本郷台駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本郷台駅
駅舎(2014年3月)
駅舎(2014年3月)
ほんごうだい - Hongōdai
港南台 (2.5km)
(3.6km) 大船
所在地 横浜市栄区小菅ケ谷一丁目1-2
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 根岸線
キロ程 18.5km(横浜起点)
大宮から77.6km
八王子から62.9km
電報略号 ホコ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
19,142人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1973年昭和48年)4月9日
備考 直営駅管理駅
みどりの窓口
浜 横浜市内

本郷台駅(ほんごうだいえき)は、神奈川県横浜市栄区小菅ケ谷一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)根岸線である。

駅構造[編集]

駅裏手にマンションが建つ前の様子(2006年2月撮影)

島式ホーム1面2線を有する地上駅で、駅本屋は線路の南側に設けられている。

開業当初からこの構造となっている。線路はほぼ北東から南西に走っており、1番線の南側には貨物用着発線3本と電留線3本があり、その南側に駐車場がある。着発線および電留線には、夜間から早朝にかけて車両が留置されているが、すべて本郷台 - 大船間で回送されている。電留線は開業時から3本であるが、将来的にこれを10本に増設できるように設計されており、土地が確保され駐車場として利用されているほか、駅本屋の上空に高架を通してここに線路を敷くことができるよう、駅舎の両脇に未使用の橋脚が作られている。着発線は、夜間の留置のほかは、総合車両製作所甲種輸送の時間調整、根岸線への団体列車の折り返し・留置に使用される。

駅は北側の丘陵に接した盛り土上に設置されており、ホームが斜面上、駅本屋が地平に置かれているため、高低差がある。改札口からホーム下まで、前述の6本の線路と駐車場をくぐる幅7メートル・長さ40メートルの地下道1本が延びており、地下道からホームへはエスカレータ(ホーム港南台側)、エレベーター(ホーム中程)、階段(ホーム大船側)を使って至る。

駅本屋は地下道の出口に接して設けられている。鉄筋コンクリート造一階建ての、開業時からの駅本屋である。駅本屋は開放的で、駅前広場側には壁が一切ない。

直営駅であり、管理駅として新杉田駅洋光台駅港南台駅を管理している。みどりの窓口(営業時間 7:00 ~ 19:00)、指定席券売機自動改札機、出札・改札の窓口があるほか、改札内に男女別のトイレが設けられている。改札外の駅舎内には、改札口側から東に向かって、レッツキヨスク本郷台1号店、大船軒の立ち食い蕎麦屋、NEWDAYS本郷台店がある。

JR特定都区市内制度における「横浜市内」に属する。根岸線では、当駅が横浜市内の西限となる。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先 備考
1 根岸線 下り 大船  
2 根岸線 上り 港南台横浜東京大宮方面 京浜東北線直通
横浜線 - 新横浜町田八王子方面 朝晩のみ運転

利用状況[編集]

2012年度の1日平均乗車人員は19,142人である。近年の推移は下記の通り。

年度 一日平均
乗車人員[1]
1995年 20,203
1996年 20,179
1997年 19,818
1998年 20,016
1999年 19,518
2000年 19,180
2001年 18,981
2002年 18,855
2003年 18,917
2004年 18,910
2005年 18,979
2006年 19,091
2007年 19,275
2008年 19,304
2009年 19,259
2010年 19,167
2011年 19,058
2012年 19,142

駅周辺[編集]

栄区唯一の駅であり、南方500mほどのところには栄区役所をはじめとして栄図書館、栄警察署、栄消防署、横浜栄共済病院など公的な施設が立ち並んでいる。また神奈川県立柏陽高等学校神奈川県警察学校もほど近い。以前は神奈川県消防学校もあったが現在は移転し、跡地に地球市民かながわプラザが建設された。

駅前広場が整備されており、ロータリーがある。路線バス(後述)が発着し、タクシーのりばもある。駅前広場の東側には市営の駐輪場が整備されている。

住宅地[編集]

駅開業当時から駅周辺には上記施設のほか国家公務員住宅、市営の高層住宅、日本住宅公団(現都市再生機構)本郷台駅前団地等が同時期に建設され、閑静な住宅環境になっている。更に2006年頃からは駅北側の山を切り崩した大規模マンションが複数建設されている。

路線バス[編集]

神奈川中央交通(神奈中)と江ノ電バス横浜(江ノ電)のバスが乗り入れている。2006年(平成18年)3月26日までは横浜市交通局のバスも乗り入れて138系統・139系統を運行していたが、両系統の運行は共同運行会社である神奈中に移譲され、撤退した。

本郷台駅の駅前にはバスの乗降所が3つあり、駅前から東側へ、ロータリーを囲むようにしてそれぞれ3番、2番(江ノ電)、1番(神奈中)となっている。

乗り場 系統 主要経由地 行先 運行
事業者
記事
1番 本21 天神橋 公田団地 神奈川
中央交通
 
138 小山台 港南台駅  
139 小山台、清水橋 上大岡駅  
2番   本郷台中央公園 北本郷台 江ノ電バス  
  本郷台中央公園、長沼 戸塚駅  
  本郷台中央公園、長沼 飯島団地  
  公田 平島  
  鎌倉女子大前、笠間十字路 大船駅 1日1-2本のみ
  鎌倉女子大前、笠間十字路、大船駅 鎌倉駅 土休日のみ
3番   降車専用    

歴史[編集]

駅前の「本郷の由来」石碑

駅周辺は戦前、第一海軍燃料廠だった場所で、ごくわずかではあるが遺構が残る。当時は大船駅から笠間十字路・現在の警察学校を経由する専用線があり、プラットホームが現在の本郷台駅前にあったらしい。戦後は占領軍に接収されて「大船PX」となり、1965年(昭和40年)から接収解除により返還され、本郷台駅はじめ住宅団地や文教施設の用地に転用された。駅周辺の根岸線および当駅はこのうち北部の土地を利用して建設され、1973年(昭和48年)に駅が開業した。

計画・工事段階の仮称は「新大船駅」となっていたが、この一帯は明治以来横浜市に編入されるまで鎌倉郡本郷村に属しており、この本郷に洋光台・港南台に連なる台地にあることから台の字を附して、本郷台駅と命名された。駅前には1982年(昭和57年)4月、横浜本郷ロータリークラブの寄贈によって本郷の由来を示す石碑が建立されている。

なお、駅周辺には、仮称の駅名を先取りしたために、現在も新大船を称する幼稚園や商店街が存在する。

沿革[編集]

特定都区市内制度に関する運賃取扱い[編集]

横浜市内着の乗車券(発駅が横浜駅から201km以上でも東京近郊区間内完結の場合は除く[2])で大船以西に乗り越した場合の運賃は、実際の乗車経路が戸塚駅経由であっても当駅からの運賃で計算することができる特例がある(戸塚→大船間5.6kmより、本郷台→大船間3.6kmの方が営業キロが短いため)。

一方で、横浜市内発で東海道本線を熱海方面に向かう乗車券(名古屋市内着など)の場合、当駅から根岸線北行に乗車して横浜駅で東海道本線に乗り換える場合、もしくは根岸線・京浜東北線・横浜線を経由して新横浜駅で東海道新幹線に乗り換える場合は横浜駅を発駅として戸塚駅を経由する(横浜→戸塚→大船間17.7km)乗車券でよいが、当駅から根岸線南行に乗車して次の大船駅で東海道本線に乗り換える場合は横浜駅を発駅として根岸線を経由する(横浜→根岸→大船間22.1km)乗車券でなければならない。このため、実際の乗車距離は短いが、乗車券の運賃計算に用いる距離はかえって長くなってしまう。これは、東京近郊区間相互発着でない乗車券の場合、横浜市内の中心駅である横浜駅と大船駅の間に、東海道本線経由の乗車券で根岸線に乗車できる選択乗車の特例がないためである。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
根岸線
快速・各駅停車(いずれも根岸線内は各駅に停車)
港南台駅 - 本郷台駅 - 大船駅

脚注[編集]

  1. ^ 横浜市統計ポータル - 横浜市
  2. ^ 常磐線南中郷 - いわき間発がこれに該当する。ただし、経路指定で上野 - 東京間、東京 - 品川 - 新横浜間を新幹線経由に指定した場合は後述の運賃計算方法が適用される。

参考文献[編集]

  • 『根岸線工事記録』 日本鉄道建設公団東京支社、1974年
  • 『本郷の石仏散歩』 本郷郷土史研究会 編、戸塚区役所本郷支所、1984年
  • 『栄 町のうつりかわりアルバム』 「栄 町のうつりかわりアルバム」編集委員会 編、栄区役所区政部区政推進課、1992年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]