東急目蒲線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東京急行電鉄 目蒲線
目蒲線の名称変更とともに定期運用離脱した7200系(2000年8月3日、鵜の木駅)
目蒲線の名称変更とともに定期運用離脱した7200系
(2000年8月3日、鵜の木駅)
路線総延長 12.9 km
軌間 1067 mm
電圧 1500 V(直流
停車場・施設・接続路線
tINT vSTR-BHF
0.0 目黒駅
tSTR vSTR-STRl
↑JR東:山手線→
tSTRe vSTRl-
↑JR東:山手貨物線→
WBRÜCKEa
hBHF
1.0 不動前駅
hSTRe
tSTRa
tBHF
1.9 武蔵小山駅
tBHF
2.6 西小山駅
tSTRe
tSTRa
tBHF
3.3 洗足駅
tSTRe
TUNNEL2
tSTRrg KRZt tSTReq
大井町線
tSTR tSTRa
4.3 大岡山駅
tINT-L tINT-R
tSTRe tSTRe
KRWgl KRWg+r
←大井町線↑
STRrf STR d
緑が丘駅
KRW+l KRWgr
元住吉検車区奥沢車庫
KDSTe BHF
5.5 奥沢駅
tSTRa
tSTRlg tSTR d
東横線
tINT-L tINT-R
6.5 田園調布駅
tKRWgl+l tKRWgr+r
tSTR tKRWgl tKRW+r
tSTRe tSTRe tSTRe
hSTRag tSTRa hSTRag
tINT-M
7.3 多摩川園駅
STRrf tSTR STR
←東横線↑
STRq tKRZ STRrf
←(目黒線
tSTRe
BHF
8.2 沼部駅
KRZu
東海道新幹線
KRZu
横須賀線
BHF
9.3 鵜の木駅
BHF
9.9 下丸子駅
BHF
10.7 武蔵新田駅
BHF
11.6 矢口渡駅
exKRW+l eKRWgr
exBHF STR
道塚駅
exSTR STR STRrg
池上線
exSTR hSTRa hSTRa
exSTRlf
hKBHFe
12.9 蒲田駅
BHFq
京浜東北線

目蒲線(めかません)は、かつて東京都品川区目黒駅大田区蒲田駅との間を結んでいた東京急行電鉄(東急)の鉄道路線である。

東京急行電鉄の母体でもある目黒蒲田電鉄が最初に開業させた路線である。2000年8月6日多摩川駅(同日、多摩川園駅から改称)を境に以下の路線に分割され、「目蒲線」という名称は消滅した。

系統名としての分割
路線名としての分割
  • 目黒駅 - 田園調布駅:目黒線
  • 田園調布駅 - 多摩川駅:従来この区間で重複(並走)していた東横線複々線の内の2本という扱いに変更
  • 多摩川駅 - 蒲田駅:東急多摩川線

路線データ[編集]

路線の分割直前のもの。

  • 路線距離:12.9km
  • 軌間:1067mm
  • 駅数:15駅(起終点含む)
  • 複線区間:全線
  • 電化区間:全線(直流1500V)
  • 閉塞方式:自動閉塞式

運行形態[編集]

東急目蒲線の最終運行日(2000年8月5日)時点のダイヤで解説する。

すべての電車が各駅停車で運転され、原則として目黒駅‐蒲田駅間の通し運転だが、朝と夜を中心に奥沢駅発着(田園調布 - 多摩川間の改良工事開始前までは朝に田園調布駅発着)の区間列車も存在した。朝は3分30秒間隔、日中は7分30秒間隔、夜は5分間隔で運転されている。

歴史[編集]

1923年3月11日目黒蒲田電鉄(目蒲電鉄)が目黒 - 丸子(現、沼部)間の路線を開業、次いで同年11月1日に蒲田までを全通させた。この路線が、のちの東急目蒲線である。

また、池上電気鉄道(現、東急池上線)も目黒 - 蒲田間の路線を計画し、同年5月には一部区間を開通させていたが、目蒲電鉄の全通によって計画の変更を余儀無くされた。

当時の営団地下鉄南北線都営地下鉄三田線との相互直通運転2000年9月26日に開始されるのに伴い、同年8月6日に運転系統が分離され、目蒲線は目黒線と多摩川線の2つの路線に分割された。

  • 1923年(大正12年)
    • 3月11日 目黒線として目黒駅 - 丸子駅(現、沼部駅)間(8.3km)開業。
    • 10月 目黒不動前駅を不動前駅に改称。
    • 11月1日 蒲田線として丸子駅 -蒲田駅間(4.9km)開業(全通)。全通後は目黒線と統合し、目蒲線に改称。
  • 1924年(大正13年)
    • 2月29日 丸子駅 - 武蔵新田駅間に鵜ノ木駅(現、鵜の木駅)開業。
    • 5月2日 鵜ノ木駅 - 武蔵新田駅間に下丸子駅開業。
    • 6月1日 小山駅を武蔵小山駅に、丸子駅を武蔵丸子駅に改称。
  • 1925年(大正14年)10月12日 矢口駅(現:矢口渡駅) - 蒲田間に本門寺道駅開業。
  • 1926年(大正15年)1月1日 調布駅を田園調布駅に、多摩川駅を丸子多摩川駅に、武蔵丸子駅を沼部駅に改称。
  • 1928年(昭和3年)8月1日 武蔵小山駅 - 洗足駅間に西小山駅開業。
  • 1930年(昭和5年)5月21日 矢口駅を矢口渡駅に改称。
  • 1931年(昭和6年)1月1日 丸子多摩川駅を多摩川園前駅に改称。
  • 1936年(昭和11年)1月1日 本門寺道駅を道塚駅に改称。
  • 1945年(昭和20年)
    • 6月1日 矢口渡駅 - 道塚駅 - 蒲田駅間休止(1946年(昭和21年)廃止)。
    • 8月14日 矢口渡駅 - 蒲田駅間の新線開業。
  • 1955年(昭和30年)11月5日 架線電圧を600Vから1500Vに昇圧。
  • 1965年(昭和40年) 洗足駅を環七通りとの立体交差のため地下化。
  • 1966年(昭和41年)1月20日 鵜ノ木駅を鵜の木駅に改称。
  • 2000年(平成12年)8月6日 目黒線と多摩川線に分割され、目蒲線は消滅。多摩川園駅を多摩川駅に改称。

使用車両[編集]

Tokyu 7700 in Mekama line.jpg
末期は4両編成であったが、分割直前には多摩川線用となった3両編成が目蒲線を走った。写真は上から7700系(2000年8月5日、奥沢駅)、1000系(同日深夜、田園調布駅)。
末期は4両編成であったが、分割直前には多摩川線用となった3両編成が目蒲線を走った。写真は上から7700系(2000年8月5日、奥沢駅)、1000系(同日深夜、田園調布駅)。


駅一覧[編集]

東急目蒲線の最終運行日(2000年8月5日)時点の停車駅とその接続路線を記述する。現在の各停車駅の接続路線については「東急目黒線」・「東急多摩川線」の項を参照。

全駅東京都に所在。

駅名 駅間キロ 累計キロ 接続路線・備考 所在地
目黒駅 - 0.0 東日本旅客鉄道山手線 品川区
不動前駅 1.0 1.0  
武蔵小山駅 0.9 1.9  
西小山駅 0.7 2.6  
洗足駅 0.7 3.3   目黒区
大岡山駅 1.0 4.3 東京急行電鉄大井町線 大田区
奥沢駅 1.2 5.5   世田谷区
田園調布駅 1.0 6.5 東京急行電鉄:東横線自由が丘渋谷方面、菊名横浜桜木町方面 急行・各停) 大田区
多摩川園駅 0.8 7.3 東京急行電鉄:東横線(菊名・横浜・桜木町方面 各停)
沼部駅 0.9 8.2  
鵜の木駅 1.1 9.3 ※4両編成時、目黒寄りの1両は締切扱い。
下丸子駅 0.6 9.9  
武蔵新田駅 0.8 10.7  
矢口渡駅 0.9 11.6  
蒲田駅 1.3 12.9 東京急行電鉄:池上線
東日本旅客鉄道:京浜東北線

廃駅[編集]

多摩川駅(初代)(多摩川駅 - 沼部駅間)
1923年(大正12年)3月11日に開業し、1926年(大正15年)1月1日に現在の場所に移転したことにより廃止された。
道塚駅(矢口渡駅 - 蒲田駅間)
1925年(大正14年)10月12日に本門寺道駅として開業し、1936年(昭和11年)に道塚駅に改称され、1946年(昭和21年)5月31日に廃止された。

東急目蒲線を題材にした作品[編集]

目蒲線物語(おおくぼ良太
「ぼくの名前は目蒲線〜」というフレーズで知られ、擬人化した目蒲線の視点から、1980年代の目蒲線のローカルっぷりをコミカルに唄う。東京近辺をモチーフにした「本編」と本当の親などの設定が北海道・九州に広がる「全国篇」、さらに「糸井重里篇」「大島渚篇」が存在する。
文化放送のナイターシーズンオフ番組(現在は竹内靖夫の電リク・ハローパーティー)で、シーズンごとに1回だけこの曲をかけることが恒例となっている。
目蒲線の女(歌:日吉ミミ
沿線のゲームメーカー ナムコ(現バンダイナムコゲームス)のゲーム作品「リブルラブル」に登場する楽曲をアレンジした、歌謡曲風のコミックソング。アルバム「ビデオ・ゲーム・グラフィティ」(発売:ビクター音楽産業)収録曲。歌詞には目蒲線の駅名が多数登場し、地下化される前の田園調布駅を目蒲線に乗って通過する女が目撃したホーム上の光景から、破局を迎える男女の別れが歌われている。

その他[編集]

現在は多摩川駅で目黒線と多摩川線に系統分離されているが、かつても似たような運行形態をとっていた時期があった。1926年(大正15年)2月14日に東京横浜電鉄(現:東横線)の神奈川駅(廃止) - 丸子多摩川駅(現:多摩川駅)間が開業すると、神奈川駅 - 目黒駅間の直通運転が実施された。これに伴い、丸子多摩川駅 - 蒲田駅間は折り返し運転となった。1927年(昭和2年)8月28日に東京横浜電鉄が渋谷駅まで全通したことで、運行形態は元に戻った。(出典:『東急の駅 今昔・昭和の面影』82頁)

蒲田駅から京急空港線に接続し羽田空港駅(現:羽田空港国内線ターミナル駅)に乗り入れる連絡線『蒲蒲線構想』がある。当初は京急蒲田駅で接続する計画であったが、現在は大鳥居駅で接続する計画である。詳細は「蒲蒲線」を参照。

外部リンク[編集]