高津駅 (神奈川県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
高津駅
高津駅西口(2011年11月)
高津駅西口(2011年11月)
たかつ - Takatsu
DT08 二子新地 (0.6km)
(0.7km) 溝の口 DT10
所在地 川崎市高津区二子四丁目
駅番号  DT 09 
所属事業者 東京急行電鉄(東急)
所属路線 田園都市線
大井町線列車を含む)
キロ程 田園都市線:10.7km(渋谷起点)
大井町線:11.7km(大井町起点)
駅構造 高架駅
ホーム 2面4線(うち乗降は2面2線)
乗降人員
-統計年度-
29,791人/日
-2013年-
開業年月日 1927年昭和2年)7月15日
東口(2011年11月)
ホーム(2011年11月)

高津駅(たかつえき)は、神奈川県川崎市高津区二子四丁目にある、東京急行電鉄である。

概要[編集]

当駅は田園都市線の単独駅である。田園都市線の列車のほか、複々線を利用して溝の口駅まで乗り入れる大井町線の列車のうち各駅停車の一部が停車するが、当駅前後の複々線区間では田園都市線用の線路を経由しての停車となる。本来の大井町線用の線路にはホームがないため、溝の口駅とは異なり正式な大井町線の駅としては扱われていない(二子新地駅も同様の扱いである)。駅番号も田園都市線のDT 09のみが付与されている。

駅名が『高津』となっているものの、高津区の中心駅は南にある溝の口駅と、東日本旅客鉄道(JR東日本)南武線武蔵溝ノ口駅である。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面4線を有する高架駅。4本の線路の両外側、すなわち、田園都市線の線路にのみホームがあり、内側2線、すなわち、大井町線の線路には列車が停車しない。そのため、大井町線の各駅停車(種別表示が白色緑文字)が田園都市線の各駅停車を追い越す光景が見られる。なお、大井町線は種別表示が青色白文字の各駅停車が田園都市線の線路を走行して当駅に停車する。

改札口は、溝の口方の西口と二子新地方の東口の2ヶ所である。開業以来、長らく溝の口方のみにあったが、改良工事の進捗に伴い、2009年7月に東口が設置され、従来の改札口は西口となった。また、かつて改良工事の途上(下り線新ホーム供用開始時から上り線新ホーム供用開始までの間)では仮設で設置されていた上下ホーム連絡通路に改札口が設置されていたことがある。

トイレは、長らく改札外高架下にある川崎市が管理しているもののみであったが、こちらも改良工事の進捗に伴い、同年6月より改札内に新設されている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先 備考
1 田園都市線 下り 鷺沼長津田中央林間方面 大井町線溝の口行き含む
4 田園都市線 上り 二子玉川渋谷Z半蔵門線 押上
東武線 春日部方面
大井町線大井町方面含む
  • 大井町線の通過線にホームはないが、下りが2番線、上りが3番線である。そのため、ホームの番線表示は1・4番線が振られている。なお、上下線とも案内標や発車標には大井町線に関する言及がない。
  • 田園都市線の各駅停車と、大井町線の各駅停車のうち種別表示が青色白文字の列車のみ停車する。当駅に停車する大井町線列車は日中(11 - 15時台)に上下線で毎時各4本(合計20往復)および早朝5 - 6時台の上り(大井町方面)3本と夜間20 - 24時台の下り(溝の口方面)5 - 8本(曜日により異なる)である。

駅改良工事[編集]

当駅は2000年頃まで高架駅・相対式2面2線という形態であったが、2009年まで大井町線を溝の口駅まで延伸する事で同線の混雑緩和を図るための田園都市線複々線化工事に関連して大規模な改良工事を行った[1][2][3]

2007年11月に下り新ホームを完成後、上りホームは下り旧ホームの跡地に仮設ホームとして設置されていたが、2008年6月に新上りホームも完成した。その後、仮設上りホームを撤去した上で跡地に通過線が建設され、最終的に相対式2面4線となった。

田園都市線の各駅では最もバリアフリー対応の整備が遅かった。改良工事の進捗に伴い2008年春に下りホームのみエスカレーターが完成し、新上りホームについても供用開始と同時にエスカレーターとエレベーターが設置された。

複々線化工事の経緯

2007年
11月10日
2007年
11月11日

2007年
12月22日
2007年
12月23日

2008年
6月28日  
2008年
6月29日

2009年
7月10日
2009年
7月11日
旧ホーム
旧ホーム
解体・再建
新ホーム
新ホーム
→上り線→ →上り線→ →上り線→ →上り線→
←下り線← →上り線→ →上り線→
旧ホーム
(不使用)
仮ホーム
 撤 去
←下り線←
←下り線← ←下り線← ←下り線← ←下り線←
ホーム新設
新ホーム
新ホーム
新ホーム
新ホーム
旧線の外側に
新下り線・
新ホーム建設
下り線移設
下り新ホーム
使用開始
上り線移設
旧ホーム解体
新ホーム建設
上り線移設
上り新ホーム
使用開始
仮ホーム解体
複々線化完成

改良工事の完成に合わせて、東口改札口が新設された。

利用状況[編集]

2013年度の1日平均乗降人員は29,791人[4]である。近年の1日平均乗車人員推移は下記の通り。

年度 1日平均
乗車人員
1998年 12,695 [5]
1999年 12,490 [6]
2000年 12,250 [6]
2001年 12,336 [7]
2002年 12,509 [7]
2003年 12,626 [8]
2004年 12,656 [8]
2005年 13,125 [9]
2006年 13,764 [9]
2007年 14,157 [10]
2008年 14,031 [10]
2009年 14,177 [11]
2010年 14,405 [11]
2011年 14,775 [12]

駅周辺[編集]

施設[編集]

かつて、当駅の高架下には「電車とバスの博物館」があったが、複々線化に伴う改良工事のため、2002年9月1日をもって閉館した。現在は宮崎台駅に移転、再開館している。

高津区役所は南隣の溝の口駅が最寄りとなる。

路線バス[編集]

高津駅前停留所

系統名 主要経由地 行先 運行事業者 備考
川31 溝の口駅 東急バス
宮内・小杉御殿町二丁目・東横線小杉駅 川崎駅西口北
溝02 溝の口駅
新平瀬橋 平日夜のみ運行
宮内・小杉御殿町二丁目 小杉駅前
溝03 宮内・新丸子駅西口 小杉駅前
直行 NECインフロンティア 溝の口駅発
同社関係者のみ利用可能
溝05 溝口駅前 川崎市営
市民ミュージアム前・小杉二丁目 小杉駅前
  • 上記各路線のうち、川31系統の川崎駅西口北行きと溝02・溝03・溝05系統の小杉駅前行きは等々力緑地に隣接する市営等々力グランド入口バス停を経由する。同緑地内にある等々力陸上競技場Jリーグ川崎フロンターレ主催試合などが行われる場合は、川崎市北部や田園都市線沿線からの観客が利用するアクセスルートとなる。その告知と利用促進のため、2010年に川崎市交通局によって高津駅の川崎・小杉方面バス停標識がフロンターレのチームカラーである青と黒の2色で装飾された[13][14]
  • 上記の路線を管轄する東急バス高津営業所への出入庫を兼ねて[15]、川崎駅西口北・小杉駅前方面とのバスで高津駅が始発・終着停留所となる便がある。また、2012年11月1日からは平日に限り溝02系統で小杉駅前 - 新平瀬橋[16]間の運行が始められ、朝は新平瀬橋から高津駅、夜は逆方向でのバス利用が可能となった[17]
  • 上記の他に、渋谷駅発の深夜急行バス高速二子玉川線が高津駅前バス停の隣の高津バス停に停車(降車専用、停留所名は「高津駅入口」)する。

歴史[編集]

  • 1927年昭和2年)7月15日 - 玉川電気鉄道溝ノ口線開通と同時に開業。
  • 1943年(昭和18年)7月1日 - 軌間を1,372mmから1,067mmに変更し、大井町線(大井町 - 溝ノ口間)に移管。
  • 1977年(昭和52年)3月 - 高架化。ホーム位置を移動。
  • 1982年(昭和57年)4月3日 - 駅の二子新地寄り高架下に電車とバスの博物館が開業。
  • 2002年平成14年)9月1日 - 電車とバスの博物館が改良工事のため閉館(その後、2003年3月21日に宮崎台駅東側へ移転の上再開される。)。
  • 2007年(平成19年)
    • 11月11日 - 下り線のホームが新ホームに移設。
    • 12月23日 - 上り線のホームが旧下り線のホームに仮移設。
  • 2008年(平成20年)6月29日 - 上り線のホームが新ホームに移設。
  • 2009年(平成21年)7月11日 - 複々線化工事が完成(大井町線延伸)。両側に対面式の上下線ホーム2面2線、中央に2線の通過線を設置。東口改札口を新設。

駅名の由来[編集]

開業当時の高津村役場(現在の大山街道ふるさと館付近)が当駅から最寄りであったことに由来する。

かつて、溝口の中心市街は大山街道府中街道が交差する付近であり、当時の高津村(後に高津町)役場はその中心地に置かれていて、溝の口駅よりも当駅の方が中心市街に近かった。

隣の駅[編集]

東京急行電鉄
田園都市線
急行・準急
通過
各駅停車
二子新地駅 (DT08) - 高津駅 (DT09) - 溝の口駅 (DT10)
大井町線
急行・各駅停車(種別幕が緑のもの)
通過
各駅停車(種別幕が青のもの)
二子新地駅 (DT08) - 高津駅 (DT09) - 溝の口駅 (OM16)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ TOKYU NEWS 2000/11/17 特定都市鉄道整備事業計画を変更「大井町線改良工事ならびに田園都市線複々線化工事」
  2. ^ <東急電鉄>TOKYU NEWS 2008/3/26 東急大井町線の溝の口駅への延伸時期が2009年6月に決定
  3. ^ <東急電鉄>TOKYU NEWS 2009/2/5 2009年7月11日(土)、東急大井町線が溝の口駅まで延伸します
  4. ^ 各駅乗降人員 - 東急電鉄
  5. ^ 神奈川県県勢要覧(平成12年度)222ページ
  6. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成13年度)224ページ
  7. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成15年度)222ページ
  8. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成17年度)224ページ
  9. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成19年度)226ページ
  10. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成21年度)240ページ
  11. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成23年度)238ページ
  12. ^ 神奈川県県勢要覧(平成24年度)234ページ
  13. ^ 高津駅前バス停「フロンターレ装飾」のお知らせ - 川崎フロンターレ公式サイト
  14. ^ 装飾、着々 - 川崎フロンターレ公式サイト フロンターレ日記 2010年4月14日
  15. ^ 高津駅 - 溝の口駅間にある「高津」「溝口」両停留所はそれぞれ高津駅や溝の口駅に隣接し、利用客が両駅へ徒歩移動し鉄道で武蔵小杉駅・川崎駅方面へ向かう事が比較的容易という状況もある。
  16. ^ 同停留所の近くには2007年に竣工した全855戸の集合マンション「溝の口ガーデンアクアス」があり、同停留所も「ガーデンアクアス前」の副称が付けられている。
  17. ^ ダイヤ改正のお知らせ - 東急バス

関連項目[編集]

外部リンク[編集]