東京都道318号環状七号線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の道路 > 都道府県道 > 東京都道318号環状七号線
特例主要地方道
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 8.svg
東京都道318号標識
東京都道318号
環状七号線
起点 東京都大田区
終点 東京都江戸川区
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0357.svg国道357号
Japanese National Route Sign 0015.svg国道15号
Japanese National Route Sign 0001.svg国道1号
Japanese National Route Sign 0246.svg国道246号
Japanese National Route Sign 0020.svg国道20号
Japanese National Route Sign 0254.svg国道254号
Japanese National Route Sign 0017.svg国道17号
Japanese National Route Sign 0122.svg国道122号
Shuto Urban Expwy Sign S1.svg首都高速川口線
Japanese National Route Sign 0004.svg国道4号
Shuto Urban Expwy Sign 6-Misato.svg首都高速6号三郷線
Japanese National Route Sign 0006.svg国道6号
Japanese National Route Sign 0014.svg国道14号
Shuto Urban Expwy Sign 0007.svg首都高速7号小松川線
Shuto Urban Expwy Sign B.svg首都高速湾岸線
Template(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
世田谷区若林踏切(環七唯一の踏切東急世田谷線を跨ぐ)

東京都道318号環状七号線(とうきょうとどう318ごう かんじょうななごうせん)は、東京都大田区平和島を基点に、練馬区北区足立区葛飾区などを経由して江戸川区臨海町に至る、主要地方道都道)である。東京都市計画道路幹線街路環状第7号線(とうきょうとしけいかくどうろかんせんがいろかんじょうだい7ごうせん)として整備されたことから、環七通り(かんななどおり)あるいは環七(かんなな)の通称で広く知られる幹線道路である。実際に東京23区内を環状に廻る一般道としては最も外側に位置する(環八通りは計画当初から東京23区の西側半周のみ)。

歴史[編集]

東京市1927年昭和2年)に策定した「大東京道路網計画」、昭和2年8月1日内務省告示「大東京都市計画道路構図」に建設計画が盛り込まれ、まず西側の区間から片側二車線以上の道路として、ルート上の既存道路の「環状道路」への指定替えや拡幅、および主要区間の建設工事が始められた。1940年(昭和15年)には第二京浜国道との交差点として松原橋立体(現在の大田区、都営地下鉄浅草線馬込駅付近)が供用開始されているが、この松原橋立体は日本で最も古いインターチェンジ型の立体交差としても知られている。

戦時体制に入って建設計画は凍結されたが、戦後、東京都建設局都市計画課長であった石川栄耀による東京都戦災復興都市計画に取り込まれ、環状3号線のような美観道路としての整備計画が立てられた。しかし東京都知事安井誠一郎の都市計画に対する無知や、GHQの「敗戦国に立派な道路は必要ない」という示唆により計画は実現されぬまま放置されていた。その後、東京都の都市計画責任者に就任した山田正男により美観道路としての計画は破棄され、1964年(昭和39年)の東京オリンピック開催のためのオリンピック道路としての整備が行われた。東京オリンピックの開会式が開かれる駒沢競技場や、戸田漕艇場羽田空港とを結ぶ主要道路となることから、その招致活動に合わせて新神谷橋北区足立区の境)までの工事が急がれることとなった。この区間は東京オリンピックが開催された1964年(昭和39年)までに開通している。

これより東側の鹿浜橋足立区)から東の区間は、東京オリンピック後の供用開始となった。1985年(昭和60年)1月に最後まで残っていた葛飾区青戸八丁目から奥戸陸橋までの区間(京成本線との立体交差の関係で工期が延びたため)が供用開始されたことで全線開通となった。最初の構想から58年かかったことになる。総工費は用地取得費の増大と工事の遅れによりおよそ1兆2000億円にまで膨れ上がり[1]全線開通当時は東京都財政悪化の一因とまで言われ批判を浴びた[要出典]

概要[編集]

  • 本線(google マップ
    • 起点:東京都大田区平和島6丁目
    • 終点:東京都江戸川区臨海町4丁目
    • 総延長:約52.5km

重複区間[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差している道路[編集]

交差する道路 交差点名
国道357号(東京湾岸道路) 環七大井ふ頭 大田区
東京都道316号日本橋芝浦大森線(海岸通り) 中之島橋
国道15号(第一京浜) 大森東
補助27号線 沢田
東京都道421号東品川下丸子線(池上通り) 春日橋
国道1号(第二京浜) 松原橋
東京都道2号東京丸子横浜線(中原街道) 南千束
東京都道312号白金台町等々力線(目黒通り) 柿の木坂陸橋 目黒区
東京都道416号古川橋二子玉川線(駒沢通り) 駒沢陸橋 世田谷区
国道246号(玉川通り) 上馬
東京都道3号世田谷町田線(世田谷通り) 若林
東京都道423号渋谷経堂線(淡島通り) 若林陸橋
東京都道413号赤坂杉並線(井ノ頭通り) 大原2丁目
国道20号(甲州街道) 大原
東京都道431号角筈和泉町線(水道道路) 泉南 杉並区
東京都道14号新宿国立線(方南通り) 方南町
東京都道4号東京所沢線
(東京都道5号新宿青梅線)(青梅街道)
高円寺陸橋下
東京都道433号神楽坂高円寺線(大久保通り) 大久保通り入口
東京都道25号飯田橋石神井新座線(早稲田通り) 大和陸橋 中野区
東京都道440号落合井草線(新青梅街道) 丸山陸橋
東京都道442号北町豊玉線 練馬区
東京都道8号千代田練馬田無線(目白通り) 豊玉陸橋
東京都道439号椎名町上石神井線(千川通り) 桜台陸橋
東京都道441号池袋谷原線(要町通り) 武蔵病院前 板橋区
国道254号(川越街道) 板橋中央陸橋
国道17号(中山道) 大和町陸橋
東京都道455号本郷赤羽線 姥ヶ橋 北区
東京都道460号中十条赤羽線 馬坂
国道122号(北本通り) 宮堀
東京都道449号新荒川堤防線 足立区
首都高速川口線 鹿浜橋出入口
東京都道107号東京川口線 環七鹿浜橋
東京都道107号東京川口線
(東京都道239号足立川口線)
鹿浜
東京都道106号東京鳩ヶ谷線(鳩ヶ谷街道) 椿1丁目
東京都道58号台東川口線(尾久橋通り) 江北陸橋下
東京都道307号王子金町江戸川線(江北バス通り) 西新井1丁目
東京都道461号吾妻橋伊興町線(尾久橋通り) 満願寺前
東京都道103号吉場安行東京線(旧日光街道) (旧日光街道) 島根
国道4号(日光街道) 梅島陸橋
東京都道102号平方東京線(※整備中)
首都高速6号三郷線 加平出入口
東京都道314号言問大谷田線 綾瀬警察署前
東京都道307号王子金町江戸川線 大谷田橋
東京都道467号千住新宿町線 亀有2丁目 葛飾区
国道6号(水戸街道) 青戸8丁目
東京都道60号市川四ツ木線(奥戸街道) 奥戸陸橋下
東京都道315号御徒町小岩線(蔵前橋通り) 総武陸橋下 江戸川区
国道14号(千葉街道) 鹿本中学校前
国道14号(京葉道路) 一之江1丁目
首都高速7号小松川線 一之江出入口
東京都道50号東京市川線(新大橋通り) 葛西工業高校
東京都道10号東京浦安線(葛西橋通り) 長島町
放射16号線(東京都道450号新荒川葛西堤防線支線)(永代通り) 中葛西7丁目
東京都道450号新荒川葛西堤防線 堀江団地
国道357号(東京湾岸道路) 臨海公園前
首都高速湾岸線 葛西出入口

交差している鉄道路線と駅[編集]

都営地下鉄馬込駅と環七通り(上は第二京浜)
東京メトロ葛西駅と環七通り

道路の特徴[編集]

中野区丸山二丁目(40km/h制限道路・光電管式速度取締り中)
  • 本線については、全線片側2車線以上であり、ほとんどの幹線道路や鉄道との交差は立体交差であるため、夜間や明け方など交通量の少ない時間帯に限ってはスムーズに流れている走りやすい道路である。立体交差は約30か所整備されている。しかしながら、重要幹線道路であるがゆえに日中の交通量は非常に多く、一箇所でも交差点容量が不十分だったり工事による車線規制があったりすると、その地点を先頭に大渋滞となる特徴を持っている。(例:大原二丁目、加平二丁目)
  • また、立体交差の両端、或いは片側に信号が設置されている例が多く、その地点を先頭として滞ることが少なくない。(例:板橋中央陸橋)
  • 先行開通した西側区間[2]は、1975年(昭和50年)から2011年(平成23年)12月まで沿線の住民らの騒音被害を訴える声を受けて、最高速度制限が40km/hに指定されていた。この部分は速度取締りが頻繁に行われていることでも有名である。ちなみに東側[3]および大森東交差点より海側[4]は開通当時から50km/hに指定されていた。
  • 制限速度は全区間50km/hである。(2011年(平成23年)12月から)
  • 甲州街道の交差点である大原交差点は、東京都の一般道で最も交通量が多い交差点となっている。平日昼間12時間交通量は、2路線合計で約10万台(平成17年度道路交通センサス)。
  • 世田谷区に所在する若林踏切は環七通り唯一の踏切であるが、通常の踏切とは異なり、電車優先ではなく自動車(道路交通)優先となっており、道路側には警報機や遮断機は存在しない。その代わりに交通信号機が設置されており、道路側が赤信号となるまで、電車は踏切前で待機することとなる。

大型貨物車の規制[編集]

環七通り以内都心全域は土曜日午後10時から日曜日午前7時まで首都高速道路、湾岸道路を利用しての単なる通過や許可車を除いて大型貨物車の通行が禁止されている。交通規制

神田川・環状7号線地下調節池[編集]

東京都杉並区、中野区の地下には、大雨の際に神田川から取水し雨水を貯めておく地下調整池がある。

  • 竣工年 - 1995年1月
  • 延長 - 4.5km
  • 深度 - 40m

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ただし、着工時と完成直前では物価に大幅な高騰があるため、単純に格差を以って比較することは経済学上誤りであり、本来事業費は特定の年度に価格を固定して比較する。また、経済的な比較の際は厳密には最低でも費用便益分析に基づいた比較が必須であり、数値化出来ない外部経済効果や、道路網全体のネットワーク性への寄与が加味される。
  2. ^ 東京都足立区新田2-2付近より西側
  3. ^ 東京都足立区新田2-2付近より東側
  4. ^ 東京都大田区大森北6-28付近より海側

関連項目[編集]

外部リンク[編集]