宮崎台駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
宮崎台駅
駅正面(2003年4月1日)
駅正面(2003年4月1日)
みやざきだい - Miyazakidai
(電車とバスの博物館)
DT11 梶が谷 (1.5km)
(1.0km) 宮前平 DT13
所在地 川崎市宮前区宮崎二丁目10番地12
駅番号  DT 12 
所属事業者 東京急行電鉄(東急)
所属路線 田園都市線
キロ程 13.7km(渋谷起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
45,128人/日
-2013年-
開業年月日 1966年昭和41年)4月1日
ホーム

宮崎台駅(みやざきだいえき)は、神奈川県川崎市宮前区宮崎二丁目にある、東京急行電鉄田園都市線である。

駅前高架下に電車とバスの博物館が所在しているため、「電車とバスの博物館」という副名称が付けられている。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。坂の途中にあるため、梶が谷方の端は高架、宮前平方の端は掘割となっている。上下線各ホームと改札階との間にはエレベーターエスカレーターが設置されている。

2007年春、改札階(1番線ホーム行エレベーター付近)にトイレが新設された。多機能トイレも設置されている。一方、駅舎外に従来から設置されていた川崎市管理の公衆トイレは同年5月20日に閉鎖された。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 田園都市線 下り 鷺沼長津田中央林間方面
2 田園都市線 上り 二子玉川渋谷Z半蔵門線 押上東武線 春日部方面

利用状況[編集]

2013年度の一日平均乗降人員は45,128人[1]である。近年の一日平均乗車人員推移は下記の通り。

年度 1日平均
乗車人員
1998年 21,326 [2]
1999年 20,829 [3]
2000年 20,625 [3]
2001年 20,711 [4]
2002年 20,845 [4]
2003年 21,288 [5]
2004年 21,155 [5]
2005年 21,473 [6]
2006年 21,997 [6]
2007年 22,515 [7]
2008年 22,558 [7]
2009年 22,453 [8]
2010年 22,503 [9]
2011年 22,209 [10]

駅周辺[編集]

バス[編集]

最寄り停留所は、駅前にある宮崎台駅[12]となる。以下の路線が乗り入れ、東急バスにより運行されている。

歴史[編集]

駅名の由来[編集]

1960年(昭和35年)に免許された際の仮称駅名は「宮崎」であった。これは当時の地名を採ったものであるが、1965年(昭和40年)9月の常務会で「宮崎台」に正式決定した。なお「宮崎」の由来は西隣の宮前平駅と同じく1889年明治22年)に当地に成立した橘樹郡宮前村であり、「宮前」と書いて「みやざき」と読ませた。大字馬絹字宮ノ前に村役場を置いたことによる命名である。

隣の駅[編集]

東京急行電鉄
田園都市線
急行・準急
通過
各駅停車
梶が谷駅 (DT11) - 宮崎台駅 (DT12) - 宮前平駅 (DT13)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 各駅乗降人員 - 東急電鉄
  2. ^ 神奈川県県勢要覧(平成12年度)222ページ
  3. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成13年度)224ページ
  4. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成15年度)222ページ
  5. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成17年度)224ページ
  6. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成19年度)226ページ
  7. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成21年度)240ページ
  8. ^ 神奈川県県勢要覧(平成22年度)238ページ
  9. ^ 神奈川県県勢要覧(平成23年度)238ページ
  10. ^ 神奈川県県勢要覧(平成23年度)234ページ
  11. ^ ただし、梶が谷駅からのバス便が至便である。
  12. ^ 東急バス時刻表、宮崎台駅の時刻表と乗り場案内、2011年2月19日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]