池尻大橋駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
池尻大橋駅
改札口
改札口
いけじりおおはし - Ikejiri-ōhashi
DT01 渋谷 (1.9km)
(1.4km) 三軒茶屋 DT03
所在地 東京都世田谷区池尻三丁目2番
駅番号  DT 02 
所属事業者 東京急行電鉄(東急)
所属路線 田園都市線
キロ程 1.9km(渋谷起点)
駅構造 地下駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
60,098人/日
-2013年-
開業年月日 1977年昭和52年)4月7日
備考 駅カラーは「柿色

池尻大橋駅(いけじりおおはしえき)は、東京都世田谷区目黒区に跨る東京急行電鉄田園都市線である。

具体的には、世田谷区池尻二丁目と池尻三丁目、目黒区大橋二丁目、東山三丁目に跨っているが、駅の所在地は世田谷区池尻三丁目2番となっている。

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地下駅

トイレは1番線ホームにあり、多機能トイレを併設している。

駅の出入口は、東口・西口・南口・北口の4箇所がある。このうち目黒区側の東山商店街に接する東口と、世田谷区側の池尻方面への西口への階段が広く、西口はムトウビルの一階に開口しており、同ビル地下の商業施設とも階段の途中でつながっている。一方、国道246号線の歩道上に開口している南口と北口の階段は狭く、歩道の寸法に余裕が少ないため地上付近で更に狭くなっている。4箇所いずれの出入り口にもエスカレーターはない(エレベーターについては後述)。それぞれの出入口は改札口前のコンコースでつながっており、営業時間内は自由通路としても機能している。

上下線各ホームと改札階の間にそれぞれ個別にエレベーターが設置されているが、既存改札内に設置するスペースが確保できず、改札階のコンコース(改札外)に幅広型自動改札機を設置すると共に、柵を新設してエレベーター用の通路を確保したため、改札外のスペースが少し狭くなっている。なお、このエレベーター専用改札には精算機が設置されていないため、精算が発生する場合はインターホン駅員を呼ぶ必要がある。また、西口と北口の間には「池尻大橋駅」バス停留所[1]があり、そのそばに地上とコンコースを結ぶエレベーター専用出入口も設置されている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 田園都市線 下り 二子玉川長津田中央林間方面
2 田園都市線 上り 渋谷Z半蔵門線 押上東武線 春日部方面

利用状況[編集]

2013年度の1日平均乗降人員60,098人である[2]

近年の1日平均乗降・乗車人員は下表のとおりである。

年度別1日平均乗降・乗車人員推移[3][4]
年度 1日平均
乗降人員[5]
1日平均
乗車人員
1990年(平成02年) 28,973
1991年(平成03年) 29,260
1992年(平成04年) 28,978
1993年(平成05年) 28,921
1994年(平成06年) 28,652
1995年(平成07年) 28,377
1996年(平成08年) 28,430
1997年(平成09年) 27,830
1998年(平成10年) 27,107
1999年(平成11年) 26,751
2000年(平成12年) 26,586
2001年(平成13年) 50,322 26,389
2002年(平成14年) 49,353 25,929
2003年(平成15年) 50,202 26,351
2004年(平成16年) 50,266 26,434
2005年(平成17年) 50,759 26,522
2006年(平成18年) 52,955 27,685
2007年(平成19年) 56,608 29,178
2008年(平成20年) 56,533 29,156
2009年(平成21年) 56,031 28,801
2010年(平成22年) 57,321 29,409
2011年(平成23年) 56,372 28,917
2012年(平成24年) 57,594 29,512
2013年(平成25年) 60,098

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

東急バスが大橋・池尻(一部を除く)を経由して渋谷駅多摩川駅田園調布駅など東横線沿線、等々力駅二子玉川駅など大井町線沿線、祖師ヶ谷大蔵駅成城学園前駅など小田急線沿線を結び、また小田急バスが大橋・池尻を経由して渋谷駅と成城学園前駅・調布駅を結んでいる。この他、渋谷や山手線内南部地域への利便性向上を図るために数路線の高速バスが降車の取り扱いを行っている。

大橋・池尻大橋駅(渋谷駅行のみ)・池尻を経由する系統は以下の通りである。

東急バス・東急トランセの路線[編集]

  • [ 渋05 ] 渋谷駅 - 大橋(←池尻大橋駅) - 池尻 - 弦巻営業所
  • [ 渋11 ] 渋谷駅 - 大橋(←池尻大橋駅) - 池尻 - 田園調布駅
  • [ 渋12 ] 渋谷駅 - 大橋(←池尻大橋駅) - 池尻 - 二子玉川駅高津営業所
  • [ 渋21 ] 渋谷駅 - 大橋(←池尻大橋駅) - 池尻 - 上町駅
  • [ 渋23 ] 渋谷駅 - 大橋(←池尻大橋駅) - 池尻 - 祖師ヶ谷大蔵駅
  • [ 渋24 ] 渋谷駅 - 大橋(←池尻大橋駅) - 池尻 - 成城学園前駅(渋谷駅発は成城学園前駅西口行) - 小田急バスの渋24と同一
  • [ 渋31 ] 渋谷駅→大橋池尻下馬一丁目(循環)→池尻池尻大橋駅大橋→渋谷駅
  • [ 渋32 ] 渋谷駅→大橋池尻野沢龍雲寺(循環)→池尻池尻大橋駅大橋→渋谷駅
  • [ 渋33 ] 渋谷駅 - 大橋(←池尻大橋駅) - 池尻 - 多摩川駅
  • [ 渋34 ] 渋谷駅 - 大橋(←池尻大橋駅) - 池尻 - 東京医療センター
  • [ 渋41 ] 渋谷駅 - 大橋 - 大井町駅清水
  • [ 渋82 ] 渋谷駅 - 大橋(←池尻大橋駅) - 池尻 - 等々力
  • [ TOKYU E-Liner ] 虹が丘営業所池尻大橋駅→渋谷駅(降車のみ)

小田急バスの路線[編集]

  • [ 渋24 ] 渋谷駅 - 大橋(←池尻大橋駅) - 池尻 - 成城学園前駅(渋谷駅発は成城学園前駅西口行) - 東急バスの渋24と同一
  • [ 渋26 ] 渋谷駅 - 大橋(←池尻大橋駅) - 池尻 - 調布駅南口

小田急箱根高速バス[編集]

JRバス関東他共同運行会社[編集]

駅名の由来[編集]

玉川線時代には、世田谷区池尻町に「玉電池尻」、目黒区上目黒に「大橋」、それぞれの電停があった。このほぼ中間地点に設置されたことから「池尻大橋」の名称とされた。いわゆる複合駅名である。なお、その後目黒区側の地名は玉川通りを境に大橋二丁目と東山三丁目に分かれている。

開業直前までは「大橋池尻」駅となる予定で、実際に自動券売機で発売される乗車券の試し刷りがプレス発表されたものには「大橋池尻」と印字されていた。

隣の駅[編集]

東京急行電鉄
田園都市線
急行
通過
準急・各駅停車
渋谷駅 (DT01) - 池尻大橋駅 (DT02) - 三軒茶屋駅 (DT03)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ このバス停は国道246号の上り線側にしかなく、路線バスは渋谷駅行きのみが停車し、東名高速道路からの高速バスは降車専用となっている。
  2. ^ 2013年度乗降人員 - 東急電鉄
  3. ^ 東京都統計年鑑
  4. ^ 世田谷区の統計書 - 世田谷区
  5. ^ 各種報告書 - 関東交通広告協議会

関連項目[編集]

外部リンク[編集]