京王井の頭線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
京王電鉄 井の頭線
東松原 - 明大前を走行する1000系
東松原 - 明大前を走行する1000系
路線総延長 12.7 km
軌間 1067 mm
電圧 1500 V 架空電車線方式直流
最高速度 90 km/h
1 2 3
1: 半蔵門線
tSTR uexABZlf emtKRZ uexSTRq uexSTRlg
2: ↑都電6, 9, 34系統
tSTR uexSTRg tSTRe uexSTRf
3: 銀座線
tSTR uexABZl+l emKRZo
uexABZqr
都電34系統
tKRZt
tSTRq
副都心線 / 東急東横線
東急東横線旧線
tKRZ
uxmKRZu
山手線
tSTR
上野検車区渋谷分室
tSTR
uexSTR KBSTe
0.0 IN01 渋谷駅
tSTR tSTR2a
uexSTRq
東急玉川線
tSTRlf
tSTRq
東急田園都市線
tSTRe
渋谷隧道
BHF
0.5 IN02 神泉駅
TUNNEL1
eBHF
1.2 東大前駅 -1965
BHF
1.4 IN03 駒場東大前駅 1965-
eBHF
1.6 駒場駅 -1965
BHF
2.4 IN04 池ノ上駅
KRZt tSTRq
小田急小田原線
eKRZo exABZq+l
小田急小田原線旧地上線
HUB62
exSTR
3.0 IN05 下北沢駅
eKRWg+l exKRWr
代田連絡線
BHF
3.5 IN06 新代田駅
BHF
4.0 IN07 東松原駅
KRZu
京王線
HUB62
4.9 IN08 明大前駅
WBRÜCKE
神田川
BHF
6.0 IN09 永福町駅
exKRW+l eKRWgr
exKDSTe STR
永福町検車区
BHF
6.7 IN10 西永福駅
BHF
7.5 IN11 浜田山駅
BHF
8.7 IN12 高井戸駅
BHF
9.4 IN13 富士見ヶ丘駅
KRWgl KRW+r
STR KDSTe
富士見ヶ丘検車区
BHF
10.2 IN14 久我山駅
WBRÜCKE
神田川
BHF
11.2 IN15 三鷹台駅
BHF
12.1 IN16 井の頭公園駅
STRlg STR
中央線
12.7 IN17 吉祥寺駅

井の頭線(いのかしらせん)は、東京都渋谷区渋谷駅武蔵野市吉祥寺駅を結ぶ京王電鉄鉄道路線である。

概要[編集]

渋谷吉祥寺という繁華街同士を、途中小田急小田原線京王線と接続しながら短絡する、一日数十万人が利用する路線である。全線が武蔵野台地上を走り、渋谷から吉祥寺までほぼ上り片勾配である。踏切は多いが、主要な道路とは敷設時から立体交差になっており、環状八号線と交差する高井戸駅1972年に高架駅となっている。駅間距離が非常に短く、隣の駅までが1キロメートル未満であることがほとんどで隣の駅がホームの端から見える駅も少なくない。

また、関東私鉄の中で最初に冷房率100%を達成した路線でもある。

軌間に1372mmのいわゆる馬車軌間を採用する他の京王線の路線とは異なり、井の頭線では1067mmの狭軌を採用している。これは元々、井の頭線が小田急電鉄系の帝都電鉄の路線として開業したためである。

終点が両側とも頭端式ホームであり、上下線とも終点に向かえば向かうほど混雑の度合いは増し、終着駅到着時にはそれぞれの中央改札に近い進行方向の先頭車両は非常に混雑する傾向がある。これは渋谷寄りに階段・出口がある駅の割合が多いためで、上り列車の渋谷側となる5号車はラッシュ時以外も混雑している。これを防止するために駅改良工事が実施される際には出口の位置変更が行われることが多い。また、吉祥寺寄り車両へ分散乗車を促す広告が掲示されている。

トンネルは渋谷駅隣の神泉駅の前後に1つずつあり、吉祥寺寄りのトンネルには駅のホームが延びている。戦時中から戦後しばらくは小田急小田原線と代田連絡線を介して繋がっていたが、同連絡線の廃止後は他路線と線路が繋がっておらず、独立した路線となっている。

路線データ[編集]

  • 路線距離:12.7km
  • 軌間:1067mm - 京王電鉄唯一の1067mm路線である。
  • 駅数:17駅(起終点駅含む)
  • 複線区間:全線複線
  • 電化区間:全線(直流1500V)
  • 保安装置:京王ATC、速度制御式
  • 最高速度:90km/h

沿線概況[編集]

渋谷 - 下北沢[編集]

渋谷駅は標高が低いので地上駅であるが、神泉駅との間でトンネルがあり、道玄坂およびその地下を走る田園都市線と交差し、トンネル出口で駅に着く。ホームの途中から再びトンネルとなる。このトンネルで東京都道317号環状六号線(山手通り)と交差する。トンネルを抜けると淡島の低地に出るため、再び地上を走る。北側に東京大学駒場キャンパスを見ながら駒場東大前駅となる。旧東大前駅と旧駒場駅とが統合されたのは1965年で、吉祥寺寄りには旧駒場駅のホーム跡がある。その向こうには駒場野公園の緑が望める。池ノ上駅の先で盛土を走るようになり、密集した市街地を見下ろせる。斜めに交差する小田急小田原線を越えると下北沢駅となる。

下北沢 - 明大前[編集]

下北沢駅を発車すると緩い下り勾配となる。発車前から次の新代田駅東京都道318号環状七号線(環七通り)を望め、立体交差の様子が伺える。新代田駅から東松原駅の直線区間の線路脇に植樹されたアジサイは、開花時期になるとライトアップされるが、アジサイのほかにも沿線のあちらこちらに植樹がされている。東松原駅からは線路が大きく右にカーブし、やがて京王線の下をくぐると明大前駅に到着する。

明大前 - 永福町[編集]

明大前駅を発車すると国道20号甲州街道)・首都高速4号新宿線と交差する。次に玉川上水水路橋をくぐるが、この橋は幻となった東京山手急行電鉄の遺構であり、複々線分のスペースが確保されている。ここから直線で勾配を上っていく。神田川を渡り、井の頭通りを右に見ながら左にカーブすると東京都道427号と交差し2面4線の永福町駅に到着する。この駅での列車待ち合わせの風景を歌ったあさみちゆきの『井の頭線』という歌がある。

永福町 - 久我山[編集]

永福町駅を発車すると、右手に京王バス東車庫保線基地がある。かつては井の頭線の車庫があった所で、新車搬入は現在もここで陸送により行われる。バス車庫を過ぎたところで東京都道428号高円寺砧浄水場線荒玉水道道路)と踏切で交差する。ここからは西永福駅浜田山駅と暫く直線で抜けている。そのため、浜田山駅から永福町駅の進路現示を望むことができる。

浜田山駅を発車すると左にカーブしながら杉並清掃工場付近で高架を上っていき、南側に神田川が沿う。付近は桜並木となっている。高井戸駅ホームは東京都道311号環状八号線(環八通り)と直交している。高井戸駅を発車すると高架を下っていき、右にカーブして富士見ヶ丘駅に到着。左手に富士見ヶ丘検車区を見るとまもなく久我山駅に到着する。この区間の駅は永福町駅以外すべて1面2線の島式ホームである。

久我山 - 吉祥寺[編集]

久我山を発車すると、両側に土手が現れる。そのまま直線で走り抜け、神田川を過ぎると三鷹台駅に到着する。三鷹台を出ると、右急カーブの後、神田川に沿って走り井の頭公園駅に到着する。その後、井の頭公園の遊歩道の上を走り、急カーブ・急勾配の後、弁天通りの上を通り、井の頭通りの上が吉祥寺駅のホームの端となる。

歴史[編集]

概要節で前述の通り、元々は小田急電鉄とルーツを同じくする帝都電鉄の路線であった。

帝都電鉄の前身となる東京山手急行電鉄大井町 - 世田谷 - 滝野川 - 西平井 - 洲崎間50km余りの免許を1927年に取得した会社で、山手線外部に第二環状線を形成する予定であったが、昭和恐慌の影響でそれどころではなくなった。同社の企画を承継した鬼怒川水力電気利光鶴松1928年に渋谷 - 吉祥寺間の免許を交付されていた渋谷急行電鉄を東京山手急行電鉄に合併させて東京郊外鉄道と改称した後、収益性の高い旧渋谷急行電鉄の路線の建設を優先させることにし、社名を再度帝都電鉄と改め、1933年 - 1934年に全線を順次開業させた。

同線は山手線周辺から郊外へ延びる鉄道としては、他の路線と比較してもかなり遅くに開業した路線となった。そのため、当時としては珍しく高架掘割を中心にして建設し、車両も全鋼鉄製で自動扉を採用して女性車掌が乗務するなど、開業時はかなり近代的な路線であった。しかし不況のため建設資金に不自由し、線路鉄道省で使用していたものの払い下げで、従業員も多くは鬼怒電グループの人員整理で余剰と化した者が採用された。そのため、乗り心地は余りよくなかったとも言われる。なお、元東京山手急行電鉄が所有していた免許は、1940年までにすべてが失効した。

後に同系の小田原急行鉄道に合併されて同社の帝都線となり、小田原急行鉄道は鬼怒川水力電気に合併され小田急電鉄となった。そして1942年にこの小田急電鉄が東京横浜電鉄に合併され当線は東京急行電鉄(俗に言う「大東急」)渋谷営業局の所管となり、このとき線名が現在の井の頭線となった。

戦後の大東急解体時に経営的な判断から旧京王電気軌道と組み合わされた経緯があり、その際かつての帝都線を含んでいるということから分離・独立した会社の名前は「京王帝都電鉄」となった。同社が現在の「京王電鉄」に社名を変更したのは1998年である。また、この解体当時京王支社長として井の頭線の「移管」を推進し、その後京王が急成長した際に社長を務めた井上定雄は、帝都電鉄の出身者である。なお、小田急側では井の頭線に代わる補償として、箱根登山鉄道神奈川中央交通を系列会社としている。

小田急小田原線との乗り換え駅である下北沢駅で、両者が地上駅であった頃から改札内で乗り換えが可能であったことは、井の頭線が旧小田急電鉄の路線であった名残である。

戦前の全通時に現行の駅がほぼすべて設置されており、戦後に設置されたのは駒場駅と東大前駅を統合して開業した駒場東大前駅のみである。

戦時中に応急的に新代田駅から小田急小田原線世田谷代田駅との間に代田連絡線が設置され、車両の融通が行われた記録があるが、同連絡線廃止後は他線との連絡が全くなくなっため、車両は陸路で永福町駅に隣接している京王バスの永福町車庫から搬入・搬出している。代田連絡線は廃線後住宅地になったため、廃線跡はほとんど残っていない。痕跡としてわずかに、世田谷代田駅の新宿方面ホームの北側の空き地が残っているものの、これも小田急小田原線の複々線化工事により消滅する見通しである。

終戦直後には、当時武蔵野市で計画されていた東京スタジアムへのアクセス客を当て込んで、吉祥寺駅から西武新宿線田無駅を経由して西武池袋線東久留米駅まで延伸する計画が存在した。しかし、1951年に完成した東京スタジアムはその立地面や環境面の悪さからわずか1年で休止状態に陥り、さらに地元での新路線建設への反対運動も起こったことから、この延伸計画は頓挫している[1]

年表[編集]

  • 1933年(昭和8年)8月1日 渋谷 - 井の頭公園間開通。
  • 1934年(昭和9年)4月1日 井の頭公園 - 吉祥寺間全線開通。
  • 1935年(昭和10年)
    • 2月8日 西松原駅を明大前駅に改称。
    • 8月10日 東駒場駅を一高前駅に改称。
  • 1937年(昭和12年) 西駒場駅を駒場駅に改称。
  • 1940年(昭和15年)5月1日 帝都電鉄が同じ鬼怒川水力電気系列の小田原急行鉄道に合併して同社の帝都線となる。
  • 1941年(昭和16年)3月1日 鬼怒川水力電気は小田原急行鉄道を合併して、小田急電鉄となる。
  • 1942年(昭和17年)5月1日 東京横浜電鉄に合併され、東京急行電鉄(大東急)の路線となる。帝都線を井の頭線と改称。
  • 1945年(昭和20年)5月25日 東京大空襲により永福町車庫が被災。29両のうち23両が焼失、壊滅的な被害を受ける。
  • 1948年(昭和23年)6月1日 東京急行電鉄の再編成により、井の頭線は京王帝都電鉄の所有路線となる。
  • 1951年(昭和26年)12月1日 一高前駅を東大前駅に改称。
  • 1965年(昭和40年)7月11日 駒場駅と東大前駅を統合し、駒場東大前駅開業。
  • 1966年(昭和41年)7月21日 代田二丁目駅を新代田駅に改称。
  • 1971年(昭和46年)12月15日 永福町駅に待避線を設置、急行運転開始。当初の最高速度は80km/h。
  • 1984年(昭和59年)3月21日 全車冷房化。
  • 1997年(平成9年)12月28日 渋谷駅改良工事完成に伴い0.1km短縮。
  • 1998年(平成10年)7月1日 京王電鉄と社名変更。
  • 2011年(平成23年)7月1日 土曜ダイヤと休日ダイヤが統合される。
  • 2013年(平成25年)3月3日 ATCの使用を開始。

運転[編集]

日中の運行パターン
種別\駅名 渋谷 吉祥寺
運行
範囲
急行 8本
各停 8本

各駅に停車する各停のほか、急行が運転されている。

各時間帯のダイヤを概観すると次のようになる(一部例外あり)。

  • 早朝:各停が運転される。平日は急行が6時台に上り2本(吉祥寺駅6時27分発と6時40分発)設定されている。
  • 朝ラッシュ時(平日):各停がほぼ2分間隔で運転される。吉祥寺発着と富士見ヶ丘発着が概ね交互に設定されている。
  • 朝間(土休日):各停が概ね4.5 - 5分間隔で運転される。
  • 日中:急行と各停がそれぞれ7分または8分間隔で運転される(1時間あたり計16本)。
  • 夕ラッシュ時(平日):急行と各停がそれぞれ6分間隔で運転される(1時間あたり計20本)。
  • 夜間(平日):急行と各停がそれぞれ7.5分間隔で運転される(1時間あたり計16本)。
  • 夜間(土休日)・深夜:急行と各停がそれぞれ10分間隔で運転される(1時間あたり計12本)。

かつては平日・土曜・休日でそれぞれ異なるダイヤが使用されていたが、2011年7月からの節電ダイヤを機に土曜日ダイヤと休日ダイヤは統合され、他路線同様に土休日ダイヤにまとめられた。2008年から2010年までの8月は、吉祥寺駅高架橋改築工事により2線のうちの1線を使用休止し、通常ダイヤに若干の運用変更を施した夏季特別ダイヤが組まれた。

列車種別[編集]

急行[編集]

英語表記は「Express」。

井の頭線の最速達列車であり、朝間を除いた終日に亘って設定されている。渋谷 - 吉祥寺間を最短16分で結ぶが、日中は約17分、平日夕ラッシュ時は約21分かかる。すべての急行は永福町駅で先行する各停との緩急接続が行われる。また、花見シーズンの土休日には井の頭公園駅に、東京大学駒場キャンパスでの入試日には帰宅時間帯に上り数本が駒場東大前駅に臨時停車する。

急行は1971年に運転が開始された。運転開始から2001年3月までは全線所要時間が17分(最高速度80km/h)で、その後、最高速度を90km/hに引き上げ現在に至る。下り列車は永福町 - 久我山間を90km/h(ただし高井戸 - 富士見ヶ丘間に85km/h制限曲線あり)で走行することが多い。

2013年2月22日のダイヤ改定で平日早朝に上り2本が新設され、平日・土休日ともに0時台まで運転時間帯が拡大された[2]

各停[編集]

英語表記は「Local」。

渋谷 - 吉祥寺間の最短所要時間25分であるが、急行の1本前を走る各停は永福町駅で急行の待ち合わせをするため、全線を通しては約30分かかる。平日朝ラッシュ時は急行が運転されずに各停のみがほぼ2分間隔で運転されるため、優等列車が運転される路線のような特定列車への乗客の集中は発生しにくいが、上り列車は渋谷駅に近づくほどどの車両も激しく混雑する。列車は大半が渋谷 - 吉祥寺間で運転されるが、平日朝ラッシュ時の下りや平日・土休日の夜間から深夜には富士見ヶ丘止まりの列車がある。富士見ヶ丘駅止まりの列車は引き上げ線入線後に折り返し渋谷行となるか、近接する富士見ヶ丘検車区へ入庫する。

車両[編集]

1996年から1000系が使用されており、1962年から運転されていた3000系は2011年12月に営業運転を終了した。

ステンレス車両となった3000系からは編成毎にカラーリングが施されているが、色がブルーグリーン、アイボリーホワイト、サーモンピンク、ライトグリーン、ラベンダー、オレンジベージュ、スカイブルーと全部で7パターンあり、「レインボーカラー」といわれている。このため、ステンレス車両ばかりが走る線区でありながら、一般的なイメージも「銀色の電車」ではない。オレンジベージュは当初はベージュで、2009年5月に登場した1000系20番台(第27編成)からこの色に変更され、計8パターンのカラーリングとなった。1000系のベージュの車両(第6・13編成)についても2010年春から従来のベージュがオレンジベージュに変更され、最終的には7パターンに戻っている。このカラーリングは同じ京王電鉄が経営する本線格の京王線でも採用されていない、井の頭線独自のカラーリングである。

  1. ^ a b c d e f 第16 - 20編成は3000系のみ、第30 - 34編成は1000系のみ。
  2. ^ 1000系は第6・13編成で新製時に使用。

1000系は20m級4つ扉、3000系は18.5m級3つ扉で、車両長とドア数が異なっていたため、起終点の渋谷駅吉祥寺駅では次発列車の乗車位置を案内していた。

渋谷駅では1000系の乗車位置にはオレンジ色のランプが、3000系の乗車位置には緑色のランプがそれぞれ埋められており、乗客には点灯しているランプにあわせて3列に並ぶように呼びかけていた。ホーム上の放送は、「今度の■番線に、参ります、▲▲(種別)電車を、ご利用のお客さまは、足下××(橙ないし緑)色の点灯しているランプのところに、3列にお並びください」という内容で、男声は片山光男、女声は河本俊美が担当していた。なお3000系運用終了以降は、渋谷駅の放送も男声は関根正明、女声は大原さやかの放送に更新された。

吉祥寺駅では防護枕木に列車が乗り上げる事故が発生してから、渋谷寄りに1両分余分に設けられていたプラットホーム部分に停止位置を10メートル程ずらす措置が採られたため、乗車位置の足下ランプが、一部はランプと同じ色の標示となっていた。2009年6月、ホーム改良工事に伴ってか足下ランプは消滅し、丸い印にとって替えられていった。ホーム上の放送も一部変化し、当初の「今度の▲▲(種別)、○○行きをご利用のお客さまは、足下××(橙ないし緑)色の点灯しているランプのところに、3列にお並びください」という内容から、「点灯しているランプのところに」の部分が「丸印のところに」へ変更された。

途中駅ではステッカーによる乗車位置の標示があり、駅員による放送では案内されることがあったものの、自動放送や電光掲示板では呼びかけていなかった。

1000系の運用終了後、3扉車乗車位置ステッカーは撤去されているが、一部の駅では1000系停車位置が撤去されずに残っている。

駅一覧[編集]

  • 全駅東京都に所在。
  • 停車駅 … ●:停車、◇:イベント等開催時に一部列車が臨時停車(表の下部参照)、|:通過。各駅停車はすべての駅に停車するため省略。
  • 待避可能駅は駅名横に#印で表示(永福町駅のみ)
  • 駅番号は2013年2月22日から順次導入[3]
駅番号 駅名 駅間キロ 累計キロ 急行 接続路線 所在地
IN01 渋谷駅 - 0.0 東日本旅客鉄道山手線埼京線湘南新宿ライン
東京急行電鉄東横線 (TY01)・田園都市線 (DT01)
東京地下鉄G 銀座線 (G-01) ・Z 半蔵門線 (Z-01) ・F 副都心線 (F-16)
渋谷区
IN02 神泉駅 0.5 0.5  
IN03 駒場東大前駅 0.9 1.4   目黒区
IN04 池ノ上駅 1.0 2.4   世田谷区
IN05 下北沢駅 0.6 3.0 小田急電鉄小田原線 (OH10)
IN06 新代田駅 0.5 3.5  
IN07 東松原駅 0.5 4.0  
IN08 明大前駅 0.9 4.9 京王電鉄京王線 (KO06)
IN09 永福町駅# 1.1 6.0   杉並区
IN10 西永福駅 0.7 6.7  
IN11 浜田山駅 0.8 7.5  
IN12 高井戸駅 1.2 8.7  
IN13 富士見ヶ丘駅 0.7 9.4  
IN14 久我山駅 0.8 10.2  
IN15 三鷹台駅 1.0 11.2   三鷹市
IN16 井の頭公園駅 0.9 12.1  
IN17 吉祥寺駅 0.6 12.7 東日本旅客鉄道:中央線(快速)中央・総武線(各駅停車) 武蔵野市
臨時停車駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 井の頭線、消えた延伸計画と「日本一」の三鷹球場 - 日本経済新聞、2013年6月16日閲覧
  2. ^ 2月22日、京王線・井の頭線のダイヤを刷新します (PDF) - 京王電鉄、2012年11月5日、2012年11月5日閲覧。
  3. ^ 京王線・井の頭線全駅で「駅ナンバリング」を導入します。 (PDF) - 京王電鉄、2013年1月18日、2013年1月19日閲覧

関連項目[編集]