田浦駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
田浦駅
南口(2012年5月)
南口(2012年5月)
たうら - Taura
東逗子 (3.4km)
(2.1km) 横須賀
所在地 神奈川県横須賀市田浦町一丁目6
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 横須賀線
キロ程 13.8km(大船起点)
東京から品鶴線経由で63.2km
電報略号 タウ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
2,530人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1904年明治37年)5月1日
備考 業務委託駅
駅構内は、かつては貨車が行き来していた(2010年3月)
北口(2012年5月)
改札口(2012年5月)
ホーム(2010年3月)
ドアカットの様子(2012年5月)

田浦駅(たうらえき)は、神奈川県横須賀市田浦町一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)横須賀線である。

京浜急行電鉄本線京急田浦駅とは直線距離で北へ1.5km以上離れており、乗り換えには適さない。

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を持つ地上駅で、駅舎は橋上駅舎であり、跨線橋の両端に入口が設けられ、跨線橋の中央部に改札口自動改札機)が設置されている。2010年3月に改札内コンコースとホームおよび、南口改札外コンコースと出入口を結ぶエレベーターおよび多機能トイレが設置された。ホームの屋根は戦時中に建設され、木製とレール型鉄製のものが混在した柱が今も屋根を支えている。

谷戸地形によるトンネルが多い地域のため、当駅は両端をトンネルで挟まれている。この事によりプラットホーム有効長が短くなっており、11両編成の列車は、当駅においては先頭1両(上り列車は大船方、下り列車は久里浜方)のすべてと2両目の1つの扉を締め切り扱い(ドアカット)としなくてはならない。このため、横須賀線の車両(E217系)には扉締め切りのためのスイッチが特別に装備されている他、ドアカットを行うドアについて注意書きのステッカーを貼付している。かつて運用していた3扉の113系では先頭1両のみドアカットされていた。10両以下の編成についてはドアカットは行わない。

業務委託駅JR東日本ステーションサービス委託)である。かつてはみどりの窓口が営業していたが、これに代わって2007年6月30日から指定席券売機が設置された。

のりば[編集]

番線 路線 行先
1 横須賀・総武線(快速) 横浜東京千葉方面
2 横須賀線 横須賀久里浜方面
  • 4両編成の列車は、ホームの比較的中ほどに停車する。

専用線[編集]

横須賀駅方面へ向けて、相模運輸倉庫が保有する専用線が分岐している。この路線は長浦港に張り巡らされており、一部は在日米軍の施設である田浦送油施設へ続いている。その施設から発送されるジェット燃料や周囲の倉庫からの飼料輸送などを行っていたが、1998年より使用されていない。現在、路線は撤去されないまま存置されているが、朽ち果ててしまった場所も多く、使用に耐えない。また、この場所にあったディーゼル機関車2両はなくなっている。なお、2007年11月20日21日に行われたリフレッシュ工事で本線への連絡線と下り本線から上り本線に行くレールとポイントが撤去されている。

利用状況[編集]

2012年度の1日平均乗車人員は2,530人で、横須賀線の駅では最も利用者が少ない。近年の推移は下記の通り。

年度 一日平均
乗車人員
1998年
1999年
2000年 3,235[1]
2001年 3,132[2]
2002年 3,129[3]
2003年 3,089[4]
2004年 2,995[5]
2005年 2,915[6]
2006年 2,768[7]
2007年 2,673[8]
2008年 2,687[9]
2009年 2,650[10]
2010年 2,561[11]
2011年 2,515[12]
2012年 2,530[13]

駅周辺[編集]

駅前広場遠景(2004年11月)

北口は狭いため、南口にのみ小さな駅前広場が存在し、路線バスが発着する。

北口周辺は近年建設されたマンションがある他は住宅はあまりなく、海上自衛隊の関連施設・倉庫群やいくつかの工場が立地する(長浦倉庫群)。旧海軍時代に建てられた古い建築物も多く残っているのが特徴。また前述の専用線の跡も確認できる。

南口は住宅地となっている。その先の山林にはの名所で知られる田浦梅林があり、春頃には賑わう。

バス路線[編集]

最寄りのバス停は、駅南口ロータリおよび国道16号線上にある田浦駅である。以下の路線が乗り入れ、京浜急行バス(京急)、横浜京急バス(横浜京急)、湘南京急バス(湘南京急)により運行されている。

田浦駅(駅前ロータリ)

田浦駅(国道)(国道16号上)

  • 八31:安浦二丁目行、内川橋行(湘南京急)
  • 追34:安浦二丁目行、追浜駅行(湘南京急)
  • 逗20:逗子駅行(京急)
  • 田17:追浜駅行(横浜京急)

歴史[編集]

その他[編集]

当駅から程近い長浦トンネルは芥川龍之介の小説『蜜柑』のモデルとなったと言われている。なお、近隣の吉倉公園には文学碑がある。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
横須賀線
東逗子駅 - 田浦駅 - 横須賀駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 各駅の乗車人員(2000年度) - JR東日本
  2. ^ 各駅の乗車人員(2001年度) - JR東日本
  3. ^ 各駅の乗車人員(2002年度) - JR東日本
  4. ^ 各駅の乗車人員(2003年度) - JR東日本
  5. ^ 各駅の乗車人員(2004年度) - JR東日本
  6. ^ 各駅の乗車人員(2005年度) - JR東日本
  7. ^ 各駅の乗車人員(2006年度) - JR東日本
  8. ^ 各駅の乗車人員(2007年度) - JR東日本
  9. ^ 各駅の乗車人員(2008年度) - JR東日本
  10. ^ 各駅の乗車人員(2009年度) - JR東日本
  11. ^ 各駅の乗車人員(2010年度) - JR東日本
  12. ^ 各駅の乗車人員(2011年度) - JR東日本
  13. ^ 各駅の乗車人員(2012年度) - JR東日本

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 田浦駅(各駅情報) - 東日本旅客鉄道