西日暮里駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
西日暮里駅
都道457号線を跨ぐJR西日暮里駅
都道457号線を跨ぐJR西日暮里駅
にしにっぽり - Nishi-Nippori
所在地 東京都荒川区西日暮里五丁目
所属事業者 東京地下鉄(東京メトロ・駅詳細
東日本旅客鉄道(JR東日本・駅詳細
東京都交通局駅詳細

西日暮里駅(にしにっぽりえき)は、東京都荒川区西日暮里五丁目にある、東京地下鉄(東京メトロ)・東日本旅客鉄道(JR東日本)・東京都交通局である。

乗り入れ路線[編集]

以下の3路線が乗り入れており、相互間の接続駅となっている。駅番号が付与されている駅についてはそれも併せて記す。

歴史[編集]

当駅はJR(当時は日本国有鉄道)と千代田線の乗り換え駅として新設された。これには常磐線複々線化時に常磐快速線通過駅の便宜を図るという目的もあった。詳細は常磐緩行線#複々線化の沿革と問題を参照。

年表[編集]

  • 1969年昭和44年)12月20日 - 帝都高速度交通営団(営団地下鉄)千代田線の駅が開業。
  • 1971年(昭和46年)4月20日 - 営団地下鉄千代田線との乗り換え駅として国鉄の駅が開業。山手線の中では最も新しい駅で、唯一昭和時代に開業した駅である。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化。東北本線(山手線・京浜東北線)はJR東日本の管轄となる。
  • 1988年(昭和63年)3月13日 - 京浜東北線の快速運転開始に伴い、日中は京浜東北線が通過するようになる。
  • 2001年平成13年)11月18日 - JR東日本でICカードSuica供用開始。
  • 2004年(平成16年)4月1日 - 営団地下鉄民営化。千代田線は東京メトロに継承。
  • 2007年(平成19年)3月18日 - 東京メトロでICカードPASMO供用開始。
  • 2008年(平成20年)3月30日 - 東京都交通局日暮里・舎人ライナーの駅が開業。
  • 2013年(平成25年)12月14日 - みどりの窓口営業終了。

駅構造[編集]

JR・東京メトロ連絡改札口(2008年7月)

改札はJR東日本と東京都交通局は1か所、東京メトロは2か所あり、さらに地下にはJR東日本 - 東京メトロ間の連絡改札口もある。この連絡改札口には自動乗り継ぎ精算機が設置されていないため、精算または区間変更が必要な場合は改札に併設された窓口に並ぶことになる。なお、連絡改札口の自動改札機はJR東日本仕様のものだが、窓口での対応は東京メトロの職員が行っている。

JR線南隣の日暮里駅で接続する常磐快速線に輸送障害が発生し、かつ当駅経由での東京メトロ千代田線(常磐緩行線直通)への振替輸送が行われる場合、ラッシュ時などには両社間の乗り換え改札を開放して対処する(「振替の方はそのままお通りください」と案内される)場合がある。

東北本線ガード付近の入口からはJR東日本・東京メトロの双方の乗り場へも移動できるが、この入口には東京メトロのロゴマークが表示されていない。

東京メトロ[編集]

東京メトロ 西日暮里駅
1番ホーム(2008年7月)
1番ホーム(2008年7月)
にしにっぽり - Nishi-nippori
C 15 千駄木 (0.9km)
(1.7km) 町屋 C 17
所在地 東京都荒川区西日暮里五丁目14-1
駅番号 C 16
所属事業者 東京地下鉄(東京メトロ)
所属路線 C 千代田線
キロ程 6.9km(綾瀬起点)
電報略号 ニシ
駅構造 地下駅
ホーム 計2面2線(2層式)
乗降人員
-統計年度-
158,555人/日
-2012年-
開業年月日 1969年昭和44年)12月20日

2層式で、地下2階に代々木上原方面、地下3階に綾瀬方面の線路・単式ホーム各1面1線を有する地下駅。これは、北千住駅 - 湯島駅間の一部地上に幅員が狭い道路があるため、上下に単線の線路を設ける構造としたためである。この区間の中間駅はA線(代々木上原方面)の線路・ホームが上層に、B線(綾瀬方面)の線路・ホームが下層にある。

当駅でJR線に乗り換える利用客は乗り継ぎ専用改札を通る必要があり、IC乗車券や当駅接続の連絡乗車券を所持していない利用客は改札通過前に精算(区間変更)することになる。乗り継ぎ精算機は設置されておらず、精算はすべて有人窓口での対応となる。当駅は通過連絡運輸の適用を入場後にも受けられる稀な例でもある。列車到着直後には降りた乗客が精算窓口に一斉に並んで混雑する場合があり、時には後続列車が到着する頃まで列が解消しない。

精算窓口の上部には、運賃計算の基準や発売範囲の掲示とともに「今度からは連絡きっぷをお求め下さい」との注意書きがある。2007年3月18日から首都圏ICカード相互利用サービスが開始され、IC乗車券1枚でも常磐線から当駅を経由してのJR線への乗り継ぎが可能となったが、IC乗車券の場合は通過連絡運輸の場合とは異なり、個別に算出した運賃の合計額から100円を値引きした運賃となる。当駅の連絡改札経由の場合と、北千住駅の連絡通路を通って常磐快速線日暮里駅経由の場合とでは、算出される運賃が異なる。乗り換え用自動改札機はJR東日本のものを使っているが、2枚投入に対応している一方、東京メトロの磁気券、およびSuicaPASMO以外のSuicaと相互利用可能なICカードとの併用には対応していない。Suica・PASMOについては、東京メトロの磁気券を投入後タッチすることにより利用可能である。

のりば[編集]

番線 路線 行先
1 C 千代田線 大手町代々木上原唐木田方面
2 C 千代田線 北千住綾瀬取手方面


JR東日本[編集]

JR 西日暮里駅
JR出入口(2008年7月)
JR出入口(2008年7月)
にしにっぽり - Nishi-Nippori
日暮里 (0.5km)
(0.8km) 田端
所在地 東京都荒川区西日暮里五丁目22-1
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 京浜東北線
山手線
(いずれも正式には東北本線
キロ程 6.3km(東京起点)
大宮から24.0km
電報略号 ニリ
駅構造 高架駅
ホーム 2面4線
乗車人員
-統計年度-
94,884人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1971年昭和46年)4月20日
備考 山区 東京山手線内東京都区内

島式ホーム2面4線を有する高架駅で、千代田線構内でJRへの乗り換えを可能にするための中間改札が地下にある。指定席券売機VIEW ALTTEが設置されている。以前はみどりの窓口も設置されていたが、2013年12月14日をもって営業を終了した。

2007年春までにコンコースと各ホームを連絡するバリアフリー設備を整備した。これによりエスカレーター田端駅・日暮里駅寄りと連絡するほか、エレベーターも日暮里寄りに設置され、併せて多機能トイレも設置された。なお、エスカレーターはこの他にもコンコースと千代田線乗り換え改札口を連絡している。

かつては、電車到着時に「西日暮里、西日暮里、地下鉄千代田線はお乗り換えです」という放送が流れていたが、ATOS導入後はこのような放送が行われなくなった。

のりば[編集]

番線 路線 行先
1 京浜東北線 上野東京品川横浜磯子方面
2 山手線(外回り) 上野・東京・品川・五反田方面
3 山手線(内回り) 田端池袋新宿渋谷方面
4 京浜東北線 田端・赤羽川口大宮方面

(出典:JR東日本:駅構内図

京浜東北線の快速運転時間帯は当駅を通過するため、1・4番線には列車が停車しない。この時間帯に同線を利用する利用客は2・3番線の山手線を利用して上野駅か田端駅での乗り換えを要する。なお、通過放送の後に山手線を利用する案内放送が流れる。

バリアフリー設備[編集]

  • 上り・下りエスカレーター:連絡改札口 - JR改札口 - ホーム
  • エレベーター:JR改札口 - ホーム
  • エスカル(階段に設置されている車椅子用昇降機):JR改札口 - 連絡改札口
  • 多機能トイレ:JRコンコース改札内


東京都交通局[編集]

東京都交通局 西日暮里駅
にしにっぽり - Nishi-nippori
01 日暮里 (0.7km)
(1.0km) 赤土小学校前 03
所在地 東京都荒川区西日暮里五丁目31-7
駅番号 02
所属事業者 PrefSymbol-Tokyo.svg 東京都交通局
所属路線 日暮里・舎人ライナー
キロ程 0.7km(日暮里起点)
駅構造 高架駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
9,789人/日(降車客含まず)
-2012年-
乗降人員
-統計年度-
20,360人/日
-2012年-
開業年月日 2008年平成20年)3月30日

島式ホーム1面2線を有する高架駅。駅舎は尾久橋通り真上、京成電鉄本線とJR常磐線から分かれる田端貨物線が交差する付近の複雑な位置にある。

出入口は駅舎東西両側と歩行者デッキによって西日暮里5丁目交差点を渡った東西両側(東京メトロ千代田線出入口2・3番に隣接)の4か所。JRの駅舎とは直接つながっておらず、JRからは徒歩で数分を要する。一方、東京メトロの駅とはエレベーターで結ばれている。

のりば[編集]

番線 路線 行先
1 日暮里・舎人ライナー 見沼代親水公園方面
2 日暮里・舎人ライナー 日暮里方面

バリアフリー設備[編集]

  • エスカレーター
  • 多機能トイレ
  • エレベーター
地上から見た駅 改札前通路
地上から見た駅
改札前通路


利用状況[編集]

  • 東京メトロ - 2012年度の一日平均乗降人員158,555人である[* 1]
    • 同社の駅では第14位。
  • JR東日本 - 2012年度の一日平均乗車人員94,884人である[* 2]
    • 同社の駅では第41位。
  • 東京都交通局 - 2012年度の一日平均乗降人員は20,360人(乗車人員:9,789人、降車人員:10,571人)である[* 3]
    • 日暮里・舎人ライナーの駅では日暮里駅に次ぐ第2位。

年度別一日平均乗降・乗車人員(1992年〜2006年)[編集]

各年度の一日平均乗降・乗車人員は下表のとおりである。

年度別一日平均乗車人員[* 4]
年度 JR東日本 営団 / 東京メトロ
乗車人員 乗降人員[* 5] 乗車人員
1992年(平成04年) 112,808 93,668
1993年(平成05年) 111,693 91,890
1994年(平成06年) 109,756 90,047
1995年(平成07年) 108,005 87,893
1996年(平成08年) 107,496 85,655
1997年(平成09年) 103,971 83,121
1998年(平成10年) 101,351 80,395
1999年(平成11年) [* 6] 99,116 77,951
2000年(平成12年) [* 7] 96,355 76,321
2001年(平成13年) [* 8] 94,157 73,877
2002年(平成14年) [* 9] 91,973 71,159
2003年(平成15年) [* 10] 90,236 140,271 68,956
2004年(平成16年) [* 11] 88,793 139,991 68,164
2005年(平成17年) [* 12] 87,392 138,446 67,567
2006年(平成18年) [* 13] 86,525 137,246 67,244

年度別一日平均乗降・乗車人員(2007年〜)[編集]

年度別一日平均乗車人員[* 4]
年度 JR東日本 東京メトロ 東京都交通局
乗車人員 乗降人員[* 5] 乗車人員 乗降人員 乗車人員
2007年(平成19年) [* 14] 91,955 153,083 75,183
2008年(平成20年) [* 15] 94,227 158,443 77,132 15,308 7,366
2009年(平成21年) [* 16] 93,939 157,582 76,600 17,950 8,608
2010年(平成22年) [* 17] 94,059 157,802 76,537 19,247 9,259
2011年(平成23年) [* 18] 93,891 156,404 19,887 9,574
2012年(平成24年) [* 2] 94,884 158,555 20,360 9,789
利用状況の出典

駅周辺[編集]

JR山手線・京浜東北線が南東から北西に走り、東京メトロ千代田線がそれとほぼ直交する。同線の地上部分は道灌山通りになっており、道灌山通り沿い、駅の西側には開成学園中学校・高校)がある。同学園と道灌山通りを挟んだ向かい側は西日暮里公園になっている。同学園の生徒は当駅が設置される前までは主に田端駅か日暮里駅を利用していた。当駅の開業後も学校行事(戸田漕艇場で行われる、開成高校対筑波大学附属高校の定期競漕大会)でJR線に乗車する際に、生徒は当駅が手狭なため、田端駅に迂回している。

毎年8月の最終土・日曜日に開催される諏方神社の例大祭には、多くの露店が出る。

駅周辺は特に尾久橋通り沿いに中層ビルが多く、飲食店風俗店などが多数立地するが、当駅が設置される前は住宅密集地だった。当駅開業後も駅東側の幹線道路以外では幅員の狭い道沿いに庶民的な住宅地が密集する。

なお、当駅の地点はかつて京成本線道灌山通駅(1943年休止、1947年廃止)があった場所に近い。なお、同線は当駅の地下鉄2番出口付近を通っているが、駅はない。

バス路線[編集]

最寄り停留所は「西日暮里駅」となる。停留所は道灌山通りと尾久橋通り上にある。すべて東京都交通局により運行されている。

(尾久橋通り)

(道灌山通り)

付記[編集]

千代田線ホームの発車ブザー操作スイッチ
  • 山手線の隣接する日暮里駅との駅間は、山手線の中で最も短い(営業キロで0.5km)。適度に高低差があるため、双方の駅のホームが目視できる。
  • 千代田線ホームの発車ブザー操作スイッチは、東京メトロでは数少ない「ON」「OFF」分離型である。JRとは違い、「ON」を押す前に「OFF」がへこんでいる。
  • 開業するまでは「新日暮里駅」と称していた[1]


隣の駅[編集]

東京地下鉄
C 千代田線
千駄木駅 (C 15) - 西日暮里駅 (C 16) - 町屋駅 (C 17)
東日本旅客鉄道
京浜東北線
快速
通過
各駅停車
日暮里駅 - 西日暮里駅 - 田端駅
山手線
日暮里駅 - 西日暮里駅 - 田端駅
東京都交通局
日暮里・舎人ライナー
日暮里駅 (01) - 西日暮里駅 (02) - 赤土小学校前駅 (03)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]


外部リンク[編集]