自由が丘駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
自由が丘駅
正面口
正面口
じゆうがおか - Jiyūgaoka
所在地 東京都目黒区自由が丘一丁目9-8
所属事業者 東京急行電鉄
駅構造 高架駅(東横線)
地上駅(大井町線)
ホーム 2面4線(東横線)
2面2線(大井町線)
乗降人員
-統計年度-
(東横線)95,721人/日
(大井町線)53,389人/日
(合計)149,110人/日
-2012年-
開業年月日 1927年昭和2年)8月28日
乗入路線 2 路線
所属路線 東横線
駅番号  TY 07 
キロ程 7.0km(渋谷起点)
TY06 都立大学 (1.4km)
(1.2km) 田園調布 TY08
所属路線 大井町線
駅番号  OM 10 
キロ程 6.3km(大井町起点)
OM09 緑が丘 (1.0km)
(0.8km) 九品仏 OM11

自由が丘駅
配線図

都立大学駅

6 5 4 3


STRg STRf
STRrg ABZrf ABZlf STRlg
STR+BSl STR+BSr STR+BSl STR+BSr
STR+BSl STR+BSr STR+BSl STR+BSr
緑が丘駅
STRq+BSa STR+BSl STR+BSr STR+BSl STR+BSr STRq+BSa
2
STRq+BSe STR+BSl STR+BSr STR+BSl STR+BSr STRq+BSe
1
STR+BSl STR+BSr STR+BSl STR+BSr
九品仏駅
STRlf ABZlg ABZrg STRrf
STRg STRf

田園調布駅

大井町線ホーム
大井町線ホーム
東横線ホーム
東横線ホーム
toks (大井町線上りホーム)
toks (大井町線上りホーム)
toks (大井町線下りホーム)
toks (大井町線下りホーム)

自由が丘駅(じゆうがおかえき)は、東京都目黒区自由が丘一丁目にある、東京急行電鉄である。

概要[編集]

東横線大井町線が乗り入れ、両路線の乗換駅となっている。

当駅は駅長所在駅である。『自由が丘管内』として当駅および東横線都立大学駅、大井町線緑が丘駅九品仏駅尾山台駅等々力駅上野毛駅の6駅を管理している。管理が当駅以外は大井町線の駅であるため、東横線の駅としては単独管理である[要出典]

2012年3月現在、駅の照明がLED照明などの消費電力の少ない照明器具となっている。これは「〜スマートモデル自由が丘駅あかりプロジェクト〜」における事業で実施したもので、鉄道施設では設置例の少ない照明制御・調光システムを持つLED照明器具が設置されているほか、一般照明としては日本初の実用的設置となる次世代照明「有機EL(有機エレクトロルミネッセンス)照明」や薄型のLEDサインも採用されている[1]

歴史[編集]

駅構造[編集]

大井町線(1番線・2番線)は相対式ホーム2面2線を有する地上駅、東横線(3番線 - 6番線)は島式ホーム2面4線を有する高架駅である。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 大井町線 下り 二子玉川溝の口方面
2 大井町線 上り 大岡山旗の台大井町方面
3・4 東横線 下り 武蔵小杉横浜みなとみらい線 元町・中華街方面
5・6 東横線 上り 渋谷F副都心線 池袋小竹向原和光市 
西武線 所沢 東武東上線 川越市方面

東横線は2001年3月28日に特急を運行開始して以来、菊名駅と同様に終日緩急接続を実施するようになった。緩急接続時は外側の副本線3・6番線に各駅停車、内側の本線4・5番線に特急・通勤特急・急行が入線する。緩急接続駅であることから、平日朝ラッシュ時の渋谷方面ホームは乗車を待つ行列が伸び、急行・通勤特急は当駅から混雑が激しくなる。

かつて大井町線には九品仏寄りに自由が丘検車区があった。その後、留置線1本を残しトレインチ自由が丘となっていたが、2007年11月15日に検車区自体も廃止された。

駅名標は、2012年3月に実施した「〜スマートモデル自由が丘駅あかりプロジェクト〜」におけるLED化により、薄型のLEDサインに変更された。それまでは、東横線用ホームは現行の標準タイプであるが、大井町線用ホームは旧タイプと現行の標準タイプであった。

平日の夜には元町・中華街駅始発当駅終着が1本設定されている。

駅構内[編集]

駅改良工事[編集]

2005年度からエレベーターエスカレータの設置を中心に耐震補強、バリアフリー化を目的とする改良工事を開始した。正面口のエレベーター設置に伴い、正面口が狭くなることから、北口改札が完成した。ランキンランキンの出店、テコプラザ、定期券売り場の移転、トイレ、改札外の交番の改装も行われた。2007年10月にコンコース部の改良工事が完成した。

  • 2005年平成17年)10月31日 - 北口改札完成。
  • 2006年(平成18年)
    • 2月7日 - 大井町線1番線ホームより、東横線3・4、5・6番線への上昇エスカレーター竣工。
    • 12月18日 - 正面口に新設の切符売り場完成。仮設の切符売り場は撤去。
    • 12月21日 - 正面口にインフォメーションセンターおよび定期券売り場供用開始。
  • 2007年(平成19年)3月下旬 - 正面口前と東横線ホームを結ぶエスカレータ4基が竣工。新コンコース開通。
  • 2008年(平成20年)3月 - 同月28日からの大井町線における急行運転開始に向け、6両編成対応ホーム延伸工事完了。
  • 2012年(平成24年)3月30日 - 「〜スマートモデル自由が丘駅あかりプロジェクト〜」:駅構内すべてを調光・調色LED照明及びLEDサインとし、さらにシースルー改札と定期券うりばには、一般照明としては日本初の実用的設置となる次世代照明「有機EL(有機エレクトロルミネッセンス)照明器具」を導入[1]
  • 2012年度(平成24年度) - 東京地下鉄副都心線との相互直通運転開始に向け、特急・通勤特急・急行における10両編成の列車が停車できるようにするため、東横線の渋谷方でホーム延伸工事ならびに高架橋拡幅が行われる。
  • 2013年度(平成25年度)3月31日 - 「〜スマートモデル自由が丘駅あかりプロジェクト〜」:シースルー改札口と定期券うりばに設置してある、一般照明としては日本初の実用的設置となる次世代照明「有機EL(有機エレクトロルミネッセンス)照明器具」を更新した。

利用状況[編集]

2013年度の1日平均乗降人員は以下の通りである。

  • 東横線 - 95,721人[2]
  • 大井町線 - 53,389人[3]

東横線の乗降人員は、特急通過駅の日吉駅綱島駅より少ない。近年の1日平均乗車人員は下記の通り。

年度 東 横 線 大井町線 出典
1990年 96,556 75,863 [4]
1991年 96,451 77,109 [5]
1992年 94,482 74,068 [6]
1993年 92,521 71,671 [7]
1994年 35,937 15,471 [8]
1995年 34,973 16,025 [9]
1996年 35,252 15,600 [10]
1997年 35,515 15,658 [11]
1998年 37,236 16,200 [12]
1999年 38,366 16,486 [13]
2000年 38,726 16,570 [14]
2001年 39,337 16,874 [15]
2002年 40,041 17,068 [16]
2003年 41,268 18,257 [17]
2004年 41,274 18,756 [18]
2005年 41,613 19,435 [19]
2006年 43,033 20,419 [20]
2007年 43,298 24,445 [21]
2008年 45,800 23,721 [22]
2009年 45,855 24,427 [23]

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

東急コーチ自由が丘線
  • 自由が丘駅
    • 東急バス
      • <自01> 駒大深沢キャンパス前(深沢一丁目・深沢不動前経由) ※休日の15時から18時を除く昼夕運転
      • <自02> 駒大深沢キャンパス前(エーダンモール深沢・深沢不動前経由) ※朝・深夜運転
      • <自12> 東京医療センター(エーダンモール深沢経由) ※昼間運転
  • 自由が丘駅入口 - 自01系統と自12系統のバス停表記は自由が丘駅
    • 東急バス
      • <渋11> 渋谷駅八雲高校・東京医療センター前・駒沢大学駅前経由)
      • <渋11> 田園調布駅
      • <自01> 駒大深沢キャンパス前(深沢一丁目・深沢不動前経由) ※休日の15時から18時運転
      • <自12> 東京医療センター(エーダンモール深沢経由) ※休日の15時から18時運転

駅名の由来[編集]

近隣の古刹である九品仏浄真寺は9体の阿弥陀如来像を安置していることから「九品仏」(くほんぶつ)と呼ばれていたため、駅設置当時はこの最寄り駅として「九品仏前駅」とした。大井町線の開業に伴いより寺に近い場所に「九品仏駅」が設置されることになったため、駅所在地が荏原郡碑衾村大字衾(ふすま)にあることから「衾駅」に改めるはずであったが、ちょうどその頃に大字が自由ヶ丘に改められたため、これに合わせて「自由ヶ丘駅」に改称したものである。

「自由が丘」の由来については、自由が丘の項を参照のこと。

隣の駅[編集]

東京急行電鉄
東横線
特急・通勤特急
中目黒駅 (TY03) - 自由が丘駅 (TY07) - 武蔵小杉駅 (TY11)
急行
学芸大学駅 (TY05) - 自由が丘駅 (TY07) - 田園調布駅 (TY08)
各駅停車
都立大学駅 (TY06) - 自由が丘駅 (TY07) - 田園調布駅 (TY08)
大井町線
急行
大岡山駅 (OM08) - 自由が丘駅 (OM10) - 二子玉川駅 (OM15)
各駅停車(二子新地・高津は通過)・各駅停車(二子新地・高津に停車)
緑が丘駅 (OM09) - 自由が丘駅 (OM10) - 九品仏駅 (OM11)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]