]

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]