メンチカツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メンチカツ
「ミンチカツ」と書かれた看板。大阪市中央区にて。

メンチカツ[1]は、洋食のひとつ。豚肉牛肉挽肉タマネギのみじん切り・食塩コショウなどを混ぜて練り合わせ、小判型に成形し、小麦粉溶き卵パン粉からなるをつけて油で揚げた日本の料理である。中華鍋に入れた多量の油で揚げるか、またはフライパンで焼き上げる[2][3]

メンチと略されるが、大阪を中心とする地域ではミンチカツとも呼ぶ(#俗説を参照)。

起源[編集]

明治時代に東京浅草洋食店が「ミンスミートカツレツ(minced meat cutlet)」として販売したのが起源とされている[4]。関東から関西に伝わった料理とされており[5]昭和初期に兵庫県神戸市湊川の純神戸肉三ッ輪屋精肉店(明治34年創業、現三ツ輪屋総本店)の二代目が、東京の洋食店の「メンチボール」(ミートボールのこと)をヒントに考案したものとの説もある。

食べ方[編集]

ウスターソースなどをかけて食べる事が多い。サンドイッチハンバーガー[6]の具とされることもある。一般にメンチカツは庶民的な洋食のイメージがあるが、ブランド牛を使用している事をアピールした品もある。 軽食ともされるが、定食としてなどと共に提供されている場合も多い。

ご当地グルメ[編集]

日本各地で、メンチカツがご当地グルメとして町おこしに活用されることがあり、 館山メンチ(千葉県館山市)、茅ヶ崎メンチ(神奈川県茅ヶ崎市)、亀有メンチ(東京都葛飾区亀有)、三春グルメンチ(福島県三春町)、長泉あしたかつ(静岡県長泉町)など多数存在する。

俗説[編集]

「メンチ」の語源についてはっきりとした説は存在しない。 よく使われる俗説としては、「ミンスミートカツレツ」は mince(挽き肉) meat(肉) cutlet(フランス語のcotelette(コートレット)が語源)を合成した和製英語とされ、のちに「ミンスミートカツレツ」が省略される過程で「ミンス」が「メンチ」に転じて、「メンチカツ」となったという説が一般的に広まっている。しかし、根拠になる文献などは存在せず、呼び方があまりにも変化しすぎている。

昭和初期に三ッ輪屋精肉店がこの料理を考案した際に「ミンチカツ」と命名したとする説もある。

近畿地方を中心とする西日本では、挽き肉をミンチ肉あるいはミンチと呼ぶことが東日本よりも多いため、ミンチで作るカツからそのまま「ミンチカツ」と呼ばれるようになった[7][8]。大阪では「ミンチ肉のカツなのに『メンチ』と呼ぶのは、訛っているじゃないか」と考える人が多い[9]。近畿地方で「メンチカツ」という呼称があまり使われない背景として、近畿方言で「メンチを切る(=睨みつけるの意)」という表現があることから、同音衝突を避けたとする俗説があるが、これはあくまで後から作られた冗談話である[7]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『広辞苑』や『大辞林』など多くの辞書が見出し語に挙げているのは「ミンチカツ」ではなく「メンチカツ」。
  2. ^ TBSチューボーですよ 松本楼(日比谷)、レストラン大宮(浅草)、sukijikichen<ツキジキッチン>(築地)
  3. ^ TBSチューボーですよ20080531レシピ
  4. ^ 日経 もともとはハンバーグに衣をつけた料理。江戸っ子達の間でメンチカツへと変化したそうです。その後、関東で修行していたシェフにより関西にも伝えられました。関西ではミンチカツと呼ぶとのことですが、聞き間違いでそうなったとか、さまざまな説
  5. ^ ブルドッグ ニッポンの洋食
  6. ^ モスバーガー地域・期間限定発売 - 宮崎県産霧島黒豚メンチカツバーガー
  7. ^ a b メンチカツ?ミンチカツ?NHK気になることば、2010年5月11日配信、2013年2月6日閲覧。
  8. ^ 方言大学 第二回:「ミンチカツ」と「メンチカツ」 「西日本でも、中国・四国ではミンチと言わない」(2012年6月11日時点のアーカイブ
  9. ^ 大阪食のタブー集・マナー集・常識集, 大阪市ゆとりとみどり 振興局/ 財団法人 大阪観光コンベンション協会、2011年2月閲覧

関連項目[編集]