新小岩駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
新小岩駅
南口(2007年1月18日)
南口(2007年1月18日)
しんこいわ - Shin-Koiwa
所在地 東京都葛飾区新小岩一丁目45-1
所属事業者 JR logo (east).svg東日本旅客鉄道(JR東日本)
電報略号 シワ
駅構造 高架駅
ホーム 2面4線
乗車人員
-統計年度-
72,306人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1928年昭和3年)7月10日
乗入路線 2 路線
所属路線 総武線(快速)
キロ程 10.0km(東京起点)
錦糸町 (5.2km)
(5.4km) 市川
所属路線 総武線(各駅停車)
キロ程 10.0km(東京起点)
千葉から29.2km
平井 (1.8km)
(2.8km) 小岩
備考 2路線とも正式名称は総武本線
みどりの窓口
区 東京都区内
北口(2007年1月18日)
北口(2007年1月18日)
ホーム(2007年1月18日)
ホーム(2007年1月18日)

新小岩駅(しんこいわえき)は、東京都葛飾区新小岩一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)総武本線である。

運転系統としては、快速線を走る総武快速線、および緩行線を走る中央・総武線各駅停車の2系統が停車する。また、特定都区市内制度における「東京都区内」に属する。

歴史[編集]

1926年に設置された新小岩信号所を駅に昇格したものである。開業当時の周辺地名は小松菜の名の由来にもなった「小松」であり、北陸本線小松駅との区別のために「下総小松駅」となるところが、周辺住民の要望によって信号所の名前のままの「新小岩駅」となった。その後、昭和40年代に実施された住居表示の際に、周辺の地名も駅名に合わせて新小岩・東新小岩西新小岩となった。

駅構造[編集]

島式ホーム2面4線を有する高架駅である。改札は南北の2箇所で、自動改札機が設置されている。南口にはびゅうプラザみどりの窓口指定席券売機が設置[3]されている。

高架の高さが十分でない[4]ため、駅1階部分は地上より1mほど低い半地下になっている。改札口とコンコースとの階段横には車椅子用の簡易昇降機(ステップリフト)が、コンコースと高架上のホームとは車椅子対応のエスカレーターで連絡しているものの、階段の上り下りが必要な構造にも関わらず駅構内にエレベーターは設置されていない。

後述のように線路によって周辺地域は南北に分断されているが、当駅には改札外自由通路はないため、駅の南北を徒歩で往来する場合は、入場券[5]を購入する場合以外は平和橋通りの歩道を迂回する必要がある。

このように当駅は南北の往来とバリアフリーに問題があることから、スロープを備えた南北自由通路とホームへのエレベーターを整備する駅改良事業が事業者および自治体によって進められており、このうち南北自由通路については2018年度の供用開始が予定されている[6][7]

のりば[編集]

[3]

番線 路線 行先
1 総武線(各駅停車) 秋葉原新宿中野方面
2 総武線(各駅停車) 小岩市川船橋千葉方面
3 総武線(快速) 錦糸町東京横浜方面
4 総武線(快速) 船橋・津田沼・千葉方面


利用状況[編集]

2013年度の一日平均乗車人員は72,306人で、JR東日本の駅では第59位である。近年の推移は下表の通り。

年度 一日平均乗車人員 出典
1992年 70,773 [8]
1993年 70,077 [9]
1994年 69,118 [10]
1995年 69,052 [11]
1996年 69,132 [12]
1997年 67,526 [13]
1998年 66,561 [14]
1999年 66,757 [15]
2000年 67,697 [16]
2001年 68,259 [17]
2002年 68,356 [18]
2003年 68,770 [19]
2004年 69,117 [20]
2005年 69,849 [21]
2006年 70,879 [22]
2007年 71,721 [23]
2008年 72,066 [24]
2009年 71,185 [25]
2010年 71,121 [26]
2011年 70,435 [27]
2012年 70,880 [28]
2013年 72,306 [29]

駅周辺[編集]

新小岩地域は江戸川区に接する葛飾区の南端に位置し、新小岩駅は葛飾区の南の玄関口になっている。

駅周辺は総武線の線路とホームの下を通る平和橋通りとで市街が南東、南西、北東、北西の4つに分断されており、南側が新小岩、北東が東新小岩、北西が西新小岩と町名もそれぞれ異なる。駅の南口は南西、北口は北西地域に、北口と連絡通路「スカイデッキたつみ」でつながる東北広場は北東地域に位置する。

南口[編集]

駅前ロータリーを挟んで正面に位置するルミエール商店街を中心に繁華街が広がる。市街地は江戸川区松島と連続している。

北口[編集]

東京聖栄大学のキャンパスが立地する駅北口から蔵前橋通りへの通りは「大学通り」と命名されており[31]、一帯は飲食店などの商店街になっている。かつて駅西側から荒川にかけてあった大同製鋼(現大同特殊鋼)の工場跡地は新小岩公園と都営アパートになっている。

東北広場[編集]

新小岩操駅(現新小岩信号場駅)の規模縮小に伴い不要となった敷地の一部を利用して整備された。南口から移された一部バス路線の停留所とタクシー乗り場、駐輪場がある。東北広場同様に貨物駅の元敷地に作られた私学事業団総合運動場を除き、周辺は住宅地である。

  • スカイデッキたつみ - 平和橋通りを跨いで北口と東北広場をつなぐ屋根つきの歩行者専用路。エレベーター、エスカレーターを備え、バリアフリーにも対応している。名称は連絡通路上から見える平和橋通りと蔵前橋通りの交差点(たつみ橋交差点)に由来する[32]
  • 私学事業団総合運動場 - 日本私立学校振興・共済事業団の「福祉事業」として設置されている運動場[33]

路線バス[編集]

平和橋通り上の新小岩駅北口バス停(2012年5月27日)
平和橋通り上の新小岩駅北口バス停(2012年5月27日)
2011年3月に完成した東北広場(2013年9月15日)
2011年3月に完成した東北広場(2013年9月15日)

最寄りのバス停留所(バス停)は、南口ロータリーの「新小岩駅」、北口付近平和橋通り上の「新小岩駅北口」、北口から連絡通路「スカイデッキたつみ」を経由して平和橋通りを渡った先にある「新小岩駅東北広場」の3箇所である。

以下の路線が乗り入れ、東京都交通局都営バス、都営)、京成バス(京成)、京成タウンバス(京成タウン)により運行されている。

  • 新小岩駅バス停
    2013年に南口駅前広場の整備が行われ、バス停が移転・新設された[34]
  • 新小岩駅北口バス停
    平和橋通りの東側には京成タウンバス専用の停留所がないため、新小51系統の新小岩駅行と新小58系統の降車扱いは都営バスの停留所を共用している。
    • 8番のりば
      • 新小51 : 綾瀬駅行(京成タウン)
      • 新小58 : 青砥駅東交差点経由、亀有駅 行き・タウンバス車庫 行き(京成タウン)
      • 新金01 : 新柴又駅経由、金町駅 行き(京成、京成タウン)※土休日のみ運行
    • 9番のりば
    • 10番のりば
  • 新小岩駅東北広場バス停
    南口駅前の混雑緩和を目的に「新小岩駅」バス停から一部の路線を移して開設した[1]

付記[編集]

  • 人身事故の増加とホームドア設置
    2011年(平成23年)7月12日、当駅を通過中の特急「成田エクスプレス」に女性が飛び込み、跳ね飛ばされた女性がホーム上の売店(キヨスク)のガラスを突き破って売店の利用客ら数人が重軽傷を負う死亡事故が発生した。さらにその翌日にも人身事故が発生し、これらが大きく報道されて以降人身事故が急増した[35]
    JR東日本はホームに警備員を巡回させるほか、自殺防止を呼びかける広告を設置したり、ヒーリングミュージックを構内放送するなどの対策を講じた[要出典]が、上記の事故から1年足らずで11件と相次いだ。こうした状況に対し、葛飾区議会が平成24年第2回定例会で「JR新小岩駅へのホームドアの優先的設置を求める意見書」[36]を全会一致で可決する[37]など、ホームドア設置への要望が高まった。なお、2013年6月に発生した死亡事故後、JR東日本はホームドアの設置を検討していることを明らかにしている[38]が、2018年度に供用開始を予定している南北自由通路整備事業にあわせて設置工事を行うとしていることから、設置の前倒しを求める声もある。葛飾区議会は2012年6月27日の意見書決議以降も3件の死亡事故が発生しているとして、平成25年第3回定例会において「JR東日本新小岩駅に早急にホームドアの設置を求める意見書」[39]をやはり全会一致で可決している[40]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
総武線(快速)
通勤快速
通過
快速
錦糸町駅 - 新小岩駅 - 市川駅
総武線(各駅停車)
平井駅 - 新小岩駅 - 小岩駅
※当駅と小岩駅の間に、貨物駅として新小岩信号場駅がある。ただし、設備自体は快速線のみにつながっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 広報かつしか (No.1472) (PDF) - 葛飾区(2011年3月5日発行、2013年9月21日閲覧)
  2. ^ 新小岩駅南北自由通路整備工事の着工式が行われました - 葛飾区(2013年12月26日更新、2014年5月25日閲覧)
  3. ^ a b 駅構内図(新小岩駅) - JR東日本(2013年7月現在、同年9月13日閲覧)
  4. ^ 元々同じ駅であった東隣の新小岩信号場駅は地上駅であり、当駅のすぐ手前から高架が始まっている。
  5. ^ 定期入場券は発売されていない。
  6. ^ 新駅建設・駅自由通路の新設・改良工事等(進行中の建設プロジェクト) - JR東日本(2013年9月21日閲覧)
  7. ^ 新小岩駅南北自由通路の整備を進めています - 葛飾区(2014年7月4日更新、同年同月16日閲覧)
  8. ^ 東京都統計年鑑(平成4年)
  9. ^ 東京都統計年鑑(平成5年)
  10. ^ 東京都統計年鑑(平成6年)
  11. ^ 東京都統計年鑑(平成7年)
  12. ^ 東京都統計年鑑(平成8年)
  13. ^ 東京都統計年鑑(平成9年)
  14. ^ 東京都統計年鑑(平成10年) (PDF)
  15. ^ 各駅の乗車人員(1999年度) - JR東日本
  16. ^ 各駅の乗車人員(2000年度) - JR東日本
  17. ^ 各駅の乗車人員(2001年度) - JR東日本
  18. ^ 各駅の乗車人員(2002年度) - JR東日本
  19. ^ 各駅の乗車人員(2003年度) - JR東日本
  20. ^ 各駅の乗車人員(2004年度) - JR東日本
  21. ^ 各駅の乗車人員(2005年度) - JR東日本
  22. ^ 各駅の乗車人員(2006年度) - JR東日本
  23. ^ 各駅の乗車人員(2007年度) - JR東日本
  24. ^ 各駅の乗車人員(2008年度) - JR東日本
  25. ^ 各駅の乗車人員(2009年度) - JR東日本
  26. ^ 各駅の乗車人員(2010年度) - JR東日本
  27. ^ 各駅の乗車人員(2011年度) - JR東日本
  28. ^ 各駅の乗車人員(2012年度) - JR東日本
  29. ^ 各駅の乗車人員(2013年度) - JR東日本
  30. ^ お店の情報 - 新小岩ルミエール商店街(2013年9月13日閲覧)
  31. ^ 地域共創 | 東京聖栄大学 - 東京聖栄大学(2013年10月23日閲覧)
  32. ^ 新小岩駅東北広場のご案内葛飾区(2013年3月6日更新、同年12月29日閲覧)
  33. ^ 私学事業団総合運動場 - 日本私立学校振興・共済事業団(2013年9月13日閲覧)
  34. ^ 新小岩駅南口駅前広場を整備しました葛飾区(2013年12月4日更新、同年同月29日閲覧)
  35. ^ 2ヵ月半で飛び込み5件。JR新小岩駅で自殺者が相次ぐワケ - 週プレNEWS(2011年9月28日付)
  36. ^ 議員提出議案第 19号 JR新小岩駅へのホームドアの優先的設置を求める意見書 (PDF) - 葛飾区議会(2013年12月29日閲覧)
  37. ^ 議決結果・賛否一覧/平成24年 第2回定例会 - 葛飾区議会(2013年12月29日閲覧)
  38. ^ 新小岩駅:JR東、ホームドアを検討 飛び込み相次ぎ - 毎日jp(毎日新聞、2013年6月27日付)
  39. ^ 議員提出議案第16号 JR東日本新小岩駅に早急にホームドアの設置を求める意見書 (PDF) - 葛飾区議会(2013年12月29日閲覧)
  40. ^ 議決結果・賛否一覧/平成25年 第3回定例会葛飾区議会(2013年12月29日閲覧)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]