白楽駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
白楽駅
西口(2005年11月27日撮影)
西口(2005年11月27日撮影)
はくらく - Hakuraku
TY17 妙蓮寺 (1.2km)
(0.7km) 東白楽 TY19
所在地 横浜市神奈川区白楽100
駅番号  TY 18 
所属事業者 東京急行電鉄(東急)
所属路線 東横線
キロ程 21.4km(渋谷起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
44,479人/日
-2013年-
開業年月日 1926年大正15年)2月14日
1日あたりの乗車人員の推移

白楽駅(はくらくえき)は、神奈川県横浜市神奈川区白楽にある東京急行電鉄東横線である。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線の地上駅で、ホームは湾曲している。橋上駅舎を有しており、両ホームは1階にあり、2階改札口へと上がる階段エレベーター1基ずつが設置されている。

2002年には、渋谷方面のホームには六角橋方面へ出られる西口(画像参照)が設置された。このため、渋谷方面行を利用する客がわざわざ階段やエレベーターを使って一度2階改札口に上がり、その後再び下へ降りることなく、ダイレクトに改札内外を行き来することができるようになった。

2000年代後半には発車標も設置されたが、以前から設置されていた列車接近表示器も同時に使用されている。これは列車接近時に「電車がきます」と表示され、通過列車時はさらにその下部に「この電車はとまりません」と黄色で表示される。

トイレは下りホーム(1番線)にあり、多機能トイレも併設されている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 東横線 下り 横浜みなとみらい線 元町・中華街方面
2 東横線 上り 渋谷F副都心線 池袋西武線 所沢東武東上線 川越市方面

利用状況[編集]

2013年度の1日平均乗降人数は44,479人[1]である。近年の1日平均乗車人員推移は下記の通り。

年度 1日平均
乗車人員[2]
1998年 20,373
1999年 19,857
2000年 19,441
2001年 19,110
2002年 19,071
2003年 19,198
2004年 19,154
2005年 19,174
2006年 19,553
2007年 20,376
2008年 21,025
2009年 20,874
2010年 21,072
2011年 21,114
2012年 21,607

駅周辺[編集]

白幡池公園

路線バス[編集]

横浜市営バス

六角橋(徒歩5分、横浜上麻生道路上)
白楽

なお、経路変更以前は東急バス綱島駅行や、横浜市営バス31系統が白楽駅前まで乗り入れていた。また、NPO法人による乗合タクシーの計画もある。

歴史[編集]

駅名の由来[編集]

駅周辺は神奈川宿の伯楽(ばくろう。馬喰、博労とも書く。馬を治療したり仲買したりする人)が多く住んでいたため、伯楽が転じて白楽(はくらく)となったもの。馬喰に因む地名は日本各地に存在する。白楽天とは無関係。

隣の駅[編集]

東京急行電鉄
東横線
特急・通勤特急・急行
通過
各駅停車
妙蓮寺駅 (TY17) - 白楽駅 (TY18) - 東白楽駅 (TY19)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 各駅乗降人員 - 東急電鉄
  2. ^ 横浜市統計ポータル http://www.city.yokohama.lg.jp/ex/stat/index2.html#3

関連項目[編集]

外部リンク[編集]