幕張駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
幕張駅
南口(2009年8月16日)
南口(2009年8月16日)
まくはり - Makuhari
幕張本郷 (2.0km)
(1.6km) 新検見川
所在地 千葉市花見川区幕張町五丁目121
所属事業者 JR logo (east).svg東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 総武線(各駅停車)
(正式には総武本線
キロ程 31.6km(東京起点)
千葉から7.6km
電報略号 マリ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
15,797人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1894年明治27年)12月9日
乗換 京成電鉄千葉線京成幕張駅
北口(2007年12月28日)
改札(2007年12月28日)
ホーム(2007年12月28日)

幕張駅(まくはりえき)は、千葉県千葉市花見川区幕張町五丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)総武本線である。

当駅には中央・総武線各駅停車のみが停車する。

駅構造[編集]

複々線上の緩行線に設けられた島式ホーム2面3線を有する地上駅

駅舎は橋上駅舎で、出入口は線路を挟んで両側にあるが、北側へのアクセスはあまり良くない。以前は北口・南口共階段しか設置されていなかったが、現在は北口・南口共にエレベーターが設置されている。みどりの窓口2013年1月31日をもって営業を終了した。Suica対応自動改札機指定席券売機設置駅。

かつては当駅折り返し列車が存在していたが、現在は通常ダイヤでは設定されていない。ただ、2番線(中線)から中野方面へ発車する始発電車が早朝に1本(平日621C、土休日713C)残っており、始発以外の列車は千葉始発の1本が2番線から、千葉行の1本が3番線から発車する。ダイヤ混乱時には臨時で当駅折り返し列車を設定する場合がある。また、隣接する幕張車両センターに入庫する車両が入線することがある。

のりば[編集]

番線 路線 行先
1・2 総武線(各駅停車) 西船橋秋葉原新宿方面
3・4 総武線(各駅停車) 稲毛千葉方面
  • 快速線上にはホームは無いが、幕張車両センターとの入出区を行っており、中線が存在するため信号設備上は連動駅である。
  • 1978年(昭和53年)〜1983年(昭和58年)頃までの間、2番ホームには金網が全面に設置され実質欠番扱いとなっていた。これは京葉臨海鉄道成田空港への航空燃料輸送列車が当駅中線で折り返す運用が存在したため(快速線・津田沼 - 千葉間は当時未開業)で、過激派からの停車中の妨害行為対策として設置されたものであった。

利用状況[編集]

JR東日本および千葉県統計年鑑によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1990年 16,369
1991年 16,102
1992年 15,978
1993年 15,945
1994年 15,527
1995年 15,365
1996年 15,300
1997年 14,778
1998年 15,112
1999年 15,275
2000年 15,767
2001年 15,804
2002年 15,632
2003年 15,459
2004年 15,105
2005年 14,990
2006年 15,268
2007年 15,292
2008年 15,202
2009年 15,204
2010年 15,340
2011年 15,498
2012年 15,797

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

駅前は狭くロータリーがないため、バス停留所は駅周辺にある。

主な最寄り停留所は、千葉シーサイドバス・東洋バス本社の脇にある幕張駅北口、幕張駅南側にある幕張駅入口、京成電鉄幕張駅付近にある京成幕張駅となる。以下の路線が乗り入れ、千葉シーサイドバス千葉海浜交通京成バスにより運行されている。

駅北口発着[編集]

乗り場 経由地 行先 運行会社 系統
1番 武石インター入口・実籾駅・高津新田 八千代台駅 千葉シーサイドバス 211・214
武石インター入口・長作町・花見川団地一街区 花島公園 千葉シーサイドバス 232・233・236
武石インター入口・実籾駅 日立製作所 千葉シーサイドバス 221・222・223
東大総合運動場 花見川区役所 千葉シーサイドバス 290・291・292
2番 イトーヨーカドー・海浜幕張駅・幕張メッセ東口 QVCマリンフィールド 千葉シーサイドバス 234・241・290
イトーヨーカドー 海浜幕張駅 千葉シーサイドバス 214・231・232・233・240・291

駅入口発着[編集]

乗り場 経由地 行先 運行会社
幕張駅入口 放送大学 海浜幕張駅 千葉海浜交通
幕張総合高校 千葉海浜交通

京成幕張駅発着[編集]

乗り場 経由地 行先 運行会社 系統
京成幕張駅 イトーヨーカドー・ハイテク通り 海浜幕張駅 京成バス 海51
イトーヨーカドー 海浜幕張駅 京成バス 海52
イトーヨーカドー・海浜幕張駅・幕張メッセ東口 QVCマリンフィールド 京成バス 海53

歴史[編集]

その他[編集]

  • 乗客の中には、駅名から幕張新都心、および美浜区にある幕張周辺施設の最寄り駅であると勘違いして誤下車するケースが多く見られる。かつては当駅で下車しても本来の最寄り駅である京葉線海浜幕張駅方面へのバス連絡はなく、歩くか(海浜幕張駅まで20 - 30分程度)、タクシーに乗る程度の手段しかなかった。現在は千葉シーサイドバス幕張メッセ方面(海浜幕張駅)まで160円で結んでいることが駅北側の黄色い看板で案内されている。ただし、本数の多い幕張本郷駅からの路線バスの利用が主流である。そのため、駅ホーム階段上り口に「幕張新都心、免許センター方面へお越しのお客様は幕張本郷駅をご利用下さい」と表示されている。
  • 放送大学本部、幕張総合高等学校看護科、千葉県立衛生短期大学など一部の幕張新都心周辺施設は当駅が最寄り駅となる。
  • 2007年1月5日より、京成バスが幕張新都心周遊バス「ポケットバス」を京成幕張駅まで延伸したため、こちらでも海浜幕張駅方面へ100 - 160円でアクセスできるが、1時間に2 - 4本程度となっている(バス路線の詳細については上記を参照)。

第2木下街道踏切・花立踏切[編集]

当駅と隣の幕張本郷駅との間には、錦糸町駅から千葉駅の間で唯一の踏切がある。通過する列車が大変多いため、開かずの踏切になっている。このため、現在踏切の立体交差化工事が進んでいる。

2つあった踏切のうち、幕張駅寄りの第2木下街道踏切は、2004年7月の通称「幕張昆陽地下道」の開通に伴い廃止された。 唯一残った花立踏切でも千葉市による立体交差化事業が進められているが、付近の幕張昆陽地下道の開通と市の財政難もあいまって当初の工事計画が見直された。そのため、2013年現在でも工事現場のスケジュールには「休工中」の表示があり、工事がストップしている。

区画整理事業[編集]

幕張駅北口の土地整理(「東幕張土地区画整理事業」 事業主体:千葉市都市局都市部東幕張土地区画整理事務所)に伴い、現在用地買収を進めている。千葉市の都市計画によれば、完成時期は未定だが、駅北口に駅前広場を新設し、駅前に接続する新たな道路(幕張町武石町線)を建設する予定である。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
総武線(各駅停車)
幕張本郷駅 - 幕張駅 - 新検見川駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]