自由ヶ丘学園高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
自由ヶ丘学園高等学校
P8296061.JPG
過去の名称 自由ヶ丘学園中学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人自由ヶ丘学園
設立年月日 1930年1927年
創立者 手塚岸衛
共学・別学 男女別学(男子校)
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学科内専門コース 特別進学コース
選抜進学コース
一般コース
学期 3学期制
高校コード 13619A
所在地 152-0035
東京都目黒区自由が丘二丁目21番1号
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

自由ヶ丘学園高等学校(じゆうがおかがくえんこうとうがっこう)は、東京都目黒区自由が丘二丁目にある私立男子高等学校

概要[編集]

手塚岸衛が自由主義教育を掲げ、1930年昭和5年)に創立(同校によると1930年創立とともに1927年創立という記述もある[1])。同時に町名及び駅名が自由ヶ丘(現自由が丘)と改称される。当初、学園は幼稚園小学校(旧制)中学校(旧制)から構成されていたが、手塚が死去したために経営難に陥る。1936年(昭和11年)に中学校部門は藤田喜作に引き取られて再出発し、「質実剛健の野草的教育」を目標に、青少年の教育に専念することを打ち出した。

なお、残りの幼稚園と小学校は小林宗作が継承してトモエ学園としたが、戦災で小学校が、次いで小林の死去で幼稚園も廃止されたため、現在は同高校のみが当初から続く自由ヶ丘学園の系譜を守っていることになる。

1948年(昭和23年)、学制改革によって新制の自由ヶ丘学園中学校・高等学校に改編。1959年(昭和34年)度に中学校を休校とし、高等学校のみとなる(中学校は1994年平成6年)度に正式に廃校になった)。

1994年より、校舎及び体育館の建て替え工事、校庭の整備が始まり、2001年(平成13年)度に付属棟をもって完成。

特徴[編集]

  • 校舎の設備は充実しており、全館冷暖房完備。芸術科目関連の教室や視聴覚教室、LL教室など施設は整っている。
  • レスリング部は東京都を代表する名門校。毎年、全国大会で上位進出者を輩出している。監督を務めているのは、元日本チャンピオンでバルセロナオリンピックに出場した奥山恵二である。 

校名の由来[編集]

  • 自由ヶ丘の由来は創設者の手塚岸衛の教育目標である自由主義教育を具現化したものである。

建学の精神[編集]

  • 人に親しまれ信頼される人間になれ
    実行力があり、人間味豊かな人格の形成を目的とする。
  • 野草の如く強くたくましい人間になれ
    一握りの土と数滴の水さえあれば、大地に根を下ろし、春になれば新しい生命力を得て、芽を吹き出す野草のごとく、力づよい人間となり、社会に貢献できる人材の育成を目的とする。
  • 礼儀・体力・友愛の精神の養成

校章の由来[編集]

校章はフェニックス。エジプト神話の霊鳥、深紅と金色におおわれた不死鳥。500年ごとにアラビアの砂漠から飛来し、自ら神壇の霊火に身を投じ、その灰から再び新しい生命を得て飛び立つ不死永生の象徴。無限の生命力と若人の純真な情熱、何ものにもくじけない全身と創造を表現している。

部活動[編集]

レスリング部 戦績
全国の強豪校であり、毎年、IHなどの全国大会に多くの選手を送り込んでいる東京の名門校である。
  • 2002年(平成14年)全国高等学校総合体育大会団体戦2回戦進出
  • 2003年(平成15年)全国高等学校総合体育大会団体戦出場
  • 2004年(平成16年)全国高校選抜大会団体戦2回戦進出
  • 2004年(平成16年)全国高等学校総合体育大会団体戦2回戦進出ならびに60kg級第3位
  • 2004年(平成16年)全国高校生グレコローマン選手権大会84kg級優勝ならびに60kg級準優勝
  • 2006年(平成18年)全国高校選抜大会団体戦出場
  • 2006年(平成18年)全国高校生グレコローマン選手権大会55kg級ベスト8
  • 2007年(平成19年)関東高等学校レスリング大会グレコローマンスタイル60kg級優勝
  • 2007年(平成19年)国民体育大会グレコローマンスタイル50kg級第5位
  • 2008年(平成20年)関東高等学校レスリング大会フリースタイル50kg級優勝
  • 2008年(平成20年)全国高等学校総合体育大会50kg級第3位
  • 2008年(平成20年)全国高校生グレコローマン選手権大会50kg級準優勝
  • 2008年(平成20年)国民体育大会グレコローマンスタイル50kg級優勝
  • 2009年(平成21年)関東高校選抜大会60kg級準優勝
  • 2009年(平成21年)全国高等学校総合体育大会団体戦2回戦進出ならびに50kg級優勝
  • 2009年(平成21年)全国高校生グレコローマン選手権大会66kg級第3位
  • 2009年(平成21年)国民体育大会フリースタイル50kg級優勝
  • 2010年(平成21年)全国高校選抜大会団体戦出場ならび50kg級優勝
  • 2010年(平成22年)関東高校選抜大会55kg級優勝
  • 2010年(平成22年)全国高等学校総合体育大会団体戦出場ならびに50kg級優勝
  • 2010年(平成22年)全国高校生グレコローマン選手権大会96kg級第3位
  • 2010年(平成22年)国民体育大会フリースタイル50kg級準優勝
  • 2011年(平成23年)全国高等学校総合体育大会60kg級準優勝
  • 2011年(平成23年)国民体育大会フリースタイル60kg級準優勝ならびに66kg級第3位
フットサル部 戦績
東京都U-18フットサル大会:平成15年(2003年)度大会準優勝
東京都フットサルチャレンジU-18大会:平成16年(2004年)度大会第4位、平成18年(2006年)度大会第5位
東京都U-18フットサルリーグ2部:平成22年(2010年)度大会第3位
写真部 
平成17年(2005年)度道のある風景写真コンクール銅賞受賞

交通・周辺環境[編集]

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]