光電管

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
光電管

光電管(こうでんかん、: Phototube)は、光電効果を利用して光エネルギーを電気エネルギーに変換する光検出用電子管で、高真空(または不活性ガス入り)のガラス容器中に、光電陰極 (Photocathode) と陽極 (Anode) を設けた構造を基本とする。光電陰極(-)と陽極(+)間に電圧を与え、光電陰極に光を入射し、陽極から信号電流を取り出して使用する。光電面には仕事関数の小さいアルカリ金属が用いられる。

関連項目[編集]