蒲田駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
蒲田駅
東口ロータリーと駅ビル。駅ビルは2008年に「グランデュオ蒲田東館」としてリニューアルされた。(2010年3月)
東口ロータリーと駅ビル。駅ビルは2008年に「グランデュオ蒲田東館」としてリニューアルされた。
(2010年3月)
かまた - Kamata
所在地 東京都大田区
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本・駅詳細
東京急行電鉄駅詳細

蒲田駅(かまたえき)は、東京都大田区蒲田五丁目および西蒲田七丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・東京急行電鉄(東急)のである。

乗り入れ路線[編集]

JR東日本と東急の2社が乗り入れ、両社間の接続駅となっている。

JR東日本の駅に乗り入れている路線は、線路名称上は東海道本線である(詳細は路線記事および「鉄道路線の名称」参照)が、当駅には電車線を走る京浜東北線電車のみが停車し、旅客案内では「東海道(本)線」とは案内されていない。また、特定都区市内制度における「東京都区内」の南限であり、東海道本線における東京支社管内最南端の駅である。

東急の駅には池上線東急多摩川線の2路線が乗り入れる。後者は会社名である「東急」を加えた「東急多摩川線」が正式名称であり、駅構内でも同様の案内となっている。

駅構造[編集]

JR東日本と東急の駅は、蒲田東急プラザ2階で連絡している。JR東日本では南口を東急との連絡口として案内しているが、中央口から出場した場合にも連絡通路を経由して乗り換えが可能である。

JR東日本の中央口と南口は、改札内ではホームを経由しなければ行き来はできない。東急の改札口は1か所のみである。

JR東日本[編集]

JR 蒲田駅
中央口(2007年3月)
中央口(2007年3月)
かまた - Kamata
大森 (3.0km)
(3.8km) 川崎*
所在地 東京都大田区蒲田五丁目13番1号
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 京浜東北線
(正式には東海道本線
キロ程 14.4km(東京起点)
大宮から44.7km
電報略号 カマ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
135,688人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1904年明治37年)4月11日
備考 みどりの窓口
区 東京都区内
* この間に東京支社横浜支社境界あり(当駅から大森寄りは東京支社管内)

島式ホーム2面3線を持つ地上駅で、橋上駅舎を有している。みどりの窓口びゅうプラザ自動改札機指定席券売機を設置している。

折り返しおよび入・出庫用の2・3番線は2つのホームに挟まれた1本の線路を使用している。双方のホームともに列車入線時・発車時には注意アナウンスが流れる。

駅の南側(当駅 - 川崎駅間)に蒲田電車区が所在し、大宮方面からは当駅終着や当駅折り返しの列車が、大船方面からは終電に当駅終着が設定されている。日中時間帯では1時間あたり2本の当駅始発列車が設定されている。また、初電発車時刻は23区内の駅でもっとも早く、終電到着も午前1時過ぎになっている。

京浜東北線・根岸線では現在、ATOSプログラムの更新を行なっており、当駅も2013年1月中に新しい放送へ更新された。

のりば[編集]

下表のように、東京方面(北行)は3・4番線、横浜方面(南行)は1・2番線から発車する。

番線 路線 行先
1・2 京浜東北線 川崎横浜桜木町関内大船方面
3・4 京浜東北線 品川東京上野赤羽大宮方面

(出典:JR東日本:駅構内図

発車メロディ[編集]

発車メロディとして「蒲田行進曲(メロディはルドルフ・フリムル「放浪者の歌」)」が使用されている。これはかつて蒲田に松竹蒲田撮影所があったことに由来する。

駅改修工事[編集]

2007年4月17日大規模改修の施工が発表され、同年5月から2008年夏季まで工事が実施された。これとほぼ同時に、駅ビルのリニューアル工事も実施された(後述)。

  • 老朽化したコンコース天井の一部を吹き抜け空間とし、清潔感・開放感ある明るい駅空間とする。
  • 駅構内に分散している施設店舗を集約し、みどりの窓口、旅行カウンター、指定席券売機を1店舗内に配置した新しいびゅうプラザを開設する。
  • 自動改札機の配置を見直して改札口の混雑緩和を図る。
  • 旅客トイレを増設し多機能トイレも設置する。女性用にはパウダーコーナーを設ける。
  • 大田区と協力し、東口と西口に改札階(2階)と連絡するエレベーターを各1基設置(2007年7月供用開始)。

この他、大田区により駅施設と一体化した東西自由通路を建設する構想が発表された。 地下に蒲蒲線、2階レベルで自由通路、駅前広場地下に駐輪場など。(10年後以降の建て替え構想)

東京急行電鉄[編集]

東急 蒲田駅
駅出入口(2010年3月)
駅出入口(2010年3月)
かまた - Kamata
所在地 東京都大田区西蒲田七丁目69番1号
所属事業者 東京急行電鉄(東急)
駅構造 高架駅
ホーム 5面4線
乗降人員
-統計年度-
(池上線)68,143人/日
(東急多摩川線)85,300人/日
(合計)153,443人/日
-2011年-
開業年月日 1922年大正11年)10月6日
乗入路線 2 路線
所属路線 池上線
駅番号  IK 15 
キロ程 11.1km(五反田起点)
◄IK14 蓮沼 (1.0km)
所属路線 東急多摩川線
駅番号  TM 07 
キロ程 5.6km(多摩川起点)
◄TM06 矢口渡 (1.3km)

頭端式ホーム5面4線を有する高架駅である。ホームは池上線と東急多摩川線がそれぞれ2線ずつ使用している。両端と中央のホームは降車専用ホームとなっている。中央部の降車専用ホームは池上線・東急多摩川線共用のものである。他の池上線と東急多摩川線の駅と同様に、乗車ホームにはワンマン運転に対応した監視設備や安全柵が設置されているが、降車ホームには一部を除き安全柵が設置されていない。

朝夕には池上線と東急多摩川線を直通する列車が設定されている。これは、平日のラッシュ時の運用に加え、池上線雪が谷大塚駅に併設されている雪が谷検車区から東急多摩川線への車両の送り込み(またその逆も)を兼ねている。この直通列車は構内配線の都合上、方向転換する必要があるため、通常池上線列車が発着する2番線に入線する。また、東急多摩川線で臨時列車が運行される時や運行障害などで3・4番線が使用不能な場合は2番線から東急多摩川線列車が発着することがある。

改札口の中には駅そばしぶそば」が設置されている。かつては駅売店toksも設置されていたが、多機能トイレ設置工事に伴い2012年3月16日をもって営業を終了した。多機能トイレ設置後に営業を再開するかは現段階では未定である。

池上線で1本、東急多摩川線で2本の夜間停泊が行われている。このうち各1本ずつがそれぞれ五反田駅行きと多摩川駅行きの始発列車に充当される。

のりば[編集]

番線 路線 行先 備考
1・2 池上線 雪が谷大塚旗の台五反田方面  
3・4 東急多摩川線 下丸子多摩川方面 朝夕の一部は2番線

駅改修工事[編集]

2007年度から、東急の駅についてもバリアフリー対応などの改修工事を実施することが発表され、新たにエレベーターが設置された。

従来より駅ビルや西口(JR側)を経由することでバリアフリーに対応していたが、これにより駅ビルの営業時間外でもエレベーターの利用が可能になっている。

2012年には多機能トイレも設置された。

多摩川アートラインプロジェクト[編集]

多摩川アートラインプロジェクトで、当駅には以下のアーティストによる芸術が施されている。

  • フロリアン・クラール「Thing 1 + Thing 2」 - 未来の蒲田駅をテーマにしたCG作品
  • 本橋良介「Ibk2007」
  • 吉田重信「INFINITY LIGHT」

利用状況[編集]

  • JR東日本
    • 2012年度の一日平均乗車人員は135,688人で、同社の駅では第20位。
  • 東京急行電鉄 - 2012年度の1日平均乗降人員は以下のとおり(自線内相互乗換人員は除く)。
    • 池上線 - 68,143人[1](線内2位)
    • 東急多摩川線 - 85,300人[2](線内1位)
    • 合計 - 153,443人

近年の一日平均乗車人員推移は下記のとおり。

年度 JR東日本 東京急行電鉄 出典
 池上線  東急[3]
多摩川線
1990年 36,263 47,866 [4]
1991年 35,735 50,137 [5]
1992年 126,033 35,233 49,197 [6]
1993年 126,592 35,742 48,408 [7]
1994年 126,353 33,740 45,192 [8]
1995年 126,798 32,872 45,374 [9]
1996年 128,638 32,820 44,216 [10]
1997年 127,937 32,764 43,915 [11]
1998年 127,740 32,707 43,896 [12]
1999年 [1] 130,351 34,352 45,413 [13]
2000年 [2] 129,724 34,236 45,540 [14]
2001年 [3] 128,546 34,347 43,342 [15]
2002年 [4] 128,051 36,422 43,151 [16]
2003年 [5] 128,892 36,311 43,325 [17]
2004年 [6] 130,933 35,545 43,592 [18]
2005年 [7] 131,947 32,111 40,763 [19]
2006年 [8] 134,096 32,896 41,189 [20]
2007年 [9] 136,210 33,358 41,123 [21]
2008年 [10] 135,701 33,836 41,885 [22]
2009年 [11] 133,758 33,605 41,575 [23]
2010年 [12] 133,748 33,603 41,584 [24]
2011年 [13] 133,593
2012年 [14] 135,688

駅周辺[編集]

大田区南部(旧蒲田区)の中心地で、駅の両側に大型店(駅ビル)や商店街が形成されている。

東口ロータリー
蒲田西口商店街

京浜急行電鉄京急蒲田駅は東に800m程度離れた場所に立地する。当駅から京急蒲田駅を経由するバスに乗車する際に、同駅で降車する旨を運転士に申告すると、運賃は100円になる。タクシー乗り場は東口、西口双方にある。

駅ビル[編集]

JR側の駅ビルは、2007年3月末まで蒲田ステーションビル株式会社(1963年2月11日会社設立)が運営していた。東口側に1962年開業の「パリオ」が、西口側には1970年開業の「サンカマタ」がそれぞれ営業していたが、双方とも老朽化・陳腐化が激しく、バリアフリー対応も不充分なため、JR蒲田駅改修に併せて2007年8月1日から全館一斉休業して大規模改修工事に着手し、2008年4月16日に「パリオ」と「サンカマタ」を統合して「GRANDUO蒲田」として開業した[25]

西口の東急側には蒲田東急プラザがある。一部フロアはGRANDUO蒲田西館と接続しており、行き来が可能である。

バス路線[編集]

東口[編集]

空港シャトルバス

東口発着の路線バスは、共同運行路線を除き、すべて京急バスグループが担当している。なお、毎年8月に開催される大連合蒲田祭では東口一帯が交通規制されるため、バス乗降場と運行経路が変更になる。

かつては、川崎市に所在したいすゞ自動車川崎工場への路線バスなども運行されていた。1973年(昭和48年)3月までは、同じく京浜急行グループで川崎市内の路線を担当する川崎鶴見臨港バスも共管で乗り入れていた。

  • 0番乗り場
  • 1番乗り場
    • 蒲73 羽田車庫行(六郷橋大師橋下経由)(羽田京急バス)
    • 蒲74 六郷神社・六郷橋行(羽田京急バス)
    • 蒲75 大師橋下行(六郷橋経由)(羽田京急バス)
  • 2番乗り場
  • 3番乗り場
    • 蒲40 国際線ターミナル行(萩中・六間堀経由)(羽田京急バス)
    • 蒲41 羽田空港行(同上)(羽田京急バス)
    • 蒲42 羽田整備場行(同上)(羽田京急バス) ※平日1本のみ
    • 蒲43 羽田車庫行(同上)(羽田京急バス)
    • 蒲45 JFE行(萩中・四谷下町・臨港警察署前経由)(羽田京急バス) ※平日2本のみ
  • 4番乗り場
    • 蒲30 国際線ターミナル行(日の出通り・六間堀経由)(羽田京急バス) ※早朝・深夜のみ
    • 蒲31 羽田空港・羽田車庫行(日の出通り・六間堀経由)(羽田京急バス) ※羽田車庫行は夜間のみ
    • 蒲33 羽田車庫行(日の出通り経由)(羽田京急バス)
  • 5番乗り場
  • 6番乗り場

西口[編集]

西口発着の路線バスはすべて東急バスが担当している。昭和40年代には川崎市内への、また1984年(昭和59年)2月までは目黒世田谷両区への直通路線もあったが、いずれも廃止になっており現在は品川駅行きが港区に入る以外は原則として大田・品川区内で完結する路線しかない。

  • 1番乗り場
    • 蒲01 六郷土手
      • 毎年8月15日の大田区平和都市宣言記念事業「花火の祭典」開催時は、西六郷地区交通規制のため、高畑小学校止まりとなる。
  • 2番乗り場
  • 3番乗り場
    • 品94 品川駅行(池上駅・大森駅・大井町駅経由)
    • 井03 大井町駅行(池上駅・大森駅経由) ※夜間のみ
    • 蒲15 荏原町駅入口行(池上駅経由) ※昼間のみ
    • 井03(入庫) 池上営業所行(池上駅経由)
      • 毎年10月12日に開催される池上本門寺お会式の際は、池上地区交通規制のため、品川駅行・大井町駅行・池上営業所行は15時以降終車まで徳持小学校止まりとなる。

歴史[編集]

駅名の由来[編集]

将来計画[編集]

当駅と京急蒲田駅を結ぶ路線として蒲蒲線の建設計画があり、その際に東急多摩川線が地下化される計画がある。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
京浜東北線
快速・各駅停車
大森駅 - 蒲田駅 - 川崎駅
東京急行電鉄
池上線
蓮沼駅 (IK14) - 蒲田駅 (IK15)
東急多摩川線
矢口渡駅 (TM06) - 蒲田駅 (TM07)

なお、1946年(昭和21年)まで矢口渡駅 - 蒲田駅間に道塚駅が存在した。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]