ゴディバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴディバの店
日本で販売されているゴディバのギフトセット

ゴディバGodiva Chocolatier, ゴディバ・ショコラティエ) は、トルコの食品企業・ウルケル英語版の子会社である、ベルギーチョコレートメーカーである。

ベルギーで創業し、ベルギー王室御用達とされているが[1]、現在はウルケル・グループの傘下にあり、アメリカ、ヨーロッパ、アジアなどにおいて、チョコレートや関連商品の販売を行っている。

沿革[編集]

ゴディバは1926年ブリュッセルでジョセフ・ドラップスが設立した。1958年パリに販売店を開いて国外進出した。

1966年にはキャンベル・スープ・カンパニーの支援を受けてアメリカにも進出した。1972年にキャンベル社が買収し、その傘下に入る。

2007年12月になると、経営戦略の違いなどからキャンベル社は売却を決め[2]トルコの企業であるユルドゥス・ホールディングス(同国最大の食品企業「ウルケル・グループ」の親会社)が買収するにいたった[3]

店舗展開[編集]

北アメリカヨーロッパアジアの80ヶ国以上で専門店を持ち、北アメリカだけで1000店舗以上の販売店を展開している。

日本では、昭和47年(1972年)に日本橋三越に第1号店をオープンさせて以来、 現在200店舗以上を展開している。

インターネットでの通信販売も手掛けている。

日本での輸入元はゴディバ ジャパン株式会社(本社・東京都港区/社長不在)、販売元はゴディバ ジャパン・片岡物産

販売商品[編集]

チョコレートをメインとして扱っているが、チョコレート以外の菓子コーヒーココアアイスクリームリキュールなども販売している。期間限定の商品も多い。

高級チョコレートとして高価格で販売されているが、より高級で少量生産を行っているチョコレートメーカーと比べてもさらに割高であるとの指摘もある[4]

名称[編集]

ゴダイヴァ夫人

名称とロゴマークは、イングランド伝説に出てくるゴダイヴァ夫人Lady Godiva)に由来する。ベルギーにおけるチョコレートメーカーとしての発音は「god ee' va(ゴディヴァ)」に近く、因みに英語での発音は「ゴダイヴァ」である。

脚注[編集]

  1. ^ ベルギー王室御用達のリスト(英語) - Godiva NVが登録されている。
  2. ^ Campbell To Explore Strategic Alternatives For Godiva Business (プレスリリース、2007年8月9日)
  3. ^ 買収に関するウルケル・グループのプレスリリース
  4. ^ ヘラルドトリビューン"Valrhona May Be Best, but Not Most Expensive : For Chocolate Lovers, Offer a Taste of Paradise" 1999年12月18日

外部リンク[編集]